講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2017年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2015年03月23日

自社のことを改めて情報発信することが大事

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は川崎市の飲食店様でSNS活用コンサルティングです。
老舗の飲食店様ですが、SNSを使って更なる集客に努めたいというご相談です。
元々、この飲食店様は地元のお客様に非常に愛されているのですが、SNSにおいて一層、情報発信をしていきたいということなのですね。
素晴らしいと思います。

さて今日は「自社のことを改めて情報発信することが大事」というブログです。

これは特にFacebookなどSNSにおいて有効ですが、「自社のことを改めて情報発信することが大事」なのです。

FacebookなどSNSは、既存客や仲間と交流して再購入/紹介(リピート)を促すのがスタンダードな使い方でしょう。

一方、世界で10億人使うFacebookを筆頭に、ネット上で多くのユーザーが「寄り合い」のように自由に集っているのがSNSの特徴でもありますから、そこで「自社のことをまだ知らない」ひとに出会う可能性も非常に大きいわけです。

そのとき、以前から宣伝していることや、長くPRしていることを割愛して(PRしないで)情報発信に苦労しているお店様も多いように感じています。

要するに、SNSにおいて「まったく新規のお客様」に出会う可能性も多いわけですから、「以前からPRしていること」(既にPRをし尽くしているようなこと)も、改めて情報発信することが大切なのです。

「こんなことは昔からPRしているよな・・・」
「既存のお客様には周知のことだし、聞き飽きたと思われるのではないか・・・」

などと躊躇せず、「全く新規のお客様(潜在顧客)」のために、【改めて】情報発信をしていきましょう。
つまり、貴店はどこにあるどんな店で、誰がどのような時に(シーンで)使うお店なのか?を描写するのです。

私自身も、起業時点から6年間ずっと「ホームページの制作をせず、コンサルティング専業で行っている中小企業専門のホームページコンサルタントです」と書いていますが、「えっ!!そうだったのですか(制作はしないんですね)!!」などと反応されることが少なくありません(苦笑)。

今日は「自社のことを改めて情報発信することが大事」というブログでした。
いつもブログをお読み頂き、ありがとうございます。
≫永友事務所セミナー予定はこちらで確認できるようになっています
posted by わかりやすいコンサルタント at 14:04| Comment(0) | Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

Ameba Ownd(アメーバオウンド)利用時の注意点

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日の午前中は神奈川県川崎市でサービス業様のホームページ開設コンサルティング、午後は鎌倉市の食品製造販売業様のビジネスブログ/SNS活用コンサルティング、夜は化粧品メーカー様のホームページ改善に関する打ち合わせ同席でした。
今日は春らしい気候で、さすがにコートを脱いで過ごしました。

さて今日は「Jimdo(ジンドゥー)でのHP作成」のカテゴリで

・Ameba Ownd(アメーバオウンド)利用時の注意点

というブログです。
アメーバピグやアメーバブログでおなじみの「Ameba」(アメーバ)が、今日からオープンしたAmeba Ownd(アメーバオウンド)についての記事です。

Ameba Ownd(Ameba OwnedではなくAmeba Owndです)は、簡単に言えば「アメーバのホームページサービス」と言えるでしょう。
ホームページ(Webサイト)など、自らの意思で編集できるウェブメディアのことを「オウンドメディア」と言ったりするのですが、Ameba Owndはまさに「アメーバによるオウンドメディア作成サービス」と言えるでしょう。

・Ameba Ownd(アメーバオウンド)
https://www.amebaownd.com/

なお、このブログ記事を「Jimdo(ジンドゥー)でのHP作成」のカテゴリに入れているのは、Ameba Owndは「Jimdo(ジンドゥー)みたいなサービス」だというのが一番分りやすいと思ったからです。

