講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2017年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2015年04月30日

どんなお客様に好まれているのですか

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は神奈川県茅ヶ崎市のサービス業様にお目にかかりSEOコンサルティングをさせていただきます。
SEOとは「検索エンジン対策」のことで、「あるキーワードが検索された時に、自社ホームページが検索結果上位に出るように工夫する行為」のことです。

検索エンジンで上位に表示されるには工夫が必要です。その工夫は、検索エンジンを欺(あざむ)く悪い手法から、「本来あるべき」検索エンジン対策の工夫(検索エンジンにもユーザーにも好ましい方法)まであります。

極論すれば、前者は「ハイリスクローリターン」、後者は「ローリスクハイリターン」だと思います。
どちらのSEOが良いでしょうか?言うまでもなく後者ですね。

しかしなぜ、前者のSEO手法を取る企業様がいるのでしょうか?
それは「SEOに関する正しい情報を得ていない」からです。残念ですね。

ホームページコンサルタント永友事務所では、もっぱら後者のSEOについてアドバイスをさせていただいています。
結果が出てくるまで少し時間がかかるのですが、施策そのものが「根本治療」なので、長く効果を生むのが特徴です。

さて今日は「どんなお客様に好まれているのですか」というブログです。

サービス業ホームページのコツは「事例」です。
とにかく「事例」ありきなのです。

このことはセミナーでも口を酸っぱくしてお伝えしていますが、その「事例」の見せ方は色々あります。

ひとつの例は、「自店はどんなお客様に好まれているのか」を記載することです。

湘南で「住まうほど味が出てくる家づくり」をするナチュラルハウス湘南さんのホームページでは、トップページ下部で「今までいらしたお施主様の傾向です。」というコーナーがあります。

・信頼するのは「制度や保証」より「腕や仕事」
・床のシミも味だ

など、ユニークで面白いですよね。

面白いだけではありません。「どんなことでも遠慮なくお問い合わせください」などと書かれているよりも、よほど問い合わせをしたくなりますよね。
なぜか。
それは「床のシミも味だと思う。うんうん、それって私のこと!!」と、感情移入できるからなんですね。

事例を挙げることは、感情移入を促すこと。
そういうふうにも言えるでしょう。

自分に向き合い、合わせてくれそうな感じを予感する書き方。それが「事例」なんですね。

今日は「どんなお客様に好まれているのですか」というブログでした。
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
posted by わかりやすいコンサルタント at 13:27| Comment(0) | 効果を高めるコンテンツの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

キーワード出現率とは?

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。
今日は小田原市内の中小事業者様のホームページ作成時アドバイスをさせていただきます。

先日お伝えしました、【公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC)様にて、5/19(火)18:30 〜 20:30、「Web集客」に特化したセミナー講師を務めます】という件ですが、当初の定員から倍増し60名様定員になったようです。
IDEC様のセミナーは熱心な受講者様がお集まりになるので私もワクワクしています。残席僅かですので、ぜひ参加を検討ください。

5/19横浜でのセミナーは、主にFacebook等SNS活用(リスクの話含む)とブログ活用のお話です。

どちらも大事な話だと思いますが、「ブログ」についてはWeb集客の基盤ですので、全ての事業者様が取り組んでいただきたいなと思っています。

「ブログ」(特に中小企業様がビジネス目的で運用するビジネスブログ)は、主な運営目的は「検索に引っかかること」です。
なんとなく徒然日記のように日々の出来事をつぶやくため(経営者の自己満足のため)にあるものではなく、ましてその日の業務予定を報告するためでもなく、「あるキーワードにおいて検索で上位に位置するために」書く、というのを狙いにすべきでしょう。

俗に「検索エンジン最適化」と呼ばれるテクニック(『工夫』や『テクニック』なので、『最適』になることは理論上あり得ず、その意味でホームページコンサルタント永友事務所では、誤解を招きやすい『最適化』という言葉ではなく『検索エンジン対策』と呼んでいます)については、これまでもこのブログやセミナー、コンサルティングで繰り返しお話ししていますが、

