講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2017年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2012年06月29日

ビフォーアフター写真には「想い」を乗せて

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は「効果を高めるコンテンツの工夫」のカテゴリで

『ビフォーアフター写真には「想い」を乗せて』

というブログです。

今日はこれから長崎県商工会連合会さま主催、
『農商工連携ファンド採択事業者支援セミナー「フェイスブック・
ビジネス活用セミナー」(個別コンサルティング付き講習)』
の講師です。

3度目の長崎。でも毎回、一期一会の精神でお話しさせて
いただきます。

さて今日は『ビフォーアフター』写真のHPやビジネスブログでの
載せ方の工夫です。

・各種修理業
・各種施工業

さまのHPやビジネスブログでは、その作業前後の
写真を載せて、「ほうら、こんなにきれいに!」という
PRをする場合が多いですね。

その取り組み自体は素晴らしく、継続していただきたいのですが

・そこに『「想い」を乗せて』訴求する

ことを心がけていただくと、さらに効果的だと感じます。

この場合の『想い』とは、依頼者と、作業者の両方の想いです。

<依頼者の想い>
・○○のような使い方をしていたら、こうなってしまった
・○○のような思い入れのある品物だ
・○○のような動機から、今回の修理に至った
・○○の施工に関して、不安もあった

<作業者の想い>
・△△の施工上の難点があったが、上手く修理できた
・△△というご要望だったが、モアベターな●●の手法を
 ご提案し、施工した
・自分もかつては△△のような状況になった××を持っていたので
 自分のことのように思い、施工させていただいた

など、要するに

・読み手(潜在顧客)の具体的イメージを膨らませるエピソード

を盛り込んで、「『ひとごと』ではなく『じぶんごと』」として
読み手に読んでいただく工夫なのです。

せっかくのメッセージ。読み手に伝わらないと、意味がないですよね。
「そういえば自分も同じ状況だ!」と、具体的なイメージを喚起させることで
潜在顧客は、「問い合わせ」へと一歩進んでくれるのです。

今日は「効果を高めるコンテンツの工夫」のカテゴリで
『ビフォーアフター写真には「想い」を乗せて』
というブログでした。

今日は長崎よりお届けしました(笑)

≫HPコンサルタント永友事務所公式サイト

posted by わかりやすいコンサルタント at 15:06| Comment(2) | 効果を高めるコンテンツの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

「経営革新」に伴うホームページコンサルティング

こんにちは。ホームページコンサルティングの永友事務所・永友一朗です。

今日は『「経営革新」に伴うホームページコンサルティング』
というブログです。

経営革新とは「新たな取り組みによる経営の向上」ということです。
最近では、「経営革新計画の認定(計画承認)を受けたので、計画を
実行するにあたりホームページコンサルティングを」との
ご依頼が増えています。

経営革新は「新商品の開発・生産」もさることながら、
新しい販売方式(提供方法)の導入などによって経営力向上を
図るものですので、Webを使った販路開拓、販売促進というものが
必然的に求められるものなのでしょう。

具体的な経営力向上を目的としたホームページコンサルティングにおいて
私がいつも心がけていることがあります。
それは

・特定のWebツールに限定しない柔軟な選択肢の提示、提案
・ホームページコンサルティングを受けたその直後からすぐに取り組める
 具体的で実践的な施策提案

ということです。

例えば、いくら私が有益で効果的と考えているWebツールや手法であっても、
「いま、ここ」においてその企業(担当者)さまの取組みが難しい
Webツール/施策を無理やり導入していただいても、それがむしろ
「足かせ」となって計画実行が遅れてしまうからです。

私に限らず、ホームページコンサルティングを実施する者は
それ相応の経験(施策やWebツール選定の成功と失敗、具体的実務経験)
を長い期間、行っているわけですから、経営革新を速やかに実行して
経営力を上げるためにも、その「経験」に耳を傾けていただければ幸いです。

ホームページコンサルティングは、企業の活性化/経営革新実施に
直接関われる、誇らしい仕事だと私は思っています。

今日は『「経営革新」に伴うホームページコンサルティング』
というブログでした。
最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

≫永友事務所のホームページコンサルティング、その方法と費用
http://www.8-8-8.jp/consulting.html


posted by わかりやすいコンサルタント at 10:08| Comment(0) | ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

