講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2017年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2010年03月16日

きょう、卒園式のあなたへ

きょうは卒園式ですね。

おめでとう!

1才になるまえから、保育園に行きましたね。

はじめは 家のちかくの保育園だったけど
とちゅうから 駅のはんたいがわの保育園になったね。
あるくのが ちょっとたいへんだったね。

6年は あっというまだったね。

お父さんも お母さんも、あなたといっしょに
たくさんの思い出ができました。


どうも ありがとう。


もうすぐ 小学校のあなたに、ふたつ、
言っておきたいことがあります。


それは、これから であうこと、
であう人、しっぱいや うまくいったこと。
あなたがいっしょうけんめいに かんがえること。

ぜんぶ、やくにたつことだよ

これは本当のことだよ。

お父さんは、あなたの6ばいも ながく生きています。

だからしっているんだよ。

それから、もう一つ。

これからすごしていくと、思ってもみなかったことや、
本当はこうなりたくなかった ということが
かならず 出てきます。

かならずです。

でもそれは さっき言ったように、そのときに
けいけんしておくものだから、そのときにあらわれる
チャレンジもんだいです。

チャレンジもんだいだから、チャレンジしてみよう。

もちろん、にげても良いんだよ。

お父さんも、にげたことが たくさんある。

でも

おもしろいくらいに、そのもんだいが、また
あらわれるんだよ。

かならずです。

だから、まずはあなたなりに かんがえて
チャレンジしてみよう。

この時に いっしょうけんめいにかんがえておくことが
あとでやくだつよ。


あなたのおかげで いま お父さんもお母さんも
藤沢と 平塚の おじいちゃん おばあちゃんも
たくさん しあわせをもらっています。

あなたがたのしくて いろいろチャレンジすることで
まわりのみんなも たのしくなるんだよ。
みんなが たのしいほうが いいよね。



お父さんは 小さいころ とても弱かったから
あなたには ぶどうを やらせたかった。
だから、剣道をはじめたいと言ったときは、
お父さんはとてもうれしかったです。

はじめは いやがっていた保育園だったけど
こんなにたのしく すきになったね。

だから、小学校も きっとすきになるよ。

きょうは 卒園おめでとう。
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:00| Comment(0) | 子供から学ぶこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

子育てとコンサルティング

おはようございます。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は久々に『子供から学ぶこと』のカテゴリ、

『子育てとコンサルティング』

というテーマです。

私には6歳と2歳の子供がいます。二人とも男の子です。
家人も働いていますので、保育園に行かせています。

私は現在、実家と自宅を併用して仕事場にしていますので
保育園の送迎は私が担当です。
そのほか、家事/子育ては、家人と私の両方が担当します。
それが当然と思ってきたので、子育て自体が嫌だと
思ったことはありません。

そして以前にも書きましたが、子育てはコンサルティングに
非常に通じるものがあると思っています。
まさに、子育てから私が学んでいる。そんな感じです。

子供への接し方を、新米パパ(もう6年もやっていますが…)
として苦慮して試行錯誤するうちに、

・子供への「愛情」のかけ方と、ご相談者さまへの
「配慮」の仕方はほとんど同じ

ことが分かってきました。

例えば、

・まず、相手(子供/ご相談者さま)の意見を聴くことが大事

・どんなケースでも相手(子供/ご相談者さま)に悪気はない

・答えは相手(子供/ご相談者さま)が持っていることが
 ほとんどで、私はその「引き出し」をする

・どんなケースでも、いったん、相手(子供/ご相談者さま)
 の意見を尊重する

・「発見」することが進歩や喜びにつながる。私は
 相手(子供/ご相談者さま)が「発見」したときは大いに褒める

・未来の見通しを示すことが大事

・いま確実に「良くなっている」(進んでいる)ことを伝える


色々偉そうに書きましたが、私も人間です。急いでいる時や
イライラするときは、完璧にこういう態度をとるかは
わかりません。

ただ、繰り返しになりますが、子育てを通じて、私の
コンサルティングの態度(構え方)が醸成されたのは
事実だと思います。

クリスマス前ですが、今日は休日。家族で楽しく過ごそうと
思います。

--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------

代表 永友 一朗
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

ビジネスブログコンサルティング
ホームページ作成会社選びの助言
ホームページに関する社内会議同席
ホームページ制作業者選定コンペ同席
永友一朗講演/セミナーの実績と予定

お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:00| Comment(0) | 子供から学ぶこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

「飛び出しキケン」の少年は野球かサッカー

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

このブログは、
・企業ホームページ運営に関してご心配やお悩みを持って
いらっしゃる中小零細企業さま(特に初心者/入門者の方)
・HP制作業者とやり取りしているが、中立な第三者の意見が欲しい方
を思い浮かべながら書いています。

今日は、久々に『子供から学ぶこと』のカテゴリ、

『「飛び出しキケン」の少年は野球かサッカー』

というテーマです。

今日は休日。いつものように家族でサイクリングです。
※自家用車を持っていないのです!ぎゃふん!