1、ページ中に、ターゲットキーワード(ユーザーが検索してくれるであろう言葉)を”適切なボリュームで数多く”入れておく

2、被リンク(自社ページを誰かが”リンクしてくれる”こと)の数を増やす

3、有用で新鮮な情報を掲載する


ことこそが重要ポイントであると思います。

ここで、「キーワードを”適切なボリュームで数多く”入れておく」という部分について、

「永友さん、以前あるセミナーでターゲットキーワードの割合は文章全体の『5%』くらいがよいと聞きましたが、本当にそれくらいが良いのでしょうか?」
「他のコンサルタントに、キーワード出現率は『5%』を目指しましょう、というような指導を受けたことがありますが、それは正しいことですか?」

という趣旨のご質問を頂くことがあります。
というより、最近またなぜかキーワード出現率のご質問が増えている気がします。

ブログなど、ある文章の中のターゲットキーワード(検索上位を目指したいキーワード)の含有割合のことを【キーワード出現率】と呼んだりします。

私はキーワード出現率のご質問を頂いた時には、概ね以下のようにお答えしています。

「まず、キーワード出現率という考えかたは、忘れてください」
「何%か、ということが大事なのではなく、『人が読んで不自然でない程度に、かつ、多めに』というのが正しい考えかただと思います。」
「一方、これまで多くの経営者様のブログやホームページ文章を拝見してきましたが、ほとんどのページではターゲットキーワードの割合が少なすぎると思います」
「つまり、今の書き方よりも、『意識して』ターゲットキーワードを入れる(追加する)位の気持ちで、やっと丁度良くなると思いますよ」

そうお答えすると、ご質問をされた経営者様は皆一様にホッとした表情を浮かべます(笑)。

それもそのはず、ブログを書く時にいちいち「キーワード出現率(ある文章の中のターゲットキーワードの含有割合)」を意識して書く、もっといえばターゲットキーワードが5%になるように意識することなんて、実務上ほぼ不可能なのです。

ところでホームページコンサルタント永友事務所自身のホームページやブログでも、あるキーワード(複数ありますが)において上位表示を目指しているところですが、その中の「あるキーワード」については現在、上位表示が達成できており、そのキーワードでほぼ毎日アクセスがあり、折に触れ、そのキーワードに直結したサービスの受注があります。

そのページにおける「キーワード出現率」は、3%です。

要するに、5%でなくても良いわけなのです。

「キーワード出現率を5%にしよう!!!」と力が入ってしまいブログ執筆の手が止まってしまうよりは、

・『人が読んで不自然でない程度に、かつ、多めに』
・今の書き方よりも、『意識して』ターゲットキーワードを入れるくらいでちょうどよい

というザックリとしたおおらかな気持ちで臨むほうが良いのでは、と思います。

今日はキーワード出現率に関するブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所の今後のセミナー予定はこのようになっています
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:45| Comment(0) | SEO(コンテンツSEO/キーワード対策) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

一番知ってほしい情報を一番目立たせていますか

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日はJA大阪広報協議会様の第40回記念総会での講演、『JAホームページを活用した広報戦略について』でお話をさせていただきます。

JA様は地域に根ざした団体様だと思います。農家のかただけでなく、地域住民のかたへの情報提供もしていくわけですから、わかりやすく的確な情報発信が求めらると思います。
JA広報ご担当の皆様はとても重要な任務に就かれているわけですね。少しでもお役に立てますよう、誠心誠意努めたいと思います。

さて今日は「一番知ってほしい情報を一番目立たせていますか」というブログです。

ホームページコンサルタント永友事務所のコンセプトは「お一人でホームページ運営を頑張る経営者様をサポートする」というものです。
中小企業様を訪問させていただいていると、ネット活用(Web活用)についてチームを組んで取り組んでいる、という企業様は極めて稀です。

・社長が自らホームページを作成する
・経理担当者(社長の奥様など)がホームページ担当を兼務する
・若手社員にホームページ運営を一任する
・社長が息子さんにホームページ作成を頼む

という状況が多いようです。

わかりやすく言えば、社内の誰かお一人がホームページ作成・運営についてひとりで悩んでいる、という状況です。
心細く、不安で、何が正しいのかもよくわからず、細かい情報に振り回されます。
私もそうでしたから、痛いほどよくわかります。

