講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2019年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫

2019年06月03日

Pinterest(ピンタレスト)は『いつ見ても価値がある』コンテンツに向いている

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。
お一人でWeb運営をしている中小企業経営者様に「具体的でわかりやすい」Web改善のアドバイスとサポートをさせていただいております。

さて今日は「Pinterest(ピンタレスト)は『いつ見ても価値がある』コンテンツに向いている」というブログです。

Pinterest(ピンタレスト)は自分が好む写真をクリップボードに貼り付けて、眺めて楽しむサービスです。
他のユーザーと交流することはほとんどなく、その意味で「SNS」というカテゴリに入れるのはやや合わないようにも思いますが、ともあれ、海外では人気のSNSになっています。

自分が好む写真を収集し眺めることができるわけですが、それだけではありません。
収集した(あるいは閲覧した)写真に基づき、Pinterestから「このような写真が好みなのではないでしょうか」のように、自動的にどんどんと写真を提案してくれるのです。

Pinterestを開くと、その「Pinterestから提案された(自分好みの)たくさんの写真」が溢れるほど表示されます。

その写真(画像)には説明文をつけることもでき、また他のWeb媒体へのリンクも張ることができます。これは主に閲覧者がつけるのではなく、元々その写真をPinterestにアップしたユーザーが付けます。

換言すれば、「画像をきっかけにして、自社ホームページなどに誘導することができる」ことを意味しています。

例えばPinterestで「ソファ」の写真をよく見るユーザーには、自動的に「ソファ」もしくはソファを含むインテリアの写真がどんどん表示されます。
そこで何かの写真にピンときたユーザーは、その写真をクリックし、場合により、もともとその写真が掲載されていたホームページ等にアクセスができるのです。

このPinterestでの「写真の提案」は、その写真が最新のものか(最近投稿されたか)は、ほとんど関係しません。
逆に言えば、『いつ見ても価値がある』写真は、その投稿が古いか新しいかに関係なく、ずっとアクセスを得ることができそうです。

・レシピ
・観光
・ファッション
・インテリア
・花
・宝飾品
・家事などライフハック情報(掃除のコツなど)

このような、いつでも参考にしたくなる種類の写真をアップできる事業者様は、Pinterestの利用を検討なさってはいかがでしょうか。

今日は「Pinterest(ピンタレスト)は『いつ見ても価値がある』コンテンツに向いている」というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

posted by わかりやすいコンサルタント at 13:30| Pinterest(ピンタレスト)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

Pinterest(ピンタレスト)のハッシュタグ機能をユーザーの立場で使うメリットとは?

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

山梨県の通信コンサルティングのご相談者様が、ブログ開設から数日で50近くの記事を投稿なさっています。
やはり覚悟がある事業者様は行動が違いますね。素晴らしいことです。

さて今日は「Pinterest(ピンタレスト)の商用利用」のカテゴリで「Pinterest(ピンタレスト)のハッシュタグ機能をユーザーの立場で使うメリットとは?」というブログです。

Pinterest(ピンタレスト)は、眺めて楽しむ画像検索ツールです。
私(永友一朗)のピンタレストアカウントはこちらです。
https://www.pinterest.jp/ichironagatomo/

Pinterest(ピンタレスト)は高度な画像検索システムがあるようで、任意の画像を閲覧すると、併せて関連する画像がたくさん表示されます。
まさにそれは「関連性の高い」画像がほとんどで、Pinterest(ピンタレスト)の画像検索システムは素晴らしい技術であると思います。

同時に、やはり出来るだけピンポイントで、探したいイメージの画像を速やかに表示させたい場合は、文字検索機能を使うこともできます。

この文字検索は通常のキーワード、文章で検索できますが、ハッシュタグでも検索できます。

ここでお気づきのかたもいらっしゃると思いますが、「普通の文字列でも検索でき、関連する画像がたくさん出てくるのに、あえてハッシュタグ検索する意味はどこにあるの?」とお感じかもしれません。

