講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2020年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫

2019年05月25日

経営者ブログの効用

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

今日も暑いですね!運動会が行われる街が多いようで、Facebookには運動会の投稿が目立っています。水分補給をしっかりしたいですね。

さて今日は「経営者ブログの効用」というブログです。

いわゆる「社員ブログ」を運営する企業様が増えたことと思います。中には、新入社員様が研修中に「(研修日誌的に)ブログを書く」という課題が出る企業様もあるようです。

個の時代と言われて久しいですし、そもそもこれからは「生まれたときからネットが当たり前にあった」ジェネレーションZ(Z世代)も入社してくるわけですから、コンプライアンスを守りながらもですが「従業員が個々に発信していく」というのがなんら不思議ではない時代になってくることでしょう。

「個の発信」は、従業員だけではありません。ぜひ経営者様自身も、ブログを開始していただきたいと思っています。

経営者様ご本人がブログを書くメリットは、どんなことがあるでしょうか?。

・企業のポリシー(価値観、文化、想い)を公式に発することができる
→ファンづくり、ブランド形成に貢献する

・いまいる従業員へのメッセージになる
→就業満足度の向上が見込める

・求人(採用)活動に活かせる
→想いに共感する人が応募してくる可能性が高まる

「忙しくて書いていられない」…そんなときは、従業員様が経営者様にインタビューして、それをまとめても良いでしょう。
※面白いことですが「書いている時間はない」と仰る経営者様も「しゃべる」時間はたっぷり取ってくれます(笑)。
または、外注でライターさんに頼んでまとめてもらうこともできますね。

いずれにしましても、お客様や取引先、求職中のかたが貴社ホームページを見たときに「(いわゆるホームページの「社長挨拶」ではなく)代表者の『今の』考えが載っていない」というのは、かなり致命的ということは知っていただきたいなと思います。

今日は「経営者ブログの効用」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友一朗プロフィール
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 10:10| ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

Google広告を管理(情報閲覧)するユーザーを追加する方法

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

今日も暑くなりそうですね。今日は埼玉県内にてSNSリスクコンプライアンス研修の講師をさせていただきます。

さて今日は「Google広告を管理(情報閲覧)するユーザーを追加する方法」というブログです。

「Google広告」は、Google検索・Googleマップなどに広告を出稿・管理するための場所です。
https://ads.google.com/

このGoogle広告は、一般的にはその企業・お店の経営者様やWeb担当者様が「管理者」となって広告運用をします。

この「広告を管理するひと」は、増やすこともできます。

Google広告の画面上部「ツール」>「アカウントのアクセス権」で「+」マークを押していただき、「標準」タイプにて、広告管理者として追加したいユーザーAさんのGoogleアカウント(一般的にはGmailになるでしょう)を追加いただければ、Aさんも管理画面を見ることができます。

便宜上「管理者」と書きましたが、正確には「広告出稿状況閲覧者」とでも言うべきでしょう。Aさんは広告設定が見られるだけで、支払いをしたり、カード情報を見たり書き換えたりは出来ません。

広告代理店やコンサルタントなどにGoogle広告出稿状況を共有したいときは、この「アカウントのアクセス権」という機能を覚えておくと良いでしょう。

今日は「Google広告を管理(情報閲覧)するユーザーを追加する方法」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所のセミナー予定を確認する

≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:23| Google広告・Yahoo!広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

Facebookの広告を問題報告する方法と対処後の画面

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

今日は鎌倉商工会議所様にてInstagram活用セミナー講師を務めます。既に満席とのことで、雨のなかご参加いただけますこと、大変ありがたいです。

さて今日は「Facebookの広告を問題報告する方法と対処後の画面」というブログです。

ひとりの利用者としてFacebookを見ていますと、感覚的に嫌悪感を覚えるような広告や、法令違反のような気がする広告が表示されることがあります。

この場合、その報告をFacebookに対して「報告」することができます。

「報告」すると、以後、その広告はあなたのニュースフィードに流れてこなくなる(もしくは出現頻度が下がる)ので、単純に、不快さが軽減されていきます。

同時に、Facebookに対して自動的に「当該広告はFacebookポリシー違反ではないか。再度、掲載を見直したほうが良いのでは」という申し立てを行うことになります。このことについてFacebookが「審査」し、ポリシー違反であれば当該広告が(あなたのニュースフィードに流れてこなくなるだけではなく)「削除」されることもあります。