セミナーの上手な受講方法、その3つのコツ

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日はホームページ編集・運営実務に関連し

『セミナーの上手な受講方法、その3つのコツ』

というブログです。

私は2002年から「セミナー講師」のお仕事をしています。
数多くの受講者さまとご縁を頂いてきました。

そんな中、「ああ、このかたはセミナーの受け方が上手いな」
と思うかたも、とても多いものです。

セミナー講師の立場から、(僭越ですが)セミナーの上手な受講方法、その3つのコツ
について書いてみたいと思います。

1、早めに会場入りして良位置を確保し資料にまず目を通す

「早めに会場入りして」「資料にまず目を通す」というのは、
こうしていると、講師に声をかけられるチャンスがあります。
(チャンスというと、おこがましいですが…)

他の講師はどうか存じ上げないのですが、私は可能な限り
早めに会場入りします。1時間前にもう入っていることも
少なくありません。

PC準備等が終わると私は、早めに来られて熱心に資料に目を通す
受講者さまとお話しすることにしています。
熱心なかたには、やはり講師の私も、何かで報いたいと思うのです。
ですので、その方の状況をお伺いしながら、時間が許す限り
具体的なアドバイスをさせていただいています。

次に「良位置を確保し」という意味ですが、会場入りしたら、
プロジェクターの位置と大きさは、機敏にチェックされた方が良いでしょう。

会場入りが遅くなると、それだけ後方の座席になります。
場合によってはプロジェクターで映写された画面等(文字、ボタン等)が
見えないこともあります。
同じ受講料なのに、モッタイナイですよね。

また非常に細かい話ですが、プロジェクターの「すぐ左右」「すぐ後ろ」
は出来るだけ避けましょう。
プロジェクターによっては、信じられないほどの熱風が出て
2時間近くそれを浴びることになってしまいます。

ですので、会場の出来るだけ前方で、かつ、プロジェクターのすぐ近くで
ない所、というのが受講にあたるベストポジションと思うのですが
いかがでしょうか。

2、近くの受講者と会話する

せっかく何十人と集まる場です。全員と名刺交換をするのは無理ですので
せめて近くのかたと、お互いの状況などを簡単に話すだけでも
非常に有意義になります。
「いやあ、HPをどうしようか迷っているところなんですよ」
「私は先日、商工会の『ITよろず相談会』でPCやホームページの
相談をしてきたんですよ」
「えっ?そんな相談会があるんですね。あとで商工会さんに聞いてみます」
のような、思わぬ情報が得られるかもしれません。

3、資料は帰宅してから再度読む

私のセミナーをお受けいただいたかたから口々に言われることは
「話が非常にゆっくりで聞き取りやすく助かりました」
ということです。
(私はこれがノーマルスピードなのですが…)

「非常に早口でメモを取るだけで精一杯だった」という他講師の先生の評判も聞きます。
どちらが良い悪いではなく、少なくともはっきりしているのは
受講中は「話を聞く」ことに集中していて、「内容を理解して
自分の腑に落ちる」ところまで消化できていないことが多い、ということです。

ですので、帰社して、あるいは帰宅してから資料を再度読んで
「復習」することが「非常に大切」です。

同じ時間と受講費を使うなら、効果のある有意義なセミナー受講に
したいですよね。

今日はホームページ編集・運営実務に関連し
『セミナーの上手な受講方法、その3つのコツ』
というブログでした。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

≫ホームページコンサルタント永友事務所セミナー一覧

posted by わかりやすいコンサルタント at 10:04| Comment(0) | ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

「ザ・ビジネスモール」の参加要件

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は『パソコン・周辺機器・WEBサービス』のカテゴリで

『「ザ・ビジネスモール」の参加要件』

というブログです。

ザ・ビジネスモール( http://www.b-mall.ne.jp/ )は、大阪商工会議所が事務局を担っている企業情報サイトです。
すでに10000社を超える事業所が情報登録しているそうです。

全国の商工会議所/商工会の「一部」が共同運営しているWebサイトで、
「ザ・ビジネスモール」に情報登録できるのは、その商工会議所/商工会に
入会している会員、ということになります。
登録団体は、
http://www.b-mall.ne.jp/deskTopPages/OrganizationList.aspx
で分かります。