結論的には、ハッシュタグをつけて検索すると、そのハッシュタグがついた新しいピンから順に表示されるのです。
ここでいう「新しい」とは、新製品とか最新ニュース、という意味ではなく、あくまで「新しくピンされた」という、ピン(投稿)の新しさです。

従って、「その言葉で、かつ、新しいもの(ピン)」を探したい時には、ハッシュタグを付けて検索すると良いでしょう。

今日は「Pinterest(ピンタレスト)のハッシュタグ機能をユーザーの立場で使うメリットとは?」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定を確認する
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:01| Pinterest(ピンタレスト)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

Pinterest(ピンタレスト)はInstagramからはピンできるがFacebookからはピンできない

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

関東甲信地方は梅雨明けしました。早いですね!水不足にならないように、願っています。

さて今日は「Pinterest(ピンタレスト)の商用利用」のカテゴリで「Pinterest(ピンタレスト)はInstagramからはピンできるがFacebookからはピンできない」というブログです。

Pinterest(ピンタレスト)は、眺めて楽しむ画像検索ツールです。
私(永友一朗)のピンタレストアカウントはこちらです。
https://www.pinterest.jp/ichironagatomo/

フォローする/されるという仕組みもあり、ピン(投稿)された写真にコメントを付けられるので、いわゆるSNSの部類に入ります。

しかし実際は、自分が好きな写真をピンして収集(ブックマーク)し、眺めて楽しむというのが主な使い方になるようです。

先日も書きましたが、ある意味本来の使い方以外にも、「Webサイトのアクセスアップ、ひいてはブランド認知向上や購入、来店促進に使えないか?」と考えるかたも少なくないと思います。

つまり自社サイト等に誘引したいと考える経営者様も、当然いらっしゃると思います。

で、確認したところ、
・Instagramの任意の画像はピンできる(=裏を返せば、Instagramに誘引することは出来る)
・Facebook(Facebookページ)の任意の画像はピンできない(=裏を返せば、Facebookに誘引することは出来ない)

という感じです。

試していただくと良いのですが、Facebook(Facebookページ)のURLを用いてピンしようとすると、(パソコンの場合ですが)以下のようなエラーメッセージが表示されます。

PinterestとFacebook

ちなみに、Pinterestの設定でFacebookに接続(連携)していても、Facebook(Facebookページ)のURLを用いてピンすることは出来ません。

この点で、疑問に思う経営者様が多いかと思い、ブログに書きました。
今日は「Pinterest(ピンタレスト)はInstagramからはピンできるがFacebookからはピンできない」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定を確認する
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧


posted by わかりやすいコンサルタント at 17:58| Pinterest(ピンタレスト)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

Pinterest(ピンタレスト)で紐づけができるWebサイトは現在1つのみ

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

今日も暑いですが、風が強いですね。

さて今日は「Pinterest(ピンタレスト)で紐づけができるWebサイトは現在1つのみ」というブログです。

私はPinterest(ピンタレスト)でジャケットとネクタイのコディネート、また革靴の写真を眺めて日々恍惚としています。
基本的にはPinterest(ピンタレスト)は、眺めて楽しむ画像検索ツール、だと思います。
https://www.pinterest.jp/ichironagatomo/

Pinterest(ピンタレスト)ですが、楽しみかたについてはjigen_1さんの記述が非常に詳しく、また楽しいのでお勧めです。

Pinterest(ピンタレスト)を、「眺めて楽しむ」という、ある意味本来の使い方以外にも、「Webサイトのアクセスアップ、ひいてはブランド認知向上や購入、来店促進に使えないか?」と考えるかたも少なくないと思います。

Pinterest(ピンタレスト)は画像検索ツールです。またその画像には通常、URLが紐づきますので、その「画像」から任意のWebサイトにアクセスを流すことはじゅうぶん考えられます。

Pinterest(ピンタレスト)は法人向けアカウントという、ビジネスアカウントに無料で移行することができます。法人向けアカウントと言っていますが、個人事業主である私も法人向けアカウントに移行することができました。要するに商用アカウントです。