以下、その手順を記載します。

Facebookポリシー違反
まず、嫌悪感を覚えるような広告や、法令違反のような気がする広告の右上「…」マークを押し、「広告を報告」を押します。
押した瞬間に、Facebookに対して違反報告(異議申し立て)が完了します。

Facebookポリシー違反
最初のステップ(報告を押した瞬間)にて「問題を報告」すること自体は完了するのですが、「不快な内容」「スパム」など、どんな違反だと思うかを細かに言ってあげることもできます。このステップは飛ばす(スキップする)こともできます。

Facebookポリシー違反
1〜2週間くらいすると、Facebookからお知らせが届きます。「審査したがポリシー違反ではなかった」ということも多いですが、上記のように「報告いただいた広告を審査したらポリシー違反だったので広告自体を削除した」旨の連絡があることもあります。

せっかくFacebookを楽しむのであれば、心地よく楽しんでいきたいですよね。

今日は「Facebookの広告を問題報告する方法と対処後の画面」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所の講演/セミナーの事例(テーマ)一覧
≫Amazonで今日すぐ使えるクーポン一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:18| Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

上手くいっているお店は「基礎力」があるということ

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

今朝は晴れていますが、夕方からお天気は下り坂のようです。だんだんと「梅雨」が感じられる空気になってきましたね。

さて今日は『上手くいっているお店は「基礎力」があるということ』というブログです。

色々なご相談者様から、「同業で、このお店はすごくネット活用が上手くいっていると聞いていますが、どんなところが良いと思いますか?」と聞かれることがあります。

スポーツでも勉強でも、上手に出来ているひとを参考にする、というのは至極当然な思いですよね。

そんな時にその「上手くいっている」お店様のホームページやSNS投稿を拝見しますが、そのネットの表面上で分かることで限って言えば、「やるべきことをきちんとやっているからですね」ということがほとんどです。

言い換えれば、ネット活用の基礎力があって、それをしっかり実践しているということでしょう。

スポーツや勉強では、いわゆる持って生まれた才能というのがあるかもしれません。
しかしネット活用というのは、そもそも、ここ20年位の話であって、ネット活用の才能を持って生まれるということはありません。

ですので単純に、ネット活用の基礎力があって、それをしっかり実践しているということに尽きるのだと思います。

繰り返しお伝えしていますが、ホームページコンサルタント永友事務所は、その「ネット活用の基礎力」をお伝えし、実践の伴走をするのがお仕事です。
「基礎力」はとても地味ですので軽んじられることもありますが、そういうひとも、見ていますと、次第に「基礎的なことが大事」という言及に変わったりしています。

おこがましい言いかたで申し訳ありませんが、永友が行うセミナーレジメは「ネット活用の基礎力」のことを書いていますので、捨てずに保管してずっと使っていただきたいと思って作っています。
もちろん私に限りませんが、商工会議所や商工会で行われるようなネット活用系のセミナーは基礎力を重点的に話されると思いますので、参加したことがないかたは、お近くの商工会議所や商工会のセミナーに足を運んでいただきたいと思っています。

今日は『上手くいっているお店は「基礎力」があるということ』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定を確認する
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:59| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

お客様を書き出してみる

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

地元藤沢では良いお天気が続いています。好天を梅雨までに存分楽しみたいですね。

さて今日は「お客様を書き出してみる」というブログです。

とある小売サービス業様から、「最近、SNS投稿やWeb発信に迷いが生じているので」と、ご相談をいただきました。

この小売サービス業様は前向きで、従来から発信度合いも多いですが、

・各SNSツールで同じような投稿をしているが(自動連携をしているが)それでよいのか?
・もっと投稿を増やしたほうが良いのか、どうか?

