講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2018年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2009年05月31日

「クールビズ期間のお知らせ」でついでに言っておくこと

こんばんは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

このブログは、企業ホームページ運営に関してご心配やお悩みを
持っていらっしゃる中小零細企業さまのよき相談相手になれるよう、
そして実戦的なアドバイスをしたい!そんな思いから書いています。

今日は、『SEOとホームページ運営実務』のカテゴリ、

『「クールビズ期間のお知らせ」でついでに言っておくこと』

というテーマです。

中小企業さまHPの「実務でよくあるお悩み」のひとつに、

・トップページにあるトピックス(お知らせ)で、更新すべき
内容が見つからない!

というのがあります。

それこそホームページを立ち上げる前は、

・HPが出来たら「ホームページが出来ました」のお知らせ
・新製品が出たら「新製品ができました」のお知らせ
・イベントに出展するときに「イベントに出ます」のお知らせ

などと、いかにも書くことが多くなるような”気”がするものです。

蓋を開けると、

・よく考えたら新製品はあまり投入されない
・イベントも最近は自粛している
・そんなこんなで、「ホームページが出来ました」のお知らせから
早くも1年が経とうとしている

などということが起こります。

この「トピックスに無理なく話題を埋めていく方法」などは
おいおい書くことにして、今回は

・お知らせを書いたら+αで告知効果を上げる

ことを考えてみたいと思います。

明日から6月。早い企業さまでは、クールビズが始まるところも
多いようです。

この時期にトピックスでよく見られる話題として、

・クールビズ期間に入りました

というのがあり、終了日まで社員が軽装になるのでご容赦を
という話題に終始しがちです。

さて今年は、以下のような話をつけて、告知効果を上げるのは
いかがでしょうか?

・クールビズ以外の、環境への取り組みを紹介し(場合により
ISOのページなどに誘導し)、対外イメージをUPさせる

・具体的な服装を紹介しながら、スタッフの顔出しをする
※いわゆる人気(ひとけ)の演出

・軽装/省エネ/夏などのキーワードに関連する自社商品/製品
をPRする


ようするに、事務的なお知らせを一ひねりすることで、注目度の高い
告知が出来るのです。


暑い季節が始まります。お体ご自愛いただき、ますます頑張って
参りましょう!!
posted by わかりやすいコンサルタント at 22:41| Comment(0) | 効果を高めるコンテンツの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

退職し独立します

こんばんは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は久しぶりに「雑感中の雑感」というカテゴリの記事です。

私事になりますが、このたび丸8年間在籍した公益法人を
退職し、独立します。

昨日が最終勤務日で、仲間が壮行会を開いてくれました。



みんな、本当にありがとう。



100年に一度という大不況。
その渦中に、安定した職を辞し、独立開業するというと、
みな笑顔で「頑張って!!」と言ってくれるのですが、その表情に

「このご時世に、何考えてんだ、お前…」

という”気の毒そうな”気配も、同時に見て取れました。


皆さんのご心配を受けながらの独立開業。

当然、35年間の人生で最大の挑戦です。


ただ一つ、普段は比較的コンサバティブで慎重な思考な私ですが、
本件に明るい道が見えているのです。
つまり、ある点では楽観的な感情を持っています。


それは、この挑戦のゴール像が明確なことです。

1、ホームページ運営・活用に関する情報格差をなくすこと。
それにより、ITベンダーやホームページ制作会社と、ホームページを
活用したい中小零細企業が良い関係(WIN−WIN)になり、日本経済が
「正しい関係性のもとに」活性化すること。


一部のITベンダーやホームページ制作会社が、ありもしないことを
言って、あるいは重要な情報を言わずにホームページ制作の契約を
交わし、その結果、意図しないようなホームページが出来上がり、
当該中小企業の本来持っている価値が伝わらないような結果に
なったり、ホームページの作り直しなどの余計なコストが発生する
ような「情報格差のある、正しくない」関係を是正したいのです。

