講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2019年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫

2019年01月12日

●●年版というブログ記事は如何ですか

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友一朗です。


年が明けて、新入社員研修のお引き合いが目立ってきました。ホームページコンサルタント永友事務所ではSNSリスクコンプライアンス研修という分野で、新入社員研修講師を用命いただいています。民間企業様の社員向け研修だけでなく公務員様向けの研修実績もあります。


さて今日は「●●年版というブログ記事は如何ですか」というブログです。


私は実験的に複数のブログを運営しています。

アクセス解析で色々な発見があります。というより、アクセス解析は「発見」のためのツールです。


最近、「●●年」(例えば2018年など)というふうに、西暦を含んだ検索キーワードでの流入が増えてきたような印象があります。

なるほどなあと感じます。


例えば、あなたのお子さんが今年(2019年)七五三だとして、七五三関係のキーワードで検索しているとして、以下のような検索結果AとBが出てきたときでは、どちらをクリックするでしょうか?


A・神奈川県内の神社、いつ頃混む?着物や食事はどうするべき?

B・【2019年版】神奈川県内の神社 七五三混雑予想と先輩ママのダンドリ術


もちろんAもクリックされるかと思いますが(検索順位の問題もありますし…)、【2019年版】と書かれているBのほうが、より強く興味が湧きませんか?


また、あなたが今年(2019年)の夏休みに子連れ旅行を計画しているとして、ホテルの宿泊感想ブログを探しているとき、


A・ミレニアム記念にホテル●●に子連れで泊まったよ

(注)ミレニアムは、ここでは西暦2000年のことを指しているつもりです…

B・2018年夏!子連れでホテル●●宿泊記


では、どちらを見たくなりますでしょうか?


要するに、具体的に検索している人ほど、やはり「最新版」に強い関心が湧くのではないでしょうか。


あなたのブログでは、「●●年版」みたいな、西暦を交えたブログ、もしくはブログタイトルは付けられそうでしょうか?検討してみてくださいね。


今日は「●●年版というブログ記事は如何ですか」というブログでした。いつも本ブログを最後までお読みいただき、ありがとうございます。

≫永友事務所セミナー予定はこちらでご確認いただけます


posted by わかりやすいコンサルタント at 13:17| ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

社員ブログ(新入社員ブログ)運用講習会

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

今日の湘南藤沢は寒いうえに風も強く、寒いのが苦手な私には厳しい陽気です。

さて今日は「社員ブログ(新入社員ブログ)運用講習会」についてのご案内です。

企業様の情報発信としては「SNS」がすぐ思いつくでしょう。

SNSはお客様がよく使っている(SNSによく参加している)ので、顧客接点としては適切なツールですよね。

一方、お客様は「終日、だらだらと」SNSだけ見ているわけではありません。
何か必要に迫られ「検索」をして効率よく情報収集をすることもありますね。

「検索」されたときによくヒットするのが「ブログ」です。
つまり極論すると、「検索」というお客様の行動に対応するのはSNSではなく「ブログ」なのです。
ブログはストック(蓄積)されていきますから、数年前に書いたブログ記事がずっと効果を発揮するというのも特徴です。

そのブログですが、会社内でブログをはじめよう…と思っても

「どのようにブログを書けば効果的なのか?」
「ブログを書くときの注意点は?」
「SNSとの相乗効果は、具体的にどのように出していくのか?」

などについて分からず、始めることができない事業所様も多いようです。

永友事務所では、一般企業様の社内研修(社員研修)として「社員ブログ(新入社員ブログ)運用講習会」(ブログ講習)をご用命いただいています。ブレなく効果的にブログを書いていくために、研修を実施いただくことをお勧めします。

詳細は「社員ブログ(新入社員ブログ)運用講習会」のページをご覧ください。

今日は社員ブログ(新入社員ブログ)運用講習会のご案内でした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー事例一覧
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 13:02| ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

ブログ投稿時に「ネタの重複」は気にすることはない

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

今日は『ブログ投稿時に「ネタの重複」は気にすることはない』というブログです。

中小企業経営者様とお話をしていると、

「前に投稿した内容と同じことを書いてしまいそうで心配です」

という趣旨のご心配を聞くことがあります。
ブログ投稿でも、SNS投稿でも、同じような悩みを持つようです。

私は『ブログ投稿時に「ネタの重複」は気にすることはないですよ』とお答えしています。

あなたが以前に書いたブログ記事(もしくはSNS投稿)は、その詳細について読者は覚えていません。
残念なことですが、これは事実だと思います。

また、「AというときはBという商品をお勧めしています。なぜなら、Cという理由だからです」のようなブログは、どのお店でも書くようなネタであると思います。
そして「AというときはBという商品をお勧めする。なぜなら、Cという理由だから」という論旨は、それが真実であればあるほど、何度も書きたくなるはずです。

要するに、あなたが気にするほど読者はそのブログ内容の詳細は覚えていないし、かつ、「特に強調したいこと」「おススメしたいこと」は、どうしても何度も書きたくなるのです。重複は、やむを得ないのです。

