講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2017年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2017年03月27日

【4/24横浜・午後開催】4月からホームページ担当になる(なった)社員様向けセミナー

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は兵庫県加古川市にお邪魔しています。これから小売店様のWeb活用コンサルティングです。加古川は姫路から電車(新快速)で10分で着くのですね!

さて、今日は【4/24横浜・午後開催】4月からホームページ担当になる(なった)社員様向けセミナーのご案内をさせてください。

いつもお世話になっている公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC)様でのセミナーです。ホームページの中身をどうしていくか?という最も根本的な部分のセミナーです。
時期的にも、4月からホームページ担当になる(なった)社員様向けの内容を考えています。自社ホームページについてじっくりと考え直していただける2時間にしたいと思います。

とき:2017年4月24日 15:00〜17:00
場所:(公財)横浜企業経営支援財団大会議室(横浜市中区太田町2-23 横浜メディア・ビジネスセンター7階)
セミナータイトル:自社HPに「足りないもの」とは〜〜Webツールの使い分けを整理し、 「お客様目線」のHPに変革する方法〜
概要:ホームページを作って「そのまま」のかた、手直ししたいがどこから手を付けるか分からないかたにピッタリな「ホームページ改善術」セミナーです。HPの「ズレ」は自社内だけでは気付きづらいものです。「中小企業が現実的に」「どの切り口で何を見直せば引き合いが増えるのか」を実例を挙げながらご紹介する『中小企業のためのホームページ改善術』セミナーです。

詳細は公益財団法人横浜企業経営支援財団様のホームページでご確認ください。
http://www.idec.or.jp/seminar/detail.php?pid=956

今日は【4/24横浜・午後開催】4月からホームページ担当になる(なった)社員様向けセミナーのご案内をさせて頂きました。
いつも本ブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。
≫このほかのセミナー予定を確認する
posted by わかりやすいコンサルタント at 17:07| 効果を高めるコンテンツの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

ネット販売をしていない小売店が「ホームページ」を持つ意味とは?

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

昨日は山梨県の北杜市雇用創造協議会様にて「競争力増強講座:ネット集客で売上アップ!HPを活用した販路開拓術」セミナー講師でした。南アルプスの山々が見えて清々しい気分になりました。
明日は日曜日ですが横浜市内で個人向けサービス業様のコンサルティングです。とても熱心な経営者様で、既にホームページ改善の成果が出ているようで何よりです。

さて今日は「企業ホームページ運営の心構え」のカテゴリで、

・ネット販売をしていない小売店が「ホームページ」を持つ意味とは?

というブログ記事です。

ソーシャルメディアの登場で、小売店様の情報発信が益々容易になったことと思います。
ブログとFacebook、インスタグラム等の組み合わせで、来店促進を図ることは十分に可能です。

となると、「ネット販売をするわけでもないし、ホームページ(いわゆるWebサイト)は不要では?」と思われるかもしれません。
今回は『ネット販売をしていない小売店が「ホームページ」を持つ意味』について改めておさらいをしたいと思います。

1、採用時(人材募集)に役立つ

各種Web媒体の中では、やはりホームページ(いわゆるWebサイト)が最も「公式的」な媒体であると言えるでしょう。
公式のホームページ(いわゆるWebサイト)があれば、求職者も安心し、かつ、求職者がそのご家族に説明したときに大きな安心材料になることでしょう。

2、BtoBに役立つ

新規のBtoB(法人間取引)において、ホームページがあることが「安心感」につながることは想像に難くありません。企業間取引の広がりを見据えると、ホームページ(いわゆるWebサイト)があったほうが良いでしょう。

3、お客様が「最後に参照する」ための受け皿として機能する

ブログやFacebook、インスタグラムなどソーシャルメディアは、「ある情報(ページ)をずっと固定的に表示する」ことは不得手です。
言い換えれば、「どこにどんな情報があるか示しづらい」媒体とも言えます。
この点、ホームページは「ある情報(ページ)をずっと固定的に表示する」ことに強みを発揮します。
このことを利用して、
・Q&A(よくある質問)
・流れ/方法/手順の説明
・採用情報
・会社概要
などを示しておけば、お客様の立場として「参照しやすい(最終確認しやすい)メディア」になります。

上記1〜3のいずれも、非常に長く効用を発揮してくれるわけですから、しっかりとホームページを制作することは、長い目で見て貴社の利益に適うものであると思います。

公式的で、長く印象を与えることができるホームページ(いわゆるWebサイト)のメリットを、今一度考えてみてはいかがでしょうか。
今日は『ネット販売をしていない小売店が「ホームページ」を持つ意味とは?』というブログでした。いつも最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定を確認する
posted by わかりやすいコンサルタント at 16:09| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.