講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2017年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2009年06月30日

委託したHP制作業者が著作権侵害をしたときのあなたの責任

おはようございます。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

さて今日は、久々に『ホームページ関係法令』のカテゴリ、

『委託したHP制作業者が著作権侵害をしたときのあなたの責任』

というテーマです。
※朝から重いテーマですね(^^);

あなたが自社ホームページを、制作会社に委託して作らせた。
その完成物の責任主体は、まぎれもなく、あなたになります。

つまりホームページ制作会社が(悪意でなくても)著作権侵害を
する成果物を作った場合でも、その委託者であるあなたも、
著作権の侵害者となってしまいます。

その後の(ホームページ制作会社に対する)損害賠償請求などは
出来るとしても、根本的に著作権侵害の責任を追及されるのは、
あなたになってしまいます。

そもそも不愉快ですし、コンプライアンス経営の質が問われて
しまいますよね。
一番良い予防は、

・契約前や打ち合わせ時に、コンプライアンス体制を問うておく

・契約書上で、法令違反があった際の責任を明記しておく

ことだと思います。

このブログでも何度も書いていますが、

・プロである業者に任せれば安心だ

という考えは、絶対に危険です。



なお、その出来上がったホームページ自体の著作権は、あなたと制作会社、
どちらが持っていると思いますか?

これは、本稿と紛らわしくなるので、別の機会に取り上げたいと
思います。


--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------
▼中小企業HPの第三者評価、セカンドオピニオン
▼HP運営初心者・入門者に特化したアドバイス
▼安心の「30日間の完全返金保証制度」付きコンサルティング

代表 永友 一朗
【主たる連絡先:藤沢駅前事務所】
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
【本社】
〒251-0001 神奈川県藤沢市西富583-2
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 07:00| Comment(0) | ホームページ関係法令 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

CSS(スタイルシート)を使ったホームページ作りの取りかかり方

おはようございます。ホームページコンサルタントの永友一朗です。
梅雨らしくなってきましたね。

さて今日は、『CSS(スタイルシート)を使ったホームページ作りの取りかかり方』
というテーマです。

自作ホームページ(ご自身で作るHP)をお考えの相談者からの

テーブルレイアウトで作った方が良いか、CSS(スタイルシート)
で作った方が良いか


というご質問は、非常に答えにくい質問の一つです。

簡単にいえば、

・直感的に作りやすい(とりかかりやすい)

のがテーブルレイアウトなのですが、今のインターネットの(厳密には
Web制作の)流れから言えば、テーブルレイアウトでのホームページ
制作は、どんどん下火になっていく考え方なのです。

一方、今後の主流になるCSS(スタイルシート)でのホームページ制作は、

・テーブルレイアウトよりも理解と実践が難しい

という悩ましい特徴があります。

私のコンサルティングスタイルとして、いつも「実務/現場」を
重視していますから、例えば現状でテーブルレイアウトでHPを
作っていらっしゃる相談者の方から、自分でデザインを変えていきたい
という助言を求められた時は、このテーブルレイアウトとCSS(スタイルシート)
の違いを申し上げた上で、どちらを選択するかについて相談者と
じっくり話し合うことにしています。

つまり、「このままテーブルレイアウトで行きたい」という相談者の
方にも、その選択を支持し、無理にCSSへ移行することは勧めていません。


では、「CSS(スタイルシート)で行く」という場合に、

「で、まず何をどうすればよいか?」

となった時にも、大きく2つの選択肢があります。

1、CSS(スタイルシート)を理解した上で、作り始めたい
2、まず作り始めてみて、進めながらCSS(スタイルシート)を理解
していければよい


これは相談者の性格に大きく依存しますので、どちらが良いかは
ケースバイケースです。

今回の記事では、1と2、両方の場合の、「まず、どうするか」を
書いてみたいと思います。
※いつもながら前振りが長いですが…


【 1 】CSS(スタイルシート)を理解した上で、作り始めたい

この場合は、ネットでの情報収集よりも、書籍や講習での学習(理解)を
薦めています。

個人的には、書籍では『Dreamweaver CS5/5.5 スーパーリファレンス』をおススメしています。
「CSSを初めて学ぶ」方に、おススメの良書だと思います。



※ただし、CSS自体がテーブルレイアウトの考え方とはまったく
違いますので、一度通読しただけでは理解は難しいと思います。
この本を教科書として何度も読む、または補完的にネットで情報収集
するのが一番良いと思います。

