講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2018年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2013年09月18日

今年もやります!茅ヶ崎『ソーシャルメディア超入門講座』

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は茅ヶ崎TMOさま・茅ヶ崎商工会議所さま主催の
『ソーシャルメディア超入門講座』のご案内です。

ソーシャルメディア超入門講座

一昨年と昨年に続き、今年も『ソーシャルメディア超入門講座』の講師を務めさせていただきます。
茅ヶ崎市内の事業所様には是非お受けいただきたいWeb活用講座です。
藤沢、辻堂、平塚など近隣の事業所さまもぜひお越しください。

過去の本セミナー受講者様には、

・「検索エンジンでの順位が上昇し引き合いにつながった」
・「ホームページを改善しようと思っていたが、具体的にどのように進めれば良いかが分かった」
・「一人でネット活用を進めるのは心細かったが、セミナー受講者のFacebookグループに参加できるので助かった」


等の感想をいただいています。

セミナータイトルとしては『ソーシャルメディア超入門講座』ですが、
以下のような「ネットで販売促進、来店を図る方法」についてじっくり丁寧にお話をさせていただきます。

●はじめてのフェイスブック活用!
わかりやすい『フェイスブック』超入門講座


・ソーシャルメディアが生活と商売に重要である理由とは?
・フェイスブックに親しもう!〜基本的な設定と画面紹介〜
・フェイスブックとツイッター、一体どこがどう違う?使い分けは?
・知らないと危険!フェイスブックのリスク、その予防と対策
・無用なトラブルを引き起こさないための『ソーシャル会話力』 とは?

●はじめてでもわかる!
『フェイスブック』を商売に活かすコツ


・フェイスブックの商用利用の要諦は「フェイスブックページ」にあり!フェイスブックページの成功事例紹介(小売店、製造業等)
・フェイスブックページの投稿ネタとは?
・フェイスブックページとホームページ/ブログの使い分け
・フェイスブックの効率良い利用方法

●きちんと理解していますか?ネットでの顧客獲得術
〜Web活用・改善方法キホンのキ〜


・検索エンジンに対応する集客方法、3つの重要ポイントとは?
・今注目! シンプルな手法なのに引き合いを倍増させた『Web接客術』
・優れたホームページの事例紹介〜『お客様目線の』HPが効果的な理由〜

電話やインターネットで申込が始まっています。
http://www.chigasaki-style.jp/beginner_seminar/

茅ヶ崎をはじめ藤沢、辻堂、平塚の事業所さまに、ぜひお受けいただきたいと思っています。

今日は茅ヶ崎TMOさま・茅ヶ崎商工会議所さま主催
『ソーシャルメディア超入門講座』のご案内でした。

≫永友事務所Facebookページはこちらです
https://www.facebook.com/nagatomojimusho
posted by わかりやすいコンサルタント at 20:50| Comment(0) | Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

鹿児島でのFacebook(フェイスブック)ビジネス活用術セミナー

こんにちは。わかりやすいホームページコンサルティングの永友一朗です。

来月、鹿児島でFacebookセミナー講師を務めさせて頂きますので
ご案内をさせて頂きます。いわゆる消費税転嫁対策セミナーの一環です。

日時 :2013年10月9日(水)14〜16時
主催 :鹿児島商工会議所
受講料:無料
詳細は… http://www.kagoshima-cci.or.jp/?p=4439

消費税率引上げに備え、Facebookを有効活用して、売上アップにつなげる
方途をわかりやすくご説明します。
小売・サービス・製造業さま等のFacebook活用好事例と成果を
ふんだんにご紹介させていただきます。

福岡、熊本、長崎、大分などご縁のある九州ですが、鹿児島での
セミナー出講は初めてで、私も大変楽しみです。

Facebookのビジネス活用について、重箱の隅をつつくような
瑣末な話ではなく、何をどうやったらビジネスに活かせるのかを
しっかりとお話ししたいと思います。

今日は鹿児島商工会議所さまでのFacebookセミナーについての
ご案内をさせて頂きました。
今後のセミナー予定は、こちらのページでご案内しています。
http://www.8-8-8.jp/lecturer_schedule.html
posted by わかりやすいコンサルタント at 14:03| Comment(0) | Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

