講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2017年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2009年11月30日

「特定商取引に関する法律」及び「割賦販売法」の改正、ネットショップは返品条件をさらに明確に

おはようございます。ホームページコンサルタントの永友一朗です。
11月もおわり。早いものですね!

今日は久々に『ホームページ関係法令』のカテゴリで、

『「特定商取引に関する法律」及び「割賦販売法」の改正、
ネットショップは返品条件をさらに明確に』

というテーマです。

明日平成21年12月1日から、上記法令が施行されます。

色々な項目が改正されていますが、ネット販売関係では

・返品の可否・条件・送料の負担を広告に表示していない
場合は、8日間、送料を消費者負担で返品(契約の解除)
を可能にする

ことになる点です。
※(特定商取引法第11条、第12条、第15条関係)

逆に言うと、もし返品条件を定めている(返品特約がある)
場合は、

・顧客にとって容易に認識することができるよう表示する

ことが必要なのです。

「容易に認識ってどんなこと?」など具体的には
経済産業省のページの「資料1」(PDF)を
ご覧いただきたいのですが、私の通信コンサルティング(顧問契約)
中のご相談者さまには既に、変更ポイントをご助言し、表現の修正を
行っていただきました。

ネットショップを運営されている方は、必ずチェックして
くださいね!

--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------

代表 永友 一朗
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

ビジネスブログコンサルティング
ホームページ作成会社選びの助言
ホームページに関する社内会議同席
ホームページ制作業者選定コンペ同席
永友一朗講演/セミナーの実績と予定

お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------

posted by わかりやすいコンサルタント at 09:00| Comment(0) | ホームページ関係法令 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

写真とキャプションの不一致に注意

おはようございます!ホームページコンサルタントの永友です。

今日は、『ホームページ編集・運営実務』のカテゴリ、

『写真とキャプションの不一致に注意』

というテーマです。

雑誌やホームページで、写真の下に書く説明文を「キャプション」
と言います。

ホームページコンサルタント永友一朗
▲ホームページコンサルタント永友一朗

という感じで、この「ホームページコンサルタント永友一朗」が
キャプションです。

最近どうも、この写真とキャプションが一致していない
ホームページを多く見かけることが多くなりました。

例えば(あくまで”例”ですが)

ten0017-001_m.jpg
▲従業員一同笑顔でお迎えいたします

従業員さん、いないですよね?

ホームページは「えっ?」と思わせたら、アウトなんです。

byc0008-002_m.jpg
▲技に自信!

言いたい気持ちはわかりますが、写真とキャプションは1対1で
理解できないと意味がない
のです。
この場合は
・鏡面研磨技術に自信!
とか
・曲げ加工技術に自信!
くらいに言わないと、分かりづらいですね。

あなたのホームページ、キャプションは適切ですか?

--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------

代表 永友 一朗
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

ビジネスブログコンサルティング
ホームページ作成会社選びの助言
ホームページに関する社内会議同席
ホームページ制作業者選定コンペ同席
永友一朗講演/セミナーの実績と予定

お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:00| Comment(0) | ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

貸切営業のことは必ず記載する

おはようございます!ホームページコンサルタントの永友です。

今日は、『ホームページ編集・運営実務』のカテゴリ、

『貸切営業のことは必ず記載する』

というテーマです。

飲食店のホームページ/ブログに関してですが、

・貸切営業の案内を怠るホームページ/ブログ

を、個人的に最近よく見かけるようになりました。

わざわざ行ってみて「本日は貸切です」という貼り紙が
あることほど、イラつくことはありませんね。
ホームページ/ブログでたった1行、書くだけなのです。

ホームページも、「もてなし」のツールの一つです
あなたのお店では、貸切営業の案内をきちんと載せていますか?


