講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2017年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2017年01月31日

同業他店も同じ商品をPRしているときの、商品PR方法

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日はこれから山形県の酒田市雇用創造協議会様での講習会講師の準備で庄内空港に向かいます。
羽田から60分で着きます。とても近いですね!
酒田市内で就職/転職、起業を目指す皆様にWeb活用のことをお話しさせていただきます。

さて今日は「同業他店も同じ商品をPRしているときの、商品PR方法」というブログです。

小売店様が扱う商品の多くは、メーカー様から仕入れたものだと思います。
特に「新発売」の場合、当該メーカー様の全国の納入先(取引店)は、一斉に当該新商品の宣伝をすることでしょう。

こういうケースのとき、

「他店と、どうしてもPR内容が同じようになってしまう」

というお悩みを多く聞きます。

ある意味では「仕方ないこと」だと思いますが、そこでもあえて、他店となんとか違いを出したいという時、以下のような工夫をするのはいかがでしょうか。

(1)説明にわかりやすさを加味する

新発売だからスタッフオススメです!ということだけでなく、
・図で示す
・比較する(従来品とどう違うかを示す)
・事例、想定利用シーンを挙げる
・勧める根拠を挙げる
・たとえ話をする
のように、説明そのものを「わかりやすく」すると、貴店ならではの味が出るのではないでしょうか。
メーカー様の規定の説明資料だけでなく、貴店スタッフの個人的な感想も加味すると良いと思います。

(2)写真の構図に変化をつける

商品を正面から撮る写真が多くなりがちだと思いますが、
・手に持って撮ってみる
・斜めから撮り奥行きを出す
・屋外で撮る(芝生、雪原、打ちっ放しのコンクリートの壁の前、など)
のように、写真そのものに変化をつけてみてはいかがでしょうか。

ざっくばらんに言えば、同業他店の説明と同じであることを気にして見るのは同業者だけで、一般のお客様は全国の同業店舗を見比べる訳ではありません。
あくまで、他店がどうであるということではなく、あなたのお店の説明に、スタッフの人柄や専門性の高さなどが醸し出されていることが肝心であると思います。

今日は「同業他店も同じ商品をPRしているときの、商品PR方法」というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫≫永友事務所セミナー予定を確認いただけます
posted by わかりやすいコンサルタント at 07:54| Comment(0) | ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

InstagramとFacebookページを連携しているはずなのに写真が「シェア」できないときの確認ポイント

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

昨日は大宮でセミナー講師でした。大宮駅はエキナカが充実していて凄いですね。
今日午後は厚木商工会議所様でセミナー講師、夜は相模原商工会議所様でセミナー講師です。今日は2か所とも地元神奈川です。

さて今日は「Instagram活用」のカテゴリで

・InstagramとFacebookページを連携しているはずなのに写真が「シェア」できないときの確認ポイント

というブログです。

Instagramを商売に使おうとするとき、既にFacebookページを持っている場合、「Instagramに投稿すると自動的にFacebookページにも投稿される」ようにしたいと思う経営者様は多いと思います。
このような仕組みを「InstagramとFacebookページの連携」などと言います。

この時、そもそも「自分が運営するInstagramアカウントに、自分が運営するFacebookページを紐づける」必要が当然あります。

(1)まず、Instagram画面右下の、自分のアイコンをタップします。
(2)右上の歯車マークをタップ。
(3)「オプション」という画面になると思いますが、そこの「リンク済みアカウント」をタップ。
(4)「Facebook」というところをタップ。
(5)「シェア:タイムライン(デフォルト)」になっているかと思います。これは、とりあえずあなた個人のタイムラインに紐づいていることを意味します。
(6)ですので、次に「シェア:タイムライン(デフォルト)」をタップし、「ページを選択」からご自身が運営しているFacebookページを選びタップします。※「保存」みたいなボタンはありません。
(7)こうすると、今後、投稿するときに「Facebookにもシェア」すると、個人のタイムラインではなくご自身が運営しているFacebookページにもシェアされるはずです。

上記の手順で通常はシェアできる(Instagramに投稿すると自動的にFacebookページにも投稿される)のですが、

「永友さん、InstagramとFacebookページの連携は正しく行っているのですが、シェアしようとすると、(お店や会社のFacebookページではなく)自分のタイムラインに投稿するような画面になってしまうんです。。。」