講習では、ある相談者からの体験談として、アドビの公認講師が
行う講習会(アドビですから当然、Dreamweaver CS4を使ったCSS
講習でしょう)が大変良かったということを聞いています。

こういう書籍や講習で得た知識を使って、いわゆるタグ打ちで
ホームページ制作を進めても良いでしょう。

【 2 】まず作り始めてみて、進めながらCSS(スタイルシート)を理解
していければよい


いわゆる、電化製品を買って説明書を読まずにいきなり使い始めてみる
性格の方は、こちらが合っているかもしれません。

このときの「まず作り始めてみる」時には、いきなりタグ打ちで
作れるものでもないので、

・Dreamweaver CS4やホームページビルダーなどのHP編集ソフトに
付録で付いている、テンプレート(雛型)を使って作り始める

のが、てっとり早いと思います。

また「ソフトに付いているテンプレートはダサい…」と思う方は、
インターネット上でCSS(スタイルシート)の雛型を公開している
個人の方が多数いらっしゃいますので、そういうサイトから、
雛型をダウンロードして使わせてもらう方法もあります。
※当該サイトの利用規約をよく読んでくださいね。

また、「手元に書籍がないと…」という方は、Dreamweaver CS4を
お使いであれば「Dreamweaver CS4スーパーリファレンス」(ソーテック社)
がおススメの良書です。

時間のない中小企業さまの「現場」を考えると、「2」の「まず、
作り始めてみる」というのが、近道かもしれません。


あなたは、どちらのタイプでしょうか?


--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------
▼中小企業HPの第三者評価、セカンドオピニオン
▼HP運営初心者・入門者に特化したアドバイス
▼安心の「30日間の完全返金保証制度」付きコンサルティング

代表 永友 一朗
【主たる連絡先:藤沢駅前事務所】
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
【本社】
〒251-0001 神奈川県藤沢市西富583-2
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:00| Comment(0) | Web活用の参考になる書籍(書評) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

ビジネスブログから始まるビジネスのご縁

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は、『ビジネスブログ運営実務』のカテゴリ、

『ビジネスブログから始まるビジネスのご縁』

というテーマです。

先日、私のビジネスブログ構築セミナーを受講された方から
「ビジネスブログがきっかけで、TVの取材が決まった」
とご連絡をいただきました。

Mさん、本当に良かったですね!!

ブログは通常のhtml形式のホームページに比べて、SEOとの
相性がよく、つまりは、記者さんの目にも止まりやすい
という利点があります。

・言いたいこと(論旨)をはっきりする

・その言いたいこと(論旨)に裏打ちがある(証拠/調査/経験…)

・そのブログを読んで、具体的な行動を取りたくなる
(食べたい/買いたい/読みたい/…etc)


というような書き方をしていれば、報道関係者の目にも、
止まりやすいのではないかと考えています。

最近ではあまりいらっしゃいませんが、

「ブログはホームページを作った後に、おまけで作ります」

みたいなことをおっしゃる方が、数年前までは結構いたように
思います。

それは、今は全く無効な考えであり、自社の魅力や商材への
想いを出すツールとして大変優れています。

あなたも臆せず、ブログを始めてみませんか?

--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------
▼中小企業HPの第三者評価、セカンドオピニオン
▼HP運営初心者・入門者に特化したアドバイス
▼安心の「30日間の完全返金保証制度」付きコンサルティング

代表 永友 一朗
【主たる連絡先:藤沢駅前事務所】
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
【本社】
〒251-0001 神奈川県藤沢市西富583-2
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 12:00| Comment(2) | ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

対面コンサルティングの実施場所

おはようございます。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は「永友事務所の運営方針とお約束すること」という
カテゴリの記事です。

