講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2019年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫

2018年11月08日

ホームページのメンテナンスとは、何をすること?

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

やはり11月に入り、寒くなってきましたね。寒いのは苦手です。桜が咲くまでじっと我慢の時期が続きます(笑)。

今日は「ホームページのメンテナンスとは、何をすること?」というブログです。

「担当者が退職してしまい、ホームページのメンテナンスができない」

などの声をよく聞きます。

ほとんどの中小企業様は、Web担当者を専任でつけているところはありません。たいていの場合、営業や経理、総務などの部署のかたが兼務していることが多いです。
そしてその兼務する理由として「若いのでパソコンに詳しそう」「個人的にブログを運営しているらしい」などの理由で任せられることが多いようです。

つまり、属人的なのですね。その個人に依存してしまうわけですね。

で、万が一その担当者が退職してしまうと、途端に「ホームページのメンテナンス」ができなくなってしまいます。

ひとくちに「ホームページのメンテナンス」といっても多岐にわたるので、ここで整理をしておこうと思います。

(1)情報の加筆修正
・新着情報を追加する
・料金を変更する(税額の変更など)
・役員名簿を加筆修正する
・設備一覧を加筆修正する

(2)コンテンツの追加
・新しい商品、サービスのページを追加する
・セール、キャンペーン情報(ページやバナー)を追加する

(3)いま求められている仕様への変更
・SSL化(常時暗号化)する
・いわゆるスマホ対応にする

(4)契約の更新
・レンタルサーバーの契約を更新する
・ドメインの契約を更新する
・SSLの契約を更新する

(5)機器、ソフトウェア類、ホームページ運営方法の見直し
・パソコンが古すぎて、動作が重い場合には、新しいパソコンの購入を検討する
・従来はホームページビルダー等のソフトでホームページを編集していたが、それが最善かどうかも含めて相談、見直しをする

永友事務所によく寄せられる相談は、最後の「従来はホームページビルダー等のソフトでホームページを編集していたが、それが最善かどうかも含めて相談、見直しをする」という部分です。

ホームページ編集をしていく方法について何が最適かは、その企業様の内部環境、外部環境によって大きく変わってきます。それをヒアリングしながらご提案をしています。

逆に、永友事務所は制作会社ではないので、(1)〜(4)のような事項は、地域のホームページ制作会社さんに相談することをお勧めしています。制作会社さんのアテが無ければ、中立的斡旋をしています。

内容や運営方法の見直しをしていない、いわゆる「メンテナンスが出来ていない」ホームページは、貴社の魅力やブランドを低下させ、またコストにも跳ね返ってきます。
ホームページは、「育むもの」です。着実にメンテナンスをして、貴社の魅力を存分に伝えていきましょう。

今日は「ホームページのメンテナンスとは、何をすること?」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所に寄せられる相談事例をご紹介しています
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 06:00| ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.