講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2017年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2015年06月30日

10/15(木)島根県出雲商工会議所様セミナー

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

最近は「わかりやすいホームページコンサルティング(通信型)」のご相談対応やお引き合いが増えています。

メールやお電話でホームページコンサルティングをさせていただくサービスで、質問・回答に回数制限を設けていませんので気になるところを納得するまで何度でもご質問いただけるコンサルティングです。
「今後どうしたらよいか」というよりも「その時点で実際にホームページリニューアルを進める」かたに選ばれています。

さて今日は10/15(木)に実施されます、島根県出雲商工会議所様セミナー「ホームページ・ブログ・SNS販促Web3大ツール効果的な使い分け術」のご案内です。

私は2002年からホームページ活用のセミナー講師を務めさせて頂いていますが、今回初めて島根県からセミナー講師のご依頼を頂きました。ご縁を頂くことに感謝しています。

島根県出雲商工会議所様セミナーでは、セミナータイトルの通り、「ホームページ・ブログ・SNS販促Web3大ツール効果的な使い分け術」を分かりやすくお話しさせていただく趣旨になっています。

コンサルティングの現場では、「FacebookなどSNSの使い方などは一通り分かったが、既存のWeb媒体との使い分けをどうするかを知りたい」というお声が高まっていると感じます。
FacebookなどSNSだけではない、「Web活用全体を俯瞰/整理できる」セミナーは多くありません。
せっかくの機会ですので、しっかり分かりやすくお話しをしてこようと思っています。

出雲の皆様、ぜひお誘い合わせのうえ、出雲商工会議所様までお越しください。

今日は「10/15(木)島根県出雲商工会議所様セミナー」というブログでした。
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
≫講演/セミナーの実績と予定はこのようになっています
posted by わかりやすいコンサルタント at 14:11| Comment(0) | ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

問い合わせフォームの添付ファイル(ファイル添付)

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

先日まで、高知県の「しまんと町地域雇用創造協議会」様でのウェブ活用セミナー講師でした。
受講者の皆様が真剣に聞いてくださり、また質問もたくさん飛び出したと思います。
お昼ご飯を受講者様とご一緒させていただいたり、とても楽しく過ごすことができました。
自然豊かな四万十町。ぜひ皆さんも訪れてみてくださいね。

さて先日、お客様より「問い合わせフォームに添付ファイルを付けて送ってもらう方法」についてお尋ねがありましたので、情報をシェアさせていただきます。

【ご質問趣旨】
・Jimdoでホームページを運営中。
・Jimdoの「問い合わせ」機能を使っているが、ユーザーから「添付ファイル」を付けて連絡をもらいたいことが多い。
・Jimdoの「問い合わせ」機能にはファイル添付機能が無いが、どうしたら良いか?

というご質問でした。

このお客様はJimdoの有償版をお使いですが、有償版でもJimdoには問い合わせフォームのファイル添付機能はありません。

端的な解決としては、「ファイル添付機能がある問い合わせフォームを別途借りる」ことが良いとは思いますが、当然、それなりの費用がかかります。
(例)フォームメーラー

中小企業様の現実的なウェブ運営実務を鑑み、私は以下のようにご提案させていただきました。

「一度、ユーザー様より普通に問い合わせをいただいて、それに返信するときに『本メールに返信頂くときにファイルを添付してください』と依頼すれば良いのではありませんか?」

要するに、問い合わせフォームではなく通常のメールのやり取りの中でファイルを添付して頂くようにすれば良いのでは、というご提案です。

まったく見ず知らずの方から初めて問い合わせフォームで連絡があったときに、そこに添付されているファイルがセキュリティ上で安全なのか、という心配もあります。
ですので、中小企業様の現実的なウェブ運営実務を鑑みた場合の解としては、上記のようになるのではと思います。

今日は問い合わせフォームの添付ファイル(ファイル添付)についてのブログ記事でした。
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

posted by わかりやすいコンサルタント at 12:07| Comment(0) | Jimdo(ジンドゥー)でのHP作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

【7/22佐世保】ネット接客3大トラブル対応術セミナー

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

先日、都内でセミナーを受講いただいた女性経営者様より「わかりやすいホームページコンサルティング(通信型)」のご依頼をいただき、メールでのやり取りが始まっているところです。
セミナー受講をきっかけに「ホームページを良くしていきたい!」「自分でもやってみよう!」「前に進もう!」と考えていただけるのは嬉しいことですね。

さて今日は長崎でのセミナーのご案内です。
3度目の佐世保、あの長〜〜い商店街がまた見られると思うと本当にワクワクします。
「ネット接客3大トラブル対応術」という演目で、SNSトラブルの対応、クチコミへの返信、クレームメールへの返信の仕方について、具体的な対応文章例、事例を交えてお話しさせていただきます。

日時:2015年7月22日(水)14-16時
場所:佐世保商工会議所3階会議室
費用:会員様は無料、非会員様は3,000円
http://www.sasebo-cci.or.jp/course/2015/04/15/1838

