講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2018年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2014年03月27日

恥ずかしい気持ちに応えていますか

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は先週に引き続き、八王子市男女共同参画センターさま主催、女性向け起業講座の講師を務めさせていただきます。

先週は40名様以上の受講者様(女性起業家様)で溢れ、また質問もとても活発に出ていました。
みなさん元気いっぱいで素晴らしいですね!

さて今日は「ホームページ編集・運営実務」のカテゴリで

・恥ずかしい気持ちに応えていますか

というブログ記事です。

ネットの向こうのお客様(ユーザー/潜在顧客)は、なぜ、ネットで調べているのでしょうか?
もちろん、手元にパソコンやスマホがあるので便利だから、ということが主な理由だと思いますが

・できれば、他人に知られずに調べたいから

という可能性もあります。

友人に聞けない、社員に話せない、電話をするのも恥ずかしい・・・など、ネットの向こうのお客様は、我々Web運営者が思っている以上に様々な動機でネットで調べている、と思うほうが自然です。

さて今回検討したいのは、秘密で調べたいときのホームページの作り方、という技術/操作面ではなく、商品サービスの販売、提供時の話です。

ホームページコンサルタント永友事務所では、対面コンサルティングでは、その相談企業様にお邪魔してコンサルティングを行うことを基本としています。
現場を見ることはとても重要です。IT機器類の活用状況をはじめ、社内の雰囲気(スタッフの人間関係含む)、店構えなど様々なことが分かります。

この「相談企業様を訪問してその場でコンサルティングをさせていただく」ことは、起業時には「当然」なこととして考えていました。

しかし、問い合わせ時に結構な割合で、

「じつはコンサルティングを受けることを、社員には知られたくないんです」
「自宅を事務所にしているので、お呼びできないんです」

など、その相談企業様以外の場所でのコンサルティングを希望される経営者様が少なくないことに気づきました。

いまでは、ホームページコンサルティングの実施場所について、「貴社に出向いて、コンサルティングを実施させていただきます。なお事情があって、貴社内でのコンサルティングが難しいようであれば、当事務所のある藤沢までお越しいただきたく存じます。」という表記に変えています。
http://www.8-8-8.jp/consulting_taimen.html

あなたの商品やサービスは、秘密裡に提供を受けたい気持ちに応えていますか?いちど検討してみてくださいね。

今日は「恥ずかしい気持ちに応えていますか」というブログ記事でした。
いつも最後までお読み頂き、ありがとうございます。
≫2014年度のセミナー予定が入り始めています
posted by わかりやすいコンサルタント at 11:45| Comment(0) | ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

あとで後悔しないために最初からやっておきたいWebツール(媒体)とは

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。
昨日は公益社団法人仙台南法人会さまでソーシャルメディア活用講座でした。
既にソーシャルメディアの活用を進めている事業所さまが多く、質疑応答も活発に出ました。

今日は八王子市男女共同参画センターさま主催、女性向け起業講座の講師です。
最近は女性起業、あるいはシニア起業関連のWeb活用セミナー講師の打診が目立ちます。
私も独立開業した身ですので、起業前に感じるご不安/悩みなどは身にしみて分かるつもりです。
そういった、失敗談も含めたざっくばらんな起業セミナーにしていければと思っています。

さて今日は「あとで後悔しないために最初からやっておきたいWebツール(媒体)とは」というブログです。

ネットを活用して起業をうまくいかせたい。誰しもがそう思うでしょう。
ホームページ、Facebook、Twitter、LINE@、ブログ、またメルマガ(メールマガジン)の発行/活用もネット活用に入ります。動画を活用したプロモーションもあり得ます。
様々なツール(選択肢)がありすぎて、何をどうしたらよいか途方に暮れてしまいますね。

ホームページのコンサルティングを13年ほどやらせていただいていますが、上記ツールの中で、その効果/意義をご説明したときに、

「ああ、それならもっと早くやっておけば良かった!!」

という反応が「唯一」あるのが、つまりあとで後悔しないために最初からやっておきたいWebツール(媒体)とは、「ブログ」です。

極論すれば、TwitterやFacebookは、情報垂れ流し型(フロー型)のメディアです。
フレッシュで「なるほど!」「へえ〜そうなんだ」と感じられる情報を次々に投下して、閲覧者の興味関心を高めていくのが、その使い方です。その効用として、既存客との人間関係の維持拡大につながったり、口コミによる新規顧客の獲得につながることが挙げられます。
そしてTwitterやFacebookは、やろうかなと思ったその日にすぐ使い始めることができ、"商売につながるような情報垂れ流し"を開始することができます。

またホームページ、特に固定的な情報が載ったホームページは、極論すればまとめてドカンと作ることも可能です。やろうと決断さえすれば、すぐに入手でき、効用を感じることができるメディアです。

一方のブログは、情報蓄積型(ストック型)のメディアです。
長くやればやるほど(記事を書けば書くほど)どんどん効用が高まっていく特徴があります。

書けば書くほど力になるのは、キーワード対策としてブログの中に然るべきキーワードがどんどん増えていくこと、また被リンク対策として、内部リンク対策ができることが挙げられます。

ブログを始めて5個か10個程度の記事を書いて、それが検索でヒットし受注につながるという奇跡もあり得ますが、そうではなくて、記事をためていき厚みを出して効用を高めていくのが望ましいと思います。

「コツコツやる」という言葉が唯一似合うのが、この「ブログ」です。
そしてその「コツコツとした」情報蓄積は、やればやるほど自分に返ってくるのです。

細かい話ですが、理由を問わず「ブログ」をやらないという経営判断をした企業様から、「でも、検索で上位に表示されたい」というリクエストがあるとき、けっこう対応に苦慮します。
もちろん「無理」ではないのですが、苦戦を強いられると思います。
またコツコツした営みを「しない」代償は、検索連動広告などの「費用負担」という形で自分に返ってくることでしょう。

ところで最近、この「ブログ」に関する社内研修やコンサルティングの依頼が目立ってきています。ネット活用でキモになるのがこの「ブログ」であるという「事実」に気づいた企業様が増えているのかなと思います。

いま思い描いている事業が、今後5年、10年、20年、30年・・・、そういったスパンで消費者に長く愛されていくことを希望されるのであれば、何はともあれ「ブログ」を開始することを強くご提案します。

今日は「あとで後悔しないために最初からやっておきたいWebツール(媒体)とは」というブログでした。
いつも最後までお読み頂き、ありがとうございます。
≫Facebookページでも情報発信をしています。どうぞ遊びに来てください。
posted by わかりやすいコンサルタント at 11:13| Comment(0) | ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.