先日、「対面コンサルティングはどこで行うのですか?」と
ご質問をいただきましたので、ブログにも書いておこうと
思います。

対面コンサルティングは現在、東京/神奈川のみ対応できますが、

・相談者の事業所に出向いて

・(喫茶店などではなく)事業所内にて

行わせていただきます。

コンサルティングの重要なヒントは、現場に隠れています。

・駅からの道すがら、(相談者の)同業者はどう営業
しているか

・街の雰囲気として、どういう属性の消費者が多いのか

・事業所内での、スタッフ様の動きはどうか

・店舗ファサードの雰囲気はどうか

などが分かりますし、それ以上に、事業所内でコンサルティングを
させていただいた方が、相談者の方がリラックスできるからです。

また、

・実際、どのパソコンでホームページ運営をしようとしているのか

も分かりますので、

・ワイド液晶モニタを使っているので幅の広いホームページを
志向しているが、一般の閲覧者はまだ狭い画面での閲覧をする
こともあるので、検討の余地があることを伝える

こと等もできます。

そういう意味で、藤沢駅からの鉄道交通費は頂戴してしまいますが、
ぜひあなたの事業所内で、コンサルティングをさせていただきたいと
思います。

なお、当事務所自体は大変手狭なため、当事務所でコンサルティングを
受けたいという場合には、藤沢産業センターの貸会議室を使用して
コンサルティングを実施させていただきます。
この場合の会議室利用料は、当事務所が負担いたします。

事情があって、あなたの事業所内でのコンサルティングが難しい
ようであれば、藤沢までお越しいただきたく存じます。

--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------
▼中小企業HPの第三者評価、セカンドオピニオン
▼HP運営初心者・入門者に特化したアドバイス
▼安心の「30日間の完全返金保証制度」付きコンサルティング

代表 永友 一朗
【主たる連絡先:藤沢駅前事務所】
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
【本社】
〒251-0001 神奈川県藤沢市西富583-2
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:00| Comment(0) | 永友事務所の運営方針とお約束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

「Webセーフカラー」は気にしなくてよい

おはようございます。ホームページコンサルタントの永友一朗です。
今日も暑そうですね!

さて今日は、『SEOとホームページ運営実務』のカテゴリ、

『「Webセーフカラー」は気にしなくてよい』

というテーマです。

特に企業ホームページをご自身で作られる(自作する)相談者の
方から、

「永友さん、Webセーフカラーを使わないと、色が変わって見えて
しまうと聞きました。気にせず作り始めてしまったのですが…」

というご心配を伺う場合があります。

私は、「いや、実際は心配しなくても良いですよ

とお答えします。

Webセーフカラーとは、ウィンドウズ/マック間等、ホームページの
閲覧環境の違いで差が出にくい色のことで、俗に「この色を使えば
他の色に変って(代替されて)しまうことは無い」色と
言われています。

しかし、

・Webセーフカラーは、わずか216色しかない(この色だけでHPを
表現するのは現実的ではない)

・そもそもユーザー(ホームページ閲覧者)の閲覧環境(部屋の光度、
モニタの具合…等)でも「見え方」は様々である

・Webセーフカラー以外の色を使ったので実務上困った、という実例を
聞いたことがない

という理由で、私は「気にしなくてよい(Webセーフカラー以外の
色を使っても良い)」とお答えしています。

このブログでも何度も書いていますが、

・「しなければならない」

のか、

・「した方が良い」

のか、区別がつかないのが、HP運営入門者の特徴です。

こういう心配を一つ一つ潰していけば、自信を持ってHP運営に
当たれるものと考えています。

--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------
▼中小企業HPの第三者評価、セカンドオピニオン
▼HP運営初心者・入門者に特化したアドバイス
▼安心の「30日間の完全返金保証制度」付きコンサルティング

代表 永友 一朗
【主たる連絡先:藤沢駅前事務所】
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
【本社】
〒251-0001 神奈川県藤沢市西富583-2
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 10:08| Comment(0) | ユーザビリティ(使い勝手・動線)の改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

ページの文章(言葉)を増やす(長くする)方法

おはようございます。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

私のコンサルティングのコンセプトは「企業HP運営の町医者」。
困った時にだけ気軽に相談できる、あなたのHPのよき伴走者に
なりたいと思っています。

・「まず、どうしたら」「次に、どうしたら」よいか迷っている
企業ホームページ運営初心者の方
・HP制作業者とやり取りしているが、中立な第三者の意見が欲しい方

のコンサルティングが得意です。製造業から小売飲食業まで幅広く
助言させていただいています。

さて今日は、『SEOとホームページ運営実務』のカテゴリ、

『ページの文章(言葉)を増やす(長くする)方法』

というテーマです。

文字サイズを大きくしてページを長くする、とか、そういうことでは
ありませんよ(^^);。

『「文字が多いページは読まれない」という勘違い』という記事でも
書かせていただきましたが、基本的には、ページ内の文字量は
多ければ多いほど良い
とアドバイスしています。

