講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2017年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2012年03月31日

FacebookとGoogle+の戦略に関する本

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は「Web活用の参考になる書籍(書評)」のカテゴリで

『FacebookとGoogle+の戦略に関する本』

というブログです。

以前、Web2.0に関する非常に分かりやすい書籍を書かれた
小川浩さんの新書、『Google+ 次世代SNS戦争のゆくえ (ソフトバンク新書)
を読んでみました。

ビジネス活用もさることながら、我々の実生活にも大きな影響を
与えるようになってきたSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)。

この中でFacebookとGoogle+については、今後どちらが『楽しくて
有益な』Webサービスになるのか、注目しているかたも多いでしょう。

小川さんの書籍では、このことをFacebookとGoogle+の「戦略」
の違いから説明しようと試みています。

Google+の「使い方」のハウツー本ではありません。
あくまでSNSとしてのFacebookとGoogle+の「今後」に
ご興味がある方には、おススメの書籍です。

Web2.0的な世界に精通した小川さんならではの、
楽しくてためになる新書、といったところです。

今日は『FacebookとGoogle+の戦略に関する本』
というブログでした。
ご参考になれば幸いです。





posted by わかりやすいコンサルタント at 14:33| Comment(0) | Web活用の参考になる書籍(書評) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

トップページの「2つの役割」

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日はホームページ編集・運営実務に関連し

『トップページの「2つの役割」』

というブログです。

今日は午後から小田原箱根商工会議所さまで「ホームページの
営業力強化セミナー」講師を務めます。

ホームページやビジネスブログからの来店増加、資料請求増加、
問い合わせ増加(引き合いアップ)などの事例をわかりやすく
お話しさせていただきます。

さて、こういった「ホームページをどうやって改良していくか」
というセミナーやコンサルティングの時に、

「永友さん、トップページのデザインがなかなか思い浮かばないんです」
「トップページから作ろうと思うのですが、どこから何をして良いか
分からないんです」
「弊社ホームページのトップページのどこが悪いのかアドバイスを」

などというお声を聞くことが多いです。


ホームページやビジネスブログ。
色々な作り方があって良いと思いますが、本来、

・トップページは「あとから」作るもの

です。

「あとから」という意味は、詳細ページのデザインから考えて、最後に
トップページのデザイン(図案)を考える…というわけでは、もちろんありません。

お客さまにメッセージをお伝えして、ご理解いただき、お客さまの不安が
解消され、やっと来店、資料請求、問い合わせなどの「行動」に移って
いただくわけですから、そのための情報は、多岐にわたります。

そしてその「多岐にわたる」情報は、トップページ以外の「詳細ページ」
にて、訴えていくことになります。

つまり、本来ホームページは

・「詳細ページ」でどんな情報を出していくか

から考えて、そこへの道案内ページとして「トップページ」を
考えていく
のです。

トップページのデザインから考え出して手が止まってしまうのは、
上記の理由で、ごく自然なことです。
思考の順番として「逆」なわけですから、相当難しいことですよね。


一方、トップページにはもう一つの期待される役割があります。
それは「イメージ醸成」です。

シリコンラバーヒーター・産業用ヒーターのメーカーである
株式会社スリーハイさまのホームページをご覧ください。


トップページで、社員さまが自社製のヒーター等を持って、誇らしく
立っている様子がフラッシュムービーで展開されています。

ここから、

・自社ヒーターに自信と誇りを持っている姿、また、その社風
・公明正大な気構え、立ち振る舞い
・柔軟で自由な雰囲気

などのイメージを受け取ることが出来るでしょう。

ここから、産業用ヒーター製品そのものや、取引(発注から受け取り、設置まで)
の方法に柔軟さが期待でき、「当社の困りごとにも応えてくれるかもしれない」
という期待を持たせることが出来ます。

ひいては、「問い合わせと資料請求の増加」につながるわけなのです。


今日は『トップページの「2つの役割」』として

・詳細ページへの道案内(ナビゲーション)
・イメージ醸成

のことをお話ししました。
ご参考になれば幸いです。

≫永友事務所セミナー実績と予定一覧



posted by わかりやすいコンサルタント at 10:04| Comment(0) | ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

QRコードは無料で取得(利用)できる

こんにちは。ホームページアドバイスをしているコンサルタントの
永友一朗です。

今日は『企業ホームページ運営の心構え』のカテゴリで

『QRコードは無料で取得(利用)できる』

というブログです。

「QRコード」は、正方形の中に迷路のような図案がある
白黒のコードで、最近ではチルドカップのコーヒー飲料や
ハンバーガーショップのトレーマットなどにも印刷されていて
見たことがある方がほとんどでしょう。

「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標だそうですが、
もはや広く国民に知られた仕組みになっていますね。

このQRコードを、主に携帯電話の「バーコードリーダー」
という読みとりシステムを使って読み込むと、
あるURLを素早く読み込むことができます。

通常、あるホームページを開いてもらいたいときには
そのURL(ホームページアドレス)を打って閲覧してもらうか
「○○で検索」などと案内して、検索させて閲覧してもらうか
という方法になりますので、「QRコードを(携帯で)読みとる」
だけで閲覧してもらえる仕組みは、画期的なわけです。

