講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2017年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2015年11月27日

ホームページはスモールスタートで考える

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

一昨日は三重県の名張市にて6次化セミナーでした。農業(=第一次産業)をする方が、作物の加工(=第二次産業)をし、かつ販売(=第三次産業)をする一連の営みを6次化(1×2×3=6)というそうですが、私は農産加工品をネットで販売していく方途についてお話をさせていただきました。

ネットで農産加工品を販売していくには、ネットショップを立ち上げて、そこで直販する方法があります。
一方、ネットを使ってお店(農園や地域直売所含む)に来店を促すことも、立派なネット活用になります。
このことについて、その具体策を、極力わかりやすくお話をさせていただいたつもりです。

セミナーが終わってパソコンの片付けをしていたら、ある受講者様が声をかけてくださいました。

「先生、ホームページなどネット活用は、ほとんどコストがかからないということが分かり、とても安心しましたし、今日は来て良かったです」
「ホームページは必要だなと思っていたのですが、最低でも数十万円はかかるように思っていて、気が重くなっていました」
「それが、Jimdoをはじめ、ほとんどコストなくホームページを開設できる時代になっていたのですね。目の前がパッと明るくなった気持ちです(笑)」

というご感想でした。

ホームページは高いもの、という誤解は、中小企業の現場でまだまだ多いようです。
無料でできるJimdoなどの登場もあり、根拠なく高い金額を請求していたホームページ制作会社はどんどん淘汰されていくことでしょう。
※もちろん「根拠があって」それなりの費用になる制作案件もあります。それは発注・受注側が双方納得すればよいのです

ネット活用をするときのコストは、ネット黎明期(いまから15年程前)などに比べて、飛躍的に低下しています。そしてもちろん、これは中小企業にとって明らかな追い風です。

「スモールスタート」(小さく始めて様子を見ながら徐々に育んでいく)という考え方で、ぜひ早い段階から情報発信を始めていただきたいなと思っています。
今日は「ホームページはスモールスタートで考える」というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。


posted by わかりやすいコンサルタント at 15:21| Comment(0) | 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

狙ったキーワードで何位かをいつもチェックしていますか

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は三重県の名張市雇用創造協議会様で『食と農の6次産業化セミナー「売上アップ・顧客獲得するネット活用法」』講師です。

名張市雇用創造協議会のスタッフ様は明るく元気なかたが多いので、私のほうが元気を頂くくらいです(笑)

さて今日は「狙ったキーワードで何位かをいつもチェックしていますか」というブログです。

ホームページコンサルティングをさせて頂いていると、意外に多いのが

「いやあ、自社ホームページはしばらく見ていませんねえ」とか
「競合他社のホームページも含めて、ネットはあまり見ないんですよねえ」など、”そもそもホームページをあまり見ない”という経営者様です。

やはり、自社ホームページをはじめ、他社のホームページなどはつぶさにチェックしたほうが良いでしょう。

「●●●というキーワードで上位を目指したいんです」とお考えなのであれば、自社ホームページがそのキーワードで何位かは、ぜひチェックして頂きたいところです。

なおあるキーワードで自社ホームページが(検索順位で)何位かを知るのに、自動のツールなどもありますが、できれば手作業で確認をして頂くことをおすすめします。

自らの感覚でキーワード検索をして、自社の順位は何位か、また周辺の競合企業の順位とそのページタイトル、説明文などをしっかりチェックして、自分の経験値としてしっかりと覚えて頂きたいからです。

ある意中のキーワードで(ホームページ改善により)順位が上がってくると、本当に嬉しいものですし、そのような「よころび」をつぶさに感じて頂きたいなと思っています。

今日は「狙ったキーワードで何位かをいつもチェックしていますか」というブログでした。
いつも最後までご覧頂き、ありがとうございます。
>今後のセミナー予定はこのようになっています
posted by わかりやすいコンサルタント at 12:44| Comment(0) | SEO(コンテンツSEO/キーワード対策) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

ガラケーでブログを更新するときの便利な機能

こんにちは。中小企業様のWeb販路拡大のご支援をしていますホームページコンサルタント永友事務所・永友です。

先日は山梨県で農水省6次産業化推進補助事業の認可を受けた農業生産法人様のご支援をさせていただきました。
意欲ある生産者様で、自ら育てた作物を商品化して多くのかたに広めたいというご相談でした。私の立場からは、ネット販売とそれに伴うSNS活用などについてご助言させていただきました。

他の地域では生産されない固有の農作物の6次化ではなく、他県でも生産されている農作物の6次化(加工と販売)は、ネットショップにただ陳列しただけでは売れません。
逆に言えば、売れるようなキッカケを提供することこそが最重要課題です。
その「売れるようなキッカケ」として、値引や卓越したIT活用とは関係なく活用・実践できるのがSNS活用であると思います。
すなわち、SNSにて生産者の人柄(実直さ)や各種エピソードなどを描写することが「買ってみようかな」を促すものだと思います。