私もAmeba Owndを使って早速、サイトを作ってみました。
直感的な感想としては、

・写真を全面に出すような業種、個人などは良いかもな。あれこれ文章で説明するというよりも、写真メインみたいなレイアウトだな
・これはアメブロも同じだと思いますが、アメーバ自体がSNS機能を持っていますので、Jimdoと比較すると「アメーバ自体からのアクセスが期待できる」点はJimdoより優位にあるかな
・サブ的ホームページとしてなら、じゅうぶん活かせるかなと思いますが、操作はJimdoのほうが直感的で分りやすいので、初心者向けという意味ではJimdoのほうが適しているかな

という感想を持ちました。

また、Ameba Owndについて最も注目したのは以下の2点です。

1、アメブロからの引っ越しについて記載があること

Ameba OwndのFAQページで「アメブロから引っ越しできますか?」というQがあります。
https://help.amebaownd.com/posts/870/
ご存知のようにアメブロは規約上、商用利用は不可ですが、このAmeba Owndは商用利用について禁じられていません(まして、企業やお店用のテーマ:ひな形が用意されています)。
「アメブロで商売のことを書いているブログは、できればAmeba Owndに引っ越してね」という意味(アメーバ側の意図)だと捉えるのは、勘ぐりすぎでしょうか?

2、(現時点で)HTML・CSSのカスタマイズは出来ないこと

これがJimdoとの最大の違いであると思います。
JimdoはHTML・CSSのカスタマイズが可能で、Web制作会社さんがJimdoをベースにオリジナルホームページを作る、ということも可能です。
一方、「現時点では」という注釈がつきますが、Ameba OwndはHTML・CSSのカスタマイズは出来ません。
あくまでもAmeba Owndのひな形の中においてのみ、カスタマイズ出来るということを意味します。

ホームページを簡単には作りたいけど、デザインについてちょっとこだわりたい(色々とカスタマイズする可能性がある)という場合は、現時点ではJimdoのほうに優位性があるようにも感じます。

今日は「Ameba Ownd(アメーバオウンド)利用時の注意点」というブログでした。
いつも最後までお読み頂き、感謝致します。
≫今後のセミナー予定はこちらでご確認頂けます
posted by わかりやすいコンサルタント at 22:38| Comment(0) | Jimdo(ジンドゥー)でのHP作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

検索する瞬間をイメージできていますか

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日はこれから山梨県の卸売業様を訪問し、ホームページコンサルティングをさせていただきます。
100年続く老舗企業様ですが、これからのウェブ活用の方向性を考えていきたいとのことでご用命を頂きました。
最近、老舗企業様からのお問い合わせ、お引き合いが増えている気がします。

さて今日は「検索する瞬間をイメージできていますか」というブログです。

このブログでもたびたびお話ししていますが、「検索」という情報探索行動が世の中から無くならない限り、「お客様が入力して検索するであろうキーワードをページ中に意識的に多く入れる」という方法(ネット戦術)は、無くなることはありません。
面倒であるとか実務で忙しいから出来ない…のではなく、ブログやコラムを書く等でネット上にキーワードを蓄積していく行為は、もはやそれ自体が立派な営業活動であり、企業存続のために必ずやるべきこと、だと思います。

では、何を書けば良いのでしょうか?

セミナーやコンサルティングでブログのことをご紹介すると、「やったほうが良いことは分かったが、何を書けば良いか分からない」という感想を頂くことがあります。

ブログのネタ(種類)そのものをセミナーやコンサルティングでお伝えしているところですが、今日は一番シンプルな考え方をお伝えします。

それは「検索する瞬間をイメージする」ということです。

あなたご自身が「検索」するときにどうであるかイメージするとよく分かると思いますが、「細かい困りごと」を検索することが多いのではないでしょうか?

例えば藤沢市で中古マンション購入を検討する人は、

「藤沢 不動産」

では検索しませんね。

「藤沢 マンション 駅近 床暖房 二重サッシ」
「藤沢 中古マンション 5月入居可 ペット」

とか、要するに自分の要望(細かい困りごと)を入力し検索するのではないでしょうか?

