講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2018年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2019年01月07日

「Eight」(名刺管理サービス)からのメールを配信停止する方法

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

今日は『「Eight」(名刺管理サービス)からのメールを配信停止する方法』というブログです。

以前に名刺交換をさせていただいたかたが「Eight」(名刺管理サービス)にユーザー登録しているようで、私の名刺を「Eight」に登録なさっているようです。

それはそれでよいのですが、私は「Eight」にユーザー登録をしておらず、今後も利用するつもりはありません。

そんななか、私自身は「Eight」に登録をしていないのに、

『▲▲株式会社の●●●●さんから役職変更のお知らせが届きました』

のようなお知らせメールが「Eight」から届くことがあります。

私がユーザー登録をしている(「Eight」を使う意思がある)のであれば、とてもありがたい通知です。
しかし、「Eight」にユーザー登録をしておらず、今後も利用するつもりがないのに「通知」が届き続ける、という仕様は甚だ疑問です。

そのような、「Eight」(名刺管理サービス)から意図せず届いてしまうメールを配信停止する方法は、以下の通りです。
※くれぐれも「Eight」を装うスパムメールにはお気を付けください。

【1】届いたメールの下部「受け取りたくない方はこちらから配信停止を…」という「こちら」を押す

2019010701.jpg

【2】メールアドレスを2か所入力し、「送信」ボタンを押す

2019010702.jpg

【3】「メール配信停止の手続きが完了いたしました。」というメッセージが表示されれば完了です

2019010703.jpg

この【3】の場面からは画面が動かず(例えばトップページに戻ったりせず)、また、当該メールアドレスに「メール配信停止の手続きが完了しました」のような確認メールも届きません。
ので、メール配信停止の手続きが完了したことを素朴に信じるしかないですが、今のところ、もうメールは届きません。

「Eight」から意図せずメールが届いて困っているかたに向けてブログを書きました。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所セミナー(講師)予定はこちらのページでご案内しています
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 06:00| パソコン・周辺機器・WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

間違いメールが届いたら無視すべき理由

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

またもや台風が近づいていますね。とても強い台風とのことで、進路が非常に気になります。

さて今日は「間違いメールが届いたら無視すべき理由」というブログです。

私は複数のメールアドレスを利用しています。
以前より、そのうちのひとつのメールアドレスに、明らかに間違いの(私宛ではない)メールが届くようになりました。

いわゆる、宣伝のようなメールであれば「迷惑メール」として処理すればよいでしょう。

しかし、良く届くようになった「間違いメール」は、どうやら単純にメールアドレスを間違ってしまったと推測されました。

メールを送ったかたが、入力を間違ったかもしれません。
もしくは、「自分のメールアドレスはこれですよ」と言って、誰かが先方に伝えたメールアドレス自体が間違って(私と同じになって)しまったかもしれません。

皆さんなら、こういうケースの場合は、どうしますか?
「間違って送っているようですよ」と、知らせてあげますか?

私も少々悩みましたが、「無視」することに決めました。

教えてあげずに、無視することについて良心が咎めました。しかし、間違いメールを装った、悪意のあるメールである可能性も否定できません。

うっかりと「間違って、永友一朗宛に届いちゃっていますよ」と教えてあげると、それ(メール誤送信)が悪意のある場合、私のメールアドレスと、私が日常的にそのメールアドレスを使っていることが、悪意のある第三者に分かってしまうのですね。

そのことで、例えば私の家族やお客様に迷惑がかかる可能性もあるわけです。ですので、シンプルに「無視」をすることに決めました。

そもそも、本当に「メールの送り間違い」であれば、また、その連絡が重要であればあるほど、当事者間で確認をすることでしょう。

ですのでこのようなケースでは「無視」がベストなのだと信じています。

今日は「間違いメールが届いたら無視すべき理由」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所のご相談事例を見る

≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 20:01| パソコン・周辺機器・WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

無料デザイン・画像加工ツール「Canva」(キャンバ)



昨日は金融機関様からのご紹介で、とある街のサービス業様を訪問させていただきました。

真面目な社長様で、当方からの各種ご提案について「取り組んでいきます!」と仰っていただきました。


Web活用(Webを使った販路拡大、販売促進)は、「やるべきこと」は、ある程度決まっています。

つまりそれを「やる」か「やらないか」の違いだけなんですね。


山があって、それを「登る」か「登らないか」の違いと言えるでしょうか。


登らない選択もあります。登らずに、他に合理的な方法があればそれに取り組めばよいと思います。

一方で、「他に方法がない」もしくは「他の手はもう打った」「コストがかけられない」ということであれば、Web活用という山に登る勇気を持っていただきたいと思っています。