「Bという商品については、以前、書いてしまった。だからもうBという商品について書きにくい…」というのは、お気持ちはもっともですが、それを気にしていると、ブログ記事は10個くらいで終了してしまいます。

私はこれまでブログ記事を2000記事以上書いていますが、「ひょっとしてこの話は以前書いていなかったか…?」というのは、あまり気にしません。気にしても仕方ないのですね。割り切りが必要です。

ただし「ネタの重複」は気にすることはないのですが、「論旨」は一貫したいですよね。

「AというときはBという商品をお勧めしています」というブログ記事を書いた後日、「AというときはBという商品はお勧めできません」のようなことを書くと、熱心な読者ほど困惑してしまいますね。

それも含めて「お店の信念」が問われるのがWeb発信ですが、本ブログの読者の皆様は、その点は大丈夫であると思います。

今日は『ブログ投稿時に「ネタの重複」は気にすることはない』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所のセミナー予定を確認する
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 06:00| ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

毎月更新できそうな記事内容を想定しておく

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

今日は『毎月更新できそうな記事内容を想定しておく』というブログです。

ブログをやろう!ブログをやらなければ!と考えた経営者様がよく仰る不安として、

「ネタが思いつかなくなりそう(ブログの更新が難しい)」

というのがあります。

何ごとも、始める前は不安が募りますよね。

ブログ運営では、おそらく1000万人のブログ運営者がいたら、そのうち999万8千人くらいは「ネタが思いつかなくなりそう」という不安を抱えていると思います。

最もシンプルなご提案としては、「毎月更新できそうな記事内容を想定しておく」というのがあります。

・今月のイベント情報
・先月に人気だったブログ記事の紹介
・今月の空室情報(テナントビル様など)
・月初の経営者の想い


など、細かい内容はともかく、毎月発生しうる「テーマ」を想定しておくだけでも、相当、安心ですよ。

今日は『毎月更新できそうな記事内容を想定しておく』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のホームページコンサルティングについて

≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 06:00| ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

ブログ執筆に困ったら「ハウツー系」記事を

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

同じ市内ですが隣の駅「辻堂」にある「テラスモール湘南」がリニューアルをしたので行ってきました。

藤沢生まれのうどん屋さん「里のうどん」さんが入っていたり、鎌倉銘菓「クルミッ子」の株式会社鎌倉紅谷さんが入っていたりと、大きくリニューアルをして、楽しかったです。

さて今日は『ブログ執筆に困ったら「ハウツー系」記事を』というブログです。

お店でブログを書くのを輪番制にしている、というお店様も多いのではないでしょうか。

ネタが思いつかないのに、自分のブログ執筆担当がまわってきそうになったら、心配になりますよね。

ブログで書くことが思いつかないなあ、と思ったら、「ハウツー系」記事をお勧めします。

・○○の選び方
・○○のしかた
・○○と▲▲の違いとは?
・○○する方法
・○○するときによく失敗することとは?
・自分で○○をやってみました
・○○する手順(ダンドリ)


など、いわゆる「ノウハウ」的な内容にすると良いでしょう。

ここで良心的なかたは、

「こんなこと…誰でも知っているのでは?」

と一瞬思ってしまうと思いますが、心配はまったく無用です。

そもそも、知っている人はブログを読まないからです。
あくまでも、知りたいと思って検索するひとを対象に書けばよいんですね。

また、これはよく申し上げるのですが、「お店の当然はお客様には新鮮」という考え方です。

例えば、セミナーの質疑応答の時に、「初歩的な質問ですが…ホームページとブログはどう違うのですか?」という質問をいただくことがあります。これなども、お店(=この場合は、永友)の当然は、お客様には新鮮、ということの典型的な事例でしょう。

なお「ハウツー系」記事は、キーワードによっては、ずっと長く検索される(=経営効果が長い)のも特徴です。アクセスアップにも、大変お勧めですよ。

今日は『ブログ執筆に困ったら「ハウツー系」記事を』というブログ記事でした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所が関わらせていただいた中小企業様のWeb改善事例を見る
≫お得なAmazonタイムセール情報を見る

posted by わかりやすいコンサルタント at 17:58| ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

Seesaaブログでブログ自体を削除する方法

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友一朗です。

やっと春らしい陽気になりました。これからいよいよ桜のシーズンですね。

さて今日は「Seesaaブログでブログ自体を削除する方法」という、きな臭いブログです。

私も愛用しているSeesaaブログですが、ひとつのアカウント(利用登録)で5種類(5個)のブログが作成できます。

で、私も5つほどブログを運用していましたが、そのうち一つについて、なかなかブログが更新できないので「削除」することにしました。

Seesaaブログでブログ自体を削除する方法について、以下、記載します。

(1)Seesaaブログの管理画面にログインし、削除したいブログの「設定」マークを押す

(2)そうすると、「その他」という項目に「ブログ削除」というコーナーがあるので、そこを押す
Seesaaブログ削除

(3)色々と注意書きがあって、「削除」というボタンがあるので、それを押す
Seesaaブログ削除

(4)「ブログの削除が完了しました。」と表示される
Seesaaブログ削除

つまり(3)の場面で「削除」というボタンを押すと、再確認なく、いきなり削除されます。
「※作成した記事を始め、すべての情報は復旧はできませんのでご注意ください。
※削除後、同じURLのブログは一定期間作成できません。」
という注意書き通りですが、削除するとブログは復旧できないので、くれぐれも慎重に作業したいですね。

今日は「Seesaaブログでブログ自体を削除する方法」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫社内研修の事例「社員ブログ(新入社員ブログ)運用講習会」
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 14:32| ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

社員ブログの目的とは?

