講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2018年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2012年11月26日

対話する相手の「小さなサイン」に気づいていますか

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は逗子市商工会の青年部員さまに「商工会SHIFT」の活用と
Webマーケティングに関するレクチャーをさせていただきます。
Web活用の中でのSHIFT(=青年部員ページ)の位置づけ(役割分担)
が分かると、「経営効果のある」使い方ができると思います。

さて今日は『対話する相手の「小さなサイン」に気づいていますか』
というブログです。

茅ヶ崎市の植木屋さん「潮彩庭縁」さんのブログを読んでいて
非常に感心した点がありました。

**以下引用**

ずっとご自宅の植木や庭をご自分でお手入れされてきた方は、
人一倍の愛着を持っている方が多いです。
ですからご要望をその方が伝えてこられなくても、
小さなサインを見逃さずにお手入れができるよう心がけています。


**以上引用:潮彩庭縁さんブログ**

この『相手の「小さなサイン」に気づく』というのは「カウンセリング」
の領域だと思いますが、私自身もコンサルティングの現場で
最も気をつけているポイントです。

例えば、お一人でホームページの運営を頑張ってきた経営者様は、
その「想い」が「痕跡」としてHPの作りに必ず出るものです。

そしてその「痕跡」から、

・なぜその「想い」でやってきたのか?
・その「想い」は、今のままで顧客に伝わるのか?
・「伝わらない」とするならば、その「想い」を活かしつつ
 「伝わる」ようにするにはどういう作り/コンテンツ/運用体制が
 望ましいか?

などを「察知/判断」して、はじめに話す話題(アプローチ)を決めるのです。

「だったら、そのことを直接、相手に聞けば良いのではないか?」
と思われるかもしれませんが、

・従業員等の前では言いにくい
・やってきたことに自信がないから言いにくい
・その「想い」が変だと思われるから言いにくい

などの理由で、社長さまが自らのホームページ運営の意図を、いきなり
きちんと表現することは、難しいものなのです。

新卒で働いた旅行会社時代にも、同じような経験をたくさんしました。
「イタリアに行きたい」というお客様とよくお話をしていくと、
じつは本当に行きたいのはハワイだった、などということが
意外に多くありました。

「あ、イタリアですね。ではこのツアーが人気ですから
さっそく空き状況をお調べしましょうね」

などという上滑りな接客では、やはり本当の顧客満足は
生まれないと思うのです。

「相手の小さなサインを見逃さない」

…これは、ひとつの「愛情」だと思っています。
愛情があるコミュニケーションだからこそ、満足と信頼が
生まれてくるのだろうと思っています。
茅ケ崎の植木屋さんのブログは、それを再認識させてくれるものでした。

今日は『対話する相手の「小さなサイン」に気づいていますか』
というブログでした。
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

≫永友事務所Facebookページはこちらで運営しています
https://www.facebook.com/nagatomojimusho

posted by わかりやすいコンサルタント at 05:59| Comment(0) | 永友事務所の運営方針とお約束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

Facebookが商売に使えなさそうと感じてしまう2つの原因

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は千葉県の茂原商工会議所さまで「Facebookのビジネス活用とリスク」
に関するセミナー講師です。
Facebook活用時のリスクとその予防、対策についてしっかりと
お話ししたいと思います。もちろん商用利用の好事例もご紹介します。

さて今日は『Facebook(フェイスブック)の商用利用』のカテゴリで

『Facebookが商売に使えなさそうと感じてしまう2つの原因』

というブログです。

これは特にWebコンサルティングをさせていただく場面で感じることですが、
Facebookの商用利用の方途についてご説明をしても、ピンと来ないかたがいます。
同時に、

「じつはFacebookは個人的に始めているんだけど、商売に繋がる、
というところがイマイチ分からないんですよねえ」

と仰る、つまりこれから始めるならともかく、すでに使っているのに
Facebookのビジネス活用について「やりかた」が分からない、と仰る
経営者様は、少なくありません。
※だからこそコンサルティングに入らせていただくわけですが…

ここ1年くらい、こういった「既にFacebookは始めているんだけど、
『商売に繋がる』という点が理解できない」と仰る経営者様の
様子をずっと注視していたのですが、これには大きく言って2つの
原因があると気づきました。

1、はじめから「商売に繋がらない」と思いながら使っている

じつに単純なことだと思いますが、「ビジネスに活用できれば良いのにな」と
思いながらも、「どうせ使えないだろう」と考えて使っているかたが
少なくありません。
そういう方々は、Facebookページが自分で作れることを知らなかったり、
既存HPやブログへリンクできることなどを意識していない、つまり
ビジネス用途のWebツールとして十分に使いこなせていない、という
特徴がありますが、それより問題なのは「どうせ使えないだろう」という
マインドの持ちかたです。

今日は負けちゃうかも、と思いながら仕切り/立ち合いをする力士が
相撲で勝つ確率は、高くないでしょう。

2、情報を双方向でやり取りしながら(コミュニケーションを続けながら)
ご縁と商機を見出すという個別的/動的なスタイルが理解できない


上記「1」よりも重要な問題は、この「2」です。
Facebookがビジネスに使えることがイメージできない、と仰る
社長さまは、HPに自社の特徴やサービス内容をとにかく列記して
言いたいことを全て伝えることで商機が生まれる(お客様が増える)
だろうという古典的な「一方通行型の」情報発信スタイルしか頭にない
ことが多いようです。
言い換えれば、マス広告的なやり方しかイメージできず、
会話によって個々のお客様を「接客(もてなし)」していくことこそが
いま求められている(ビジネス効果のある)手法であることに
まだ気づいていない状態、とも言えます。

