講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2019年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫

2019年07月21日

まずは「商売にとって重要、かつアクセスが多い」ページを改善する

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

もうすぐ梅雨明けでしょうか。希望も含めて、そのように思います。

さて今日は『まずは「商売にとって重要、かつアクセスが多い」ページを改善する』というブログです。

「ホームページを改善する」というとき、多くの経営者様は「トップページを何とかしよう」とお考えになります。

・色がいけないんだろうか…
・トップページのキャッチコピーがダメなんだろうか…
・漠然としたイメージ写真がダメなんだろうか…
・左メニューより右メニューのほうが良いのだろうか…
・電話番号が小さすぎなのだろうか…
・そもそも屋号が分かりづらいのか…

などです。

それぞれ、もちろんその原因(要素)があるかもしれないのですが、「ホームページ(いわゆる「Webサイト」)」は、「トップページ」だけで成立しているわけではありません。

むしろ例えば、とある商品詳細ページに直接アクセスされ、そこから「施工事例紹介」→「Q&A」→「会社概要」→「問い合わせ」などの経路をたどる(トップページを見ない)可能性すらあります。

ということで、コンサルティング実務上、『まずは「商売にとって重要、かつアクセスが多い」ページを改善する』ことをご提案することも多々あります。

・「商売にとって重要、かつアクセスが多い」ページなのに直帰率が高い
・「商売にとって重要、かつアクセスが多い」ページなのに離脱率が高い

というとき、いわゆる「ボトルネック」になっているなどと言います。要するに、「機能していない」状態ですよね。

私のクライアント様(製造業様)で、とあるページが『「商売にとって重要、かつアクセスが多い」ページなのに直帰率が高い』状態でした。
流入キーワードを調べたところ、なんと、そのキーワードに関する情報が、そのページにはほとんど(じゅうぶんに)書かれていませんでした。

お客様からすれば、「●●●」というキーワードについて知りたくて(何か解決できると期待して)アクセスしたのに、「●●●」について説明されていなければ、当然、帰りますよね。

というわけで、当該ページに「●●●」について詳細を書いたところ、直帰率は3割以上好転して、問い合わせも増えたそうです。
当然な結果です。

経営者様には、「トップページの改善」ということに囚われず、『まずは「商売にとって重要、かつアクセスが多い」ページを改善する』ことも、ご提案したいと思っています。

今日は『まずは「商売にとって重要、かつアクセスが多い」ページを改善する』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所の相談事例を確認する
≫Amazonで今日使えるクーポン一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 11:45| ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

「ホームページ」のアクセス数が一番多いとは限らない

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

今年は「梅雨寒」が続いていますね。明け方、寒くて目が覚めることもあります。
明日は横浜市内の小売店様のWeb活用ご支援、午後は鎌倉市内の小売店様のWeb活用ご支援をさせていただきます。通信コンサルティングも同時進行です。

さて今日は『「ホームページ」のアクセス数が一番多いとは限らない』というブログです。

私は「ホームページコンサルタント永友事務所」の代表ですが、「ホームページ」のことだけコンサルティングしているわけではありません。
逆に、例えば飲食店様のコンサルティングで「いま、まずホームページを作ろうとされていますが、それより先にやったほうがよいことがありますよ」などと、「ホームページ以外のご提案をする」ことも多々あります。

「ホームページ」は、ネット活用で「一番大事」ということではなく、「数々のWeb媒体の中のひとつ」にすぎません。
役割として「最終確認場所(真剣なお客様が最後にたどり着く場所)」ではあるのでもちろん”重要”ですが、「一番大事」ということではないわけです。

ツール(媒体)それぞれの役割があって、それぞれの役割を理解して”活かす”のが大切なんですね。

で、今日のタイトルの『「ホームページ」のアクセス数が一番多いとは限らない』ですが、時折、経営者様からこのようなお話をお聞きします。

「じつはホームページよりもブログのほうがアクセスが多くなってきました。やはり、ブログよりもホームページのアクセスを上げたいのですが、どうしたらよいでしょうか?」

言わんとしていることは分かりますが、「手段」と「目的」を混同しているパターンです。

ホームページであれブログであれ、貴店のことが認知され、行ってみよう(問い合わせてみよう)と思わせる(もっと具体的には、来店などの具体的アクションをしてもらう)ことが「目的」です。

ですので、そのために「ホームページよりもブログのほうがアクセスが多くなっちゃった」としても全く問題ないのです。

クライアント様によくご提案するのは、「総体として取り組む。結果を出す」という点です。
ホームページなどの「単品」で何とかしようとするのではなく、様々なツールを併用して結果を出していきましょうということです。

ホームページとブログがあって、たまたまブログのアクセスが多くなってしまって、でも来店や資料請求などの成果が出ているのであれば、結果オーライなわけですね。
※私ならアクセスが多くなったブログに「ホームページ的コンテンツ」を追加することをご提案します

貴店では、様々なツールに取り組んで、お客様との接点を増やしていますか?ホームページ”だけ”で頑張ろうとしていませんか?

今日は『「ホームページ」のアクセス数が一番多いとは限らない』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所のセミナーについて
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 19:16| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.