講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2017年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2012年12月31日

Facebook利用で試される「気遣い」の心

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は2012年の大晦日です。今年も一年、様々なご縁をいただき
仕事に家庭に、自分なりの充実感をもって過ごすことができた気がします。
ご縁をいただいた皆様に、御礼申し上げたいと思います。

私は「人脈」という言葉が好きではありません。
正確な定義は分かりませんが、「人脈」というと、何となく
打算的、作為的な感じがするからです。
私は「ご縁」という、「人としての触れあいとお互いを
想いやる気持ち
」がある人間関係こそが、仕事/生活がうまく
周っていく秘訣だと思うのですが、甘いでしょうか。

さて今日は『Facebook(フェイスブック)の商用利用』のカテゴリで

『Facebook利用で試される「気遣い」の心』

というブログです。

もはや冒頭部分で結論を言ってしまっている、悪いブログの典型ですが(笑)
最近Facebook(等のSNS)を利用する中で強く感じていることがあります。

それは、Facebook(等のSNS)で対面し、交流している対象は
「アイコン」(記号)ではなく「生身の人」だと思うのですが、
このことを忘れて(あるいは元々意識せず)「相手の都合や
感情を無視して」情報を発信する人が目立ってきた、ということです。

・相手がその情報に興味があるかどうかに関わらず、特定の情報/写真/
文章を投稿し続ける

というやりかたは、まさに「相手が見えていない(他者を想うことが
できない)」ことを露呈するものです。

もっとも、Facebook(等のSNS)をどう使おうとも自由です。
であるが故に、余計に、そういった

・相手を情報発信対象という「アイコン」(記号)としか見ていない人

というのは、非常に目立ってしまうのだなあと感じています。

人間関係ができていない状況での一方的な特定情報の発信は、
スパムでしかないと思うのです。
セミナーでもよく申し上げますが、「Facebook以前の話
だと思います。

今日は『Facebook(フェイスブック)の商用利用』のカテゴリで
『Facebook利用で試される「気遣い」の心』というブログでした。
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。


≫永友事務所のFacebookページに、ご意見をお寄せください。
https://www.facebook.com/nagatomojimusho




posted by わかりやすいコンサルタント at 05:54| Comment(0) | Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

整体、リラクゼーションサロン等ボディメンテナンス系のお店がFacebookページで投稿する内容とは

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

一昨日は座間市商工会さまで「『とりあえず登録したけど
商売に結びつかないな』から脱却するための
Facebookビジネス活用ステップアップセミナー」
の講師を
務めさせていただきました。
夜間の講習でしたが、寒く、そしてお疲れのところ
ご熱心にご受講いただきました。本当に感謝です。

いつも書いていますが、商工会/商工会議所の青年部さまは
本当に「団結と仲間を想う気持ち、地域愛」が強く、
素晴らしいなあといつも感心してしまいます。
お話ししていると、中小事業所の未来に関して、明るい気持ちになります。

さて今日は『Facebook(フェイスブック)の商用利用』のカテゴリで

『整体、リラクゼーションサロン等ボディメンテナンス系のお店がFacebookページで投稿する内容とは』

というブログです。

先日、ある街の指圧院さまにホームページ改善コンサルティングに
伺った時のことです。
実店舗がある、つまり小売/飲食/サービス業さまのホームページコンサルティング
の場合、その事業所さまの地理的な周辺状況を確認してから
伺うようにしています。

・競合他社の出店状況は?
・他業種で目立つ事業所は?
・商店街の様子は?
・来街者の年齢や様子は?

などを見ながらお邪魔しますが、この指圧院さまに伺う道中、
なんと整体、リラクゼーションサロン等ボディメンテナンス系の
お店が7店もありました。

改めて、すごい競合状態なんだと実感します。

さて、そういった「整体、リラクゼーションサロン等ボディメンテナンス系
のお店」(以後、サロンと呼びます)さまは、店舗前のA型看板やチラシ、
地域タウン誌への出稿などのPRをすることが多いと思いますし、
その効果もあると思います。

一方、Web周りではどのようなPR施策(特に「Web集客」)ができるかといえば、

・検索エンジン対策をする。つまり「○○(地域名)+整体」等で
検索上位を目指す
・既存客のメールアドレスをリスト化出来ているならば、有益な
情報をメルマガとして発行する

という古典的な手法と同時に、

・Facebookなどソーシャルメディアにおいて、サロンの存在や
特徴をPRする

という施策が考えられます。
簡単に言うと、潜在顧客の来店欲求を喚起するために、「このサロンでは
こんなことができますよ」と、何度も「ほのめかす」わけですね。
いままでサロンに無縁だった方に、「なんとなく体がダルいから、
サロンというところに行ってみようかしら」と思わせるための情報発信
です。

重要なのでもう一度書きますが、上記の古典的な施策、つまり
検索エンジン対策等では、もともと認知/興味関心があるかたが「検索」
してくるわけですから、市場の深耕にこそなれ、市場の拡大(創造)にはなりません。