私も入会している、いくつかの商工会議所さまが見つかりましたので
早速、情報登録しています。
http://www.b-mall.ne.jp/CompanyDetail-LYbqCQetCVjs.aspx

この情報ページには既存の自社HPへのリンクも張れますから、
すなわち「被リンク」対策の一つになりますね。

有料版もありますが、私は無料版を利用しています。
上記の「登録団体」一覧で、加入している商工団体さまがあった場合は
早速登録しては、いかがでしょうか。

今日は『パソコン・周辺機器・WEBサービス』のカテゴリで
『「ザ・ビジネスモール」の参加要件』
というブログでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

≫ホームページコンサルタント永友事務所公式HP

posted by わかりやすいコンサルタント at 09:09| Comment(0) | パソコン・周辺機器・WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

Facebookで友達を削除するとどうなるか?

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は『Facebook(フェイスブック)の商用利用』のカテゴリで

『Facebookで友達を削除するとどうなるか?』

というブログです。

Facebookの商用利用についてセミナーをさせていただくと
休憩中や質疑応答の時間に、

「永友さん、Facebookで友達を削除することはできるのですか」
「Facebookで友達を削除すると、どうなるのですか」

など、Facebookで友達を削除する方法についてご質問を
いただきます。
そして、これは昨年ではなく今年に入って顕著に見られる傾向です。

元々、Facebookは個人間のコミュニケーションツール。
それをビジネス利用するわけですから、友達などとの関係性に
苦心するかたが多いのも、理解できます。

『Facebookで友達を削除する方法』は、以下の通りです。

1、そのお友達の名前を押して、そのかたのタイムライン
(プロフィールページ)に移動します。

2、あなたとすでに友達の場合、「友達」というところにチェック
マークが付いていると思います。その「友達」というボタンを押します。

3、するとメニューが開きますので一番下、「友達から削除」
という項目を押します。

20120621.gif

4、すると「●●さんを友達から削除しますか?(注: ●●さんのプロフィールで
[報告またはブロック]をクリックしてブロックするか、
フィード購読をオフにしない限り、このユーザーにはあなたの
公開フィードが引き続き届けられます。)」というメッセージが出るので、
そのことを理解したうえで「友達から削除」というボタンを押します。

2012062101.gif

別に「友達を削除」することを推奨しているわけではないですが、
様々な理由でFacebookで友達を削除(解除)するケースはあるでしょう。

友達を削除しても、その友達(だったひと)に「▲▲(=あなた)が友達を
解除しました」みたいなメッセージが届くわけではありません。

また、ウォールに「▲▲(=あなた)さんが××さんとの友達関係を解除しました」
みたいな投稿がなされる訳でもありません。

今日は『Facebook(フェイスブック)の商用利用』のカテゴリで
『Facebookで友達を削除するとどうなるか?』
というブログでした。

いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

≫永友事務所Facebookページはこちらです
https://www.facebook.com/nagatomojimusho

Google+

posted by わかりやすいコンサルタント at 09:20| Comment(2) | Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

商工会SHIFT(シフト)はYouTubeを貼ることもできる

こんにちは。ホームページ改善のコンサルタント永友一朗です。

今日は、『商工会HPサービス「SHIFT」』のカテゴリで、

『商工会SHIFT(シフト)はYouTubeを貼ることもできる』

というテーマです。

今日は川崎市の手焼きせんべい店さまへのホームページコンサルティング、
夜は小田原市橘商工会さまで「商工会SHIFTでHPを作ろう」講座の講師です。
SHIFTは商工会員さまのみ使える無料のhomepageサービスで、
初めてのウェブサイトとして、また既存HPへの被リンク対策に有効です。
全国商工会連合会が推進しているサービスです。

さてそのSHIFTですが、YouTubeの動画をそのまま貼ることができます。

ホームページ改善サポート/HPコンサルタント永友事務所
のシフトページの中ほどにも、YouTubeが貼ってあります。

20120618.gif

動画の撮影も無料、SHIFTの利用も無料、そしてYouTubeに掲載し
SHIFTに載せることも無料です。

収穫風景や作業風景、店長からのメッセージ、商品の使い方、お客様からの
メッセージなど、動画ならではの内容
を載せたいですよね。

今日は、『商工会HPサービス「SHIFT」』のカテゴリで、
『商工会SHIFT(シフト)はYouTubeを貼ることもできる』
というテーマのブログでした。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

≫セミナースケジュールはこちらでご確認ください





posted by わかりやすいコンサルタント at 09:27| Comment(0) | 商工会HPサービス「SHIFT」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

HPリニューアルはトップページだけで良いのか?