大船方面から寺分、西鎌倉(いずれも鎌倉市です)から片瀬、
鵠沼を周るルートでした。
山がちで、結構な運動になりました。

途中、鎌倉中央公園の近くで、後ろに乗っている長男が
看板を見つけて言いました。

「お父さん、『飛び出しキケン』の少年はいつも野球か
サッカーだね」

そう、ボールを追いかけて道路に飛び出し、車が轢きそうに
なっている…という”よくある”看板のことです。

この、

・「飛び出しキケン」の少年は、いつも野球かサッカー

という単純なポイントですが、「効果的なメッセージング」を
考える上で、大変重要なことを示しています。



・なぜ、ハンドボールやバスケットボールではないのか?

・なぜ、この定型的な場面をずっと使い続けるのか?


今日は、答えを書きません。ぜひ、あなたなりの答えを
見つけてくださいね。

--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------
▼中小企業HPの第三者評価、セカンドオピニオン
▼HP運営初心者・入門者に特化したアドバイス
▼安心の「30日間の完全返金保証制度」付きコンサルティング

代表 永友 一朗
【主たる連絡先:藤沢駅前事務所】
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
【本社】
〒251-0001 神奈川県藤沢市西富583-2
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 22:41| Comment(0) | 子供から学ぶこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

「地球を大事にしなきゃね」

こんばんは。中小企業のホームページコンサルタント・永友一朗です。

最近は涼しいというよりも、肌寒くなってきましたね。
風邪をひかないように、お互い気をつけていきましょう!

さて当ブログですが、今後は永友の本当の雑感(ささいな考えごと)を
中心にしていこうと思います。

メッセージ、WEBマーケティングなどは、別ブログ
『お客様へのメッセージ』、思い通り伝わっていますか?
で展開していこうと思います。
よろしくお願いいたします。

さて今日は長男(5さい)の言葉からです。

長男「道ってどうしてできたの?」
私 「地球には最初から道はなかったんだよね」
長男「ふ〜ん、じゃあ、地球を大事にしなきゃね」

会話は成り立っていませんが(笑)、5歳でも
「地球を大事にしなきゃいけない」
ということを考え得るのだなーということを、妙に
感心してしまいました。

長男が他の5歳児と比較してどうだ、ということではなく
いま大人が「地球を大切にしよう」というとき、それは
「”これから”の地球が駄目になってしまわないように、
いま気をつけなくちゃいけない」というトーンになりがちですが
長男の発言は当然今後のことを見据えたものではなく
「”いままで長く営まれてきた”地球という星を、
尊び、大切にしなくてはいけない」というニュアンスだった
わけですね。

大人には出来づらいピュアな発想ですね。

子供からは、気付かされることが山ほどあります。
posted by わかりやすいコンサルタント at 23:18| Comment(0) | 子供から学ぶこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

千葉から来られるお客様

こんばんは。中小企業のホームページコンサルタント・永友一朗です。

今日は、我が家の模様替えをしました。
ラグ(カーペットのようなものですね)を買ってきて敷きました。
色は、私が好きなグリーンです(^^)v
子供部屋も少し整理ができました。

さて、こんどの水・木は私のホームページセミナーです。
そこに、千葉から来られるお客様がいるのです。


これだけで、もう感無量です。


私が子育てから学んだ(学んでいる)ことのひとつが、

 『時間を作り出すことの難しさ(逆にいえば、尊さ)』

です。

会社を経営されながら、私のセミナーのために、わざわざ時間を作って
受講してくださる。

丸一日時間を作ることが、いかに難しいか。
また、その1日だけでなく、その1日のために調整される、
諸々の事項。

その全ての力に、畏敬の念を抱くのです。

貴重な時間を頂戴している。それを自覚し、何倍にもして
返します。
貴重な時間をいただく引き換えに、絶対に、ホームページの
モヤモヤをスッキリに(どこかの番組みたいですが)して
帰っていただきたいと思っています。

私自身も、わくわくしています!
posted by わかりやすいコンサルタント at 22:25| Comment(0) | 子供から学ぶこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

子供が、耳から入る知識。

こんばんは。ホームページアドバイザーの永友一朗です。

今日、5歳の長男と一緒に、あるものの数を数えていた時です。

「24、25、26、28…」
「あれ、27が抜けたよ」
「?…24、25、26、28…」

7や17は数えられるのに、「27」が抜かされています。

これは何を意味するか?

7は、0足す7。17は、10足す7。
そういう法則性を理解しないまま、「音」で覚えている
わけですね。

論理性を身に纏ったオトナが忘れかけた、子供の理解プロセス。

子供に訴求するには、ロジックではなく、リズムが大事かも
しれませんね。
posted by わかりやすいコンサルタント at 22:09| Comment(0) | 子供から学ぶこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.