昨日の社長様は、「登る」決断をされたのだと思います。


さて今日は『無料デザイン・画像加工ツール「Canva」(キャンバ)』のご紹介です。


「Canva」(キャンバ)は、まさに無料で画像を加工したり、写真を組み合わせて新たな画像を作ったりできるツールです。



2018082201.jpg


この「Canva」(キャンバ)の良いところは、加工中(あるいは加工後)の画像がクラウドに保存されることです。


言い換えれば、


・iPhoneで(Canvaアプリで)作った画像をパソコンで開き引き続き編集する

・パソコンで(CanvaのWebサイトで)作った画像をタブレットで開き、Instagramに投稿する


などのことができるのです。無料です。


動作や雰囲気は「Jimdo」に近いように思います。余談ですがCanvaもJimdoも、日本ではKDDIがプロモーションしています。


・Facebookに投稿する写真を加工する

・Instagramに投稿する写真を加工する

・名刺(ネームカード)を作る

・チラシを作る


などのことができます。また、「Web上でグラフを作る」ということもできますよ。



画像の加工は、専門ソフトを購入しないと出来ないように思ってしまいますが、このような、CanvaのようなWebサービスでもじゅうぶん可能なのですね。

今日は『無料デザイン・画像加工ツール「Canva」(キャンバ)』のご紹介でした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

posted by わかりやすいコンサルタント at 10:00| パソコン・周辺機器・WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

Gmailの新機能のうち「4日前に受信しました。返信しますか?」という機能を無効にする方法

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

我が家の子供も夏休みに入っているので、市営のプールに行ってきました。市営プールと言ってもレジャーレジャーした感じではなく、室内の温水プールです。それなりにしっかり泳ぎたいかたが多く集まるプールです。

さて今日は『Gmailの新機能のうち「4日前に受信しました。返信しますか?」という機能を無効にする方法』というブログです。

数日前、Gmail(ジーメール)を見ていたら「8/24にGmailが新しくなります。もう新しいGmailに変更しますか?」という表示が出ました。

2週間後に新しいGmailのデザイン・仕様に変更になるということですから、早めに慣れようかと思って「新しいGmailにする」を選択しました。

で、見た目は垢ぬけた印象に変更されて良かったと思うのですが、とある受信メールに、

・4日前に受信しました。返信しますか?

というオレンジ色の文字が出るようになりました。

Gmail4日前に受信しました。返信しますか?

これが、なかなか目障りなんですね(笑)

確かに指摘されたメール自体には「返信」はしていないのですが、別タイトルの新規メールで、そのメールをくださった方には速やかに返事をしていて、用件は済んでいるわけです。
にもかかわらず、「返事しなくて良いのかなあ?」みたいに表示(しかも画面上部に)されると、何といえない、センチメンタルな気分になってきます。

このフォローアップの機能ですが「無効」にする方法を見つけましたので、記します。

パソコンのGmail(デスクトップ版Gmail)になりますが、

・Gmailを開いて画面右上の歯車マーク(設定)を押す

・「全般」タブの中にある「アクションの提案」というメニューの「返信するメールを提案」のチェックマークを外す

これだけです(設定変更は自動的に保存されるようです)。

なお、「アクションの提案」というメニューの「フォローアップするメールを提案」というチェックマークも外しておいたほうが良いと思います。

Gmailアクションの提案

今日は『Gmailの新機能のうち「4日前に受信しました。返信しますか?」という機能を無効にする方法』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定を確認する
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 14:16| パソコン・周辺機器・WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

店舗専用のタブレットを購入・用意する

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

昨日は横浜市内のBtoB系サービス業様のホームページコンサルティングでした。
熱心な社長様と、熱心な担当者様で、素晴らしい時間になりました。
ターゲットキーワードが明確なので、あとはこのSEOを頑張っていくことが大事ですね。

さて今日は「店舗専用のタブレットを購入・用意する」というブログです。

特に小売店、サービス業様において、SNSを使ってPRをするお店様は多いと思います。

その際、実務上で問題になるのは、「誰のスマホでSNS投稿していくのか?」ということです。

実務上、多くのケースで「店長やスタッフの私物スマホ」で店舗のSNSを投稿・更新することが多いですね。良い悪いではなく、それが現実的な「実務」というものです。

しかしセキュリティやコンプライアンス、プライバシー、データ従量等の理由で、「私物スマホを仕事に使いたくない」という従業員様もいらっしゃることでしょう。それはそれで当然の考えだと思います。

ですので店舗様は、可能であれば「お店の」スマホ、もしくはタブレットをお店の経費として購入して、それを店内で使っていくというふうにしていただくのが一番スマートかなと思います。
仮にお店に「Wi-Fi」(ワイファイ)があれば、Wi-Fi専用のタブレットを購入すれば、出費は数万円で済み、ランニングコストもかかりません。