--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------
▼中小企業HPの第三者評価、セカンドオピニオン
▼起業家などHP運営初心者・入門者に特化したアドバイス
▼安心の「30日間の完全返金保証制度」付きコンサルティング

代表 永友 一朗
【主たる連絡先:藤沢駅前事務所】
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
【本社】
〒251-0001 神奈川県藤沢市西富583-2
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

神奈川県商工会連合会エキスパートバンク登録
東京都商工会連合会エキスパートバンク登録
横浜ベンチャーポート専門アドバイザー登録
(社)日本皮革産業連合会企業支援ネットワーク登録Web活用アドバイザー
川崎市中小企業サポートセンター登録専門家


お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:00| Comment(0) | ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

後発であるメリットを活かす

おはようございます。ホームページコンサルタントの永友一朗です。
今日は川崎商工会議所さまの専門家派遣制度で、川崎市内の
材木商さまにHP開設準備コンサルティングをさせていただきます。

今日は、『企業ホームページ運営の心構え』のカテゴリ、

『後発であるメリットを活かす』

というテーマです。

いきなりですが、あなたは、属するマーケット(標的市場)に
おけるシェアはどれくらいですか?

もちろん、ある部分(セグメント)ではフォロワー(追随者)だが
ある部分ではニッチャー(特化した市場における強者)だという
ケースもあるでしょう。

一般に競争戦略では、マーケットシェアが高くないフォロワーは

・競合他社を模倣してコストを下げる

手法を採るべきだと言われます。
※コトラー教授による戦略上の地位理論

ところで、「これから初めてWeb戦略に取り組む」「自社で
インターネットに初めて関わる」というご相談者さまによく
申し上げることは、

「後発ならではのメリットを活かしましょう」

ということです。

正直言って、「今からネットに取り組む」というのは、陸上競技で
言えば、トラック2周遅れくらいでしょう。

一見、勝ち目はなさそうに思いますが、道筋(方向)を
間違わなければ加速が付くのがインターネットの良いところです。

つまり、

・後発だから、成功者の事例/手法を研究できる
・後発だから、選りすぐられたツールやノウハウを採用できる

というメリットを活かして、前向きに取り組めば良いのです。

例えばブログというツールだって、わずか数年前までは
ほとんどメジャーではなかったですよね。
ブログが無かったころの先駆者は、相当なコストを払って
Webマーケティングに取り組んだのです。

もちろん模倣とは「参考」という意味で、パクる、真似る
という意味ではありません。

遅れたことに目を向けずに、置かれた状況(与件)から
機会を見つけ、果敢に挑んで行きましょう!

--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------
▼中小企業HPの第三者評価、セカンドオピニオン
▼起業家などHP運営初心者・入門者に特化したアドバイス
▼安心の「30日間の完全返金保証制度」付きコンサルティング

代表 永友 一朗
【主たる連絡先:藤沢駅前事務所】
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
【本社】
〒251-0001 神奈川県藤沢市西富583-2
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

神奈川県商工会連合会エキスパートバンク登録
東京都商工会連合会エキスパートバンク登録
横浜ベンチャーポート専門アドバイザー登録
(社)日本皮革産業連合会企業支援ネットワーク登録Web活用アドバイザー
川崎市中小企業サポートセンター登録専門家


お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:00| Comment(0) | 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

商工会「SHIFT」の「ここがPOINT」という項目の記入について

おはようございます。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は、『商工会HPサービス「SHIFT」』のカテゴリ、

『商工会「SHIFT」の「ここがPOINT」という項目の記入について』

というテーマです。

7月に書いた
「keywords」のメタ文はSEOに有効か無効か?
という記事でお話ししたように、ホームページのmeta文で
キーワードとなる言葉を記載しておくことは、SEOの基本的な
テクニックの一つです。

さてこの「keywords」というmeta文(命令文)は、基本的には

・検索エンジンに「このページのキーワードはこれですよ」と
伝えるための命令文

であり、通常の閲覧者(ユーザー)は、認識しないことが
ほとんどです。

しかし商工会「SHIFT」のkeywordsは特殊で、

・keywordsのmeta文(命令文)に記載した内容が、そのまま
ページの優位置にある「ここがPOINT」という部分に掲載
される


のです。

ホームページコンサルタント永友事務所のSHIFTページ
ご覧いただきたいのですが、keywordsのmeta文(下記参照)に
記載した内容が、そのまま「ここがPOINT」という部分に
掲載されていることがお分かりかと思います。
metakey.jpg

ですので、商工会「SHIFT」のkeywordsのmeta文は、SEOの
観点での記載(キーワードを列挙)ではなく、ユーザーが読んで
理解できるPR文章を記載した方が得策
、だとご助言しています。

SEO効果があるのかないのか微妙なkeywordsのmeta文ですので、
ページの優位置にある「ここがPOINT」という部分に掲載される
ことを考慮し、読んで理解できるPR文章にした方が、よほど効果的
だと思います。

このあたりも、来月月初、津久井町商工会さまで講演させて
いただきます。津久井町商工会の会員さまは、お楽しみに
なさってくださいね!