そして何より、

・新規来店につながっていないようにも感じるが、投稿内容はこれでよいのか?

というお悩みがありました。

非常に、もっともなお悩みですよね。

色々ご提案をさせていただいたのですが、その中の一つに、

・Instagramのインサイトでユーザー像を確認し、それと合致する「既存のお客様」を書き出してみましょう

というご提案をさせていただきました。

そもそも、お店に共感した。商品を気にいった。投稿内容に共感した。そういうことがあって、「フリー客」が「新規客」に、そして「既存客」になるんですよね。

その意味ではいまの既存客も、もともとは「フリー客」や「新規客」だったわけです。

ですので、これは繰り返しいつもお伝えしていることになりますが、

・このような既存客に喜ばれていますよ

ということを発信することが、じつは「フリー客」「新規客」を誘引するメッセージになる
のですね。

つまり「既存客を想定し」「既存客のようなひと」に向けて発信することが、もっとも効率よいWeb集客ではないかと思います。

途方もない、まったく想定していない層から新規注文が来ることは、ほぼ無いと思います。
※仮に想定していなかったとしても、実際には「既存客に似ている」ポイントは必ずあると思います

この「既存客を想定し」について、頭の中で考えることはすぐできますが、「紙に書き出す」ことがポイントです。

頭の中で考えただけでは、そうすべきであることを忘れてしまいますし、なにより、他のスタッフも同じようにブレずに発信するためにも、明確に「お得意様(がどんなふうに喜んでいるか)を紙に書き出す」ことが大切であると思います。

そして何かSNS投稿をするときや、ブログ等Web発信をするときは、その「お客様を箇条書きにした紙」を見て発信内容・表現を決めればよいと思います。もう、迷うことはなくなります。
いきなり画面に向かってウ〜ンとなるよりも、よっぽど効率的な発信ができることでしょう。

この小売サービス業様は、その後、生き返ったようにSNS発信を強化しています。そして明確にしっかりと「既存客のエピソード投稿」に改善されていますので、ますます今後が楽しみです。
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:57| ペルソナシナリオ法でのHP改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

社員・協力会社社員向けSNSリスク研修

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

今日は「社員・協力会社社員向けSNSリスク研修」についてです。

先日、とある企業様より「自社社員と、協力会社の社員を対象にSNSリスクについての研修講師をしてほしい」というご依頼をいただきました。

会社様の総会や、年に一度の決起集会、また建設業の安全大会など、社員様が一堂に会する場において「SNSリスクコンプライアンス研修」をお考えになる企業様が多くなってきているのでしょうか。

SNSリスクコンプライアンスについては、従業員にDVDを見せたり、冊子を配るだけでは意味をなさないと思います。

運転免許の書き換え(更新)をした方はご存知の通り、更新免許の手続きなどを待つ間、安全運転についての冊子をもらったり、安全運転のDVDを見る時間が必ずありますよね。
でも、交通事故は無くなりません。

これはつまり、「知識」を伝えるだけでは注意喚起の意味をなさないことを端的に表していると思います。

SNSリスクの問題は、実際には「個人の心掛け」の部分に大きく依存します。

SNSリスクについて気をつける習慣を持ち、それを維持するためにも、定期的にSNSリスクについて注意喚起、啓蒙する研修が必要なのだと思います。

今日は「社員・協力会社社員向けSNSリスク研修」についてでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所ご相談者様の感想
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 07:44| 中小企業のSNS活用・SNSリスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

【5/21鎌倉】Instagram活用セミナー

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

今日はInstagram活用セミナーのご案内です。

5/21(火)に鎌倉商工会議所様にてInstagram活用セミナー講師を務めさせていただきます。

Instagramで「いいね」や「フォロワー」を増やすのはとても簡単です。しかし「申し込み」「問い合わせ」等は「いいね」や「フォロワー」の数に比例しません。新規のお客様に出会うために外せないポイントが1点だけありますので、それを中心にお伝えします。

併せて昨年から再度見直されている感がある「Twitter」について、重要な2点をお伝えしていきます。

18:30開始で、お仕事帰りにご参加いただけます。受講料は無料です。
私も楽しみにしています!