店長様や経営者様は「店舗専用のタブレットを購入・用意する」ということも検討をいただければと思います。

今日は「店舗専用のタブレットを購入・用意する」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫講演/セミナーの事例「わかりやすいInstagram(インスタグラム)講習会〜店頭で簡単に運用できるSNS活用術!〜」
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:55| パソコン・周辺機器・WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

自分にメールして備忘録にする

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

今日は神奈川県川崎市内の団体様にご用命いただき、SNSリスクについて講話をさせていただきます。今日も暑くなりそうですね。

さて今日は「自分にメールして備忘録にする」というブログです。

私はGmail(ジーメール)をよく使います。パソコンやスマホ、タブレットなど、端末を問わずにいつでもメールチェックできるから便利ですね。

多くのビジネスパーソンは、「メール」というものを一日に何度もチェックすることでしょう。その習慣を利用し、またGmailなど「いつでもチェックできる」という性質を利用して、「自分にメールして備忘録にする」ということをお勧めします。

Gmailの場合、”既読”しなければ、太字で表示されます。ですので備忘録として気にしておきたいことなどを、メールのタイトルに端的に書き、自分宛に送って”既読”しなければ、メーラーに「気にしてくべき事項」が太字で表示され続けます。
これが「気にしておきたい事項」の箇条書き代わりになります。

地味な話ですが、簡単にTODOを気にしておきたいときにとても有用ですよ。

今日は「自分にメールして備忘録にする」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定を確認する
≫Amazonで★4つ(高評価)以上の商品がセール中です
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:01| パソコン・周辺機器・WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

無料で利用できる情報発信コーナーを活用していますか

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。


今日は岡山県にお邪魔し、今年度岡山県内で新採用になった新任公務員様向けのSNSリスクコンプライアンス研修講師です。

90分しっかりとお話をさせていただきたいです。


さて今日は「無料で利用できる情報発信コーナーを活用していますか」というブログです。


中小企業様が利用できるWeb媒体は、


・ホームページ(自社のWebサイト)

・ブログ(ホームページに内蔵されたもの/外部ブログ)

・狭義のSNS(Facebook、Twitter、Instagram、YouTubeなど)

・アプリ(ラインアットや自社独自のアプリ)


などがあります。


多くの中小企業様は、自ら作成、手配、運営する上記のWeb媒体に力を入れています。


それは正しいことですが、「無料で利用できる情報発信コーナー」というのが意外に見落とされがちです。


例えばですが、「総務の森」という、一般的には無名ですが会社の事務職員様は結構知っている情報サイトがあります。

http://www.soumunomori.com



ここでは、いわゆる士業のかたが無料専門家登録をすると、コラムを書くことができ、また一般会社員様からの各種相談に回答することができます。

私(永友事務所)も数年前に本当に少しだけコラムを書いたり、相談に回答したことがありますが、いまだにそこからのアクセスがあったりします。


また業種は違いますが「houzz」(ハウズ)という、リフォームやインテリアに興味があるユーザーと、プロの設計士、インテリアデザイナー等が情報交換をするサイトもあり、建築やインテリアに関わっている専門家はここに無料で登録できます。私のお客様であるリフォーム会社様は、ハウズで仕事に結びつくことも少なくないとのことです。

https://www.houzz.jp


ある意味、こういった情報サイトは「困ったり解決したい人」が集まってくるので、潜在顧客と出会うチャンスは少なくないように思います。


今日は「無料で利用できる情報発信コーナーを活用していますか」というブログでした。

いつもブログを最後までお読みいただき、ありがとうございます。

≫永友事務所セミナー予定はこちらでご確認いただけます
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 10:34| パソコン・周辺機器・WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

Googleのロケーション履歴を確認する

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

暑い日が続きますね。今年は結構エアコンを稼働させているので、電気代が心配です。

さて今日は「Googleのロケーション履歴を確認する」というブログです。

Googleアカウントをお持ちで、「ロケーション履歴」がオンになっていると、Googleアカウントにログインした状態のスマホを持って移動をするとその移動の履歴が記録されていきます。これがまさに「ロケーション履歴」です。

「ロケーション履歴」がオンになっているかたが、ご自身のロケーション履歴を確認する方法はいくつかあるようですが、単純なのは「Googleマップ」を開いて「メニュー」から「タイムライン」をクリックすると、ご自身の行動履歴がわかります。

ロケーション履歴

例えば私は今年2017年の1月8日は大阪でセミナーがあったのですが、上記のように移動経路の履歴(ルート)が記録されています。飛行機ではなく新幹線等で現地に赴いたことがわかります。

このロケーション履歴は、ある意味で非常にプライベートな情報ですから、基本的にご自身しか見ることができません。ネット上に公開されているわけではありません。
しかし、なんとなく気持ちが悪いなあというときは、このロケーション履歴の機能を使わない(オフにする)こともできます。
Googleアカウントのアクティビティ管理というコーナーで、ロケーション履歴のオフ(もちろん「オン」も)ができますよ。
https://myaccount.google.com/activitycontrols