2、せっかく魅力があるのにそれが十分に伝わっていない中小
零細企業をなくすこと。


8年間、様々な中小零細企業さまにお目にかかってきましたが、
多くの中小零細企業さまは、自社の魅力を十分に伝えていないのです。

「これは、モッタイナイですよ!」

私がコンサル中によく言う言葉です。

「自社の魅力を十分に伝えていない」理由は様々です。

・PRすることが、なんとなく恥ずかしい/面映ゆい
 ※ウソのようですが、こういう感覚の社長様は意外に多いです
・ホームページで、どのようにすれば効果的にPRできるか分らない
・自社の魅力が何か、分からない、あるいは考えたことがない

独自のウリ(USP)を策定し、それをターゲットユーザーに対して
効果的に伝えていく。

キャッチコピーや文章の改善。
SEO(検索エンジン対策)テクニックを使った認知率の向上。
アクション(問い合わせや資料請求、来店など)を起こさせるための
コンテンツ(内容)作り。

中小零細企業さまの魅力が消費者/需要家に伝わり、市場が活性化
する。
売り手よし、買い手よし、社会よし。

こういう状態になったら、すごくワクワクしませんか?

とにかく、このPRのモレという「モッタイナイ」状態を打破したい
のです。



1箇所でも多くの中小零細企業さまの、上記のような状況を変えて
いきたい。
超巨大なオセロをする感覚です。
黒いコマを、白くしていく。


絶対やります。子供たちに良い社会を残したいので。
posted by わかりやすいコンサルタント at 22:47| Comment(0) | 雑感中の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

「わかりやすさ」が価値になる時代…10のチェック項目

こんばんは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

このブログは、企業ホームページ運営に関してご心配やお悩みを
持っていらっしゃる中小零細企業さまの、特に「初心者/入門者」さま
向けに、実戦的なアドバイスをしたい!そんな思いから書いています。
企業ホームページのことを任されたが、困ったな…というあなたに
お役に立ちたいと思っています。


今日は、『マーケティング』のカテゴリ、

『「わかりやすさ」が価値になる時代…10のチェック項目』

というテーマです。

一昨日、昨日の「HP運営セミナー」でも触れさせていただいた
ところなのですが、これからは

「わかりやすさ」が価値になる時代

になると思っています。
ある大手都市銀行も、この「わかりやすさ」をブランド価値
として明言しています。


ネット、口コミ…など新しいコミュニケーション手段の台頭で
われわれ現代人の処理すべき情報量は増え続けています。

また「ホームページ」というメディアは、「リンク」という機能で、
他への「乗り移り」が容易であるという特性を持っています。

ある言葉で、検索する。
ざっと見た5件くらいで、まず目星をつける。

その5件は、隅から隅までじっくりと見られ、比較検討される
でしょうか?

答えは否です。

・何が目的かわからないホームページ

・表現が理解しにくい/分かりづらいホームページ

は、その商品/サービスの内容以前の問題として、選択から
落ちてしまうのではないでしょうか?


さて、その「わかりやすい」ホームページとは、どんな特徴が
あるのでしょうか?

あなたのホームページが分かりやすいか、以下のチェックで
確認してみましょう。

1、文章の内容ごとに、段落に区切っている

2、キャッチコピーは文字サイズを大きめに、本文はそれより
小さめにしている

3、重要な点は太字にしたり、色を変えている

4、連絡先を、目につきやすい位置に配置している

5、他のページ(メニュー)への動線がハッキリしている。また
ページの現在位置が明確である

6、問い合わせ(注文)から納品(サービス終了)までの流れを
図式化している

7、料金表を見たときに、積算が容易である

8、お客様の声や事例などを豊富に掲載している

9、(問い合わせ・注文など)何をすることがそのサイトのゴールか
明確である。言い換えれば、訪問者にどうしてほしいのかが明確に
なっている

10、専門用語は言い換えを併記している




いかがでしょうか?チェックが7個以上あれば「相当わかりやすい」、
逆にチェックが3個以下だったら、「相当わかりにくい」と
思います。


あなたのホームページを「わかりやすく」して、比較検討の中で
勝ち残るために、ぜひ上記チェックを活用してみてくださいね!

posted by わかりやすいコンサルタント at 22:48| Comment(0) | マーケティングの発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