--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------
▼中小企業HPの第三者評価、セカンドオピニオン
▼起業家などHP運営初心者・入門者に特化したアドバイス
▼安心の「30日間の完全返金保証制度」付きコンサルティング

代表 永友 一朗
【主たる連絡先:藤沢駅前事務所】
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
【本社】
〒251-0001 神奈川県藤沢市西富583-2
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

神奈川県商工会連合会エキスパートバンク登録
東京都商工会連合会エキスパートバンク登録
横浜ベンチャーポート専門アドバイザー登録
(社)日本皮革産業連合会企業支援ネットワーク登録Web活用アドバイザー
川崎市中小企業サポートセンター登録専門家


お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:00| Comment(0) | 商工会HPサービス「SHIFT」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

クロスセル(ついで買い)の提案が出来ていますか?

おはようございます。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は高級食材店さまへのコンサルティングで、Web戦略の
中長期計画を提案/ご助言させていただきます。

さて今日は、『マーケティング』のカテゴリ、

『クロスセル(ついで買い)の提案が出来ていますか?』

というテーマです。

スーパーのレジ横に、電池やごみ袋、ガム、レシピ本など、
ちょっと手に取りやすい/いつ買っておいても損はないような
商品が並んでいますね。

これは、レジで待っている間の「心の隙間」を狙って
「これ、買っておいて損はないでしょう?」
という提案をしているわけですね。

意中の商品以外に、ついでに買わせるよう仕向ける戦略を
「クロスセル」と言います。

では、あなたのホームページで「クロスセル」を狙うのは
どうしたらよいでしょうか?

実店舗のレジ横と違い、あなたのネットショップの買い物カゴの
横に「電池やごみ袋、ガム、レシピ本」などを置いていても
ついでにカゴに入れてくれることはまずないでしょう。

ホームページにおける「クロスセル」は、

・意中の商品との「関連性」が強い
・ついで買いをすることが自分で「正当化」できる

ことが重要です。

関連性が強いとは、オリーブオイルだったら、イタリア産の岩塩
とか、大枠の商品カテゴリが同じものです。
オリーブオイルに対し、チョコレートケーキを同時に薦めても
関連が弱く、ついで買いをする動機がありません。

また自分で「正当化」できるとは、
・ついでに買うと、送料の関係でおトクだ
・ついでに買うことで、意中の商品の魅力が大きくなる
などの効用が感じられることを言います。

なおクロスセルで一番大事なのは、買い物カゴ付近に置いておけば
誰か買ってくれるだろう、という甘い期待で実行するのではなく

・きちんと関連性を説明したうえで、かつ、正当化を後押し
する案内を記載する


ことです。

改めて説明を付記するのは、初めは面倒ですが、それによって
顧客単価が増加することを考えれば、クロスセルは決して
損はない手法だと思います。

さて、あなたのメイン商品と一緒に、何を提案しますか?

--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------

代表 永友 一朗
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

ビジネスブログコンサルティング
ホームページ作成会社選びの助言
ホームページに関する社内会議同席
ホームページ制作業者選定コンペ同席
永友一朗講演/セミナーの実績と予定

お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:00| Comment(0) | マーケティングの発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

お知らせの文章は「いつ/どうする(どうなる)」を明記する

おはようございます!ホームページコンサルタントの永友です。
今週も頑張ってまいりましょう。

今日は『テキスト・メッセージ・キーワード』のカテゴリ、

『お知らせの文章は「いつ/どうする(どうなる)」を明記する』

というテーマです。

私は中小企業さまのホームページ運営の”かかりつけ医”として
活動していますが、商品/サービスの「PR文章」以外にも

・ホームページの中の「お知らせ」の文章
・お客様へのメール(ビジネスメール)の文章
・来店促進のための「呼び込み」の発話内容
 ※話せば長いですが、「どうぞいらっしゃいませ〜」と漫然と
  呼び込みをしている企業さまがすごく多いのです