・どんな人が
・どのような状況だから
・どんなことに困っていて、何を検索するのか

をイメージすることは、お客様への思いやり、お客様目線に他なりません。

・困っているから、検索する
・ざっくりとしたアバウトなキーワードで検索すると検索結果がたくさん出てきてしまうのでむしろ困るので、細かいキーワードで検索する
・細かいキーワードで検索した時にひっかかりやすいのは散文形式の文章である。つまりブログかコラムである
→検索対応として、ブログ(もしくはコラム)を書いたほうがよい

という事なんだろうと思います。

ブログを読んでくださったかたが「ああ、役に立った!」と思えば、あなたのブログやホームページを「お気に入り」(ブックマーク)に入れたり、社名を覚えたり、Facebookページを見てくれたり、あるいは問い合わせフォームから問い合わせをしてくれるのではないでしょうか。
お客様目線のブログやコラムで、一歩ずつでも、お客様のお役に立っていきましょう。

今日は「検索する瞬間をイメージできていますか」というブログでした。
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
posted by わかりやすいコンサルタント at 10:34| Comment(0) | ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

永友は何日に一度ブログを書いているのか?

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。
中小企業に特化したホームページアドバイザーとして日々奮闘しています。

さて今日は「永友は何日に一度ブログを書いているのか?」というブログです。
ご覧いただいている「わかりやすいホームページ相談 永友一朗公式ブログ」ですが、本記事でちょうど800記事となります。

他にもブログを複数運営しているのですが、この公式(永友が最も重きを置く)ブログの記事数が800記事になったことは、感慨深いものがあります。

さて、2008年9月9日の「まずは、ご挨拶!」という記事に始まったこのブログ。今日(2015年3月8日)まで、日数計算すると2731日だそうです。

2731日で800記事ですから、割り算すると3.41375日に一度、ブログ記事を書いていることになります。
セミナーで偉そうに「ブログが大事」と力説していますが、毎日は書けていないことが分かります(笑)。

独立開業して間もなく6年になりますが、このブログのお陰で様々なご縁、出会い、お仕事の引き合いがありました。
これからも、焦らず弛まずブログを更新していきたいと思っています。

今日は「永友は何日に一度ブログを書いているのか?」というブログ記事でした。
いつも本ブログをご覧いただき、本当にありがとうございます。
≫永友の別ブログを読む
posted by わかりやすいコンサルタント at 20:36| Comment(0) | ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

検索でヒットしやすいよう、一般語を『具体的な言葉』に置き換える

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日はこれから東京の武蔵村山市商工会様で「初めてのFacebook活用」セミナー講師です。

武蔵村山市商工会様では以前にもTwitter活用セミナーにて講師用命を頂きました。
真剣に聞いてくださった受講者様の様子をはっきり覚えています。
今回はリピートでのご依頼、誠心誠意務めたいと思います。

さて今日は「検索でヒットしやすいよう、一般語を『具体的な言葉』に置き換える」というブログです。

今日のFacebookセミナーや、以前のTwitter活用セミナー、また「ホームページの営業力を高める方法」などの各種ウェブ活用セミナーをさせていただいている時でも、質疑応答の時間で検索エンジン対策についての質問を頂くことは少なくありません。
もちろんそれは大歓迎です。

「どのようにしたらもっと自社ホームページがヒットするか」(ホームページのアクセス数を増やす方法)というのは、ウェブ活用を実践する経営者様にとって永久の課題と言えますので、何のセミナーでもそのようなご質問が出るわけですね。

もちろん被リンクやフレッシュネスなどの施策もありますが、経営者様が一番気にするのは「キーワード対策」です。
「どこにどんな言葉をどれくらい入れるのか?」という、最も古典的で根源的な悩みですね。

それには様々な方策があるのですが、その日からすぐにお金をかけずに始められる工夫として、

・一般語を『具体的な言葉』に置き換える

という方法があります。

例えばあなたの会社のホームページでは、

・当社は
・この製品は
・本サービスは

など、一般語が多用されていませんか?