こんにちは。ホームページアドバイスをしているコンサルタントの
永友一朗です。

今日は神奈川県倫理法人会さま主催「Facebook活用のコツ・マナー・注意点」
講座(藤沢会場)の講師です。FBは便利ですが常にコミュニケーションを伴う
メディアですのでマナーが必要ですね。
一昨日の横浜会場では活発に質問が出ました。

さて今日は『企業ホームページ運営の心構え』のカテゴリで

『HPリニューアルはトップページだけで良いのか?』

というブログです。

仕事柄、「ホームページをリニューアルしました!」という
企業の告知等に注目してしまいます。

特に以前から自分で使っていたWebサイトがリニューアルされた旨の
案内があれば、早速、確認したくなるものです。

じつは昨夜、あるメーカーの直販サイトでノートPCを購入しました。
いま使っているノートPCと同じメーカーなので、という理由です。

そのメーカーの直販サイトは、しばらく前にリニューアルしたのを
知っていましたが、実際に「購入する」という目的でじっくり
見たのは、昨夜が初めてでした。

そのトップページは、なかなか秀逸で、非常に良く出来ています。
顧客目線のコンテンツが用意され、動線もしっかりしています。
セミナーでも紹介しようかなあと、思っていました。

が、機種を選択して細かいスペックを選び、さらに関連商品の案内、
また決済のページに進むにつれ、様子がおかしくなってきました。
決済のページに至っては、リニューアル前のデザインそのままでした。

私がよくセミナーでもお話しする、「不安や疑問」を解消するどころか
ページ遷移すればするほど不安が大きくなる状況です(笑)

最終的には、購入する必要性(動機)が大きかったので購入しましたが
名のある超大企業のリニューアルも、上滑りなこともあるんだなあと
ちょっと残念に思いました。
余談ですが、よく利用する航空会社のWebサイトも最近リニューアル
されましたが、同じような状況です。
会社規模が大きくなると、「お客様目線」の考えが難しく
なってくるのでしょうか。

Webサイトのリニューアルについて、予算の都合等で「トップページだけ
行う」という企業さまの声を聞くことが増えています。
それ自体は間違った選択ではありませんが、最終的な行動に繋がる
動線に沿った主要ページは、リニューアルの対象にすべき
と思います。

今日は『企業ホームページ運営の心構え』のカテゴリで
『HPリニューアルはトップページだけで良いのか?』
というブログでした。
いつもお読みいただいて、ありがとうございます。

≫直近のセミナーはこちらでご案内しています



posted by わかりやすいコンサルタント at 09:27| Comment(0) | 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

Facebookの「グループ」は了解を得てからメンバーを追加する

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は『Facebook(フェイスブック)の商用利用』のカテゴリで

『Facebookの「グループ」は了解を得てからメンバーを追加する』

というブログです。

Facebook(フェイスブック)には「グループ」という便利な機能があります。
特定のユーザー間での情報交換には最適な仕組みですね。

Facebook(フェイスブック)の商用利用という観点では、

・優良顧客(上得意様)のみのグループを作り、そこでインセンティブを
与える(特別割引、先行情報等)
・スタッフのみ参加できるグループを作り、そこで投稿の練習等をする
・購入者限定のグループを作り、そこでアフターフォローをする

などの使い方ができます。

さてその「グループ」ですが、作成方法は、以下の通りです。

1、画面左側で「グループ」という項目を探し、そのメニュー
「グループを作成」をクリックします。

20120613.gif

2、グループ名を記入し、「公開/非公開/秘密」からグループの
種類を選んで「作成」ボタンを押します。

2012061302.gif

この作成の場面で、「グループに追加したい人を選択してください。」
という項目があるのですが、ここでは本人の了解を得ないままメンバーに
入れてしまうのは、いかにも乱暴です。

