講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2018年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2014年12月18日

Facebookとブログの違いとは

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

昨夜、青森入りし前泊をしました。今日は午後から青森地域雇用機会増大促進協議会様にてセミナー「Jimdoを活用したホームページ作成講習会」講師です。

青森地域雇用機会増大促進協議会様にてJimdoセミナー
▲新青森駅は白銀の世界でした

Jimdoは今年の夏にリニューアルし、垢抜けたデザインが増えましたね。無料でホームページが作れるJimdoの講習会は「こんなに簡単にホームページが作れて驚いた」等の感想を頂くことが多いです。

さて今日はJimdoのことではなく「Facebookとブログの違いとは」というブログです。

昨日青森入りする前、午後は山梨県でコンサルティングでした。
3代続いてある商材の製造卸をされているのですが、今般、小売りにもチャレンジしていきたいというのが若き3代目の希望でした。

いろいろとお話しする中で、「Facebookとブログの違いは何ですか」という質問が出ました。
「Facebookってどうなんでしょう」
「ブログってどうですかね」
ではなく、「Facebookとブログの違いとは」という質問が出ること自体、センスがある証拠だと感じました。

Facebookとブログは、書く内容は大きく違いはないと思います。
ただ、明確に意識したほうがよいことがあります。

それは、

・Facebookは「興味をわかせる場所」→興味をわかせるように書く
・ブログは「検索結果の受け皿」→検索に引っかかるようにキーワードを意識して書く


ということです。
この意識がないと、ブログなのに具体的キーワードがほとんど入っていなかったり、Facebookなのに売り込みばかり、というチグハグなことをしてしまいます。

書くテーマは同じでも、

・Facebookは「興味をわかせる場所」→興味をわかせるように書く
・ブログは「検索結果の受け皿」→検索に引っかかるようにキーワードを意識して書く


この意識は常に持っていただくと良いかなと思っています。

山梨のこの事業所様は、3代目に”目力”があり、きっと大きなことをしてくれると思いますので楽しみです。

今日は「Facebookとブログの違いとは」というブログでした。
では、青森地域雇用機会増大促進協議会様にてセミナー「Jimdoを活用したホームページ作成講習会」講師を頑張ってきます!
≫小規模事業者持続化補助金等に関連したホームページコンサルティングをご希望の方へ


posted by わかりやすいコンサルタント at 09:36| Comment(0) | ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

消費税アップ分の追加請求に注意する

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は岐阜県の中津川商工会議所様で「ソーシャルメディア・ビジネス活用法」セミナー講師です。
岐阜県でのセミナーは初めてですので、とても嬉しいです。
この講座はいわゆる消費税転嫁対策窓口相談等事業の講習会で、商売繁盛を図り消費税転嫁(価格への適正な転嫁)を進める事業の一環として行われるセミナーです。
中津川市には初めてお邪魔しますが、地図で見ると先日お邪魔しました長野県の駒ヶ根と(直線距離的には)近い場所にあるのですね。
アルプスを眺める、雄大な自然が広がっていそうな予感です。

さて今日は「消費税アップ分の追加請求に注意する」というブログです。

昨日、レンタルサーバの会社から請求が来ました。
内容を一度ざっと読んで、「先日振り込みをしたサーバ代についての行き違いだろう」と思いました。
事実、メール文面には「行き違いであればご容赦ください」という趣旨の文面がありました。

メールを削除しようと思いましたが、何となく気になって請求メールを熟読すると、

・2014年4月〜12月 消費税差額分

と「さりげなく」書いてありました。

なるほど、言われてみれば消費税が上がった分を負担するというのは当然なことですが、改めて「差額だけ」で請求させると、ちょっと混乱してしまいますね。
さっそく銀行振り込みをして事なきを得ましたが、「行き違いだろう」と思って請求メールを削除する人は多いのでは・・・と心配になってしましました。

Webサービス等、1年間(あるいは一定期間)で一括で払っているような費用がある場合、「消費税の差額」だけで「後からさりげなく」請求されることがあるのだなあと、変に感心してしまいました。
請求メール等は、熟読した方が良いですね。

今日は「消費税アップ分の追加請求に注意する」についてのブログでした。
いつもブログをお読み頂き、ありがとうございます。
≫永友事務所セミナー予定はこちらで確認できるようになっています
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:54| Comment(0) | ドメイン・サーバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

Jimdo(ジンドゥー)はWindows XP(ウィンドウズ エックスピー)で動くのか?

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は消費税転嫁対策セミナー『ホームページとブログの営業力を高める方法』講習会講師で、山口県の平生町商工会様にお邪魔します。
山口県商工会連合会様からのご用命で、山口県内の4つの商工会様でセミナー出講させて頂くシリーズも今回が最終回。
私ができることといえば、ホームページやブログの経営効果を高める方法(どうすればメッセージがわかりやすく伝わり、お客様に動いていただけるか?)についてお話しさせていただくことですので、山口県の受講者様のお役に立てるよう、わかりやすく実践的にお話をさせて頂きます。

さて今日は「Jimdo(ジンドゥー)はWindows XP(ウィンドウズ エックスピー)で動くのか?」というブログです。

Jimdoは2007年にドイツで生まれたホームページ作成サービスで、特定のソフトを特定のパソコンにインストールすることなく動かすことができる、優れたサービスです。
Jimdoはインターネット上で作る、いわゆるクラウドサービスのHP作成ツールで、簡単にしかも無料でホームページを作ることができる優れモノです(希望によりJimdo有償版へアップグレードすることも可能)。