変な言いかたですが、実務上で、
・SNSトラブル
・ネガティブクチコミ
・クレームメール
というのに全く遭遇せず過ごすことが出来れば最高です。また、それを目指して事業運営されていると思います。
一方で、事業者側が望まなくても、いつか突然やってきて現場を混乱させるのが、これら「ネット接客3大トラブル」な訳ですね。

夏休み前の午後2時間、ぜひ集中して「ネット接客3大トラブル」の対応を学んでみませんか。

今日は「【7/22佐世保】ネット接客3大トラブル対応術セミナー」というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫この他の永友事務所セミナーは、このような予定になっています。
posted by わかりやすいコンサルタント at 12:35| Comment(0) | Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

SNSで会社の「業務」に関する発言として注意するべき点

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

最近また、ソーシャルメディアのリスク(SNSリスク)に関するお問い合わせ、研修のお尋ねが多くなってきました。
近頃の情報セキュリティの問題により、コンプライアンスについての関心が高まっているのでしょうか。

何となく似ているようでいて、情報セキュリティ(顧客情報漏洩など)の問題と、ソーシャルメディアのリスク(SNSリスク)の話は全く違うものです。どちらも、問題が起これば収拾がとても困難ですが、実務上起こる可能性が高いのは、圧倒的に後者(SNSリスク)のほうであろうと思います。

※なお、ホームページコンサルタント永友事務所では前者(顧客情報漏洩などの情報セキュリティのこと)や、いわゆるマイナンバー制度についての特別な知見を有していないため、それらのセミナー/研修のお尋ねがありましたら然るべき専門家/講師をご紹介させて頂いておりますので、お気軽にお尋ねください。

さて今日のブログは『SNSで会社の「業務」に関する発言として注意するべき点』についてお話しします。

緻密な戦略を練り、チームで動いているのが会社組織です。また、金融機関や投資家、株主、従業員やその家族など、複数のステークホルダー(利害関係者)がいるわけです。
そんななか、SNSでの「うっかりとした」発言で会社のイメージが大きく毀損することもあります。「うっかり」で複数のステークホルダーに迷惑がかかってしまうのが、SNSリスクの怖いところです。

では、どのような規則、心構えでSNSを「業務として」使っていけばよいでしょうか?
SNSで会社の「業務」に関する発言として注意するべき点は、どんなところでしょうか?

好例としてよくご紹介するのが、シックス・アパート株式会社の『シックス・アパート ソーシャルメディア利用ガイドライン』というのもです。

これは本来、シックス・アパート株式会社の社員や契約社員(アルバイト)、業務委託者などを対象に、ソーシャルメディア・サービスに関わるための振る舞いや基本マナーについて定めたガイドラインですが、非常によくできているため多くの企業のSNSガイドラインの模範になっています。
引用すると長くなりますので、詳細は「シックス・アパート ソーシャルメディア利用ガイドライン」を読んでみてください。
http://www.sixapart.jp/social/guideline_for_employee.html

ビジネスパーソンのSNS利用は、個人での利用感覚と企業での利用感覚が「混じる」ことに危険性があります。
SNSマナーやリスクについては、やはり規模を問わず企業内で啓蒙を続けていくことが必要なんだと思います。

今日は『SNSで会社の「業務」に関する発言として注意するべき点』というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫社内研修の事例「ソーシャルメディア(SNS)リスク研修」
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:49| Comment(0) | Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

SNSで大切なのは「共感交流」

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。
地元の藤沢では雨脚が強くなっていて、梅雨も近い感じです。

観光系の中小企業様にコンサルティングさせていただく時によく申し上げるのですが、「雨の日の過ごし方」についての情報発信を今よりも手厚く行っていただきたいなと思っています。
(関連記事)雨の時の過ごし方を提案していますか
http://web-adviser.seesaa.net/article/389919266.html

さて今日は「Facebook(フェイスブック)の商用利用」のカテゴリで

・SNSで大切なのは「共感交流」

というブログです。

先月、山形県の酒田市雇用創造協議会様でセミナー講師を務めさせていただいたのですが、受講者のお一人からこのようなご感想を頂きました。

「先生のお話しは、インターネットのお話しのようでいて、じつは人との関わりかたの話なんだと感じました」

これは私が一番強調したかった点ですので、このような感想をいただき本当に本当に嬉しかったです。
SNSをはじめ、HPなどインターネットの本質はアナログ(人と人。相手を想うこと)だと思っています。
このことを、これからも伝えていければと思っています。

さて、FacebookなどSNSでは、とても簡単にコミュニケーションを図ることができます。
単純な「いいね!」も一つのコミュニケーションですが、本質的には「共感交流」をもって初めて有意なコミュニケーションになると思います。

おはようという投稿に、事務作業のようにおはようとコメントするのではなく、「共感」に基づいたコメントこそ、SNSでコミュニケーションを図る時に重要なことなんだと思います。

「共感交流」という言葉は、私の造語です。「共感」に基づいたコミュニケーション、という意味で使っています。

セミナーでは「Facebookで既存客や仲間と交流する時のコツ」というスライドでご説明している部分ですが、「共感交流」というのは、以下のようなものです。

<共感交流とは?>

1、感謝する

SNSも小さな社会ですから、実社会と同様のコミュニケーションマナー、礼儀作法があるものと思います。
毎回毎日とは言いませんが、感謝できるタイミングで受けた恩の感謝をコメントすることで、相手様とさらに豊かな交流が図れると思います。