それは主にSEO(検索エンジン対策)の観点からそう言えるのですが、

「いやあ永友さん、そう言われても、文章が出てこなくてねえ…」

というお声をいただくことが、ほとんどです。
特に、日頃文章を書いたり説明をしたりすることが少ない製造業さま
でそれが顕著です。

・「説明が大事」、「文章を長く」といわれて困った…

という場合にどう考えるかを、まとめてみたいと思います。

【 1 】「広告は、いつもそれを初めて行うように説明する」
という金言を思い出す


アメリカの有名なコピーライターの金言です。

コンサルしていても、「文章が出てこない」という相談者の多くは
「言葉は思い浮かぶが、それはもう周知の事実だろうから、今さら
言うことではないと思って、その文章・PRを頭から消してしまう」
という方が多いのです。

・○○が得意だということは何十年も言っているし…
・○○が対応可能ということは、前回の広告で言ったし…

いや、違うんです!

「広告は、いつもそれを初めて行うように説明する」という金言を
思い出していただき、あなたが「今さら…」と思うことでも
付け加えましょう。

あなたにとっては今さらでも、今のタイミングのお客さまにとっては
すごく重要なことかもしれません


【 2 】お客様などの外部の声を借りる

自分でどうしてもPRが出てこない。ならば、お客様に語って
いただくのはどうでしょうか?
あなたが気付かなかった点を褒めてくれるかもしれませんし、
「お客様の声」は企業HP運営上、極めて重要なものだということは
このブログでも繰り返しお伝えしています。

≫「お客様の声」を入れるということ

【 3 】自分の家族(親/子供)に説明するように、ごく簡単に
言い換えてみる


文章が短い。それはひょっとしたら、コンパクトにまとめすぎて
いるのかもしれません。

その内容のままで、ご家族が「わかった!」と言ってくれますか?
ご家族の「わかった!」を引き出すまで、
・用語を解説する
・簡単に例えてみる
・重要なことは繰り返してみる
ということを考えれば、文章は適切に長くなってくるはずです。

【 4 】寸法などの数値を入れてみる

数値を入れると、PRもできますし、説明が具体的になり適切に
長くなります。

洋菓子のネットショップさまをコンサルしたときに、
「ケーキの大きさや、配送時の外箱の大きさなども記載しましょう」
とアドバイスさせていただいたこともあります。
届いたら、冷蔵庫に入るの?など、お客様はあなたが思っても
みなかったようなことを心配するものです。

【 5 】製品/サービスの取り扱いの経緯(動機、エピソード)
を書く


このブログでも何度も取り上げている『物語マーケティング』の
考え方です。

・なぜ、その製品/サービスを取り扱うことになったのか?
・そこにあなたのどんな思いが込められているのか?
・その製品/サービスを使うと、どんな良いことがあるのか?

などを説明すると、文章は適切に長くなってくるはずですし、
マーケティング上もとても有効です。


この5点を踏まえて、文章を膨らませてみてくださいね!

--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------
▼中小企業HPの第三者評価、セカンドオピニオン
▼HP運営初心者・入門者に特化したアドバイス
▼安心の「30日間の完全返金保証制度」付きコンサルティング

代表 永友 一朗
【主たる連絡先:藤沢駅前事務所】
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
【本社】
〒251-0001 神奈川県藤沢市西富583-2
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 11:01| Comment(0) | 効果を高めるコンテンツの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

PageRank(ページランク)で被リンクの度合いを知る

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。
朝はしっかりとした雨が降りましたね。

このブログは、
・企業ホームページ運営に関してご心配やお悩みを持って
いらっしゃる中小零細企業さま(特に初心者/入門者の方)
・HP制作業者とやり取りしているが、中立な第三者の意見が欲しい方
を思い浮かべながら書いています。

今日は、『SEOとホームページ運営実務』のカテゴリ、

『PageRank(ページランク)で被リンクの度合いを知る』

というテーマです。

SEO(検索エンジン対策)の3大重要ポイントの一つが、

・他のホームページからリンクしてもらう

すなわち「被(ひ)リンク」であることは、「SEO(検索エンジン対策)
を意識して『表記の揺れ』を作る」という記事
等でも
ご紹介しました。

このときに、

・自社ホームページは他からどれくらいリンクされているの?
(どれくらいの被リンクがあるの?)