一方、Facebookなどソーシャルメディアにおいては、
もともと「サロンというところ」をあまり意識していなった人にも
自然にさりげなくその意義などをPR出来るわけですから、
いままでサロンに無縁だった方に、「なんとなく体がダルいから、
サロンというところに行ってみようかしら」と思わせる
ことができる
(期待できる)のです。
あるいは、「今までは気軽なマッサージ店に行っていたけれども
指圧院に替えてみよう(※もちろんその逆も然り)」ということ
(ブランドスイッチ)も可能なのです。

つまり、市場の拡大(創造)をする、お客様の幅を広げる、
ということなのですね。

では、サロンさまがFacebookページで投稿する内容とは、
どういったものが考えられるでしょうか?
一例を書いてみます。

1、事実としてお客さまに喜んでいただいている、ということを伝える

・お客様の感想(手書き)をスキャンして画像として掲載する
・メールでいただいた感想を、個人情報の部分以外を掲載する
・お客様がブログで書いてくれた感想については、そのブログに
リンクする(URLを紹介する)

2、「当サロンは、こんなふうに(こんな時に)使われています」ということを伝える

・近隣だけではなく、県外など遠方からもお越しいただく、という
エピソードを掲載する
・大人だけではなく子供も利用する、というエピソードを掲載する
・1回の人が多いのか、複数回来るのか、来店頻度の目安を書く
・ぎっくり腰など、特定の状況にある方の来店が目立つ、などを書く

3、専門家しか書けないノウハウを書く

・自宅でできるストレッチ方法などを教えてあげる
・ツボ、など健康に留意する人が興味がありそうな情報を伝える

4、駐車場の有無、営業時間、など、事務的な話も書く
5、勉強会や研修に出席しているなど、専門知識を常にブラッシュアップ
している旨を書く
6、地域の話題を書く(=地域に密着している感じを出す)
7、ブログ、HPなどの更新情報を書く
8、時折、店主の個人的な話(趣味等)を書く
9、メディアに取り上げられた場合には、そのことを書く
10、セミナーを開催する場合は、その告知をする


もちろん、Facebookは本来、「情報発信」ではなく
「コミュニケーション」の場
ですので、ユーザーから
コメントがあった場合は、きちんと楽しく対応したいですよね。

なお、サロン系のWeb表現では、いわゆる「あはき法」
(あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律)、
薬事法、健康増進法、景品表示法、医療法などの表記規制に
留意してください。

今日は『Facebook(フェイスブック)の商用利用』のカテゴリで
『整体、リラクゼーションサロン等ボディメンテナンス系のお店がFacebookページで投稿する内容とは』というブログでした。
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

≫冬のセミナー一覧はこちらに掲載しています。
http://www.8-8-8.jp/lecturer_schedule.html



posted by わかりやすいコンサルタント at 10:51| Comment(0) | Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

SHIFTページの「基本情報2:設備」の欄に記入する内容

こんにちは。ホームページ改善のコンサルタント永友一朗です。

今日は寒川町商工会さまで「商工会SHIFT」作成講座の講師です。
2時間でページ作成から新着情報の投稿まで出来ればと思います。

さて今日は、『商工会HPサービス「SHIFT」』のカテゴリで、

『SHIFTページの「基本情報2:設備」の欄に記入する内容』

というテーマです。

商工会SHIFTのページ作成は、大きく言って

・基本情報(=基本情報1)
・企業PR情報(=基本情報2)
・詳細情報

の3つを入力することで完了します。

企業PR情報(=基本情報2)の入力欄に「設備」
という項目がありますが、ここはどのように
記入すればよいでしょうか?

製造業さまであれば、「マシニングセンタ●台、
旋盤●台」…などと機械設備の名称を入力すればよいと
イメージが湧きやすいですが、小売・飲食・サービス業さまは
どうしたらよいでしょうか。

私は、「ハード面の特徴を書きましょう」とお話ししています。

例えば、

・道路から段差がなくベビーカーでも安心です
・完全禁煙ですので灰皿のご用意はございません
・キッズスペース完備
・座敷にDVDが見られるモニターがあります

など、まさにお店のハード面の特徴を書けば良いのかなと
思っています。

書けば書いただけ検索エンジンでもヒットしますし、
また来店を促進するPRにもなります。
遠慮せず、書けるPRポイントを全て書いておきたいですよね。

今日は、『商工会HPサービス「SHIFT」』のカテゴリで、
『SHIFTページの「基本情報2:設備」の欄に記入する内容』
というテーマのブログでした。
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

≫商工会SHIFT講座のご案内はこちらです
http://www.8-8-8.jp/lecturer_shift.html



posted by わかりやすいコンサルタント at 09:27| Comment(0) | 商工会HPサービス「SHIFT」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

