講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2018年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2017年08月19日

業種に応じたWeb活用とは

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

昨日は、再び鳥取市雇用創造業議会様のセミナー講師でした。
スタッフ様が本当に親切で、素晴らしいなと感じます。
色々な事業をしていらっしゃるのですが、「植物工場の普及による雇用創造」という取り組みをされていて、ユニークだなと思いました。水耕栽培の実証実験もなさっているそうです。
http://www3.ic-net.or.jp/~t-mirai/report3.html

さて今日は「業種に応じたWeb活用とは」というブログです。

ホームページをはじめ、ブログ、動画、各種ソーシャルメディアなど、Web活用で「取り得る選択肢」はますます広がっていますね。
そんなとき、「一般論ではなく、自社は、どのツールを優先して取り組むべきか?」という疑問が湧いてきますね。

基本的な考え方として、以下の要素を考えていくと良いと思います。

●自社(自店)が、検索される商材を扱っているのか、そうでないのか?

感覚的消費をされる商材、すなわち「検索などではなく、感覚、センスで選ばれる商材」の場合は、ソーシャルメディア活用を重視したほうが良いでしょう。
「感覚、センスで選ばれる商材」とは、飲食、観光、アパレル、美容等でしょう。
加えて、ざっくり言って、男性向け商材の場合はFacebook、女性向け商材の場合はインスタグラムを中心に取り組むと良いと思います。また、特に「地域の若者」の新規客に振り向いてほしい時は、ツイッターも有効です。
一方で「検索される商材」を扱っている場合は、検索エンジン対策が重要ですので、ブログや動画の活用が肝心です。

●自社(自店)で取り組みやすいツールかどうか?

例えばですが、各種セミナー等で「動画が良い」と聞いたとします。かつ、自社は「検索される商材」を扱っているので、その意味でも動画活用が向いているとします。
ここで問題なのは、「自社(自店)でそれが取り組めるのか?」ということです。
もちろん、何ごともやってみないことには始まりませんが、自社(自店)で動画を撮ったり掲載できる人材がいない場合は、「動画が良い」と分かっていても、現実的には実践が難しいということになります。
その場合は、同様の効果が期待できるツール(この場合は「ブログ」)を実践するという選択が向いているかもしれませんね。

つまり、まず「検索されるのかどうか」で考えて、そのうえで、自社が現実的に実践を続けられるツールを選んでいく、というのが「ツールの選び方」になっていくように思います。
「どんなツールに取り組めばよいか分からない」というときは、「全てのツールを同程度に実践しなくてはならない」と思っている状況だと思います。
上記のような考えかたで、優先すべきツールがわかると、実践が捗(はかど)るような気がします。

今日は「業種に応じたWeb活用とは」というブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫愛媛、新潟、栃木等永友事務所のセミナー予定を確認する
posted by わかりやすいコンサルタント at 16:34| ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

一億総webマスターの時代

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

昨日は東京都内のサービス業様で、社員様向けのWeb活用研修講師でした。
グループ内各店舗からお集まりいただき、熱心に受講いただきました。

Webの黎明期(いまから約20〜25年前頃)は、「ホームページ」というもの自体が珍しく、貴重なものでした。
「ホームページ」を管理するのは一部の技術者であり、一般人には関係ない世界でした。

Webの世界が一変したのは、「掲示板」「ブログ」といった、一般人が技術なく編集公開できるWeb媒体が登場したころだと思います。
わかりやすく言えば、誰でもが無料でWebという世界に参加できる状況になったわけですね。

その後、SNSの登場で、「発信する」というよりも「交流する」というWebの使いかたが広まり、いよいよ「一般人の普通の会話」のようにSNSを利用できる状況になったわけですね。

要するに、Webで何かを発信する。SNS等で顧客とコミュニケーションをとる。これがごく当たり前になったと言えます。

昨日、東京都内のサービス業様で、常務様が従業員様に「いままでの仕事に加えて、Webで発信することが業務として加わる。つまり通常の仕事の一環と理解してほしい」という趣旨のコメントをされていました。
まさに、一億総webマスターの時代であると思います。

「Webの発信は、自分には関係ない」という時代ではなくなったのですね。キーボードで自らブログ投稿をしなくても、投稿ネタを考えるとか、そういう意味では、Webというものに必ず関わるような労働環境になったのだと思います。

店頭スタッフの皆様、Webの発信を自分の仕事として捉えていますか?通常業務として期待されているWeb発信に、積極的に関わりませんか?
今日は「一億総webマスターの時代」というブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫Instagram等SNS活用セミナーについて
posted by わかりやすいコンサルタント at 11:53| ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