鎌倉商工会議所様のセミナー情報等は鎌倉商工会議所様のFacebookページをご覧ください。
https://www.facebook.com/kamakuracci/

今日は【5/21鎌倉】Instagram活用セミナーについてのご案内でした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所ご相談者様の感想
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:35| Instagram活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

SNSで過去記事を紹介してみる

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

今日は「SNSで過去記事を紹介してみる」というブログです。

ブログはネット上にストックされ、理論上は”半永久的に”アクセスを得ることができる媒体です(サーバのことを考えなくてはいけませんが…)。

基本的には、ブログは「ストックされたブログ記事にアクセスがあるのを待つ」というイメージで使うものです。

もちろんそれが基本ですが、

・経営(営業)上、とても重要なことを書いた記事
・季節的に、まさに今、読んでほしい記事

などは、昔書いたものとはいえ、それをSNSで告知することで、新たなアクセスを得ることもできます。

ですので、「これは昔書いて、もうみんな知っているだろうから…」とかではなく、SNSで告知(リンク等)して、改めて知らせていただければと思っています。

あなたのことをSNSでフォローしている人は、仮にですが「あ、このブログは前にも見たな」と感じても、否定的な感情を抱くことは少ないでしょう。むしろ、新しい方々に改めて知っていただくチャンスと考えたほうが良いと思います。

ということで、今日は「SNSで過去記事を紹介してみる」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定を確認する
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 06:00| ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

東京オリンピック・パラリンピックチケット購入に必要な「TOKYO 2020 ID」は先に取得を

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

今日から東京オリンピック・パラリンピックチケットの「抽選申込」が始まりましたね。

チケット購入(正確には「抽選申込」ですが)のページから、各競技の日程等を確認しようと思ったのですが、詳細を見るには「TOKYO 2020 ID」が必要になります。

私はまだTOKYO 2020 IDを取得していなかったので、チケット購入ページからIDの新規登録ページに移動し、TOKYO 2020 IDの新規取得をしました。

予想はしていましたが、TOKYO 2020 IDの新規取得をしたあとでも、ログインしていない状態でチケット購入ページ(のトップ画面)に戻ってしまいました。つまりまた「並び直し」になるのですね。

報道されていますように、いまその「ログイン」自体が混雑で出来ない状態ですので、私はまだチケット購入(正確には「抽選申込」ですが)ができない状況です。

これから東京オリンピック・パラリンピックチケットの購入(正確には「抽選申込」ですが)を予定されているかたは、まずはTOKYO 2020 IDを取得し、「ログインができた状態」になったうえで、購入(抽選申込)のダンドリに進まれることをお勧めします。
※とりあえずログインができないと始まらないわけですね

IDの取得は、https://tokyo2020.org/jp/games/ticket/id/ から行います。

今日は『東京オリンピック・パラリンピックチケット購入に必要な「TOKYO 2020 ID」は先に取得を』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫Amazonで今日使えるクーポン一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 11:55| パソコン・周辺機器・WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

商工会SHIFT、今年度の「新元号」対応は無し

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

今日で”超”大型連休が終了です。それぞれの過ごし方があったことと思います。

さて今日は『商工会SHIFT、今年度の「新元号」対応は無し』というブログです。

商工会「SHIFT」(シフト)は、商工会会員だけが使える無料ホームページサービスです。いわゆる「検索エンジン対策」にも強いことから、商工会会員様は多数お使いのことと思います。

そのSHIFTですが、今年度の「新元号」対応(システム変更)は無し、というアナウンスがされています。ログイン後の管理画面「お知らせ」欄に掲載されていますので、ご確認ください。

https://ec.shokokai.or.jp/cmsdb/login.php

今日は『商工会SHIFT、今年度の「新元号」対応は無し』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所の「業種別」ご相談事例を見る
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 16:09| 商工会HPサービス「SHIFT」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.