HP制作業者さまからの声

こんばんは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は、『お客様の声』です。

今日も葉山で、「ホームページ運営講座」B日程の講師を
させていただきました。

今日も皆様熱心で、多くの実務的なご質問をいただきました。

さて今日の受講者さまの中に、HP制作業の経営者の方が
いらっっしゃいました。

私は今日の講演でも、ホームページ制作業者の選定方法、
妥当な見積の見極め方、HP発注と進行管理、成果物の検収
などの話をさせていただきました。

そのお客さまから最後に、

「全部、『なるほどその通り』と思って聞いていました!」

と、お墨付き(?)をいただけました。

たまに勘違いされるのですが、私は決してHP制作業者さまを
悪者扱いしていませんし、むしろ私よりも数段、制作スキルがある
専門業者さまを尊敬すらしています


ただ絶対に許せず、必ず是正したいと思っているのは

・事実と異なることを言って受注/納品する業者
・プロとは言えない、ありえないミスをして平気で納品する業者


であり、極端にいえば、こういう業者がいることで、本来発揮される
べき中小企業さまの力が阻害され、あるいは予定が狂うことで、
日本経済の成長に悪影響を与えていると思うのです。


「そんなバカな」と思うかもしれませんが、私は本気でそう思っています。

私の理想は、

・ホームページ発注側と受注側の情報格差をなくすこと
・お互いが良い仕事をして、お互いにWINがあること

です。

ホームページの発注側と受注側の間に立ち、良い関係になるよう
私は調整役(情報格差を埋める役)に徹し、最終的には中小企業さま
の対顧客メッセージにモレ・ムダがなく、中小企業さまが持っている
魅力が正しく市場に伝わる。

こういう理想の世の中になれば、私の役割はそこで終焉すると
思います。

理想に向かって、挑戦し続けます。
posted by わかりやすいコンサルタント at 22:46| Comment(0) | 永友事務所ご相談者さまの声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

「ホームページ運営講座」A日程終了!

こんばんは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。
今日も暑かったですね!。

今日は、『お客様の声』です。

今日は葉山にて、「ホームページ運営講座」A日程の講師を
させていただきました。

昼休憩を挟んで計6時間、みっちりとお話をさせていただきました。
お客さまからも、

「SEOの整理ができた」
「自社ホームページの足りない点を再認識できた」
「ホームページ制作業者選定の話が具体的で役立った」

というお声をいただきました。

質疑応答も活発で、クロスリスティング、ペルソナ策定、
RFPの作成などについて具体的な質問をいただきました。

あすも「ホームページ運営講座」B日程。
張り切って頑張ります!!
posted by わかりやすいコンサルタント at 21:56| Comment(0) | 永友事務所ご相談者さまの声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

ソフト不正コピーを勧める業者/コンサルに注意

こんばんは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

このブログは、企業ホームページ運営に関してご心配やお悩みを
持っていらっしゃる中小零細企業さまのよき相談相手になれるよう、
そして実戦的なアドバイスをしたい!そんな思いから書いています。

今日は、『SEOとホームページ運営実務』のカテゴリ、

『ソフト不正コピーを勧める業者/コンサルに注意』

というテーマです。

先日のニュースで、石川県庁職員がパソコン用ソフトを不正に
コピーし、公務に使用していたことが分かったとの報道がありました。

写真加工やプレゼンテーション用ソフトだったとのことで、4000万円
程度を賠償する方向で交渉を進めているそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090523-00000084-jij-soci

さて、ホームページ制作業界やコンサルティング業界を眺めてみると、
こともあろうに、顧客に対して自分が保有するパソコンソフトを
不正コピーするよう勧める業者がいます


断じて許されないことですし、そういう甘い言葉には決して
乗らないことが肝要です。

賠償は誰が払うことになるのか、落ち着いて考えてみましょう。

ホームページコンサルタント永友一朗は、決してパソコンソフトの
不正コピーを勧めることはありませんので、ご安心ください。
posted by わかりやすいコンサルタント at 21:00| Comment(0) | HP制作業者との交渉(委託実務) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