Jimdoの中にFacebookページのLikeBoxを入れる方法

[※2015/4/30加筆修正]
こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

明日12月7日は滋賀県の彦根商工会議所さまで「Facebook、Twitterを
利用したビジネス活用研修」のセミナー講師をさせていただきます。
滋賀の皆さまは良い意味での仲間意識/地域愛が強く、Facebookなどの
ソーシャルメディアはぴったりだと、いつも思います。

さて今日は『Facebook(フェイスブック)の商用利用』のカテゴリで

『Jimdoの中にFacebookページのLikeBoxを入れる方法』

というブログです。

Jimdo(ジンドゥー)については、過去に書いた記事も参照ください。

・Jimdoを使ってホームページを作るときの参考書
http://web-adviser.seesaa.net/article/267921512.html

そのJimdoですが、無料版でもカスタマイズ(ページの工夫)が
色々できる点が素晴らしいと思います。

今回はそのJimdoに、FacebookページのLikeBoxを挿入し表示
させる方法についてです。

1、Jimdoを編集モードにして、LikeBoxを挿入したい場所で
「コンテンツを追加」を押す


「+」のマークが「コンテンツを追加」です。これを押すと、各項目の候補が出てきます。
下部の「…その他コンテンツ」を押して「Facebook」という項目を押してください。

2、Facebookページというタブを押す

https://facebook.com/jimdo」と仮で入っているアドレス部分に、あなたのFacebookページのアドレスを入力します。
「ページカバー」「プロフィール写真」「ストリーム」の所を適宜押してみて、好きな体裁になりましたら「保存」ボタンを押します。

すると下図のようにFacebookページのLikeBox(正式には【旧称LikeBox】と言ったほうが良いのかもしれません)が挿入されました。

20150430.gif

なお、「Facebook(フェイスブック)からログアウトした状態だと
Jimdo内のLikeBoxが真っ白になってしまう(表示されない)」
という場合は、Facebookページの「国別制限」「年齢制限」の設定
が関係している可能性がありますので、
http://web-adviser.seesaa.net/article/294557453.html
の記事も併せてご覧くださいね。
※「国別制限」「年齢制限」の設定を解除すると、この
「LikeBoxが真っ白」現象が解消されることがあります

ホームページだけでなくJimdoやFacebookページなどWebサイト群を有機的に連携して、閲覧者にあなたのお店/会社のことを良く理解していただきましょう。

今日は『Facebook(フェイスブック)の商用利用』のカテゴリで
『Jimdoの中にFacebookページのLikeBoxを入れる方法』
というブログでした。

別HP「Jimdoで作ったホームページの事例(見本)」では、Jimdoで作られたホームページの見本を数十例掲載しています。併せてご覧くださいね。
http://jirei-mihon.jimdo.com/

いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所Facebookページでも情報発信をしています。
https://www.facebook.com/nagatomojimusho

posted by わかりやすいコンサルタント at 12:33| Comment(0) | Jimdo(ジンドゥー)でのHP作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

「営業力のあるホームページ・ブログ」セミナー

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は山梨県笛吹市の事業所様を訪問し
対面コンサルティングを実施させていただきます。

セミナーはもとより、こういったコンサルティング事案でも
神奈川県外からお声掛けを頂くようになりました。
最近では海外の日系法人様からもコンサルティングの打診がありました。
永友事務所の「通信コンサルティング」はメールなどの質問がし放題
ですので、場所に関係なくじっくりとご相談いただけると、好評です。

さて今日は『営業力のあるホームページ・ブログ』セミナーのご案内です。

・永友事務所のフェイスブック活用系のセミナーしかお受けいただいていないかた
・永友事務所のセミナーをお受けいただいたことがないかた


には非常におススメです。
根本的な、「ホームページの営業力を高める方法」のお話です。

日時:2012年12月13日(木) 13:30〜16:30
会場:神奈川中小企業センタービル 13階 第1会議室
問い合わせ、申込は主催の公益財団法人神奈川産業振興センターさま
までお願いいたします。
http://www.kipc.or.jp/
じつはすでに定員に達しているのですが、神奈川産業振興センターさまの
ご厚意で、若干、席を増席いただきました。

この冬、ホームページを改善しWebでの営業効果を上げたいと
お考えの方や、これからWebサイトを立ち上げようとする方に
ぴったりなWebマーケティング講座
です。
ご参加を検討いただければ幸いです。
濃い3時間になると思いますよ。

なお、永友事務所の「ホームページの営業力を高める方法」系のセミナーと
重複しますので、過去にそれら営業力強化系のセミナーを
ご受講いただいたかたは、事前にご相談いただければ幸いです。

今日は『営業力のあるホームページ・ブログ』セミナーのご案内でした。
では、これから山梨に行ってきます!

≫永友事務所Facebookページはこちらです
https://www.facebook.com/nagatomojimusho

posted by わかりやすいコンサルタント at 09:08| Comment(0) | 永友事務所の運営方針とお約束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.