という疑問が出てくると思います。

この被リンク度合いを知るひとつの指標として、Google ツールバー
のPageRank(ページランク)というものがります。
※PageRank(ページランク)はGoogleの登録商標です

ツールのインストールは自己責任でお願いしたいのですが、
Google ツールバーのページからすぐインストールできます。

このツールバーに含まれるPageRank(ページランク)という緑色の棒グラフは
0から10までの11段階になっていて、そのホームページの
重要度合(被リンク度合等)に応じて、値が変わります。

「そのホームページ」とは、まさに閲覧しているホームページの
ことであり、ツールバーをインストール後、例えば当ブログのトップページを
見ていただくと、現在のPageRank(ページランク)は「1」なわけです
(まだまだ低いですね!)。

他には、Yahoo! JAPANは「8」、mixiは「7」などの値であることが
わかります(本日現在)。

このPageRank(ページランク)の値が高い方が、いわゆるSEO上、有利であると
言われているのです。

ではこのPageRank(ページランク)の値を「上げる」方法はというと、

・できるだけ多くのホームページからリンクされること

そして、

・リンクしてくれているホームページのPageRank(ページランク)の値も、
高ければ高いほど良い

明言されています。

≫Google 会社情報: テクノロジー

ただし、厳密な意味でPageRank(ページランク)の値を決める
変数は「5億個」だそうですから、「PageRank(ページランク)は
被リンクのひとつの目安」と考えた方がよさそうです。

ともあれ、私は新しいパソコンを買ったらすぐ行うのが
このGoogle ツールバーのインストールです。

あなたも、被リンク度合を知るためにGoogle ツールバーを
インストールしてみてはいかがですか?。

posted by わかりやすいコンサルタント at 15:22| Comment(0) | SEO(被リンク対策) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

「ホームページは営業マン」という言葉の危険

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

このブログは、
・企業ホームページ運営に関してご心配やお悩みを持って
いらっしゃる中小零細企業さま(特に初心者/入門者の方)
・HP制作業者とやり取りしているが、中立な第三者の意見が欲しい方
を思い浮かべながら書いています。

今日は、『SEOとホームページ運営実務』のカテゴリ、

『「ホームページは営業マン」という言葉の危険』

というテーマです。

ホームページ制作会社のセールス話法として、

「ホームページは優秀な営業マンですよ。文句も言わず24時間勝手に
働いてくれるんですから」

などという言い方があります。

この言葉は、ホームページ運営のごく一面しか表わしていない
という意味で大変危険な言い方だと、私は考えています。

たしかにある部分では、

・インターネットという広大な世界で、自社のPRをする機会は
得られる

・ホームページはデジタルなものなので、体調が悪くなったり、
モチベーションが上下することはない

という意味では、「便利なもの」だと思います。

が、百歩譲って「優秀な」、いや正確には「”並”レベルで働いて
くれる」営業パーソンとして働かせるために、以下のような
それ相応の努力や工夫」が必要になることを、必ず念頭に
置かなければなりません。

営業パーソンを採用するときに慎重に選考/判断するように
これから作る(あるいはすでに持っている)ホームページが
自社のセールスプロセスに沿っているか(きちんと役に立てるのか)
を慎重に考える必要がある。つまり内容や仕組み、デザインなどが
本当に自社の意向に沿っているかを考える必要がある

採用後にOJTやOFF-JTなどをするように、自社のセールスプロセス
の中できちんと機能し続けるように教育(改良)を行う必要がある

・人材も時価評価される時代、ホームページがその時代時代に
あった動きをしているか
考える必要がある

営業パーソンもその態度や接遇方法などでお客様を怒らせて
しまうことがあるように
、ホームページも、その動作、ページ遷移、
また細かく言えば資料請求ボタンを押したあとに「ありがとう」
も言わないような仕組みになってしまっていないか、もてなしの
様子をチェックし考える必要がある


私はホームページ作りに関してネガティブなことを言いたいわけでは
ありません。

このブログでも再三繰り返しているように、HPを自作する(ご自身で
作る)場合は、

・ホームページを絶えず「改善」していくことが必要なこと

またホームページ制作業者に発注をする場合は、

・発注側も、ホームページの運営に関して予備知識を持っておくこと

・受注側も、発注者のレベルに合わせて良い面/懸案点の両面を
説明し、きちんと納得してもらった上で契約・制作すること

が重要だと思うのです。


くどいようですが、現状の、ホームページ運営に関する情報格差は
本当に危険な状況だと思います



--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------
▼中小企業HPの第三者評価、セカンドオピニオン
▼HP運営初心者・入門者に特化したアドバイス
▼安心の「30日間の完全返金保証制度」付きコンサルティング