中小企業は「独自ドメイン」を取った方が良いかどうかの件

こんばんは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

このブログは、企業ホームページ運営に関してご心配やお悩みを
持っていらっしゃる中小零細企業さまのよき相談相手になれるよう、
そして実戦的なアドバイスをしたい!そんな思いから書いています。

今日は、『SEOとホームページ運営実務』のカテゴリ、

『中小企業は「独自ドメイン」を取った方が良いかどうかの件』

というテーマです。
※以下、独自ドメインを単に「ドメイン」と言います

多くの中小零細企業さまにお目にかかっています。そして
コンサルティングをしていて「いざ、ホームページを作る(持つ)
ことにしよう」という段階になると、9割9分、皆様が口をそろえて
おっしゃる疑問が

「やっぱりドメインは取った方が良いのですか?」

ということです。

私はほぼ例外なく「ドメインを取る」ことをおススメしていますが、
「ドメインがなくてはならないのではない」ということも
きっちりご説明しています。


プロバイダが提供する無料サーバスペースで(つまりドメイン無しで)
ホームページを構築、運用して頑張っていらっしゃる方も多く
知っています。ですので「なければならない」ものでは決して
ありません。

さて、中小企業さまがドメインを取得するメリットは、大きく
以下の通りです。

1、無いよりは対外的に信頼度が増す場合がある
2、人に伝えやすい
3、(ドメインが適切に短ければ)名刺など紙媒体に載せやすい
4、従業員さまのモラールアップにつながることもある
また
5、SEO上、無いよりあった方が有利だ
と言われていますが、これはあまり考えなくてよいです

ドメイン取得/保持は、年額でせいぜい数百円〜1万円程度。
上記メリットが見込めるなら、高くはないと思います。

さてドメイン、取得しますか?しませんか?



posted by わかりやすいコンサルタント at 20:00| Comment(0) | ドメイン・サーバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

「専門化」と「幅広い品ぞろえ」で迷ったら

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。
暑くなってきましたね!

今日は、『ネットショップ運営実務』のカテゴリ、

『「専門化」と「幅広い品ぞろえ」で迷ったら』

というテーマです。

売れるネットショップの特徴の一つに、「専門化」
ということが挙げられます。

うちは何でも揃っていますよ、というよりも、何かに特化
していますよ、という方が、ネットショップとしての
見ごたえは高まるのです。
※これをショップの「とんがり」などとも表現します

ネットでわざわざ調べて買い物をしたいという人は、
決して「よろず屋」を探しているわけではありません。

だから「うちは専門店。○○のことなら任せてください」
という店こそ、見ごたえがあるわけです。

ですのでネットショップさまのコンサルティングをする時に
この「とんがり」が出るような商材を探す(決定する)ことが
重要になるのですが・・・、

ここからが重要です。

ネットショップで出す商材を絞っていくプロセスで、その特徴
(専門性)には入らないが、「外したくない」ものがあったときに、
どうするかです。

私は、この外したくない理由が「商材へのこだわり/思い入れ」
にあるのであれば、ショップに出す商材として残すことも
おススメしています。
※逆に単純に「粗利が大きいから」などという理由であったら、
おススメをしていません。ショップの特徴がブレるからです。

この「こだわり/思い入れ」は、ショップ専門化の前提となる
強い志向なわけです。

ですので、商材のカテゴリは違っても、あなたの「目利き」という
フィルターを経ている、そしてそれに強いコダワリがあるのなら、
商材としてラインナップしていても問題はないのです。


「専門化」と「幅広い品ぞろえ」で迷ったら、このことを思い出して
みてくださいね。



posted by わかりやすいコンサルタント at 17:48| Comment(0) | ネットショップ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

「ホームページ構築」が「業務システム構築」と大きく違う点

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

このブログは、企業ホームページ運営に関してご心配やお悩みを
持っていらっしゃる中小零細企業さまのよき相談相手になれるよう、
そして実戦的なアドバイスをしたい!そんな思いから書いています。

