講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2018年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2011年06月17日

Web活用上級者が永友セミナーで得るモノ

こんにちは。ホームページ改善の専門相談、永友一朗です。

今日は「永友事務所ご相談者さまの声」というカテゴリで

『Web活用上級者が永友セミナーで得るモノ』

というブログです。

先日15日、「HP運営講座(入門編)」(主催:神奈川県経営者福祉振興財団様)
の講師を務めさせていただきました。
葉山町はアジサイの季節の直前で、青々とした森が美しかったです。

私のライフワークであり、永友事務所の基本理念である
『ホームページ運営入門者に、効果的なHPについて、わかりやすく
お伝えする』という考え方そのままのセミナーでした。

受講者さまのほとんどが、ホームページの運営についてお一人で
頑張っている方や、これからHPを作ろうと思うが何からどう
考えれば良いか分からない、という方々です。

が、毎回必ずと言っていいほど、「上級者」に該当する方が
わざわざお申し込みになってこられます。

今回も、小田急線「東海大学前」駅周辺の賃貸アパート、
秦野市・伊勢原市の不動産売買
を手掛ける「有限会社松屋不動産」
の福嶋秀樹社長にご参加いただきました。

福嶋さんは、自らWebマーケティング講座の講師も務めるほど、
不動産業界でも有名な「Web運営/活用の上級者」です。
そしてWebサイトや各種Webマーケティングの手法を駆使して
輝かしい成果を挙げられている成功者です。

Facebookでセミナーの告知をした際、福嶋さんから参加の意向を伺いました。

「福嶋さん、入門編ですよ?」

と2、3回お伝えしたのですが、福嶋さんはスケジュールを調整してまで
セミナーにご参加いただきました。
※後で分かったことですが、その日は久しぶりの「休日」で、かつ
ご自身のお誕生日でした。
「自分への誕生日プレゼントとして永友さんのセミナーを選びました」
と書いてくださいました。

福嶋さんは、会場の一番前に座り、熱心にメモを取られ、
他の受講者さまとも情報交換をし、ニコニコして帰って行かれました。

上級者の福嶋さんが、「入門編」で何を得たのか、それは

「あっと言う間の6時間でした。」

で始まる、Facebookの福嶋さんの「ノート」をご覧いただくとして、
私が思い起こしたのは『剣道の高段者』のことです。

私は毎週土曜日に、長男の剣道の稽古に付き添って行きます。
私自身は稽古をしないのでじっと様子を拝見しているのですが、
そこで気付くのは、

・毎回毎回、「基本的な稽古」が圧倒的に多くの時間を占めている

・高段者ほど、「面打ち、切り返し」という最も基本の稽古を
 一生懸命に行っている。そして鏡を見ながら姿勢を再確認している

ということです。


Web運営上級者の方々も、

・自分の進路は間違っていないか?ブレていないか?
・耳触りのよいテクニックだけを選んで使っていないか?
 耳の痛いことを、知らないうちに避けていないか?
・本来の「商用HPのあるべき姿」は、どこにあるのか?


などを、自分が火傷をせずさらに前進するための「再確認」や
「普遍的な事項に隠れた『新たな発見』」を探すために、
電車に乗り継ぎ、遠くの葉山までやってくるのですね。

福嶋さん、ご参加いただき、本当にありがとうございました。


≫永友事務所23年度セミナー一覧


posted by わかりやすいコンサルタント at 22:15| Comment(2) | 永友事務所ご相談者さまの声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

ホームページは「問題解決能力」が「冷やかされる」媒体

こんにちは。ホームページ改善の専門相談、永友一朗です。

今日は「企業ホームページ運営の心構え」というカテゴリで

『ホームページは「問題解決能力」が「冷やかされる」媒体』

というブログです。

明日は、神奈川県経営者福祉振興財団さま主催の
「誰にも聞けなかった効果的なホームページ運営講座(入門編)」のセミナー講師です。

「入門編」といっても、「ホームページってなんだろう?」みたいな
「インターネット入門講座」では、もちろんありません。

・本来、ホームページはどういう意味を持つ媒体か?
・どういう目的で閲覧、利用されるのか?
・そのうえで、どんな内容を掲載しておくべきなのか?