「1」のようなマインドセットは、意識づけで変わると思います。
一方、「2」の「シクミが変化したことへの理解不足」は、
自分で意識的に「気づこう」としなければ、変わることは難しいと思います。

セミナーやコンサルティングではこのことを分かりやすくお話ししている
つもりですが、もしお近くに書店があったら、阪本啓一さんの新著
『「たった1人」を確実に振り向かせると、100万人に届く。』
は、このこと(シクミの変化とその対策)のヒントを非常に分かりやすく
示してくれるので、おススメです。



今日は『Facebook(フェイスブック)の商用利用』のカテゴリで
『Facebookが商売に使えなさそうと感じてしまう2つの原因』
というブログでした。
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

≫永友事務所FacebookページではWeb活用のヒントをお届けしています
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:42| Comment(0) | Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

「ホームページ」で欠かせないページとは?

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は津久井のイタリアンレストランさまにお伺いしネット通販の
アドバイスをさせて頂きます。
老舗飲食店さまが自信を持って送り出す商品がうまく訴求できるよう
ご助言させて頂きます。
今は相模原市緑区ですが、愛着を込めてつい「津久井」と言ってしまいます。

さて今日は「効果を高めるコンテンツの工夫」のカテゴリで

『「ホームページ」で欠かせないページとは?』

というブログです。

昨日は滋賀県・八日市商工会議所さまで「ツイッター・フェイスブック
を利用したビジネス活用研修」講師でした。

「ツイッター・フェイスブック」の講座ですが、じつは私が一番
強調したのは、Web活用全体のバランスの話でした。

Web活用は、言うなればサッカーのようなチームプレーです。
一部の選手に役割を集中させようとすると、無理と無駄が生じます。
企業等の組織論と同じですね。

・ホームページ
・ビジネスブログ
・ツイッター
・フェイスブック

など、いっけん、手に余るような選手層がある中で
誰をどの役割でプレーさせるか?を考えるのが
監督の役割になると思います。

では、古参の有能選手である「ホームページ」が最も活きる
使い方は、何でしょうか?

端的に言えば、

・この会社/お店で注文しても良いのだという安心感と根拠を与える
・申込/問い合わせ/資料請求/電話などのアクションを適切に誘(いざな)う


という役割を担うのは、他でもない「ホームページ」の得意分野です。

もちろん、副産物として「既存顧客とのコミュニケーションを図る」
「検索経由のアクセスを大きく獲得する」などの効果が、たまたまあるかもしれません。

が、それはフェイスブックやビジネスブログの方が、よほど得意とする
役割なのですね。

今の自社の「ホームページ」で、いったい何が欠けているんだろう?
と思った時は、

・この会社/お店で注文しても良いのだという安心感と根拠を与える
・申込/問い合わせ/資料請求/電話などのアクションを適切に誘(いざな)う


という役割をまず与えてみましょう。

「この会社/お店で注文しても良いのだという安心感と根拠を与える」
というページは、例えば、

・他でもない「このページを見ているあなた」に最適だという
 根拠と呼びかけ
・他社/類似サービスと比較した時の優位点
・連絡先や会社概要の明記
・スタッフの紹介
・試験/検査情報等の開示
・取引実績/施工事例紹介
・お客様の声
・注文からサービス完了までの流れ
・よくある質問(Q&A)

などのページです。

もちろんこれ「だけ」ではありませんが、おおむね、多くの事業所さま
のホームページで欠落しているのは上記のようなページです。

今日は「効果を高めるコンテンツの工夫」のカテゴリで
『「ホームページ」で欠かせないページとは?』
というブログでした。
いつもお読みいただき、ありがとうございます。

≫秋から冬の永友事務所セミナー実施予定はこちらです
http://www.8-8-8.jp/lecturer_schedule.html

posted by わかりやすいコンサルタント at 09:05| Comment(0) | 効果を高めるコンテンツの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

寒川町:アカウント取得から学べる(その場で利用開始できる)Facebook講習会

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は、『アカウント取得から学べる(その場で利用開始できる)
Facebook講習会』についてです。

いつも情報発信系の講座を積極的に行っている寒川町商工会さまで
『わかりやすいFacebook商用利用講座』が行われます。
永友が講師を務めさせていただきます。

私のFacebookの講座は、Webマーケティング系の座学がほとんどですが、
今回、商工会さまのご意向で「登録からできる」Facebook講座が
開催されることになりました。
http://www.shokonet.or.jp/samukawa/H24facebookseminar.pdf

3時間、Facebookがまったく初めての方も安心して参加でき、かつ
既にFacebookの利用を開始しているかたにも有用な講座になっています。
えてして自己流で進めがちなフェイスブックですが、商用利用の
コツや注意点について、ぜひ講習を受けていただければと思います。

なお、参加可能なのは寒川町商工会会員さまだけではなく、

・商工会には加入していないけれども寒川で事業をやっているかた
・これから寒川で起業しようと思っているかた

なども、積極的にご受講いただければと思います。
詳しくは、寒川町商工会さまにお問い合わせくださいね。
http://www.shokonet.or.jp/samukawa/

今日は、『アカウント取得から学べる(その場で利用開始できる)
Facebook講習会』についてでした。
寒川でお目にかかれることを、楽しみにしています。

≫永友事務所のFacebookページはこちらです
https://www.facebook.com/nagatomojimusho

posted by わかりやすいコンサルタント at 10:13| Comment(0) | Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.