今日は、『SEOとホームページ運営実務』のカテゴリ、

『「ホームページ構築」が「業務システム構築」と大きく違う点』

というテーマです。

中小企業さま、特に小規模事業所さまとお話をしていると、
たまに「ホームページ構築」と「業務システム構築」とを
同じことのように考えていらっしゃるケースがあります。

なんとなく「パソコン関係」ということでは一致していますが、
その取り組みにおいて、大き違う点が2点あります。
それは以下の点です。

1、従業員さまにとっての業務関与度

「業務システム構築」は、従業員さまにとっては”一大事”
だと思います。
そのシステムいかんで仕事の効率が変わってくることは勿論、
使い勝手が悪いシステムだと、余計、作業がしづらくなるからです。

一方、「ホームページ構築」は”なんとなく会社が勝手に作るもの”
という意識をお持ちの方は多いようです。
”自分の業務とは直接関係ない”というスタンスです。

2、対象がクローズかオープンか

「業務システム」は、従業員さまというクローズな対象を
持つもので、事前に使い勝手や盛り込みたい機能などを
ヒアリングできます。

一方、「ホームページ」は対象が不特定になりますので、
「想定するユーザー像」に向けて手探りで構築し、カイゼン
していくものです。

本稿で言いたかったことは「違いが2つある」ということではなく、
この2つのポイントをじっくりと取り組めた企業さまは、
ホームページの成功度は格段に上がることをお伝え
したかったのです。

つまり、

・事業所内の関連セクションに対し、横断的に「HP構築」
に関する意識付けを行い、また協力を仰ぐ。

・同じく部門横断的に、自社の強みや想定するユーザー像
などをディスカッションする。またそういう話し合いの場を継続的に
設ける。

こういう組織の場合は、ホームページが非常に効果的な武器になると
思うのです。

ホームページ構築を機に、自社内がさらに結束する。そして
それがきっかけで組織力が上がっていく。

すごく素敵なことだと思いませんか?

posted by わかりやすいコンサルタント at 16:25| Comment(0) | HP制作業者との交渉(委託実務) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

「キーワードの拡張」で言葉の単純羅列を避ける

こんばんは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

このブログは、企業ホームページ運営に関してご心配やお悩みを
持っていらっしゃる中小零細企業さまのよき相談相手になれるよう、
そして実戦的なアドバイスをしたい!そんな思いから書いています。

今日は、『SEOとホームページ運営実務』のカテゴリ、

『「キーワードの拡張」で言葉の単純羅列を避ける』

というテーマです。

SEO(検索エンジン対策)テクニックの一つに、ページ中に、意中の
キーワード(利用者が検索するであろう/利用者に検索してほしい言葉)
を多めに入れるというのがあります。

例えばあなたが、梅干の通販を行おうとすれば、ターゲットキーワードは
単純に言えば、梅干、通販といったところでしょう。

ここまでで早とちりをする人がまだ多いのですが、ページ中に
闇雲に「梅干 通販」という言葉を羅列すると、最悪、スパムにも
なりえます。
※スパム(検索エンジンスパム)…SEOテクニックを悪用し不自然に
順位上昇を狙う行為。検索エンジン会社からペナルティを受けること
になります。

・白いページに白い文字でターゲットキーワードを書く。それを
何回も繰り返す

・小さい文字で、ターゲットキーワードを何度も何度も書く

そういう不自然なことではなくて、「キーワードの拡張」という
考え方を用いて、メッセージを作っていけば、

・人が読んで自然

・ページ内容も充実

という、検索エンジンが好むような要件に合ってきます。

では、キーワードの拡張とはどんなことでしょうか?


例えば、あなたが「アロマオイル」のネットショップさまだとしたら、
単純に「アロマオイル」というキーワードを並べ立てるのではなく、

・アロマオイル
・アロマエッセンシャルオイル
・業務用アロマオイル
・アロママッサージオイル
・アロマのオイル
・アロマオイル通販

などの言葉群を、ページ内に(もちろん読んで自然な形で)
ちりばめていけばよいのです。


落ち着いて、あなたのターゲットキーワードの「キーワード拡張」
を考えてみてくださいね。

posted by わかりやすいコンサルタント at 23:35| Comment(0) | SEO(コンテンツSEO/キーワード対策) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.