ホームページコンサルタント永友事務所は、このような「お一人でホームページ運営を頑張るかた」のお役に立つことを最大のミッションにしています。自らの「本当に心細かったWebマスター時代」の目線なので、ご相談者様と同じ方向を向けるのだと思っています。

さて、特に「お一人で」「ホームページを自作する」場合に、いくつかの特徴がみられます。
その一つが「情報の強弱をつけない(つけられない)」ということです。

極端に言えば、会社案内と、新サービス提供開始のお知らせと、商品一覧と、日常の徒然日記のようなブログが同列になっているような状況です。
ぱっと見、どの情報が一番重要なのか(見るべきなのか)が判断しづらいのです。

この「情報の強弱が付いていない」ホームページは、とても「わかりづらい」という印象を与えます。わかりづらいホームページを見続けるほどお客様はお人好しではないので、わかりづらいと「離脱」(ページを去っていくこと)につながります。

企業側が見てほしい情報を、まずお客様にも見ていただける、そしてその情報がお客様にとって有益な(耳寄りな、目新しい、面白い)情報であれば、お互いハッピーな状況になることでしょう。

では、「一番知ってほしい情報を一番目立たせる」とは、どうすれば良いのでしょうか?
概ね以下のような工夫になると思います。

・他とは違う文字色にする
・他とは違うバナー(ボタン)色にする
・他とは違う大きさのバナー(ボタン)にする
・ページの上部(スクロールせず見られる位置)に掲載する
・「囲み」(枠)で囲む
・「知っていただければ嬉しいが、もし知っていただけなくてもよい」というレベルの情報の掲載をスパッとやめる、もしくは少なくともトップページからは行けなくする

ある意味、どれも当たり前なことかもしれませんが、その当たり前が出来ていないホームページが多いのもまた事実だと思います。

ホームページが分かりづらいと感じたら、あるいはお客様からそう指摘されたら、「情報の強弱」について再度見直してみてはいかがでしょうか。

今日は「一番知ってほしい情報を一番目立たせていますか」というブログでした。
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

posted by わかりやすいコンサルタント at 10:21| Comment(0) | ユーザビリティ(使い勝手・動線)の改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

ブログでいつ書いてもなぜ「こんにちは」なのか?

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

前回ブログでご案内しました「公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC)様にて、5/19(火)18:30 〜 20:30、「Web集客」に特化したセミナーを行います」という件ですが、開催まで1ヶ月以上あるのにもう「残席僅か」になっています。
夕方(夜間)で、昼間お仕事のかたも参加しやすいので、申込しやすいのかもしれません。ありがたいことですね。

一方、今週の木曜日には、JA大阪中央会(大阪府農業協同組合中央会)様で講演【JA大阪広報協議会「第40回記念総会記念講演『JAホームページを活用した広報戦略について』」】の講師を務めます。

地域に根差したJA様は広報活動も盛んです。今回はJA様のホームページについて、戦略的にどのように活用するかをご提案させていただく内容になっています。
2時間の持ち時間ですが、ワークを3つ行おうと思います。頑張ります!

さて今日は「ビジネスブログ運営実務」のカテゴリで、

・ブログでいつ書いてもなぜ「こんにちは」なのか?

というブログです。

私は2008年9月9日からブログを書いていますが、ブログの書き出しは、

・こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

で、ほぼ統一しています。

ブログを朝書いても、夜書いても、「こんにちは」と書きます。

なぜか?

それは、読む人が一番自然に読めるからなんですね。

ブログはいつ読まれるか分かりません。書いた直後に読まれるかもしれませんし、数年経って読まれるかもしれません。また時間帯も様々でしょう。

だからこそ、書いている時間の挨拶(夜なら「こんばんは」)と書いてしまうと、ブログを朝読んだ人は、一瞬そこで気持ちが詰まってしまうんですね。

細かくて、些細なことだと思いますか?
セミナーでもよく申し上げることですが、ネットは本当に些細なことの積み重ねなんです。
逆に言うと、その些細なことが悪いほうに積み重なると、お客様がどんどん去ってしまうんですね。