2、同感であることを伝える

「私もそうなんです!」「同じように感じていました」などと言われて不愉快になる人は少ないでしょう。
「仲間である」ことを端的に伝える方法として、「同感であることを伝える」というのは有効だと思いますがいかがでしょうか。
また「同感であることを伝える」ことは、投稿内容をしっかり読まないと出来ないことなので、伝えられたほうは「自分の投稿を読んでくれている!」という嬉しさも沸いてくるものと思います。

3、良いところを見つけて言ってあげる

お世辞を言う、とかそういうことではありません。
「いつも●●で頑張っていますね」とか、
「以前から取り組んでいる●●、良くなってきましたよね」とか、要するに「以前からあなたのことを見守っていますよ」という趣旨のコメントをすると、やはり、さらに良い交流が生まれるのではないでしょうか。

コメントでの交流は、毎日「しなければならない」ものでは決してありません。
まして、SNS自体、毎日「しなければならない」ものではありません。

度合いや頻度ではなく、ましておはようという投稿に、事務作業のようにおはようとコメントするのではなく、今後も交流を図っていきたい大切なかたと、「共感」をもって交流をすることが大切なんだと思います。

実社会となんら変わらないんですね。

今日はSNSで大切なのは「共感交流」というブログでした。
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫記事執筆、寄稿のお問い合わせが増えています。内容や文字数など、お気軽にお申し付けください
http://www.8-8-8.jp/media
posted by わかりやすいコンサルタント at 10:34| Comment(0) | Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

6周年に思うこと

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

最近のセミナー講師の打診は、検索エンジン対策(SEO)に関するものが目立ってきています。

検索エンジン対策(SEO)はWebマーケティングの世界では「今さら」感がありますが、流行りではなく根本的なWeb施策である検索エンジン対策(SEO)に再度注目/関心が集まっていることは示唆的だと思います。
自社の特徴、良さをどのように市場に伝えていくのかという課題の中で、SNS活用など「流行りもの」はあるけれども「そもそも、あるキーワードで検索上位に表示されないと意味がない(せっかくホームページがあっても閲覧されず用を為さない)」という「事実」を目の当たりにし、まさに経営者のかたが「逃げずに取り組まなければならない課題だ」という意識を持ってきているのだと思います。

さて今日は「6周年に思うこと」というブログです。
ホームページコンサルタント永友事務所は2009年6月1日に開業しましたので、本日で「6周年」となります。

ストーンペインティング
▲以前に家族で描いたストーンペインティング。並べて、いちおう数字の「6」です(笑)

地元税務署に開業届けを出しにいったのは、まさに昨日のことのように思えますが、丸6年が経ったわけです。
毎年、6月1日は感慨深いものがありますが、最近思うことは「直接、見聞きしないまでも、誰かが確実に助けてくださっている」ということです。

例えば新規のコンサルティングのお引き合いがあって、あとでお聞きすると「じつは●●さんから紹介された」とか、新規のセミナー講師のお問い合わせがあってお聞きすると「●●商工会議所の担当者様から噂を聞いたので」とか、じつは誰かがどこかでご紹介くださっている、ということが多いのです。

しかも、その方々(●●さん)は「いやあ、▲▲さんに紹介しときましたよ」など一切、仰らないのです。

そのことに気付いてから、というか、たまたま前後しているのか、私自身も昨年くらいから、積極的に「信頼できるかたのご紹介」をするようになりました。

「しっかり話を聞いてくれる税理士さんは■■さんですよ」
「デザインで問題解決を図るなら■■さんが適任と思いますよ」
「××というテーマのセミナーなら、私ではなく■■さんが最適だと思いますよ」
「××という課題があるのから、一度ぜひ■■さんのセミナーを受けた方が良いですよ」
「××市で美味しいお店ですか?■■は私も気に入っているお店ですよ」

など、そこには一切の打算なしに、純粋に信頼しご紹介できるかたをどんどんご紹介するようにしています。
場合により私自身の「売上」を放棄しても、です。

これは人脈というのでしょうか?いいえ、違います。
「自分が紹介すれば見返りに紹介がもらえるかも」という打算でしょうか?それも違います。

自分が信頼できるかたが、さらに活躍すると、その周囲のかたがますますハッピーになり、その魅力やワクワクがどんどん伝播していくと思います。
突飛な話しですが、その魅力やワクワクがどんどん伝播していくと、ひいては日本がより良い社会に変革をしていくものと信じています。

ホームページコンサルタント永友事務所の、そもそもの理念は「より良い日本を後世に残すこと」です。
これからも信頼できるかたをどんどんご紹介させていただこうと思っています。

今日は「6周年に思うこと」というブログでした。永友事務所を応援してくださっている皆様、本当にありがとうございます。
≫セミナー予定はこのページに掲載しています
posted by わかりやすいコンサルタント at 15:18| Comment(0) | 永友事務所の運営方針とお約束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.