その意味では、

・紙媒体から、特定のホームページへ案内したいとき

・パソコン版のホームページなどから、特定の携帯版ホームページへ
案内したいとき

などに非常に有効なツールです。

さて、このQRコードですが、JANコードと似たようなもの、
という解釈から、

・登録して使うのは有償

と思っていらっしゃる社長さまが、少なくありません。

ホームページアドバイスのコンサルティングの現場でも、
意外にも、このQRコードの話になることが多く、

「いやあ、これが無料で使えることが分かって良かったです」

と感想を頂くことも、しばしばあります。

QRコードは、例えばこの「Seesaaブログ」では無料で自動的に
QRコードを発行することが出来ます。

また、「QRのススメ」というホームページ
すぐに作成をすることが出来るのです。

最近ではフィーチャーフォン(従来型のケータイ)だけでなく
スマートフォン(スマホ)でもQRコードリーダーのアプリがありますので
これからもQRコードの取得(利用)は、欠かせないことでしょう。

今日は『QRコードは無料で取得(利用)できる』というブログでした。
いつもお読みいただいて、ありがとうございます。

≫永友事務所のWebコンサルティングが初めての方へ
posted by わかりやすいコンサルタント at 23:04| Comment(2) | 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

ソーシャルメディアは「来店前に接客できる」場所

こんにちは。「わかりやすいホームページ改善」のコンサルタント
永友一朗です。

今日は『Twitter(ツイッター)をビジネス利用する』のカテゴリで

『ソーシャルメディアは「来店前に接客できる」場所』

というブログです。

今日の午後、小田原箱根商工会議所さまで
『商売に繋げる!初心者でも簡単!ツイッター&フェイスブックの始め方』
講座の講師を務めます。

「複雑なツイッターやフェイスブックのことを、とにかく『わかりやすく』
教えてください」

という会議所さまのリクエストで、私に白羽の矢が立ったそうです。
ありがたいことですね。

ソーシャルメディアの話は、色々な切り口があります。

・「いまなぜソーシャル化社会なのか?」という視点
・ツイッターやフェイスブックの操作方法
・ツイッターやフェイスブックが、なぜビジネスに使えるのか?

などのテーマです。

受講者さまの参加動機も、その3点に分かれるようで、
セミナー終盤の質疑応答では、活発な質問が多岐にわたることになります。


私はできるだけ簡潔な例を挙げてお話しするようにしています。

例えばこのブログ記事のタイトルにもあるように、

『ソーシャルメディアは「来店前に接客できる」場所ですよ』

という話です。

集客し、接客してクロージングにつなげるのが営業だとすれば
ソーシャルメディアのひとつの切り口として

・接客できる場所

という表現も、当たっていると思います。

事実、私は他県(神奈川県以外)のネットショップ運営者さまと
ツイッターやフェイスブックで「対話」して情報を収集し、
購入したケースが少なくありません。

これは、事業所側にすれば、来店前の潜在顧客に対して商品情報等を伝え、
購買意欲を高めたという意味で、まさに「接客」したことに
他なりません。

これを、

・面倒くさいなあ

と捉えるか、

・店にいながらネットで「接客」が出来る!チャンスだ!

と捉えるかは、事業所さま次第です。


小田原箱根商工会議所の会員さまは、熱心な事業所さまが多いです。
今日と来週の2回にわたって、

『分かりやすい!と評判の名物講師が一から教えます!
★ツイッター&フェイスブック&ブログ&HP★ビジネス活用超入門講座』

が担当できること、本当に嬉しいです。

今日は『ソーシャルメディアは「来店前に接客できる」場所』という
ブログでした。

≫永友事務所フェイスブックページはこちらです
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:16| Comment(0) | Twitter(ツイッター)をビジネス利用する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

税理士は検索エンジン対策以外に目を向ける

こんにちは。ホームページ改善相談のコンサルタント・永友一朗です。

今日は『企業ホームページ運営の心構え』のカテゴリで

『税理士は検索エンジン対策以外に目を向ける』

というブログです。

確定申告が終了する今の時期は、税理士の先生からの
Webコンサルティングのお申込み/お問い合わせが増える時期でもあります。

税理士の方は確定申告の準備から確定申告期間が終わるまでが
超繁忙期なわけですから、この3月中旬に税理士の先生がネット活用の
相談を考えるのは、自然なことかもしれませんね。

ホームページの改良をしたいが、確定申告が終わってからにしよう…
ということですね。
そんな税理士の先生方にいつもお話しするのは、

「税理士の方々のネット活用を考える場合、その要諦は
『検索エンジン対策以外』の部分なんですよ」

ということです。

ネット活用=検索エンジン対策(SEO)という考え方は、
「木を見て森を見ず」的な、偏った考え方です。

では、どうするか…の部分を税理士の先生にお話しすると、

「それは目からうろこでした!!」

などと言われることが多いです。

あくまでWeb戦略の全体を俯瞰してから考えるのが、
税理士の先生のネット活用のキモになると思います。


税理士の方々も、中小事業者を支援する重要なお仕事。
そんな税理士の先生にホームページアドバイスをさせて
いただくことは、私も本当に嬉しいことです。

中小事業者が持っている魅力を引き出し、その魅力が
お客さまに伝わる。
その好循環が連鎖していけば、日本経済、社会がきっと良くなると
私は愚直に信じています。


今日は『企業ホームページ運営の心構え』のカテゴリで
『税理士は検索エンジン対策以外に目を向ける』
というブログでした。

いつもお読みいただいて、ありがとうございます。

≫フェイスブックページはこちらです


posted by わかりやすいコンサルタント at 16:37| Comment(0) | 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.