SNSをビジネスに活用すること自体、まだまだ軽んじられているようですが、むしろ商売の根幹(商売の基本は『人』)とも大きく関係する施策であると思います。

さて、前置きが長くなりましたが、今日は「ガラケーでブログを更新するときの便利な機能」というブログです。

「ブログ」がWeb活用全体における最重要ツールであることは、セミナーやコンサルティングで口を酸っぱくして何度もお伝えしているところです。

基本的にはパソコンでブログ記事を執筆するのが一番やりやすいと思うのですが、
・そもそもスマホのほうが使い慣れている
・移動時間が長い
・お店番をしながらWeb活用を進めるので、スマホでブログを書くほうが手っ取り早い
など、様々な理由で「スマホでブログ記事を書く」経営者様もいらっしゃいます。

一方、「ブログは書いていきたいけど、そもそも持っているのはガラケーだ」という経営者様もいらっしゃるようです。
従来型携帯電話(いわゆるガラケー)の場合、ネット接続をしてブログの管理画面を閲覧し、そこからブログ記事を書く方法(いわゆるモブログ)もできますが、それなりにパケット代もかかるでしょうし、もっと簡単な方法があります。

それが、「メール投稿」という機能です。

簡単に言えば、「ある特定のメールアドレスに対してメールを送ると、それが自動的にブログ記事として掲載される」という、地味ながら画期的な機能です。
この場合、メールの「件名」に書いた文字が「記事タイトル」になります。また、画像を添付してメールすると、ブログ記事の中にその画像も貼ることができます。

シーサーブログの場合ですと、以下にメール投稿の案内ページがあります。
http://faq.seesaa.net/article/422864428.html

セミナーでもよく申し上げるのですが、中小企業の我々は「ネット活用すること」自体が仕事ではありません。あくまで本業をより良くするための戦術としてネット活用をするのですから、できるだけ省力化を図りたいですよね。
ガラケーのかたは、ブログを更新するときは「メール投稿が便利だ」ということを知っておかれると良いでしょう。

今日は「ガラケーでブログを更新するときの便利な機能」というブログでした。
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
>今後のセミナー予定はこちらでご案内しています
posted by わかりやすいコンサルタント at 11:07| Comment(0) | ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

説明会のトークに関するアドバイスをさせていただきました

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は青森県にてセミナー講師です。先日、早くも降雪があったそうですが、どれくらい寒いのかドキドキしています。

さて今日は「説明会のトークに関するアドバイスをさせていただきました」というブログです。

以前からご縁をいただいている、ある学習塾様のホームページコンサルティングに伺った時のことです。

「永友さん、当塾では入学説明会(体験学習)を重要視しています。入学説明会(体験学習)で校長が説明をするのですが、その反応がマチマチで、また当塾が期待するリアクションと違う反応もあり、とても悩んでいます。
また、言いたいことがどんどん増えてしまい、説明の時間がどんどん長くなってしまいます。
いまからその説明(プレゼンテーション)を実演しますので、永友さん、ぜひ客観的な視点でのアドバイスをお願いします。」

という趣旨のご相談でした。

つまり、

・入学説明会(体験学習)の説明は、わかりやすいか?
・入学説明会(体験学習)の説明で、冗長な部分(割愛しても問題ない)部分はどこか?
・入学説明会(体験学習)の説明で、一番印象に残った(心が動いた)部分はどこか?また、その理由は?
・入学説明会(体験学習)の説明で、説明方法自体(話し方、話す順序、資料の見せ方)で改善すべき点はあるか?
・入学説明会(体験学習)の説明で使うパワーポイント資料は、内容が妥当か?

という点について、

・「わかりやすさ」の観点
・メッセージのズレ、ムダ、モレの観点
・講師歴10年以上の観点
・一般消費者の視点

においてアドバイスが欲しいというリクエストでした。

こういうとき、「滑舌の良さ」「声の大きさ」などは本筋に関係ありません。

・説明の順序(エピソード→全体像→エピソード含む各論→行動への誘い→根拠提示)
・バックストーリーの挿入(人間性、想いの伝達)
・交えるエピソードとそのタイミング、具体性
・パワーポイント資料の利用頻度(ずっとパワーポイント資料を説明するより、時折その資料を外れてトピックを混ぜる、など)
・パワーポイント資料そのものの作り方(アニメーションを多用しすぎない。また、強調はここぞというところで使うからこそ強調できる、など)
・客いじりのタイミングと頻度

などについてアドバイスをさせていただきました。

「永友さん、いままではお客様に感想を伺っても口ごもったりしてハッキリとした感想を頂けませんでした。また、社内の人間だけで検証することも難しく、こうやって中立客観的にアドバイスをいただけるのは貴重です」

という感想をいただきました。

「同業者がいない『異業種交流会』『勉強会』などでお互いの『説明話法』をアドバイスしあう」ということも、効果的かもしれませんね。

今日は「説明会のトークに関するアドバイスをさせていただきました」というブログでした。
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

posted by わかりやすいコンサルタント at 10:17| Comment(0) | テキスト・メッセージ・キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.