自社ホームページに無料素材集の「人物画像」を使うときの注意点

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友です。

明後日の9/4は信州中野商工会議所様で「Jimdo作成セミナー」で講師を務めます。
≫詳細

信州中野商工会議所様ではWeb活用塾(連続セミナー)やFacebook活用セミナーなど、様々なご縁を頂いているところです。
そのご縁から今年3月には、『農産物販路拡大支援としてのフェイスブックセミナー』(主催:北信州能力開発センター様)なども仰せつかりました。毎回、信州のひとの温かい人情味を感じています。

さて今日は『自社ホームページに無料素材集の「人物画像」を使うときの注意点』

というブログです。

ホームページの構成要素には、文字、画像(写真やイラスト)、動画、(最近では少なくなりましたが)音楽などがあります。
それらを組み合わせて、情報発信をするわけですね。

その構成要素をそれぞれ「素材」と言うわけですが、一般的にはWeb用素材といえば「画像」(写真やイラスト)を指すことが多いでしょう。

本来、その素材は全て自作できれば良いのでしょうが、現実的にはボタン/バナー/イメージ写真等を作る(撮って加工する)というのは簡単ではない作業です。

そこで、その素材を提供する個人等から「借りて」、自分のホームページで使うことも多くなるわけです。
いまでは有償/無償問わず、そういった「素材集」を提供する個人等は非常に増えた気がします。

私もホームページやブログ、Facebook、セミナー資料等において「借りてきた素材」を使わせて頂くことは多いです。
また、その中で一番「ありがたい」のは、「人物写真素材」だったりします。

一般的に、人物写真を素材として自社HPに使おうとすると、

・モデルを探す
・カメラマンを探す
・撮影する
・ホームページ用素材として使って良いか等を、モデルさんなどに了解を得る
・素材として加工する

という数々の難問をクリアして初めて使えるようになります。

これを、実業をやっている経営者様が自ら手配し実行するのは、実務上とても大変ですよね。

ですので、「ホームページ素材として使って良いという許諾が得られているモデルさんを撮影した素材」が「無料」で提供されていると、ホームページ運営者側は非常に好都合なわけです。
その素材集の代表格が、「足成」(あしなり)です。

しかし、この便利な人物素材ですが、使うときに注意点があります。

それは、良かれ悪しかれ人物写真(顔写真)は「印象」が非常に強いので、その素材集のモデルさんの印象/イメージが、貴社のイメージと強烈に結びついてしまうということです。
もう一点は、素材集画像は「見る人が見ればわかる」ので、また「どこか『よそよそしい』」印象を与えるので、薄っぺらい、軽薄な印象を与えかねないということです。

具体的に言います。たとえば「問い合わせはこちら」というボタンに、受話器を持って(あるいはヘッドセットを装着した)ニッコリする「素材集のお姉さん」がいると、ものすごくマイナスイメージだと思うのです。

「当社では、問い合わせ電話は女性社員が受けてくれているので、良いではないか」と思われるかもしれません。
だとすれば、その女性社員さまを撮影し、ホームページ素材として使った方が断然、リアリティ(=信頼性)が増すのです。
ホームページの本質は「不安解消と疑問の解決」なわけですから、逆に不安を増してしまうような軽薄な情報を載せるのは、とてもナンセンスなのです。

あるいは、極端な例ですが、ビルメンテナンス業のホームページのウェルカムイメージ(トップページにある大きい画像)にも関わらず、「外国人さんが会議室で車座になって会議している画像」だと、なんのことだか訳が分からないのです。

こういった人物素材を「使うな」ということではありません。しかし、他のイメージ画像等に比べて、人物画像は「与えてしまう印象が非常に強い」ことには十分、留意する必要があると思います。

「見た人はどんな印象を持つだろうか?」を考えることは、『お客様目線のホームページ』の基本かもしれませんね。

今日は『自社ホームページに無料素材集の「人物画像」を使うときの注意点』というブログでした。
いつも最後までお読み頂き、ありがとうございます。
posted by わかりやすいコンサルタント at 20:33| Comment(0) | Jimdo(ジンドゥー)でのHP作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.