地元だけど入ったことがないお店

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

最近、インスタグラムセミナーのお問い合わせが増えてきました。インスタグラム自体が話題に上っているということもあるのでしょうが、インスタグラムセミナーの紹介ページを少し改善したところ問い合わせが増えたように感じます。
どのような工夫をしたかお判りでしょうか?
https://www.8-8-8.jp/lecturer/instagram

さて今日は「地元だけど入ったことがないお店」というブログです。

最近私は、「地元だけど入ったことがないお店」に初めて入ってみました。子供のころからそこにあることを知っていたのですが、以下のような理由で入ったことはありませんでした。

・やっているのかどうかわからない
・自分の価値観とは少し違う気がする
・「そのお店に入ったことがある」という話を、誰からも聞いたことが無かった


色々挙げて申し訳ないのですが、事実として、「自分に関係ない」と思っていたのです。
「自分に関係ない」お店に入るべき理由なんて、ありませんよね。

しかし結果的には、「ああ、こういう感じなら、もっと早く知っていれば、入ったのに」という気持ちがしました。事実、その後何回もそのお店に行っています。

そのお店は、業種(何屋さんか)を書くのは控えますが、機能的価値レベルは高くないと感じました。いわゆる、顧客が期待する同等のサービスレベルか、それを下回っている感じです。

しかし古い店舗ながら清潔に保たれ、店主の人柄も良く、サービスは迅速でした。今どき珍しいほど、きちんとした接客でした。
つまり提供商品のレベルは平均か平均以下ですが、トータルの満足度は高く、実際に私はリピートしています。

・やっているのかどうかわからない
・自分の価値観とは少し違う気がする
・「そのお店に入ったことがある」という話を、誰からも聞いたことが無かった


このような「誤解」を解く合理的な手段が、ネット活用なのではないでしょうか。
この店主はそれほど高齢でもなく、簡単に無料ホームページでも作れば全然違うのに。誤解が解けるのにと感じました。

私が仕事をする上で最も根底にある考え方は、「あなたは今のままでよい(今でもじゅうぶん素晴らしい)」というものです。つまり能力や魅力が足りないからお客さんが来ないわけではない。ただその情報がうまく伝わっていないだけだと思うのです。

世界には色々な人生があって、色々な生き方があってよいと思います。
私は、「今でもじゅうぶん素晴らしい」のに「それが周りに伝わっていなく」、「自分がダメだから」「価値が低いから」お客さんが来ないんだと思っている事業所様をなんとかサポートしたいという思いでいっぱいです。またそのことに人生を捧げることに決めています。

少なくとも地元のかたには、一度でよいから来店してほしいですよね。来店すれば、良さはすぐ伝わるわけですね。
このブログでも度々お伝えしていますが、新規来店のきっかけになる情報は、「既存客の来店エピソード」に他なりません。エピソード投稿をどんどんしていきましょうね。

今日は「地元だけど入ったことがないお店」というブログでした。いつもこのブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫わかりやすいインスタグラムセミナー
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:51| ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

来てほしい時期や時間帯についての記載を多くする

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

昨日は相模原市の企業様を訪問しWeb活用のコンサルティングをさせていただきました。とても素晴らしい想い、技術をお持ちで感銘を受けました。

さて今日は「来てほしい時期や時間帯についての記載を多くする」というブログです。

業種問わず、「閑散期」や「アイドルタイム」というのがあるかと思います。そういう時期、時間は休息タイムと考えても良いでしょうし、溜まった事務仕事を片付ける時間にしても良いことでしょう。

しかし経営者様の立場であれば、当然ですが「閑散期」や「アイドルタイム」は無いほうが良いですね。

では、貴社のWeb活用においては、「閑散期」や「アイドルタイム」に来店(利用、問い合わせ)を促すような内容の発信は出来てますか?