など、「お客様へのメッセージ」全般の添削/助言も行っています。

ホームページ運営は会社運営(経営)と同じ。またホームページ
でのメッセージ訴求が、企業のブランディングと合致していないのは
間違いですので、そのあたりの「ズレ」について助言ご指導させて
いただいています。

最近ではやはり、ネットショップが増えてきた影響で、

・通販で購入されるお客様へのご案内文章、連絡メールの添削

を求められることが多くなっています。

そこで感じることは、

・ほとんど全ての中小企業さまでは、担当者のメール/ご案内文章
について、社内で添削されていない

ということです。

中には、そのメールが上司/社長に同報(同時に送信)される
というケースもありますが、ごく稀なことですし、またその
同報されたメールを上司/社長が読んでいるかというと、
そうでもなさそうなのです。

ですから心を鬼にして、

「○○さん、ここの内容はちょっと分かりづらいですし、誤解を
生みやすいですね」
「ここは、項目を2つに分けて説明した方が明快ですね」
「結局、この案内を読んで、お客様はどうすればよいか、
余計に分からなくなってしまいますので…△△という流れで
説明しましょう」

などとご助言しています。

基本原則としては、タイトルどおりに、

・お知らせの文章は「いつ/どうする(どうなる)」を明記する

ことが大鉄則でしょう。
※これが不明瞭な文章が結構多いのです

お客様へのご案内、いつ/どうする(どうなる)が明瞭で、
お客様は次にどうすればよいか、イメージが湧く文章ですか?
ぜひチェックしてみてくださいね!

--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------
▼中小企業HPの第三者評価、セカンドオピニオン
▼起業家などHP運営初心者・入門者に特化したアドバイス
▼安心の「30日間の完全返金保証制度」付きコンサルティング

代表 永友 一朗
【主たる連絡先:藤沢駅前事務所】
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
【本社】
〒251-0001 神奈川県藤沢市西富583-2
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

神奈川県商工会連合会エキスパートバンク登録
東京都商工会連合会エキスパートバンク登録
横浜ベンチャーポート専門アドバイザー登録
(社)日本皮革産業連合会企業支援ネットワーク登録Web活用アドバイザー
川崎市中小企業サポートセンター登録専門家


お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:00| Comment(0) | テキスト・メッセージ・キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

タイトルロゴ(タイトル文)をクリックするとトップページに戻るという「操作の学習」に沿う

おはようございます。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は、『ユーザビリティ(使い勝手)の改善』のカテゴリ、

『タイトルロゴ(タイトル文)をクリックすると
トップページに戻るという「操作の学習」に沿う』

というテーマです。

・このボタンをクリックすれば、次の画面は、こうなる
・下線はリンクを表している
・ページ下部には連絡先が書いてある

こういう、誰に教わるでもなく、経験上、操作を続けて
動作等の習性を覚えていくことを、「操作の学習」と言います。

ユーザーにストレスなくホームページを使ってもらうためには、

・ホームページの動作/表示として広く一般的に認知、学習
されているであろうこと

に「沿う」(従う)のが賢明です。

・リンクじゃないのに、やたらと下線が引いてある

などというのは、それの対極にありますね。

さて今回のテーマ
『タイトルロゴ(タイトル文)をクリックすると
トップページに戻るという「操作の学習」に沿う』
ですが、旧来のホームページや、最近のブログでもよく見られる

・タイトルロゴ(タイトル文)をクリックするとトップページに
戻るという挙動

は、もはや「操作の学習」と言ってよいでしょう。

逆に言えば、タイトルロゴ(タイトル文)をクリックしても
トップページに戻らないというのは、「ユーザーのもてなし」
の観点からは、不適当です。

「いや、メニューの最上部(あるいは最下部)に『トップページ』
ってリンクが張ってあるので…」

と反論する方もいるのですが、それとは別に、タイトルロゴ
(ブログなどの場合はタイトル文)に、トップページに戻る
リンクは張っておくべきだと思います。

ホームページの回遊性の観点からも、損をしているかも
しれませんよ。あなたのホームページは大丈夫ですか?