という「商用ホームページのありかた」を、じっくり考える内容です。


ホームページは、どんな媒体なのか?


私は、極論すれば「『問題解決能力』が『冷やかされる』媒体」だと思っています。

つまり、「社長あいさつ」や「グループ紹介」、「社長のぐうたらブログ」
みたいな、とりあえずの内容をとりあえず載せておけば済む、という
ものではないのです。

・電話ではなく、来店ではなく、なぜ、ネットなのか?

お客様が、電話や直接訪問で貴社に質問するのではなく、ネットで
冷やかそうと思っているのは、紛れもなく「この会社、自分にとって
使えそうかなあ」ということです。

使えるかなあ、という初期段階のギモンは、電話では聞きづらいんです。
営業されちゃうリスク(面倒)があるからです。
あるいは、好意的に考えれば、「まだ冷やかしなのに、何かを期待させちゃうと
悪い」と思うからなんです。

だから、ネットで確認/裏取りされる。これは、気付かないだけで
「お互いがハッピーなカタチ」、なのかもしれませんね。


お客さまの声や、Q&Aや、「初めての方へ」という定番コンテンツや、
「契約の流れ」のような情報は、言うなれば、

・ここって、自分にとって便利で使えそうかなあ

という疑問を裏打ち(担保)するための、意味のあるコンテンツなのです。


貴社のホームページ、無意味なコンテンツが載っていませんか?

もっと言えば、商用ホームページの姿に、きちんとなっていますか?

そんなことを、明日はじっくり考えていきたいと思っています。


≫永友事務所セミナー予定一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 23:22| Comment(0) | 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

北風と太陽

こんにちは。ホームページ改善相談の永友一朗です。

今日は「企業ホームページ運営の心構え」というカテゴリで

『北風と太陽』

というブログです。

『北風と太陽』というお話は、よくご存知ですよね。

いわゆる『イソップ寓話』のひとつで、北風と太陽が、
旅人の外套(上着)を脱がすために競うお話ですね。

私は、”世界一よくできたお話”が、この『北風と太陽』だと思っています。

単品で絵本にもならないような短い話ですが、このお話以上、
人間関係の機微をよく表した、示唆的な物語はないなと感じています。
※我が家では、子供を寝かしつけるときによく話す寓話なので
子供は聞き飽きているはずですが・笑

我々は、北風の愚かさを他山の石としながら、太陽のような
自然で大らかな温かい身のこなし方、他者への穏やかな接し方が
より多くの関係者が幸せを手に入れるための最善の方途であると、
自然に理解できるのです。
そしてこの考え方は、私自身の行動の根底にも流れています。


コンサルティングや講演で、多くの経営者さまとお目にかかっています。

そして、割合としては極めて少ないのですが、こういう傾向の
社長様にお目にかかることもあります。


・自我が強い(自尊心が極めて強い)
・競合他社を批判し自社の優位性を主張する
・自分が正しくて、その他は間違っているという態度を取る


こういったケースでも、私は当該事業所さまも含めた、より多くの関係者が
幸せを手に入れるための最善の方途を助言サポートするのがミッションですので、


・「お客様目線」に集中することで、ビジネスは競合他社と争いをすることが
 命題ではなく、その企業とそのお客さまを中心に、多くの関係者が幸せに
 なるような施策を実施することができる
・「感謝」、「傾聴」、「先に支援する」などの態度が、まわり回って
 自社の繁栄に結びつく。具体的には、リピーター化(顧客生涯価値向上)
 紹介(クチコミ)の発生などになってそれが表れる