インターネットがつながったパソコンがあればその場でJimdoでホームページが出来てしまうので、『Jimdoで作るホームページ』という演目は商工会・商工会議所・雇用創造協議会様でのセミナーとしてお陰様で好評です。

しかしこのJimdoですが、ホームページ作成上、あるいはJimdo講習会運営上、気をつけるべき点がいくつかあります。

・インターネット環境が必要
・Jimdo初期登録時にメールアドレスが必要
・Internet Explorer(いわゆるIE)というブラウザとの相性が悪いので、パソコンにGoogle Chrome(グーグルクローム)やMozilla Firefox(ファイヤフォックス)などIE以外のブラウザが入っている必要がある

などです。

ところでJimdoがWindows XPで動くのか?についての情報がとても少ないようです。
各地の講習会場や中小企業様では、まだ実務上「Windows XP」を使っているところがあります。
「サポートが終了した」といっても、「現場」ではWindows XPがまだまだ頑張っているところも少なくないようです。

結論的には、

Jimdo(ジンドゥー)はWindows XP(ウィンドウズ エックスピー)で動く

といえるでしょう(動作をお約束するものではありません)。

先日、あるJimdo講習会では受講者様が使ったパソコンの約9割がWindows XPでした。
OSというよりメモリの問題(搭載しているメモリが少ない)で「動き」はゆっくりでしたが、Jimdo(ジンドゥー)はWindows XPでもきちんと動き、Jimdo講習会もきちんと成立しました。
なお、ブラウザはFirefoxを使って頂きました。

今日は「Jimdo(ジンドゥー)はWindows XP(ウィンドウズ エックスピー)で動くのか?」というブログでした。
IT講習会講師様など、JimdoがWindows XPで動くのか気にされているかたにお役に立てましたら幸いです。

いつも最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。
posted by わかりやすいコンサルタント at 07:52| Comment(0) | Jimdo(ジンドゥー)でのHP作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

セミナーに参加したら『始まる前に講師と話した方がよい』理由

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。
中小事業所様や小規模小売店様などに特化したホームページ活用相談をさせて頂いております。

今日は秩父市雇用創造協議会様主催セミナー(雇用拡大メニュー)『Jimdo(ジンドゥー)でホームページを作ろう』講習会の講師です。
受講生様が相当な期待を持ってご参加頂いているとのことで、私も非常に楽しみです。

さて今日は「セミナーに参加したら『始まる前に講師と話した方がよい』理由」というブログです。

結論的には『セミナーに参加したら、始まる前に講師と話した方がよい』というブログ内容ですが(笑)その単純な理由は、

・セミナー中に事例として触れられる可能性がある

という事に尽きます。

講師のかたは様々な進め方をするとは思いますが、私自身は基本的に、具体的な受講生様に向かって(意識して)そのかたの業種に合うような例え話、事例を挙げるようにしています。

特定のかたに向かってメッセージを発信したほうが、メッセージが伝わる。このことはセミナーでも申し上げていますが、『セミナーでの講話』も同じで、特定なかた向けに話したほうが良い(伝わりやすい)と思っています。

受講生のかたは、ぜひセミナーが始まる前に講師と簡単に話をして、自分の業種(商売)や課題について投げかけておくと良いと思います。

今日は「セミナーに参加したら『始まる前に講師と話した方がよい』理由」というブログでした。
いつも最後までお読み頂き、ありがとうございます。
posted by わかりやすいコンサルタント at 11:10| Comment(0) | 永友事務所の運営方針とお約束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月04日

ブログで個人的な話を書くときの注意点

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。
中小企業や起業家様に特化したホームページ活用相談をさせて頂いております。

今日は青森地域雇用機会増大促進協議会様主催セミナー(人材育成メニュー)『ソーシャルメディア活用』講習会の講師としてお話をさせて頂きます。
青森は積雪しているようですが、スベらないように気をつけたいと思います。

さて今日は「ブログで個人的な話を書くときの注意点」というブログです。

ブログを使って検索エンジン対策(キーワード対策)にする重要性については何度もお話をしているところですが、

「永友さん、ビジネスブログ(仕事ブログ)を書いていると、そのうち書くことがなくなって、つい『個人的な話』を書いてしまうのですが、それでも良いのですか?」

という趣旨の質問を、結構多く頂きます。

ブログは書かないより書いた方がお得(Web活用に有利)なので、個人的な話であっても書いた方が良いと思います。
その時には、

・個人的な話であっても、「仕事や地域への、まっすぐな想い」「誠実さ」「責任感の強さ」などが感じられるエピソードを書く

ことが大切ではないかと思います。

ただ単に、
「昨日はこれを食べました」
「週末に家族で紅葉を見てきました」
などの話をブログで書くのは、(温かい人柄が伝わるという意味にはなりますが)特別にWeb活用の意味を成すブログにはなり得ないと思います。

一方、「ブログで個人的な話を書くときに、書いてはいけないこと(注意点)」もあると思いますので、以下、挙げてみたいと思います。

・お客様や取引先のプライバシー、機密情報
・他社の批判
・お客様の批判(こんな客が来た…等)
・ネガティブな話(愚痴、ボヤキ)
・だらしない生活を露呈するようなエピソード

ブログのネタがたまたま「個人的な話」であっても、読者は「会社の公式的な見解」だと思って読む可能性がありますので、注意をしたいですね。

今日は「ブログで個人的な話を書くときの注意点」というブログでした。
最後までお読み頂き、ありがとうございます。
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:58| Comment(0) | ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.