--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------

代表 永友 一朗
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

ビジネスブログコンサルティング
ホームページ作成会社選びの助言
ホームページに関する社内会議同席
ホームページ制作業者選定コンペ同席
永友一朗講演/セミナーの実績と予定

お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:00| Comment(0) | ユーザビリティ(使い勝手・動線)の改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

ペルソナの策定がWeb戦略実行を加速させる

おはようございます。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は、久々に『ペルソナ(具体的ユーザー像の策定)』のカテゴリ、

『ペルソナの策定がWeb戦略実行を加速させる』

というテーマです。

現在、ホームページの新規開設支援のコンサルティングに
入らせていただいているビルメンテナンス業さまでは、
この「ペルソナ」の策定に、最も時間を使っています。
≫ペルソナについて過去に書いた記事

「法人間取引(BtoB)でも、ペルソナ策定は必要なの?」

と思われるかもしれませんが、法人といえども、取引を検討、
決定するのは「ヒト」に他なりません。

その「ヒト」も、色々な感情やスキルを持って仕事をしており、
家族のことや休日の過ごし方など、色々な思い、背景を持って
存在しているのですね。

さてこのペルソナ策定ですが、

・PR(訴求)が効果的になる

というのがメインの狙いですが、

・Web構築からプロモーション開始、PDCA

などの一連の「Web戦略実行」全体を効率化し、加速を
つけるものだと、改めて実感しています。

なおこのビルメンテナンス業さまでも、私がペルソナの話を
持ち出すまでは、策定されたペルソナとは全く違うユーザー像
を考えていらっしゃいました。

「いやあ永友さん、とてもためになりました。こんな風に
ホームページって作っていくものなんですね!」

ペルソナを作らずに「だいたい、こうだろう」と見当をつけて
ホームページを作ってみてから、「なんか違う気がする…」
となったら、Web戦略実行は振り出しに戻らなくては
いけないのですね。

ペルソナを策定せずホームページを作り始めている場合は、
いったん立ち止まった方が、早いかもしれませんよ。

--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------

代表 永友 一朗
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

ビジネスブログコンサルティング
ホームページ作成会社選びの助言
ホームページに関する社内会議同席
ホームページ制作業者選定コンペ同席
永友一朗講演/セミナーの実績と予定

お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:00| Comment(0) | ペルソナシナリオ法でのHP改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

Google Insights for Search(グーグルインサイツ)で季節的な検索人気を知る

おはようございます。ホームページコンサルタントの、永友一朗です。

このブログは、
・企業ホームページ運営に関してご心配やお悩みを持って
いらっしゃる中小零細企業さま(特に初心者/入門者の方
・HP制作業者とやり取りしているが、中立な第三者の意見が欲しい方
に向けてお送りしています。

今日は、『SEO(検索エンジン対策)の考え方』のカテゴリ、

『Google Insights for Search(グーグルインサイツ)で
季節的な検索人気を知る』

というテーマです。

Google Insights for Search」は、グーグルが提供する
無料のツールで、過去の検索傾向を知ることができるものです。

例えば、このグーグルインサイツで「フィルタ」を「日本」に
した上で(日本での検索傾向に絞って調べるため)、

・「検索クエリ」に「お菓子教室」

と入力して、過去に「お菓子教室」でどれほど検索されたかの
傾向を調べてみましょう。

結果はこのようになりました。

この結果から推論できるのは、

・2月に検索が多くなっている
 →バレンタインの手作りチョコと関係か
・10、11月も、検索が多い
 →食の秋、あるいは暑さが落ち着いて、お菓子作りには
  適したシーズンになったからか

などという感じでしょうか。

ここでは分かりやすく「お菓子教室」で例を挙げましたが、

・畳替え
・整体
・住宅ローン

など、あなたの業種に関係する検索クエリで、結果がどうなるか
試してみてくださいね!

--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------
▼中小企業HPの第三者評価、セカンドオピニオン
▼起業家などHP運営初心者・入門者に特化したアドバイス
▼安心の「30日間の完全返金保証制度」付きコンサルティング

代表 永友 一朗
【主たる連絡先:藤沢駅前事務所】
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
【本社】
〒251-0001 神奈川県藤沢市西富583-2
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

神奈川県商工会連合会エキスパートバンク登録
東京都商工会連合会エキスパートバンク登録
横浜ベンチャーポート専門アドバイザー登録
(社)日本皮革産業連合会企業支援ネットワーク登録Web活用アドバイザー
川崎市中小企業サポートセンター登録専門家


お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:00| Comment(0) | SEO(検索エンジン対策)の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.