講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2018年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2017年06月30日

Instagram(インスタグラム)はアカウントの追加ができる(個人用と商売用で使い分けられる)

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は相模原市の企業様を訪問しホームページ/ブログ/SNSの効果的な使い分けについてご助言、ご支援をさせていただきます。

さて今日は『Instagram(インスタグラム)はアカウントの追加ができる(個人用と商売用で使い分けられる)』というブログです。

Instagram(インスタグラム)は写真投稿が中心のSNSで、その気軽さからユーザーがとても増えています。

店舗や企業様でInstagram(インスタグラム)を活用するとき、

「既に自分個人のInstagram(インスタグラム)をやっているのですが、これを商売用に切り替えるのですか?」

という趣旨のご質問をいただくことが多いです。

もちろん「切り替える」ことも出来ますが、個人用は個人用、商売用は商売用で、2つ以上併用することもできます。

その場合はプロフィールページの歯車のマークから「アカウントの追加」というメニューをタップして、アカウント(利用登録)の追加をすることができます。

特別な注意点はありませんが、投稿するときに「個人用なのか?商売用なのか?」で写真を間違えないことが肝心です。お店のInstagram(インスタグラム)に、私的な写真を掲載するとびっくりされてしまいますね(それはそれで味があってよいかもしれませんが…)。

今日は『Instagram(インスタグラム)はアカウントの追加ができる(個人用と商売用で使い分けられる)』というブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫わかりやすいインスタグラム講習会
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:13| Instagram活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

ブログ/SNSでは同じ話を何度書いても構わないということ

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

昨日は宮崎県都城市の小売サービス業様を訪問させていただきました。
やはり皆様非常に熱心で、真面目で、明るく楽しい感じでした。本当に素晴らしいことですね。

スタッフ様勉強会にてディスカッションをさせていただきましたが、その中で、

・ブログ/SNSでは同じ話を何度書いても構わない

という点をお話しさせていただきました。

中小企業様のWeb発信でよくあることとして、「一度書いた(投稿)したことは、同じ話題をしばらく投稿をしてはいけないような気になる」というものがあると思います。
私自身、勤めだったころにWebマスターをしていましたので、その気持ちは痛いほどよくわかるつもりです。

ある商品を告知した。あるイベントを告知した。などの時、そのことをしばらく(あるいは複数回)投稿してはいけない気になってしまいますね。

でも、ネットのお客様(特に新規のお客様)は最初の投稿を見ていない可能性もありますし、また、何度か見ることで認知・購買意欲が高まることもあります。
Web運営的な視点では、「同じ話題について複数回投稿する」ことでネタ切れを防ぐ意味もあります。

『ブログ/SNSでは同じ話を何度書いても構わない』

とご認識いただき、無理のないWeb活用を進めていただければと思っています。
永友事務所は、無理をせず効率よいネット活用「頑張らないWeb活用」をご提案しています。

今日は「ブログ/SNSでは同じ話を何度書いても構わないということ」というブログでした。いつも本ブログをお読みいただきありがとうございます。
≫わかりやすいインスタグラム講習会
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:32| ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

自己紹介部分に「キャッチフレーズ」を併記していますか

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は宮崎県の都城市にお邪魔し、小売りサービス業様のスタッフ様向け勉強会講師です。
非常に熱心な企業様で、スタッフ様もやる気が高く素晴らしいと思います。

さて今日は、

・自己紹介部分に「キャッチフレーズ」を併記していますか

というブログです。

ブログやチラシ、DM等で自己紹介(氏名を伝える)ことは多いと思います。
そのときに、ぜひ「キャッチフレーズ」を併記して頂きたいと思っています。
そのキャッチフレーズとともに、お名前を覚えてくれるようにするのです。

私も単に「永友一朗です」というのではなく、

・ホームページコンサルタントの永友一朗です。
・「わかりやすいホームページ相談」永友一朗です。

のように、覚えて頂きたいキャッチフレーズを併記するようにしています。

この効果は単純明快で、

・「永友一朗さん」=「ホームページコンサルタント」
・「永友一朗さん」=「ホームページの相談の人」
・「永友一朗さん」=「わかりやすい」

という印象を与えることができると思います。
記憶に残りやすい、と言っても良いかもしれませんね。

キャッチフレーズは、「何となく」の印象でじわじわ残っていきます。一方で、「氏名」というのは特別覚えやすかったり珍しかったりする以外は、なかなか「覚える」のは難しいですよね。