などのことを、穏やかに、いつもより更にゆっくりとした口調で
お話しするようにしています。

視点をもっとミクロに転じると、そもそも検索エンジン対策の基本施策
の一つである「被リンク」(リンクをもらうこと)などは、この
他者からの応援に他ならないのです。

お客様/相手様があってこその当社なのだ、ということが理解できなければ、
検索エンジン対策やソーシャルメディア対応などのネット活用は
おぼつかないでしょう。


このブログの読者の方は、お陰様で穏やかで『太陽』のような
方が多いようです。不思議で、本当にお陰様ですね。

今日は『北風と太陽』というイソップ寓話についてでした。
ご参考になれば幸いです。


フェイスブックではこちらで活動しています≫

posted by わかりやすいコンサルタント at 09:37| Comment(0) | 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

Facebook(フェイスブック)で味噌を買った理由

こんにちは。ホームページ改善相談の永友一朗です。

今日は「Facebook(フェイスブック)の商用利用」というカテゴリで

『Facebook(フェイスブック)で味噌を買った理由』

というブログです。

塩麹(塩糀)という調味料をご存知ですか?
「しおこうじ」は、米糀に塩、水を混ぜて発酵させたものです。
簡単な作り方ですよね。

以前、TVで塩麹(塩糀)のことを見て、ぜひ作ってみたいと思っていました。
ツイッター上でも「塩麹(塩糀)を作ってみた」のようなブログが多数
紹介されていたので、自分でも作ってみようという気持ちが
ますます高まっていました。

そして以前、長野県の中野商工会議所さまでセミナー講師を
させていただいた時の受講者さまに、糀、信州味噌の老舗である
北信濃みそ直販(有)芋川糀店』の芋川さんがいらっしゃり、
セミナー後もツイッター/フェイスブックで交流を持たせていただいて
いたので、Facebook(フェイスブック)のメッセージ機能で
色々と質問をさせていただきました。

「味噌用の米糀で塩糀は作れると思いますか?」
「塩はどんなものが良いでしょうか?」

芋川さんから、丁寧にかつコンパクトにお答えいただき、
私は芋川さんのネットショップから米糀や本場信州味噌などを
購入させていただきました。

Facebook(フェイスブック)で糀、信州味噌の老舗である
芋川さんと連絡を取り購入した、というわけです。

「セミナーで知り合いだったから、購入したわけでしょう?」

と思われるかもしれません。ある意味、その通りです。

が、米糀は地元の百貨店でも売っています。また、
味噌はスーパーでも売っています。
米糀(840円)より高い900円の送料を払って買う合理性は、
「友人だから」という単純なことでは説明できませんよね。

また、私は芋川さんと名刺交換もしており、ネットショップには
問い合わせフォームも付いています。
メールやフォームから問い合わせることも十分可能でしたが、
私はFacebook(フェイスブック)のメッセージ機能で
連絡を取らせていただきました。

芋川さんはFacebook(フェイスブック)にツイッター、そして
ブログ更新情報を連携させています。地域の活動に尽力したり
コラボ企画を打って新しい味噌を作ったり、各種メディアに
対応したりと、活動的なご様子をずっと拝見していました。

セミナーでも真っ直ぐな視線で真剣に聞いていただいていたことと
相まって、「老舗糀店の若き社長を応援したいなあ」という
気持ちがずっとありました。

これを、事業者である芋川さんの立場から言えば、永友も含め
潜在顧客に、ゆるやかに、そして継続的に、仕事への想いや
精力的な活動、製品の専門性を、ほとんどコストなしでPRできている、
ということになります。

また、Facebook(フェイスブック)でも私の投稿に「いいね!」を
していただいていたので、芋川さんがFacebook(フェイスブック)を
良く使っている、換言すれば、Facebook(フェイスブック)によく居る
ことを知っていたので、Facebook(フェイスブック)での連絡が
一番適していると思ったのです。

Facebook(フェイスブック)などのソーシャルメディアは、
仕事への想いや精力的な活動、製品の専門性を、ほとんどコストなしでPR
できる「道具」であり、潜在顧客/既存顧客とそこで過ごすという「場」
でもあります。


その場での「ネット接客」を通じて、私はとても楽しく正確な買い物が
出来た
のです。
そして、(おこがましい言い方かもしれませんが)芋川さんを応援したい
気持ちを、商品購入という形で伝えることができたことを、消費者の
立場からも「良かった!」と思える
のです。

とても合理的ですよね?