例えばですが、午後2時から午後4時くらいがアイドルタイムだとしましょう。

・お客様が少なめなのでじっくりと相談できます、狙い目の時間帯です、など、あくまで利用者のメリットになるように説明する

・この時間はサービス業の接客スタッフであるお客様が休憩時間を利用してよくご来店いただきます。あるいは、お子さんのお寝んねの時間に、お義母さんにお家を任せて買い物に来られるママ…など、その時間特有の客層について言及する

というのはいかがでしょうか。

あるいはその時間帯は会合やミーティング、ワークショップ等でご利用いただけます。など、その時間帯の利用を直接的に訴えるのも良いですね。

「閑散期」についても同様で、あなたの会社で特定期間が閑散期だとしても、業種業態によってはその期間こそニーズがあるということもありますね。

卑近な例ですが、コンサルタント業は4、5月がなんとなく閑散とするのですが(苦笑)その時期は「社員研修」のトップシーズンでもありますので、年末くらいから4、5月の社員研修(企業研修)について発信するのも良いでしょう。

今日は「来てほしい時期や時間帯についての記載を多くする」というブログでした。いつもブログを最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所セミナー予定はこちらでご確認いただけます
posted by わかりやすいコンサルタント at 07:34| ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

小さな一歩でリズムを作る

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は徳島県の小売サービス業様を訪問しホームページコンサルティングをさせていただきます。
徳島は羽田から70分くらいで着きますので、とても近いですね。

さて今日は「小さな一歩でリズムを作る」というブログです。

ネット活用を進めるときに、「まとまった時間が取れたら投稿しよう」と考えることがあると思います。
ブログを書くのも、やはり最低でも20〜30分はかかってしまいますよね。

しかし接客やお仕事の準備等で、業務時間内に「まとまった時間」が取れることは、実務上多くないと思います。

まとまった時間が取れたら投稿しようと思っていたのに、その時間が取れないから、投稿ができない。
このことで一番懸念することは、「そのまま、投稿することから遠ざかってしまい、ネット活用を進めることが頓挫してしまう」ことです。

極論すれば、ネット活用は誰でも行うことができ、また継続していけば、ほぼ間違いなく何らかの成果が出る施策だと思います。
要するに、習慣にしてしまえばよいわけですが、その習慣を作るまでに挫折するかたが多い施策であるとも言えます。


では、どうすれば良いでしょうか?

タイトルに既に書いてしまっていますが、「小さな一歩でリズムを作る」ということが何より肝要ではないかと思います。

・休憩直後の5分とか、昼休み直前の10分とか、何かルーチン的にその時間帯を強制的にネット活用の時間にする
・投稿ネタは、管理画面にいきなり書くのではなく、メモ帳アプリのような場所に蓄積的に書いていく
・つまり細切れ時間の蓄積により、長い目で見たときに、ネット活用が鋭意進行している状態にする

要するに、こういうことではないかと思っています。

お店やスタッフ様の「習慣」になってしまえば、あとはこちらのもの、といったところでしょう。
また事実、いわゆるネットで成果を出している企業、お店様は、日常業務中にネット活用の時間が短くてもしっかり取られ、かつ、それを継続しています。

今日は「小さな一歩でリズムを作る」というブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所セミナー予定を確認する
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:52| ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

はじめから「無理のあるWeb活用」をイメージしていませんか

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友です。

先週はセミナーとしてはクローズドセミナーが3件、企業様の社員研修が1件でした。
皆様に真剣に聞いていただいてとても嬉しかったです。
社員研修は土曜日の開催でしたが、平日に限らず土日もお受けしています。

さて今日は『はじめから「無理のあるWeb活用」をイメージしていませんか』というブログです。

ネットを活用し、成果が出ているかたからは、「いやあ、日々ネットを活用していますが苦しいです。」とか「苦悩しながら、参ったなあという気持ちで日々サイト運営しています」という感想はまず出ません。
むしろ、成果が出ることによってますますやる気が湧いてきて、ネット活用自体が楽しくなってしまうことが多いようです。

私も、永友事務所として成果がどれほどかということはさておき、日々のネット活用自体、とても楽しくて仕方がないです。
「工夫してみたこと」が成果につながること(もちろん、それがお客様にとってお役に立つ内容であることが前提ですが)は、仕事のこれ以上ない喜びではないでしょうか。

ざっくばらんに言えばWeb活用は、取り組んでみて、継続さえすれば、何らかの成果は出るものと思います。
逆に言うと、取り組まないかたや、継続しないかたもいらっしゃいます。その場合は成果は出ないでしょう。

・取り組む→成果が出る
・取り組まない→成果が出ない
・継続する→成果が出る
・継続しない→成果が出ない

Web活用はこういう、極めて単純な図式なような気がします。

ではなぜ、取り組まないのか?あるいは継続しないのか?
様々な要素があるとは思いますが、「難しく考えすぎ」なことが多いように思います。

・毎日投稿しなくてはならない
・きちんとした文章になっていないといけない
・お客様にとってお役に立つ内容でなければならない
・かっこいい写真を載せなくてはならない

…などなど。でも、決してそうではないのです。

難しく考えず、小さな一歩から始めてみませんか?