今日は『自己紹介部分に「キャッチフレーズ」を併記していますか』というブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫「わかりやすい説明の相談」について
posted by わかりやすいコンサルタント at 07:41| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

Instagram(インスタグラム)の複数枚投稿はiOSバージョン10.9から出来る

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

昨日は川崎市の小売サービス業様を訪問しSNS活用のコンサルティングをさせていただきました。
とても素敵なお店で、私もお邪魔するのが毎回楽しみです。

さて今日はInstagram活用のカテゴリで

・Instagram(インスタグラム)の複数枚投稿はiOSバージョン10.9から出来る

というブログです。

最新版のInstagram(インスタグラム)では、一度に10枚までの写真/動画が投稿できます。
ストーリーがあるような写真などは、複数枚投稿をすると楽しいかもしれませんね。

さてこの「Instagram(インスタグラム)の複数枚投稿」ですが、iOSバージョンでいうと10.9から出来るようになったものですので、今お使いのInstagram(インスタグラム)で複数枚投稿が出来ない…という場合は、バージョンを最新のものにアップデートしていただければと思います。
アプリは基本的に「最新版」を使うようにしたいですね。

今日は「Instagram(インスタグラム)の複数枚投稿はiOSバージョン10.9から出来る」というブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫インスタグラム講習会
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:25| Instagram活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

ペライチではGoogle Analyticsの設定が極めて容易

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

いよいよ、と言いますか明日から関東地方も本格的な梅雨空になるようです。外出する仕事では雨は嫌ですが、水がめも心配ですし適度に降ることは致し方ないですね。

さて今日は「ペライチでのHP作成」のカテゴリで

・ペライチではGoogle Analyticsの設定が極めて容易

というブログです。

ペライチはJimdoやWixなどのように、ネット上でホームページが作成できる有り難いサービスです。
が、それぞれ運営母体が違い、内容(仕様)も当然異なります。

中小事業所がWeb運営を図るときに、いわゆるアクセス解析は極めて重要です。
様々なアクセス解析の方法がありますが、一般的には「Google Analytics」(グーグルアナリティクス)という無料ツールを使ってアクセス解析をする中小企業が多いことでしょう。

で、ペライチ、Jimdo、Wixにおいて「Google Analytics」の扱いはどのような感じでしょうか。

■ペライチ
無料版でも「Google Analytics」(グーグルアナリティクス)を設定することができ、かつ、設定が極めて容易

■Jimdo
無料版でも「Google Analytics」(グーグルアナリティクス)を設定することができるが、従来に比べると設定するのはやや難しくなった

■Wix
無料版Wixでは「Google Analytics」(グーグルアナリティクス)を利用することが出来ない

このような違いがあります。

逆に言いますと、ペライチでホームページを作成した場合は、必ず「Google Analytics」(グーグルアナリティクス)を設定して活用しないと非常にモッタイナイと思います。

今日は『ペライチではGoogle Analyticsの設定が極めて容易』というブログでした。いつもこのブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。
≫「わかりやすい説明」の相談
posted by わかりやすいコンサルタント at 19:27| ペライチでのHP作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

Facebookページのメッセージ受信箱でインスタグラムのコメント送受信が可能に

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

最近はインスタグラム講習会の打診が目立ってきています。比較的新しいSNSとして注目度が高いのだと思います。

さて今日は「Facebookページのメッセージ受信箱でインスタグラムのコメント送受信が可能に」というブログです。

Facebookの仕様はとてもよく変わりますが、最近の変更として「Facebookページのメッセージ受信箱でインスタグラムのコメント送受信が可能になった」ということが挙げられます。

いままでは、インスタグラムのコメントはインスタグラムの通知欄で知り、対応していたと思います。しかしFacebookページのメッセージ受信箱にインスタグラムのコメント通知が入るようになりましたので、基本的にFacebook(ページ)を見ることが多いユーザーには便利な機能かなと思います。

また、細かい話ですが、パソコン版インスタグラムでは特定ユーザーあてのコメント(いわゆる「メンション」)が面倒だったのですが、Facebookページのメッセージ受信箱でのインスタグラムのコメント返信は、便利にメンションができるようになっていて、その点はとても良いと思います。