というお悩みを伺うことがあります。

この場合、「個人のInstagramアカウントを開いていながら、お店のInstagramアカウントの写真をシェアしようとしている」ことが多いようです。

Instagramは、アカウントを複数作成することができます。
私も、「ichironagatomo」という個人のアカウントと、「nagatomojimusho」という事務所のアカウントを持っています(メインは個人のほうですが)。

こういう時、「ichironagatomo」つまり個人のアカウントのほうで、「nagatomojimusho」つまりお店のアカウントの写真をシェアしようとすると、以下のような画面になります。つまり、InstagramとFacebookページの連携は正しく行っているが、シェアしようとすると、(お店や会社のFacebookページではなく)自分のタイムラインに投稿するような画面になってしまうという状態になります。

20170120.jpg

上記のような画面になってしまうかたは、お店のアカウントに切り替えてからシェアしていただくとよいです。もちろんこの際は、お店のInstagramアカウントとFacebookページの連携が済んでいる必要があります。

結論的に言うと、「いまログインして開いているInstagramアカウントの写真のみFacebookページにシェアできる」ということになります。
個人のInstagramアカウントと、お店のInstagramアカウントは、Instagram的には「別物」と解釈されるのですね。ここに注意が必要です。

今日は『InstagramとFacebookページを連携しているはずなのに写真が「シェア」できないときの確認ポイント』というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所セミナー予定を確認する
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:21| Comment(0) | Instagram活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

メールの返信、遅くなっていませんか

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

昨日は六本木で企業様研修の打ち合わせをしたあと、所沢商工会議所様で「ホームページとブログの接客術」セミナー講師でした。
20年ぶりに所沢に降り立ちました。中小企業相談所所長様のお話では、近々、所沢も開発がさらに進んでいく計画とのことでした。ますます目が離せない街になりますね。
今日は午後から大宮でセミナー講師対応です。

さて今日は「メールの返信、遅くなっていませんか」というブログです。

非常に乱暴な言い方かもしれませんが、メールの返信スピード(受信から返信までの時間差)で、その企業の姿勢が垣間見れると私は思っています。

いま、北関東のとある企業様と研修の件でやりとりをしているのですが、私がメールをさせていただくと、早ければ、なんと1〜2分で返信があります。

その返信は、例えば「まずは了解」という趣旨の簡単な返信かもしれません。しかし、

・了解なのか?要検討なのか?満足なのか?要改善なのか?
・というより、メールを読んでくださったのか?

というのが速やかに分かるので、私も非常に仕事が進めやすいのです。

おそらく「メール返信は、すぐ行う」というのがこの企業様のモットーになっているのだと思います。
その証拠に、代表取締役社長様からのメール返信も数分なのです。

トップが模範となって、「コミュニケーションを迅速、円滑にする」ことを実践されていて、非常に信頼感を感じます。この企業様は地域密着型のご商売で、事実、長く北関東で愛されているそうです。

これは、もはやメール返信そのものの話ではなく、企業姿勢の話なのでしょうね。
貴社のメール返信は、どうでしょうか?
今日は「メールの返信、遅くなっていませんか」というブログでした。いつもブログをご覧いただき、ありがとうござます。
≫永友事務所セミナー予定のページへ進む
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:17| Comment(0) | ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

ホームページ、SNS、ブログは何から始めれば良い?

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

湘南藤沢は一段と冷え込んでいます。日はさしていますが、風が冷たいですね。週明けの火曜日は札幌でセミナーです。どれだけ寒いのかと心配です。

さて今日は「ホームページ、SNS、ブログは何から始めれば良い?」というブログです。

経営者様と初めてお目にかかり、名刺交換をする時には、「ホームページのコンサルティングをしています」と簡単に言い添えることがあります。

そうすると結構な割合で、経営者様は「いやあ、本当はウチもホームページを頑張らないといけないと思っているところなんですよ」とおっしゃいます。
その後もう少しお話ししていくと、「いま抱えている悩み、課題になっていること」として、

・以前頼んでいた制作会社と連絡が取れなくて、ホームページ更新が止まっていて困っている
・ホームページをリニューアルしたいと漠然と思ってはいるが、なかなか実行に踏み切れない
・スマホ対応をしたいが、どうしたら良いかわからない
・ホームページを運営しているが、もっと成果をあげたい