もちろん、ブログを朝読んで「こんばんは」と書いてあったから即、離脱するという人はいません。
いませんが、「自分とちょっと違う」「自分は歓迎されていない」「自分には相応しくない」という、悪い心証のスイッチが入ってしまうんですよね。

「おはよう」や「こんばんは」を、次回のブログから「こんにちは」と書いてみてください。
きっとネット運が良くなりますよ(笑)

今日は『ブログでいつ書いてもなぜ「こんにちは」なのか?』というブログでした。
いつも最後までお読みいただき、感謝いたします。
≫永友事務所はこのようなケースでご利用頂いています
posted by わかりやすいコンサルタント at 12:07| Comment(0) | ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

【横浜・平日開催】5/19Web集客講座〜惰性ではなく【商売に活かす】ためのビジネスブログとFacebookの運営法とは〜

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日はこれから都内にてカウンセラー様のホームページコンサルティングです。
「カウンセリング」というカタチとして見えないサービスをホームページで訴えていくには、やはりコツがあるものだと思います。

さて今日は

・【横浜・平日開催】5/19Web集客講座

というブログです。

公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC)様にて、5/19(火)18:30 〜 20:30、「Web集客」に特化したセミナー講師を務めます。
公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC)様では2回目のセミナー講師出講となります。

・なんとなくブログを運営してしまっているが、営業効果を上げたい…とお考えの中小企業様
・Facebook(SNS)活用の意味を理解し「何のためにやるとどんな良いことがあるか」を整理したい中小企業様


にぴったりな内容にさせていただくつもりです。

ブログとFacebook(狭義のSNS)は、なぜか一緒にされる(混同される)ことが多いのですが、Web活用上はまったく意味が違います。その使い分けが分かれば、Web運営のモヤモヤが解消されるものだと思います。

既に申込が始まっていますので、公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC)様のホームページよりお申込みをお願いいたします。

今日は『【横浜・平日開催】5/19Web集客講座』というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所セミナー予定一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:22| Comment(0) | SEO(検索エンジン対策)の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

公益財団法人神奈川産業振興センター様の「小規模企業情報化推進事業」による専門家派遣

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日はGoogleのモバイルフレンドリーアップデートに関連した電話のお問い合わせが数件ありました。
「スマホ対応していないと検索順位が下がりますよ」という噂(都市伝説)を不安に思ったかたからのお問い合わせでした。

Webサイトの本質は「ユーザーの目線にたった情報提供(お客様目線の内容提示)」ですから、カタチとしてスマホ対応かどうかは優先度合いとしては二の次であるはずです。
※スマホ対応になっていることがユーザーの目線に立っているといえばそう言えなくもないですが、あくまで内容物の情報価値が一番重要だということです。

ですので、あまり神経質にならなくても良いのではと、永友事務所では考えています。

さて今日は、今日発表されました公益財団法人神奈川産業振興センター様の「小規模企業情報化推進事業」による専門家派遣についての情報です。

公益財団法人神奈川産業振興センター様では、小規模企業者様に対して専門家を派遣し、ITを活用した経営戦略(営業戦略や技術戦略等)の策定や、経営戦略を実行するために必要な個別指導について支援する事業を今年度も行ってくださいます。
http://www.kipc.or.jp/management-improvement/15806/

ホームページコンサルタント永友事務所の永友一朗は、公益財団法人神奈川産業振興センター様の登録専門家ですので、この「小規模企業情報化推進事業」の派遣専門家として指名頂けます。

対象事業者は県内に事業所を有する小規模企業者(製造業その他:従業員20人以下、商業・サービス業:従業員5人以下)で、名称の通り「IT活用に関する取組みへのアドバイス」をさせていただくものです。

なお、今年度初めて当事業を利用する方は本日、平成27年4月1日(水)から申し込み可能ですが、平成26年度に利用実績のある方は平成27年5月1日(金)から申し込み可能です。

今日は公益財団法人神奈川産業振興センター様の「小規模企業情報化推進事業」による専門家派遣についてのご案内でした。
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所ホームページを見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 17:55| Comment(0) | 永友事務所の運営方針とお約束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.