今日は「Facebookページのメッセージ受信箱でインスタグラムのコメント送受信が可能に」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
わかりやすい「インスタグラム」講習会
posted by わかりやすいコンサルタント at 15:39| Instagram活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

【図解】Instagram(インスタグラム)でブロックする方法

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

最近は社員研修や各種総会・会合での講話の打診が目立ってきています。「伝わる表現」「わかりすい説明」などについての関心が高まっているのかなと感じます。

さて今日はInstagram活用のカテゴリで「【図解】Instagram(インスタグラム)でブロックする方法」というブログです。

Instagram(インスタグラム)は写真投稿が中心のSNSで、その気軽さからユーザーが拡大しています。
「フォロー」「フォロワー」という、Twitterに似た関係性もありつつ、「ハッシュタグ」というキーワードでInstagram(インスタグラム)内で検索もできることから、「画像検索ツール」という性質も併せ持つユニークなSNSです。
女性ユーザーが多いのも特徴ですね。

さてこのInstagram(インスタグラム)ですが、国内では1600万人が使っているという調査もあります。
なかには、あなたにとってあまり関心が湧かないユーザーから「フォロー」(読者登録)されることもあるでしょう。

一般的にはフォローされることは嬉しいことですが、なんとなく後々トラブルに巻き込まれそうな予感がする方からフォローされた場合、あるいは自分の投稿を見せたくないユーザーがいる場合などは、その特定ユーザーを「ブロック」(閲覧、フォロー等の拒否)することができます。

以下、Instagram(インスタグラム)で相手様をブロックさせていただく方法についてご説明します。
スマホで行う方法を図示しますが、パソコンからでも概ね同様の方法でブロックできます。

インスタグラムブロック

まずそのユーザーのプロフィールページを開きます。すると右上に「…」というマークがあると思いますので、そこをタップします。

インスタグラムブロック

すると色々なメニューが表示されますので、一番上「ブロック」というメニューをタップします。

インスタグラムブロック

すると「●●さんをブロックしますか?」という注意書きが出てきますので、ブロックして良ければ、右側「ブロック」をタップします。

インスタグラムブロック

「●●さんがブロックされました」という案内が表示されれば、正しくブロックが出来たということになります。
なお、その●●さんのほうは、以後、私(ブロックをした側)の投稿を見ることが出来なくなります。

今日は「【図解】Instagram(インスタグラム)でブロックする方法」というブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所では社員様向け研修も行っています

posted by わかりやすいコンサルタント at 12:06| Instagram活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

ペライチを開設したあとにすぐ確認すること

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。


今日は兵庫県姫路市の小売サービス業様を訪問しホームページコンサルティングをさせていただきます。熱心な事業者様は、やはり向上心と行動力がすごいですね。


さて今日は「ペライチを開設したあとにすぐ確認すること」というブログです。


「ペライチ」とは、JimdoやWixと似ていますが、ネット上でホームページが作成できるサービスです。無料版と有料版があります。


現時点では、JimdoやWixと比較し、ペライチには以下のような特徴があります。


・JimdoやWixは「アプリ」があり、スマホなどからも容易に更新できるが、ペライチにはアプリがない

・ペライチは「Googleクローム」(ブラウザ)での操作、編集が推奨されている

・JimdoやWixに比べて、無料版ペライチはURL(ホームページアドレス)がちょっと長い


操作性も、Jimdoに比べて特別良いという感じではないので、いわゆるホームページを初めて作成するときにペライチをまず選択する、という理由はあまり無いように感じます。


ただし、「開設(登録)すること」自体はJimdoやWixに比べて簡単です。また、開設直後に操作方法についてのチュートリアルがあるので、その点はとても親切だと思います。


さて、このペライチ開設直後ですが、すぐに確認していただきたい点があります。


ページの最下部に「copyright(コピーライト)表記」があるのですが、このコピーライト部分に、ダミーとしてあなたのメールアドレス(ペライチに登録したメールアドレス)が出てしまうのです。


とんでもない仕様だと思いますが、現時点で初期設定ではそうなってしまうので、すぐに他の文字(一般的には会社名や屋号、サイト名にすることが多い)に変更することをおすすめします。


メールアドレスがネット上に出てしまうと、迷惑メールがどんどん届きますので、良いことではありません。


今日は「ペライチを開設したあとに確認すること」というブログでした。いつもブログを最後までお読みいただき、ありがとうございます。

》講演/セミナーの実績と予定 | ホームページコンサルタント永友事務所

posted by わかりやすいコンサルタント at 08:44| ペライチでのHP作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