という代表的な悩みとともに、

「当社はネット活用を一切していませんが、ホームページ、SNS、ブログなどは何から始めれば良いか分からず、結局、何も始められずに時間だけが過ぎていきます」

というお悩みを聞かせていただくことがとても多いです。

これは換言すれば、「何か特定のツールから開始することが合理的に違いないが、それが何なのか分からないため、何も始められない」ということだと思います。

本当に、もったいないなあと思います。まして、その事業者様が素晴らしい「想い」を持って事業運営している場合、この「得体の知れないモヤモヤした悩み」によってその会社の素晴らしさがネット上で表現されるのを妨げられているわけですから、本当に本当に本当にもったいないと思います。

結論的に言えば、「ホームページ、SNS、ブログは何から始めても大丈夫」です。何から運営開始してしまっても、不整合は起こりませんので安心してください。

では、それを踏まえた上で、どのツールから始めるか?ですが、

・手の出しやすそうなもの
・自分で興味が湧きそうなもの(楽しそうなもの)

から始めれば良いのです。簡単ですよね。ちなみに私の場合は「ブログ」から始めました。

1日でも早く、あなたの事業の素晴らしさ、想いをネットで広げていただきたいと願っています。

今日は「ホームページ、SNS、ブログは何から始めれば良い?」というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

posted by わかりやすいコンサルタント at 14:05| Comment(0) | ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

検索結果で自社の前後の事業者が何をPRしているか気にしていますか

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日はこれから山梨県の甲州市商工会様で「SHIFT活用セミナー」講師を務めます。今日は実習形式で3時間×2部制になっています。
甲州市は甲州ワインで有名ですね。甲州ワインは世界に誇れるワインだと思います。

さて今日は「検索結果で自社の前後の事業者が何をPRしているか気にしていますか」というブログです。

あるキーワードで検索した時、検索結果に10件表示されますね。
貴社ホームページが「1位」であれば何よりですが、場合によっては2位、3位、4位…ということもあるでしょう。

その時、狙った意中のキーワードで1位を目指していくことはもちろんですが、

・検索結果で自社の前後の事業者が何をPRしているか

を確認することはとても重要です。

あくまで例えばの話ですが、あなたが「一般書道教室及び通信制の書道教室」をやっているとします。

「書道教室 ●●」などで検索されたときに、あなたの書道教室より上位に、他の書道教室が2、3件出てくるとします。

その場合、その「上位2、3件の書道教室」が通常の「一般書道教室」のことを訴求しているとすれば、あなたは「通信制」のことについて手厚く訴えたほうが良いのではないか、ということを言いたいのです。

繰り返しですが、意中のキーワードで1位を目指していくことはもちろん大事ですが、

・検索結果では前後の事業者と比較検討され得る

という特性を意識したほうが良いと思うのです。

逆に言うと、1位や2位のページで納得できないから、3位のあなたのページを見に来ているわけですね。

ホームページは「見せ方」ではなく「見られかた」に着目する。これはずっとセミナーやブログでお話ししていることです。
検索エンジンというフィールドの中では、良くも悪くも、「他と比較検討され得る場所」と自覚して活用していきたいですね。

今日は「検索結果で自社の前後の事業者が何をPRしているか気にしていますか」というブログでした。いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫まずはセミナーに参加しませんか。永友事務所セミナー予定を確認いただけます
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:35| Comment(0) | SEO(検索エンジン対策)の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

自社ウェブサイトの掲載順位を確認していますか

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は日曜日ですがこれから大阪に向かい2017年最初のセミナー講師対応です。
とある業界団体様が数百名規模でお集まりになるとのことで、とても楽しみです。
90分ですがしっかりわかりやすくお話ししたいです。

さて今日は「自社ウェブサイトの掲載順位を確認していますか」というブログです。

GoogleやYahoo!など検索エンジンにて、できるだけ上位に表示されるように工夫することを検索エンジン対策(SEO)と言います。

いわゆるブラックハットといって「検索エンジンを欺くようなスパム的施策」もありますが、永友事務所では当然そのような悪いSEOはご助言していません。

閲覧者(ユーザー)の便宜にもなり、同時に検索エンジン対策にもなり得るような、真っ当な手法のみお伝えしています。

文字(テキスト)がデジタル情報の中心であることは今後も変わらないと思います。その文字情報の探索手段が検索エンジンなのですから、それにてできるだけ上位に表示されるように工夫することは、今後も、非常に重要な取り組みであると思います。