口頭であれ書面であれメッセージであれ、本人のなんらかの「了解」を
得てからメンバーに追加するようにしましょう。
招待を送り、本人の意思で参加してもらう、というのがスマートかも
しれませんね。

マナーを守って、気持ち良く使いたいですね。
今日は『Facebook(フェイスブック)の商用利用』のカテゴリで
『Facebookの「グループ」は了解を得てからメンバーを追加する』
というブログでした。

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

≫永友事務所Facebookページはこちらで活動しています
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:14| Comment(0) | Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

「SEO対策済」という詭弁

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は『SEO(検索エンジン対策)の考え方』のカテゴリで

『「SEO対策済」という詭弁』

というブログです。

どのWeb制作会社にも所属しない中立的なフリーの
Webコンサルタントとして開業3年、この業務をして11年以上になります。

最近では神奈川以外の他県からも対面相談にお越しいただくことも
増えてきましたが、

「永友さん、●●というHP作成ソフトについて意見をください」
「自分で探した▲▲というWebサービスが良さそうなのですが、どう思いますか?」

など「どのようなツールを使うべきか」という相談も非常に多いです。
Web運営実務とWeb構築目的に照らし合わせて、ツール選定のお手伝いをするのです。

そのご相談の中で時折、耳にするのが

「SEO対策済というツールを見つけたのですが、これはどう思いますか?」
「HP制作会社からの見積で『SEO施工実施』という見積項目があるのですが
これを最初に頼んでおけばSEOは万全でしょうか?」

というものです。

SEOというものが必要不可欠だという知識がある一方、
その肝心の『SEOとは何か』ということが理解されていないので、
なんとなく『SEO済み』というものが素晴らしく感じられてしまうのですね。

このブログでも、SEOのことは何度も書いています。

SEO(キーワード対策)
SEO(被リンク対策)
SEO(検索エンジン対策)の考え方

それらを読んでいただくと嬉しいのですが、SEOは一度やればそれば終わり、
ではなく、変化に対応しながら絶えず工夫し施工していくもの、なので
『済み』という状態になることは、あり得ないのです


その意味で、『SEO対策済』という言葉自体が詭弁なのです。

なお、

・タイトルを適切に調整する
・適切な構造でWebサイトを作成する
・メタ文でキーワード、ディスクリプションを書く

という基本的なSEO施工くらいは、通常のWeb制作会社であれば
特別な費用負担なく行ってくれると思います。

今日は今日は『SEO(検索エンジン対策)の考え方』のカテゴリで
『「SEO対策済」という詭弁』というブログでした。

≫永友事務所フェイスブックページはこちらです
posted by わかりやすいコンサルタント at 12:58| Comment(0) | SEO(検索エンジン対策)の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

Facebookの「勤務先」は併記できるか?

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は『Facebook(フェイスブック)の商用利用』のカテゴリで

『Facebookの「勤務先」は併記できるか?』

というブログです。

今日は平塚西ロータリークラブさまで講演『Facebookの商用利用について』
の講師を務めます。
30分という短い時間ですが、一期一会の精神でお話してきたいです。

さて昨日、このような質問をいただきました。

「現在の勤務先が2つあるので、Facebookにその2つを載せたいが
できますか?」

というご趣旨の質問です。

私も分からないので、実験してみました(笑)

元々、入力していた現在の勤務先「ホームページ改善相談の永友事務所」
とともに、「ホームページコンサルタント永友事務所」という
勤務先(要するに同じことですが、ご愛敬です)を入力、保存しました。

すると「基本データ」の「勤務先」欄には、後から入力した
「ホームページコンサルタント永友事務所」も併記されています。

2012060601.gif

一方、タイムラインの「基本データ(概要版)」には、元々入力しておいた
「ホームページ改善相談の永友事務所」しか載っておらず、「自動的に
併記される」ことはありませんでした。

2012060602.gif

セミナー等でお名刺交換をさせていただくとき、複数の会社を
経営されていらっしゃる社長さまも少なくありません。

・Facebookには勤務先が併記できるが、「基本データ(概要版)」に
出てくるのは元々入力してあった勤務先だけ

ということのようです。
何かのご参考になれば幸いです。

≫永友事務所フェイスブックページはこちらです




posted by わかりやすいコンサルタント at 09:39| Comment(0) | Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.