・ブログのネタ(案)を箇条書きにしてみる
・お店の外観写真を1枚だけスマホで撮ってみる
・ブログの初期登録だけする
・無料ホームページについて調べてみる
・商工会や商工会議所等のセミナーに出てみる
・タブレットを買う
・他店の情報発信を眺めてみる

挙げればきりがないですが、まずスタートをしてしまいましょう。スタートしてしまえば、比較的早いうちに、「もっと早く始めても良かったのかも」と思っていただけると思います。
始める前からハードルを上げずに、まずは「無理のない取り組み」から始めていきましょう。
永友事務所では、無理をするのではなく「効率よい」「無駄のない」ネット活用「頑張らないWeb活用」をお勧めしています。

今日は『はじめから「無理のあるWeb活用」をイメージしていませんか』というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所セミナー予定を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 13:29| ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

昔のホームページを見ることができる「インターネットアーカイブ(Internet Archive)」

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

連休中にも様々なお問い合わせをいただいていますが、やはりセミナーのお問い合わせが増えています。特に曜日指定のセミナーや、同曜日で数週にわたる複数回の講習会のお引き合いは各団体様も早めに検討されるようですね。

さて今日は『昔のホームページを見ることができる「インターネットアーカイブ(Internet Archive)」』というブログです。

全ての、というわけではないようですが、おおかたのホームページは過去のものがデータ保存されている(アーカイブされている)のをご存知でしょうか。
最も有名なのは「The Internet Archive」というアメリカの非営利団体が行っているWebアーカイブでしょう。

一般ユーザーには「Wayback Machine」というサービスが提供されており、誰でも昔のホームページを見ることができます。
Wayback Machineの検索窓に任意のホームページアドレスを入力し、「browsehistory」というボタンを押すと、そのホームページの昔の様子が調べられます。

自社ホームページが以前どんなデザインであったか、どんなコンテンツを提供していたのか、などを振り返ることができますね。
今日は『昔のホームページを見ることができる「インターネットアーカイブ(Internet Archive)」』というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所セミナー予定を確認する

posted by わかりやすいコンサルタント at 09:03| ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

口コミサイトの点数が店選びの参考にならない理由

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

GWも後半に入りましたね。どの観光地も賑わっているようですね。
連休の経済効果はどんなものでしょうか。消費者の立場からすると、連休には財布のひもが緩む気がします。

さて今日は「口コミサイトの点数が店選びの参考にならない理由」というブログです。

先日のことですが、とある街の飲食店に入りました。
たまたま通りかかったから入った、というのが入店の動機です。

詳述は避けますが、信じられないほど酷い店でした。二度とそのお店に行かないのはもちろん、恐らく一生忘れられないほど酷かったです。

で、帰宅後にそのお店名で検索したところ、有名口コミサイトでの評価は3.37でした。
飲食店の口コミサイトで3.37は、低い評価ではありません。

しばらく不思議に思ったのですが、「それほど低い評価ではない」理由がだんだんわかってきました。
評価者のレビューの大半は2014年以前のものです。言い換えれば「以前は、そこそこ良かった」ということであり、最近の様子がレビューに反映されていないわけです。

要するに、口コミサイトの評価点数は、基本的には最初にレビュー(評価)されたときからの平均値なのです。「いま、まさにどんなお店なのか?」が、表面上の点数からは判断が出来ないわけですね。

口コミサイトの点数が店選びの参考にならないのは、「いま」の様子が反映されにくいからかなと感じました。ネットを利用するときは、その情報の信頼性を考えていきたいですね。
今日は『口コミサイトの点数が店選びの参考にならない理由』というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所は別ブログも運営しています( http://web-sodan.com/ )
posted by わかりやすいコンサルタント at 20:35| ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

『初心者目線』の情報発信

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

4月に入り、今日から新年度という企業様も多いことでしょう。
新入社員の皆様、ご就職、ご入社誠におめでとうございます。

私は大学を卒業して新卒では旅行関連企業に入社しました。
今でも同期の仲間と連絡を取ったりしていますが、皆、それぞれの人生をしっかり歩んでいます。

大学時代に授業の一環で太平洋を航海しました。もちろん私が操船したわけではなく、100名以上の仲間と研修生として乗船しました。その経験が、間接的に「旅行業」への道に進むきっかけになったことは間違いありません。

