講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2017年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2010年08月31日

Twitter(ツイッター)のアカウントを誤って削除。復旧(復活)できる?

こんにちは。ホームページ相談のコンサルタント
永友一朗です。

今日(8/31)は小田原箱根商工会議所さまで
「はじめてのツイッター」講座の講師を務めさせていただきました。

会場にいっぱいの約40名さまの参加を頂き、また
具体的/実務的な質問も多くいただき、小田原にてツイッター活用の
息吹が感じられ、私も楽しく講演をさせていただきました。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!


そしてその3時間後に、こんなことが起こるとは…


実は、今まで使っていたツイッターアカウント(講演でも
プロジェクターでご覧頂いたものです)を、誤って
削除してしまったのです。

この記事は、反省として、経緯をまとめるものです。
やや冗長になりますが、何かの折にご参考になれば
幸いです。

【ツイッターアカウントの誤削除原因】

講演では「ツイッター登録のしかた」をご説明するために
本来のアカウントで使用しているメールアドレス(A)とは
別のメールアドレス(どちらもGmailです。ここではBとします)
を使用してご説明用のツイッターアカウントを作成致しました。

帰宅後、講演で使用したノートパソコンを片づける際、
紛らわしいので「ご説明用のツイッターアカウント」を
削除しようと考えました。

私は何気なくGmailを立ち上げました。当然、最後にログインした
Bの方でGmailが立ち上がります。

Bの受信トレイに来ていたツイッターからのメール(登録完了を
通知するメール)のURLから、ツイッターにログインしました。

私はBのGmailアカウントの方からツイッターにログインしたので
当然にツイッターも「ご説明用のツイッターアカウント」で
ログインしていると思いこんでしまったのです

しかし残念ながら、ツイッターとしては本来の
アカウントでログインしたままでした(泣)。

それを知らずに、そそくさと「設定」>「アカウントの削除」
と進んでしまったのです。

もちろん「本当に良いんですか?」みたいなアラート文章は
表示されるのですが、私は「ご説明用のツイッターアカウント」
だと思い込んだままでしたので、そのままアカウントを
削除してしまった、とさ。

めでたし、めでたし(泣)。

【ツイッターアカウントの誤削除に気づいたあと】

ヒヤッと血圧の低下を感じたまま、本来のアカウントでログインを
試みました。

すると「削除したアカウントではログインできない」
「あなたはこういうアラート文章に同意したはず」的な
文面が出て、ログインが進みません。

現在は、一度削除したアカウントは復旧(復活)できないようです。

私は新しいアカウント( @ichironagatomo
を作成するとともに、以前よりフォローさせていただいていた方をフォロー
し直すべく、次のような行動を取りました。

・mixiボイスでアカウント変更を告知
・mixiでもお世話になっている方をまずフォロー
・その方を起点に順次、フォロー
・mixi日記、各種ビジネス系SNSの日記でアカウント変更を告知
 (そうすると数名様がすぐフォローしていただきました。
 そしてその方々を起点に順次、フォロー)
・ある特定の方は、検索で会社名等を検索、自社HP上で表示されている
 ツイッターアカウントをフォロー
・「meyou.jp(ミーユー)」で何名様かをフォロー

同時に、以下のような作業も致しました。

・ブログ記事上部分でアカウント変更を告知
・ブログのツイッターフォローミーボタンのリンク先を変更
・メールの「署名」に記載してあったアカウントを修正
・新しいツイッターアカウントの体裁を整える。具体的には
 プロフィールの記載、アイコンの変更、背景画像の変更。

いったん全てが白紙になったツイッターアカウントを眺めながら
以下のようなことも感じました。

・個人的に、「情報収集」の多くをツイッターで賄っている
・すなわち、「リスト」がいわゆる「お気に入り」の役割を
 果たしており、そこを手繰って、皆さまのWebサイト/ブログを
 巡回する…ということを大いに行っていた


この記事をご覧の皆さま、くれぐれもアカウントの削除は
慎重に行ってください(^^);
また、新しくなりました永友のツイッターアカウント
ぜひご愛顧ください。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------

代表 永友 一朗
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

ビジネスブログコンサルティング
ホームページ作成会社選びの助言
ホームページに関する社内会議同席
ホームページ制作業者選定コンペ同席
永友一朗講演/セミナーの実績と予定

お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 23:45| Comment(0) | Twitter(ツイッター)をビジネス利用する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

「情報発信」はセール情報や製品情報だけではない

こんにちは。ホームページコンサルタント
永友一朗です。

明日(8/26)は小田原箱根商工会議所さまで
「メール対応時間短縮・2次クレーム防止・ファンづくり
のためのクチコミ返信・クレームメール対応のコツ」セミナー
で講師を務めます。

このセミナーは通常のクレーム対応研修では教えてくれない
「クレームメール対応」「クチコミ(書き込み)対応」などネット社会特有の
クレーム対応セミナーです。

・何を書けば、早期にクレームが収まるか?
・どう書けば、メール対応時間を短縮できるか?
・どうすれば、ポジティブな感情が広まるのか?

を習得するのが目標です。

さて今日は、「企業ホームページ運営の心構え」のカテゴリで
『「情報発信」はセール情報や製品情報だけではない』
というブログ記事です。

地元・藤沢の美容室で「Age(エイジ) 」さんというお店があります。

私は平日は毎日、お店の前を通るのですが、今日の立て看板には
思わず唸ってしまいました。

100825_1731~0001.jpg

「熱中症 夏バテ 注意しましょう」

これを見て、「こういう情報発信もアリだな」と
非常に勉強になりました。

Age(エイジ)さんは美容室で、熱中症や夏バテには関係なく、
またその治療や予防もしないでしょう。
つまりこのメッセージは直接、自店にお客さまを呼んでくることはない
一見、無意味なメッセージです。

しかし私(ある意味、地元の潜在顧客です)は

・損得に関係なく、地元のお客さまのことを想っているのだな
・今日も元気に営業しているのだな
・気にかけ、声をかけてくれているな

という心証を持ったのです。

A店:情報が伝わってこない店
B店:自分が言いたいこと(宣伝)だけ言う店
C店:宣伝もするけど「気にかけ/声かけ」もする店


私がいわゆる「いますぐ客」(購入目前の顧客を表す
マーケティング用語)ではないとしても、
「この美容室は、C店だな」
というインプットは、されるわけですね。

A店、B店よりもC店を応援したくなりますよね。

ソーシャル化が進むネット消費社会において、この
「応援したくなる」というのは極めて重要な要素です。
事実、私はAge(エイジ)さんに頼まれた訳でもないのに
こうやってブログを書いているのです。
※私のクライアントさまでもありません・笑

とかく「情報発信」というと、セール情報や
製品情報を発信しなくてはならない…と思いがちですが
こういった何気ないメッセージ、すなわち
『まだ見ぬ客への気にかけ/声かけ』なども
重要な情報発信なのだと、気づかせてくれました。

今日は『「情報発信」はセール情報や製品情報だけではない』
というブログでした。

--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------

代表 永友 一朗
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

ビジネスブログコンサルティング
ホームページ作成会社選びの助言
ホームページに関する社内会議同席
ホームページ制作業者選定コンペ同席
永友一朗講演/セミナーの実績と予定

お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 22:37| Comment(0) | 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.