講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2019年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫

2015年01月04日

リニューアルした商工会SHIFT(シフト)の「新テンプレート1および2」の注意点

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

昨日のブログ記事(リニューアルした「商工会SHIFT(シフト)」のシステム動作条件)に引き続き商工会SHIFTの話題ですが、

・リニューアルした商工会SHIFT(シフト)の「新テンプレート1および2」の注意点

というブログを書きたいと思います。

2014年12月にリニューアルした商工会SHIFTですが、変更点のひとつが

・3種類の「新テンプレート」も選択できるようになった

ということが挙げられます。

従来のテンプレート(ひな型)は「クラシック」という分類のテンプレートになり、これも引き続き選ぶことができます。
「新テンプレート」は2カラム構成になり、メイン部分とサイド部分に分かれて表示される形になります。

どのテンプレート(ひな型)を選んでも良いですし、またいつでも変更ができますが、「新テンプレート1および2」の場合はちょっとした注意点がありますので、留意しましょう。

それは、

・メイン記事の添付画像は、強制的に横位置の「4:3」の画角になる(リニューアルしたSHIFTのVersion 1.0.0において)

ということです。

例えば商工会員の酒販店様がSHIFTを利用する場合、メイン記事の添付画像として一升瓶やワインの瓶の写真(縦長の写真)などを使うことが少なくないと思いますが、「新テンプレート1および2」のメイン記事の添付画像は、強制的に横位置の「4:3」の画角になりますので、瓶が上下につぶれたような写真になってしまうのです。

画像の縦横比が変わってしまうことを「変倍」といいますが、「新テンプレート1および2」のメイン記事の添付画像は、強制的に横位置の「4:3」に変倍される、ということになります。

もっとも、スマホを横に構えて写真を撮れば自然に横位置の「4:3」の写真(例えば3264ピクセル×2448ピクセル)になりますので、その写真をSHIFTに使う場合は心配することはないでしょう。
一方、正方形や縦位置の写真を「新テンプレート1および2」のメイン記事の添付画像として使うことは、ちょっと難しいということを覚えておかれるとよいでしょう。
なお、「新テンプレート3」では、写真(メイン記事の添付画像)は変倍しませんので安心ですね。

商工会SHIFT(シフト)活用については他にもブログで書いていますので、併せてご覧いただければ幸いです。
≫商工会SHIFTに関するブログ一覧

今日は『リニューアルした商工会SHIFT(シフト)の「新テンプレート1および2」の注意点』というブログでした。
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所Facebookページでも情報発信を行っています
posted by わかりやすいコンサルタント at 20:40| Comment(0) | 商工会HPサービス「SHIFT」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.