この法人向けアカウントでは、自分が運営するWebサイトを登録することができます。またその「自分が運営するWebサイト」から画像がPinterest(ピンタレスト)にピンされた回数等について、「Pinterestアナリティクス」で確認することができます。

で、ここからが本題なのですが、「Pinterest(ピンタレスト)で紐づけができるWebサイトは現在1つのみ」なので注意が必要です。

Pinterestアナリティクスで閲覧データを確認できる、つまりPinterest(ピンタレスト)で紐づけができるWebサイトは一つなので、複数のWebサイトを持つサイト運営者は慎重に当該Webサイトを選んでいきたいところですよね。

今後また仕様(規約)が変更されるかもしれませんが、現時点(2018.6.27)では、紐づけができるWebサイトは一つです。複数設定できるように思うかたが多いかなと思い、記事を書きました。

今日は『Pinterest(ピンタレスト)で紐づけができるWebサイトは現在1つのみ』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のホームページコンサルティング事例を見る
≫【現在割引中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧を確認する
posted by わかりやすいコンサルタント at 10:15| Pinterest(ピンタレスト)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

cool!が伝播する画像SNS「Pinterest」(ピンタレスト)

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は『cool!が伝播する画像SNS「Pinterest」(ピンタレスト)』

というブログです。


ツイッターやFacebook上で話題になっているSNSに
「Pinterest」(ピンタレスト)というものがあります。

http://pinterest.com/

ひとことで言えば、「カッコいい!」「かわいい!」「素敵!」など
自分が好みの「画像」をネット上に貼り付けられるサービスです。

基本的には他のユーザーからの「招待制」ですが、「Request an Invite」
という赤いボタンからPinterest本部に招待を依頼することが出来、
私もその方法で、数日でアカウントを作ることが出来ました。

自分のホーム画面には、ボード(Board)をいくつも貼ることができ、
その種類ごとのボードに、好きな画像を貼っていきます。

そして自分がアップロードした画像(写真)だけではなく、他のユーザーが
投稿(Pin)した画像を自分のボードにコピーして貼り付ける(Repin)
することが出来るので、まさに自分のお気に入りの画像に囲まれて
過ごすことが出来ます。

Pinterest

もちろん、自分が撮影して自分のボードに貼り付けた写真が
他のユーザーにRepinされることもあります。

私は緑色が好きで、緑色の植物、食べ物、建物等をずっと撮りためています。
先日、その一部をボードに貼り付けたところ、貼り付けて数分で、見ず知らずの
海外のユーザーに「Repin」されました。

自分が「いい!」と思った色、構図、内容が、言葉の壁を越えて
認められるという感覚。これは本当に嬉しいです(笑)

さてこの画像には、基本的にそれぞれURLがリンクされます。
そのURLをたどれば、その画像が元々、どこのホームページにあったものか
を知ることが出来ます。

Pinterestは、あくまで個人利用がメインだと思いますし
公式的にも、Pinterestのアナウンスとして「宣伝にあたるような投稿は
出来るだけ慎むように」と釘が刺されています。

その上で、あえて「Pinterestの商用利用」という点を考えれば
以下のような使い方が挙げられるのではないでしょうか。

・オリジナル家具、器などの作者が、自分の作品のプロモーション
のためにPinterestを使う

・寿司、和菓子などの「日本的な」商材を海外に知らしめるために
Pinterestを使う

・書籍の筆者が、アマゾン等へのリンク目的でPinterestを使う

・フラワーアレンジメント等を行うお花屋さんが、プロモーション
目的でPinterestを使う

・フォトグラファーが、自分のプロモーション目的でPinterestを使う


ともあれ、自分が気にいった写真に囲まれるのは心地よいことです。
ぜひ、Pinterestを使ってみてくださいね。

今日は『cool!が伝播する画像SNS「Pinterest」(ピンタレスト)』
というブログでした。
ご参考になれば幸いです。

>永友一朗Pinterestページ
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧

posted by わかりやすいコンサルタント at 14:34| Comment(0) | Pinterest(ピンタレスト)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.