もちろんこういった言葉(一般語、アバウトな言葉)を入れてはいけない、ということではありません。

いけないわけではありませんが、ことキーワード対策という観点からは、極めてモッタイナイ状態であるといえます。

お客様は、

・当社
・この製品
・本サービス

などでは検索しません。むしろ具体的な、

・ホームページコンサルタント
・回転式電気シェーバー
・女性限定パソコンセッティングサービス

など、個別具体的な言葉で検索をするはずです。

ホームページコンサルタント永友事務所のホームページでは、「当事務所」「当社」という言葉は一切使っていません。それは、その一般語を入れることが検索エンジン対策的にモッタイナイからです(笑)

つい「当社」「このサービス」などと書きたくなりますが、そこも具体的なキーワードが入るチャンスです。ぜひ貪欲にキーワードを入れてみてくださいね。

今日は「検索でヒットしやすいよう、一般語を『具体的な言葉』に置き換える」というブログでした。
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
posted by わかりやすいコンサルタント at 16:50| Comment(0) | SEO(コンテンツSEO/キーワード対策) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

誤字や「ひらがな」でアクセスがあったときの考え方

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

最近は大阪、名古屋のお客様との通信コンサルティングが活発になっています。
対面コンサルティングはどうしても関東中心のホームページコンサルティングになってきますが、通信コンサルティングは全国対応です。
通信コンサルティングは実際にホームページ改善(リニューアル)を進めているかたに「相談し放題」というのが人気のようです。

さて今日はアクセス解析(ログ解析)のカテゴリで
『誤字や「ひらがな」でアクセスがあったときの考え方』
というブログです。

アクセス解析は「Google アナリティクス」というツールがおすすめです。無償で高性能、また多くのWeb関係者が使っているので、助言を得やすいといえるからです。

「Google アナリティクス」では、どんなキーワードであなたのホームページにやってきたか(どのようなキーワードで検索したから、あなたのホームページにやってきたか)が分ります。
アクセス解析でもっとも重要な指標(調査項目)ですね。

私も毎日、「Google アナリティクス」のデータを見ています。
そもそもアクセス解析は「ホームページ閲覧者の足跡(痕跡)が分るツール」ですから、どんな言葉で検索されたか等を毎日チェックすることは、とても有意義ですし、ビジネスチャンスを逃さないようにするために必要なことだと思います。

さて、私のホームページ( http://www.8-8-8.jp/ )のアクセス解析を見ていると、

・ながともいちろう
・永友一郎

など、誤字や「ひらがな」でアクセスされることがあります。
※ちなみに正しくは永友一朗です。「ろう」は「朗読の朗」です

これは、何を意味しているのでしょうか?
もう、おわかりかもしれませんね。

推測ですがこれは、「誰かに永友のことを紹介された」(口頭で『ながともいちろう』というコンサルタントを紹介された)ということなのだと、私は解釈しています。
聞いたそのままで検索するから、おのずと誤字や「ひらがな」でアクセスされるのでしょう。

私のお客様の「Google アナリティクス」のデータを拝見する機会も多いのですが(というよりそれが通信コンサルティングの仕事の一つですが)、やはりお客様のアクセス解析でも、誤字や「ひらがな」でアクセスされることがあります。

『誤字や「ひらがな」でアクセス』されたときは、ああ、どなたかが紹介してくださったのだな、と思って、たまにはホンワカした気持ちになってみてくださいね。

今日は『誤字や「ひらがな」でアクセスがあったときの考え方』というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫久しぶりに茨城県でセミナーをさせて頂きます
posted by わかりやすいコンサルタント at 22:46| Comment(0) | アクセス解析(ログ解析) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.