検索エンジン対策という考え方が登場して20年以上経つと思いますが、未だに、その意義や手法がきちんと伝わっていないように感じます。

もっと言えば、
「自社のホームページはほとんど見ていない」
「そもそも、ネット自体ほとんど見ていない」
「他社がネットでどうPRしているのか見たことがない」
という経営者様が未だにいらっしゃいます。

お客様があるキーワードで検索したときに、せいぜい上位3位までしか見ない訳ですから、貴社が勝負したいキーワードで現在何位なのかは必ずチェックしてほしいと思います。

便利な順位チェックツールもありますが、確認するキーワードが数個であれば、私は手作業で順位チェックすることをおすすめしています。
そのほうが、突発的に競合他社が上位に来た時にすぐわかりますし、検索結果占有率(あるキーワードでの検索結果の10件中に自社関連サイトがどれくらい占めているのか)もすぐわかります。

いずれにしろ、検索結果にて自社サイトが何位なのか、ということを軽んじているかたがまだ多いのが現実です。逆に言えば、そのことをしっかりと取り組んだ企業様ほど、どんどん優位性を高めていくのですね。

今日は「自社ウェブサイトの掲載順位を確認していますか」というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

posted by わかりやすいコンサルタント at 09:18| Comment(0) | SEO(検索エンジン対策)の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

1/25京都『販促Web3大ツール 効果的な使い分け方』セミナー

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日から仕事始めのかたが多いことでしょう。私はお正月は箱根駅伝を応援しつつ、セミナーレジメ作成などをして過ごしました。

さて今月25日に京都府宇治市の宇治商工会議所様にて『販促Web3大ツール 効果的な使い分け方』セミナーに出講させていただきます。
京都での、一般のかたも参加できるオープンセミナーは初めてですのでとても嬉しいです。

ホームページ、ブログ、ソーシャルメディアなど、中小企業様が行うWeb施策は多様化しています。
「要するに、何をどうすればよいのか?」というお悩みにシンプルに役立つ内容かと思いますので、お取引先様や従業員様を連れて(笑)ぜひご参加ください。

時:平成29年(2017年)1月25日(水)14〜16時
所:宇治商工会議所3階会議室
受講は無料です。詳細とお申し込みは宇治商工会議所様のホームページをご覧ください。
http://www.ujicci.or.jp/wp/p-kentei/20170125semi/

京都は何度行っても良い街ですね。観光名所も良いですが、路地裏なども好きな感じです。
25日は観光なしでまっすぐ帰りますが、京都府宇治市の皆様にお役に立てますように努めます。

今日は宇治商工会議所様でのセミナーのご案内をさせていただきました。いつもブログをご覧くださり、ありがとうございます。
≫永友事務所セミナー一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 11:15| Comment(0) | ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

新しい手ぬぐいタペストリーで新年を迎える

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

2017年の新年を迎えました。ホームページコンサルタント永友事務所は個人事業所です。2009年創業ですから本日から9期目を迎えることになります。あまり計画を立てずに独立してから、よくも7年半もやってこれたと思います。

これはひとえに、支えてくださるお客様と家族のお陰としか言いようがありません。心から感謝しますとともに、私を信じて、また支えてくださるお客様のためにも元気で進んでいきたいと思っています。

ところで、狭い我が家はできるだけモノを置きたくないと思っていますが、リビングには手ぬぐいタペストリーを飾っています。

「手ぬぐいタペストリー」とは、手ぬぐいをタペストリーにしたものです(当然ですが…)。手ぬぐいの上下をタペストリー棒で挟んで飾ります。

不定期に手ぬぐいタペストリーを替えて楽しんでいますが、思うところがあり昨日の大晦日から、湘南ひらつかで一年中お祭り用品を販売している「そめきん」さんのオリジナル手ぬぐい「てぬぐい ひょうたん花ちらし」を飾ることにしました。

個人的に緑色が大好きなのと、和風ながらモダンな柄が気に入りました。平塚のそめきんさんの手ぬぐいをタペストリーにして、気分も新たにスタートできました。

今年も分かりやすく「中小企業様のWeb活用」についてご助言、ご支援をさせていただきたいと思っています。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
≫2017年永友事務所セミナー予定を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 12:19| Comment(0) | 永友事務所の運営方針とお約束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.