講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2018年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2017年07月13日

どちらを選ぶべき?LINE@(ラインアット)の『一般アカウント』と『認証済みアカウント』

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今週は遠方への出張が多くなっています。
火曜日は長崎県の諫早商工会議所様で「訪問客を増やすホームページ改善術」セミナー講師、水曜日は宮崎県にて小売サービス業様のコンサルティング、今日は兵庫県の加古川市で小売サービス業様のスタッフ様勉強会講師です。

さて今日は「どちらを選ぶべき?
LINE@(ラインアット)の『一般アカウント』と『認証済みアカウント』」というブログです。

LINE@(ラインアット)はお店や会社のLINEです。LINEというメディアを使って、貴店のお客様と様々なコミュニケーションが図れます。

メインは「トーク」機能で、「友だち」(この場合は、貴店のLINE@に友達登録した人)に各種PRメッセージを送ることができます。お得情報、特別情報などを送ってリピートを図るのが基本的な使いかたになりますね。

このLINE@(ラインアット)ですが、アカウント(利用登録) の種類が2種類あるのをご存知でしょうか?
「一般的アカウント」は、個人・法人問わず誰でも取得できるアカウントです。
「認証済みアカウント」は、ライン社の審査を通過したアカウントです。

で、この2種類のアカウントの一番大きな違いは、

・LINEアプリ内でのキーワード検索結果に載るのかどうか

の違いです。もちろんキーワード検索結果に載るのは「認証済みアカウント」のほうです。公式アカウントを探すときに、キーワード検索で出てくるのが認証済みアカウントということになります。

言い換えれば、認証済みアカウントにするとキーワード検索結果に「出てしまう」ということになります。

つまりWeb活用の実務上、「自社アカウントがLINEアプリ内でのキーワード検索結果に出て良いのかどうか?」で、一般アカウントと認証済みアカウントを選べば良いと思います。

ちなみに昨日コンサルティングをさせていただきました宮崎県の小売サービス業様は、「LINEではもっぱら会員様(お得意様)に向けて情報発信をするので(会員特典など)、検索に乗らない一般アカウントにしておきます」と仰っていました。
なお一般アカウントを選んだ際は、まさしくキーワード検索結果には出てこないので、
・発行されるQRコードをお客様(お得意様)に見せて、友達になってもらう
という取り組みが必須です。

今日は「どちらを選ぶべき?LINE@(ラインアット)の『一般アカウント』と『認証済みアカウント』」というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

posted by わかりやすいコンサルタント at 15:14| LINEの利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

1:1トークモードの無効と有効の切り替え方法

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今週はクローズドセミナーが3つ、企業研修(社員研修)が1つあります。お役に立てますように頑張ります。
お天気は崩れないみたいですね。

さて今日は「1:1トークモードの無効と有効の切り替え方法」というブログです。

LINE@(ラインアット)はお店や会社のLINEです。LINEというメディアを使って、貴店のお客様と様々なコミュニケーションが図れます。

いわゆる「トーク」機能で、「友だち」(この場合は、貴店のLINE@に友達登録した人)に各種PRを送ることができます。お得情報、特別情報などを送ってリピートを図るのが基本的な使いかたになりますね。

もう一つ、場合により効果的なのは「1:1トークモード」を使うことです。
ユーザーと1対1で(他ユーザーに見られることなく)メッセージのやり取りを行うことができます。

このLINE@「1:1トークモード」では、お客様の立場からすると「質問にはできるだけ早く答えてほしい」と思うのが自然ではないでしょうか。例えば「今日の19時から施術は受けられますか?」と質問した場合は、できるだけ早く回答が欲しいというのが当然でしょう。

数分以内に、ということではなく、遅くても質問から1時間以内くらいには何らかの回答が欲しいですよね。

このように、LINE@「1:1トークモード」は、

・スマホやパソコンでLINE@「1:1トークモード」のメッセージを比較的こまめにチェックすることができるお店

に活用いただきたい機能です。

この機能を使う(有効にする)または使わない(無効にする)という操作(1:1トークモードの無効と有効の切り替え方法)は、LINE@のオンラインマニュアルに掲載されています。
http://manual-at.line.me/archives/1020691156.html

対応できない時間帯を設定する、などの細かい操作もできますので、1:1トークモードの機能を今一度確認してみてくださいね。

今日は「1:1トークモードの無効と有効の切り替え方法」というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所セミナー予定を確認する
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:38| LINEの利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

機種変更後にLINE@(LINEアット)アプリを立ち上げたときの注意点

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

まだ4月で年間予定が決まらない(決裁されない)団体様が多い中、来年1月のセミナー打診をいただいていて驚いています。中小企業様のWeb活用について、わかりやすくしっかりとお話ししたいです。

さて今日は「LINEの利用」のカテゴリで

・機種変更後にLINE@(LINEアット)アプリを立ち上げたときの注意点

というブログです。

一般的な、個人で利用するLINEとは別に、各種情報発信やビジネスで利用できるLINEである「LINE@」(ラインアット)というものがあります。
http://at.line.me/jp/

この「LINE@」(ラインアット)ですが、スマホの機種変更をした直後にLINE@(ラインアット)アプリを立ち上げると、当然ながら「LINE@」(ラインアット)のログイン画面が改めて出てきます。

ここで細かい話ですが、

・LINE 始める
・LINE ログイン

という2つの選択肢が出てくるのですが、今まで「LINE@」(ラインアット)を使っていたユーザーは、うっかり

・LINE ログイン

に進みたくなります。

が、ここで多くの場合「パスワードが違います」と出てきてしまいます。困ったり混乱して、LINEのパスワードを変更したりしますが、「LINE ログイン」に進む以上、「パスワードが違います」という表示が延々と出てきます。

結論的には、

・以前から「LINE@」(ラインアット)を使っていたユーザーは「LINE 始める」のほうに進む

ことで、すんなりと、以前の「LINE@」(ラインアット)アカウントを使うことができます。

スマホの機種変更をした直後にLINE@(ラインアット)アプリを立ち上げ、「パスワードが違います」と出てきて困っているかたは多いと思いましたので、書かせていただきました。

「LINE 始める」「LINE ログイン」って、すごく紛らわしいメニューですよね。ログインアカウントが既にあるユーザーは、つい「LINE ログイン」に進みたくなりますが、機種変更後もLINE@(ラインアット)を引き続き使う場合は「LINE 始める」のほうですので注意してください。

今日は機種変更後に『LINE@(LINEアット)アプリを立ち上げたときの注意点』というブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所「初めてのかたへ」ページを見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 11:02| LINEの利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.