しかし「旅行好き」だったわけでもなく、航空券や特急券類を自分で買ったことがないという、典型的な「ど素人」でした。
ど素人ですから、果たして自分に旅行の接客などできるのかと、入社当初は大いに悩んでいました。

優しい優しいお姉さんたち(先輩社員)に囲まれながら1年半が経った頃からでしょうか。接客の独り立ちをさせていただけるようになりました。もちろんOJTとして横にしっかり先輩社員がついてくれるのですが、はじめは緊張で手に汗握り、旅行パンフレットが湿ったりしました(すみません…)。

「オーストラリアかジャマイカを考えていますが、この時期はどちらがお勧めですか?」
「せっかくなので家族も連れて行こうと思いますが、飛行機の座席は必ず近くになりますか?」
「海が見えると書いてありますが、どんなふうに、どれくらい見えるのですか?」

逃げ出したくなるような質問ばかりされましたが、正直言って分からないものは分かりませんし、調べてもよく分からないことも多々あります。

ある時期から、こう悟るようになりました。

「どうせ自分は素人だし、お客様も初めてお出かけされるので、『素人目線』で接客しよう」

それを考えるようになってから、
「初めて海外に行くかたはこんなところが不安だろう」
「海外でここを押さえないと困るという手続きを分かりやすくはっきり書いておこう」
「『違い』をはっきりと説明することでお客様は選びやすくなるだろう」
など、あくまでも旅行初心者の目線でどうなのか?を基準に思考・接客するようになりました。

いまは紆余曲折を経てホームページコンサルタントとして独立開業していますが、いまだに『初心者目線の情報発信』という視点は欠かすことができません。

「お客様と同じ立場、気持ちになる」のはもとより、「特に『初心者』のお気持ちに寄り添う」という考え方は、これからも大切にしていこうと思っています。

新入社員の皆様、「フレッシュな気持ち」と同じように、ぜひ「素人、初心者の自分」の気持ちを素朴に持ち続けてください。それはきっと、あなたのお客様にとって有益で分かりやすい説明につながっていくと思います。

今日は【『初心者目線』の情報発信】というブログでした。いつも本ブログをご覧くださり、ありがとうございます。
≫永友一朗のプロフィールを見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 10:55| ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

同業他店も同じ商品をPRしているときの、商品PR方法

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日はこれから山形県の酒田市雇用創造協議会様での講習会講師の準備で庄内空港に向かいます。
羽田から60分で着きます。とても近いですね!
酒田市内で就職/転職、起業を目指す皆様にWeb活用のことをお話しさせていただきます。

さて今日は「同業他店も同じ商品をPRしているときの、商品PR方法」というブログです。

小売店様が扱う商品の多くは、メーカー様から仕入れたものだと思います。
特に「新発売」の場合、当該メーカー様の全国の納入先(取引店)は、一斉に当該新商品の宣伝をすることでしょう。

こういうケースのとき、

「他店と、どうしてもPR内容が同じようになってしまう」

というお悩みを多く聞きます。

ある意味では「仕方ないこと」だと思いますが、そこでもあえて、他店となんとか違いを出したいという時、以下のような工夫をするのはいかがでしょうか。

(1)説明にわかりやすさを加味する

新発売だからスタッフオススメです!ということだけでなく、
・図で示す
・比較する(従来品とどう違うかを示す)
・事例、想定利用シーンを挙げる
・勧める根拠を挙げる
・たとえ話をする
のように、説明そのものを「わかりやすく」すると、貴店ならではの味が出るのではないでしょうか。
メーカー様の規定の説明資料だけでなく、貴店スタッフの個人的な感想も加味すると良いと思います。

(2)写真の構図に変化をつける

商品を正面から撮る写真が多くなりがちだと思いますが、
・手に持って撮ってみる
・斜めから撮り奥行きを出す
・屋外で撮る(芝生、雪原、打ちっ放しのコンクリートの壁の前、など)
のように、写真そのものに変化をつけてみてはいかがでしょうか。

ざっくばらんに言えば、同業他店の説明と同じであることを気にして見るのは同業者だけで、一般のお客様は全国の同業店舗を見比べる訳ではありません。
あくまで、他店がどうであるということではなく、あなたのお店の説明に、スタッフの人柄や専門性の高さなどが醸し出されていることが肝心であると思います。

今日は「同業他店も同じ商品をPRしているときの、商品PR方法」というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫≫永友事務所セミナー予定を確認いただけます
posted by わかりやすいコンサルタント at 07:54| Comment(0) | ホームページ編集・運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.