代表 永友 一朗
【主たる連絡先:藤沢駅前事務所】
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
【本社】
〒251-0001 神奈川県藤沢市西富583-2
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 11:54| Comment(0) | 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

メルマガ文章の決まり:行先(行動)をはっきりさせること

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

このブログは、
・企業ホームページ運営に関してご心配やお悩みを持って
いらっしゃる中小零細企業さま(特に初心者/入門者の方)
・HP制作業者とやり取りしているが、中立な第三者の意見が欲しい方
を思い浮かべながら書いています。

今日は、『SEOとホームページ運営実務』のカテゴリ、

『メルマガ文章の決まり:行先(行動)をはっきりさせること』

というテーマです。

先日、通信コンサルの相談者の方から、
「メルマガを発行するので、文章などを校正してほしい」
という依頼がありましたので、しっかりと取りかからせていただき
ました。

メルマガを発行したい…でも、「文章」に自信がなくて…、という
相談者の方は多いです。

メルマガ(メールマガジン)は、メルマガ配信希望のお客様の
懐に飛び込む私信
です。

分かりやすく言うと、比較的馴染みのお客様宅を訪問し、玄関先で
自社のことをPRできる状況になった…そう考えれば、おのずと
「何をどう話せば良いか」は、見えてくると思います。

よく、「口下手でも有能なセールスマンに…」的な言い方を
聞くと思いますが、実はメルマガも、

・「文章の良し悪し」というより、「何」を「どう」話して
「どういう行動を取ってもらいたいか」


ということをシンプルに考えれば、怖いものはありません。

メルマガ発行初心者の方に特に多いのが、最後の「どういう行動を
取ってもらいたいか」があやふやな文章です。

玄関先で自社のことをPRできる状況になった時に、独り言を言って
帰りませんよね。

「いままでのお客様の声は、このページをご覧ください」
「期間限定です。すぐに○○のページをご覧ください」

など、どういう行動を取ってもらいたいか(行先はどこか)を
はっきりさせないと、読んでいる方は、「忙しい中対応したのに、
何をしにきたの?」と、イライラしてしまいます。

メルマガを書く時は、「比較的馴染みのお客様宅を訪問し、玄関先で
自社のことをPRできる状況になった」イメージで、話し方(書き方)
をまとめると良いですよ。

--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------
▼中小企業HPの第三者評価、セカンドオピニオン
▼HP運営初心者・入門者に特化したアドバイス
▼安心の「30日間の完全返金保証制度」付きコンサルティング

代表 永友 一朗
【主たる連絡先:藤沢駅前事務所】
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
【本社】
〒251-0001 神奈川県藤沢市西富583-2
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 11:34| Comment(0) | 効果を高めるコンテンツの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

「カラム」の変更でレイアウトを変えてみる

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。
今日は雨ですね。

今日は、『ビジネスブログ運営実務』のカテゴリ、

『「カラム」の変更でレイアウトを変えてみる』

というテーマです。

カラムとは、「列」のこと、つまり縦に何分割するかという
ことです。

当ブログはずっと「2カラム」でやってきましたが、
言いたいことが多くなってきたので「3カラム」に変更
しました。

真中に記事、左右の両側に、各種案内を載せています。

何カラムにしたらよいかは、基本的には「お好み」なのですが

・シンプルに内容を訴求したい時は、1カラム

・情報量が多くなったら、2〜3カラム

ということになるでしょう。

なお、2カラム(縦に2分割されているレイアウト)が
一番多いと思うのですが、

・メニューは左側にすべきか、右側にすべきか

を悩む方も、たまにいらっしゃいます。

これも、決まりはありません。
「右利きの人が多いから、クリックしやすいように
メニューは右側にした方が良い」などという方もいますが、
それも含めて、決まりはありませんので、お好みで良いのです。

自由度がある部分は自分が好きなレイアウトにし、ホームページ
の運営モチベーションが上がった方が、むしろ効率的です。

今日は「カラム」のご紹介をさせていただきました。
posted by わかりやすいコンサルタント at 14:49| Comment(0) | ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.