アクセスアップなどの表層的な部分しか見えづらいのですが、
ソーシャルメディアを商売につなげる本質は、すなわち、
こういうことなのだと思っています。

芋川さんが丹精込めて作った米糀は、天日塩と水と一体化し、
順調に発酵が進み、バナナのような甘い香りが漂っています。
完成した塩糀に肉や魚、野菜を漬けこんでいただくと、
今まで知らなかったことが口惜しくなるほどの美味しさ、
だそうです。あと4日ほどで出来あがります。
それまで毎日1回、やさしく手で混ぜています。

また同梱で購入した本場信州味噌は、味噌汁にしたり、
鶏肉にまぶしてオーブン焼きにしたりして、楽しんでいます。
味噌クリームパスタにしたり、マヨネーズとあえてディップ状に
しても美味しいです。やっぱり本場の味は違いますね。


ツイッターもフェイスブックも、そのビジネス利用の本質は
なんとも説明が難しいものです。
が、初めて取り組む方にも最大限わかりやすく、2〜3時間の
セミナーで精一杯お伝えしているつもりです。

次回は6/7(火)、山形の天童商工会議所さまでソーシャルメディア
セミナーです。
天童商工会議所の会員さまは、ぜひご参加くださいね。


≫23年度永友事務所セミナー一覧

posted by わかりやすいコンサルタント at 11:32| Comment(0) | Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

「わかりやすいメッセージ」で社会をよくするために〜永友事務所2周年〜

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は『「わかりやすいメッセージ」で社会をよくするために〜永友事務所2周年〜』
というブログです。

2009年6月1日に開設した永友事務所は、お陰様で本日2周年を迎えました。
多くの方に支えられて活動させていただいております。深く御礼申し上げます。
また、いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

たくさんの中小零細事業所さま、経営者さまとお会いし、お話ししています。
そして「ホームページやブログが、上手くいかないんだよなあ」と仰っている場合、
その原因のほとんどがメッセージのズレと劣化であると、
私は考えています。

事業所さまのメッセージが、お客様に、意図したように届かない。
これを永友事務所では、

・メッセージのズレ

・メッセージの劣化


という2つのポイントから考えていきます。

この2つの指標が正しく機能しているかを、もっとも端的に表したのが

『そのメッセージは「わかりやすい」かどうか』なのです。

わかりやすいメッセージは、そのコミュニケーション効果を上げ、
ひいては、引き合い/問い合わせ/購買/来店などにつながります。

価値交換は本来、お互いがハッピーなわけですから、
『わかりやすいメッセージが社会を良くしていく』と、
私は心から信じています。
「わかりやすさが価値になる」ということを、このブログでも
ずっとお話ししているつもりです。


さて、この「わかりやすさ」。一番のキモは、何だと思いますか?


ズバリ、相手のことをどこまで想えるか、換言すれば
「お客さまへの共感/愛情」が最も大事なポイントです。

これを読んでいるあなたも、お客さまのことを大切に「想って」
いますよね。

でも、その「想い」がズレたり、届く途中で劣化したりして、
お客様に伝わっていない、もっと言えば、「自分では伝えたつもりなのに
なんで伝わらないんだろう?」と、悶々として過ごすのって、
とってもつらくないでしょうか?

そういう経営者の方を、私は放っておけないんです(笑)

「お客さまを想い、寄り添う」というメッセージ効率向上の最初の一歩から、
それをどのようにすればよいか、わかりやすく、ご助言しています。

お近くでセミナーがあれば、ぜひご参加くださいね。


posted by わかりやすいコンサルタント at 11:53| Comment(0) | 永友事務所の運営方針とお約束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.