Google マップに自店を掲載する方法

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

ホームページコンサルティングをさせていただいた中小企業様とは、その実施後もお付き合いが続くことが多いです。
特に複数回にわたる対面コンサルティングや、通信コンサルティングなどでじっくりとお話しさせていただいたときには、多くの場合その経営者様の考え、想い、夢、生い立ちや苦悩などをお聞きするようなことも多くなりますので、何といいますか「同志」のような共鳴を覚えることが多いです。
やはり、何といっても「成功」していただきたいですし、実際、メールやメッセージ等で「お客様が増えてきました」「ホームページ改良後、急に忙しくなりました」などの声をお聞きすると、心の底から「よかった!」と思わざるを得ません。

さて今日はGoogleマップ店舗掲載表示のカテゴリで『Google マップに自店を掲載する方法』というブログです。

ご存知の通り、「Google マップ」はGoogleが提供する地図サービスのことで、多くの生活者やビジネスパーソンが日常的に使っていることと思います。
「Google マップ」は、言い換えれば「地図を用いた検索システム」です。地図情報を検索できるスペースなのです。

その「Google マップ」には、既に多くのお店、企業、施設、公園等の情報が掲載されています。

「うちの会社、Google マップに載ってない…」

というときは、自分で申請することができます。

ウィンドウズパソコンの場合ですが、当該地図上(地図上の、自店の箇所)で右クリックすると「地図に載っていない場所を追加」というメニューが出てきますので、そこから情報を追加申請できます

Googleマップに自店を掲載する方法

逆に、自店が既になぜか掲載されているが、クリックすると「ビジネス オーナーですか?」という文言がある場合には、適宜、オーナー申請後に、当該箇所の情報編集を詳しく行うことができます
営業時間や説明文、写真などを掲載できますよ。

非常に多くのユーザーが日常的に使っているサービス(アプリ)に、自店の情報が掲載されることは非常に有益です。私のクライアント様でも、この「Google マップ」で誘客できたという声も多く聞きます。ぜひ一度、Google マップをチェックしては如何でしょうか。

今日は「Google マップに自店を掲載する方法」というブログでした。いつも本ブログをご覧くださり、ありがとうございます。
≫永友一朗セミナー予定を確認する
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:47| Googleマップ店舗掲載表示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

小さな一歩でリズムを作る

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は徳島県の小売サービス業様を訪問しホームページコンサルティングをさせていただきます。
徳島は羽田から70分くらいで着きますので、とても近いですね。

さて今日は「小さな一歩でリズムを作る」というブログです。

ネット活用を進めるときに、「まとまった時間が取れたら投稿しよう」と考えることがあると思います。
ブログを書くのも、やはり最低でも20〜30分はかかってしまいますよね。

しかし接客やお仕事の準備等で、業務時間内に「まとまった時間」が取れることは、実務上多くないと思います。

まとまった時間が取れたら投稿しようと思っていたのに、その時間が取れないから、投稿ができない。
このことで一番懸念することは、「そのまま、投稿することから遠ざかってしまい、ネット活用を進めることが頓挫してしまう」ことです。

極論すれば、ネット活用は誰でも行うことができ、また継続していけば、ほぼ間違いなく何らかの成果が出る施策だと思います。
要するに、習慣にしてしまえばよいわけですが、その習慣を作るまでに挫折するかたが多い施策であるとも言えます。


では、どうすれば良いでしょうか?

タイトルに既に書いてしまっていますが、「小さな一歩でリズムを作る」ということが何より肝要ではないかと思います。

・休憩直後の5分とか、昼休み直前の10分とか、何かルーチン的にその時間帯を強制的にネット活用の時間にする
・投稿ネタは、管理画面にいきなり書くのではなく、メモ帳アプリのような場所に蓄積的に書いていく
・つまり細切れ時間の蓄積により、長い目で見たときに、ネット活用が鋭意進行している状態にする

要するに、こういうことではないかと思っています。

お店やスタッフ様の「習慣」になってしまえば、あとはこちらのもの、といったところでしょう。
また事実、いわゆるネットで成果を出している企業、お店様は、日常業務中にネット活用の時間が短くてもしっかり取られ、かつ、それを継続しています。

今日は「小さな一歩でリズムを作る」というブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所セミナー予定を確認する
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:52| ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.