旅費交通費の申請や、あの日はどこで仕事だったっけというとき、あるいは思い出に浸りたい時にロケーション履歴は有用かもしれませんが、それ以上でもそれ以下でもないように思います。

こういうサービスは主体的な選択で使っていきたいですね。今日は「Googleのロケーション履歴を確認する」というブログでした。いつもこのブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所セミナー予定を確認する
posted by わかりやすいコンサルタント at 06:00| パソコン・周辺機器・WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

ワード(Word)が入っていないパソコンでワードファイルを作る方法

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

昨日は兵庫県の加古川市で、とある小売サービス業様のスタッフ様勉強会講師でした。
スタッフ様をはじめ経営者様もWeb活用について非常に熱心で、「お客様にもっと来店していただき、もっと楽しんでいただくためにどうしたら良いか」という議論を、極めて前向きに、お店様一体となって取り組んでいらっしゃいました。
本当に素晴らしいお店様で、今後のWeb運営も非常に楽しみです。

さて今日は「
ワード(Word)が入っていないパソコンでワードファイルを作る方法」というブログです。

Windows(ウィンドウズ)パソコンの定番ソフトといえば、Word(ワード)やExcel(エクセル)でしょう。どちらも一般的にはビジネスに欠かせないソフトであろうと思います。

しかし、様々な事情でワード(Word)がパソコンに入っていないかたもいらっしゃいます。
・Windowsパソコンを買ったが(もらったが)よく見たらワード(Word)がインストールされていなかった
・そもそも「一太郎」の愛用者で、ワード(Word)を使っていないし持ってもいない

そんなときに、「ワード(Word)ファイルを作成してほしい」という、断れない依頼があったら、どうしたら良いでしょうか?

一太郎ユーザーであれば、まず書類を一太郎で作ってそれをワード(Word)形式で保存すれば良いでしょう。
しかしワード(Word)も一太郎も持っていないときはどうしたら良いでしょうか?

色々な方法がありますが、AppleのPages(ペイジズ)を使って書類を作成し、ワード(Word)形式で保存するのはいかがでしょうか。ワード(Word)形式とは拡張子が「.doc」や「.docx」のファイルです。

https://www.apple.com/jp/pages/


費用もかからず、新規にワード(Word)をインストールすることなく、「ワード(Word)が入っていないパソコンでワードファイルを作る」という目的を叶えることができます。


今日は「ワード(Word)が入っていないパソコンでワードファイルを作る方法」というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:42| パソコン・周辺機器・WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

2/17(水)鎌倉「ネットを使った顧客ニーズの調べかた、活かしかた」セミナー

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

昨日は鳥取県の境港商工会議所様で「ITリテラシー向上支援セミナー」講師でした。
商工会議所のYさんが市内を丁寧にご案内くださり、初めての境港を堪能することが出来ました。
水木しげるさんの出身地ということで、駅前をはじめいたるところで『ゲゲゲの鬼太郎』のキャラクターや妖怪たちのオブジェがあり、年齢問わず楽しめる街であると思いました。
新しくホテルがオープンしたり、商店街や港の大規模整備(リニューアル)なども進んでおり、とても前向きな風が吹いている街だと感じました。

さて今日は2/17(水)鎌倉「ネットを使った顧客ニーズの調べかた、活かしかた」セミナーについてご案内をさせてください。

お客様のニーズを知るには、実際のお客様や得意客に直接、話を伺うのが一番であろうと思います。
同時に、面と向かって話せないような事柄や、ちょっとした素朴な意識などは、「検索」「SNSでの会話」「クチコミ掲示板」などに表れるのではないでしょうか?

需要動向調査セミナー

今回の新セミナー「ネットを使った顧客ニーズの調べかた、活かしかた」セミナーでは、ネット(ITツール)を使って顧客ニーズを探る方法をお話しし、またそれをどう活かすかについて実際の店頭写真なども交えながらざっくばらんに検討していきたいという趣向のセミナーです。
またお客様の心理を探る「ワーク」などもやってみたいと思っています。

●ネットを使って「お客様のニーズを知る方法」を知っていきたい。またそれを事業運営に活かしたい

そんな事業者様のご参加をお待ちしています。午後6時30分からですので、お仕事帰りにもご参加頂けるかと思います。
お問い合わせ等は鎌倉商工会議所様Facebookページをご覧ください。
https://www.facebook.com/kamakuracci/

今日は2/17(水)鎌倉「ネットを使った顧客ニーズの調べかた、活かしかた」セミナーのご案内でした。
いつも最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定はこちらのページでご案内しています
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:12| Comment(0) | パソコン・周辺機器・WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.