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友一朗です。

三寒四温という言葉がぴったりな季節ですね。今日は、やや肌寒かった湘南藤沢です。

さて今日は「社員ブログの目的とは?」というブログです。

社員さんに「ブログ」を書いてもらおうとする企業や店舗様も少なくないと思います。
「セミナーで、ブログが良いと聞いたから」
「知り合いの社長が、社員ブログを薦めていたから」
など、様々な動機があるでしょう。

一方、社員さんの立場では、「社長が急に『輪番でブログを書く』と言ってきた。どうしよう…なぜなんだろう…」と、いぶかしげに思う社員さんもいらっしゃるかもしれませんね。

今日は「社長や上司が『ブログを書くことにする』と言ってきた時の、その目的について考察する」ブログです。

中小企業様や店舗様のWeb集客を考えるうえで「ブログ」は非常に有効なツールです。
その理由は2つあり、

(1)Yahoo!やGoogleなど検索エンジンで検索されたときに、ブログはよくヒットする
※いわゆる検索エンジン対策/検索からの集客法として、とても有用
(2)ブログでは人柄や想い、専門性の高さなどが伝わりやすい
※それを読んで理解・納得した新規客が来店する→価値観や商品・サービス情報を理解したうえでの来店(「信頼」された状態での来店)なので、話が早い。つまり商談効率アップと成約率アップが期待できる

ということが挙げられます。

つまり第一義的には、Web集客面で、ブログが良いツールだから、やるのです。

ではもし、このほかの理由(ブログを会社でやる理由、意義)があるとすれば、どんなことがあるでしょうか?

(3)お客様のことをよく観察することにつながるから

ブログでは「エピソード(お客様から聞かれたこと、提案したことなど)」を書くことが多いでしょう。また、そうするべきです。
そのためにはお客様にしっかりと向き合い、また良い提案をするように心掛けていくことになるでしょう。
つまり、ブログを書くというタスクを通じて、お客様目線の接客力が向上することが期待できます。

(4)他のスタッフの考えかた、価値観を知るきっかけになるから

職場に居ませんか?あまり話さない人。
そんな人が、例えばスキューバダイビングのライセンスを持っているとか、意外に犬好きとか、そういうことをブログに書くならば、社員同士のコミュニケーションが円滑になりますね。

(5)自分の考えを、改めて知る(内省する)ことができるから

上記(3)に近いかもしれませんが、ブログを書くというアウトプットには、必ず「自分自身を振り返る」というステップが必要です。
ああ、自分はこんなことを考える人間なんだとか、こういうときに喜びを感じるんだとか、そういうことを振り返ることができますね。業務時間中に、賃金をもらって、自分を振り返れるなんて素敵ですよね。

(6)他社のブログ(を含むWeb活用)を気にするようになるから

意外なことですが、Webを頑張っていきたいと仰る企業様でも、他社がどのようにWeb活用を進めているかをあまり把握していないケースも多いです。
あなた(もしくは「貴社」)がブログを真面目に運営していくと、おのずと、アクセス数であったり、他社がどう発信しているかについて気になりだすと思います。
競争戦略、ひいては経営戦略について「自分ごと」に感じるきっかけになると思いますよ。

色々と挙げてしまいましたが、「なんで私、ブログを書かされるんだろう?」と思ったかたに伝えたくて、この記事を書きました。
会社のためでもありますが、あなた自身の商談効率アップと成約率アップ、接客スキル向上などにもつながるんですね。
いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所では社員ブログ(新入社員ブログ)運用研修を承っています(全国対応)来週は社員ブログ研修で兵庫県にお邪魔します
https://www.8-8-8.jp/lecturer/lecturer_shanai_blog
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 20:56| ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

経営者がブログを書く効用の一つ「思考の整理」

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日の湘南藤沢は寒く、風も吹いて外出するのはなかなか大変でした。花粉も感じられ、いよいよ花粉症の季節が本格到来した気がします。

さて今日は『経営者がブログを書く効用の一つ「思考の整理」』というブログです。

中小企業、起業家がWeb活用を図るときに最も重要なツールは何でしょうか?
ズバリ、ブログです。これは断言できます。

経営者(企業)がブログを書く(運営する)意味は、大きく言うと2つあります。

(1)いわゆる検索エンジン対策のため
ブログは検索にてヒットしやすく、検索エンジンで情報を探すユーザーに出会いやすいのです。

(2)経営者の人柄、想い、専門性の高さ、技術力などをPRするため
ブログはコラムですから、自然なかたちで(つまり「宣伝広告」という文脈ではなく)経営者の人柄、想い、専門性の高さ、技術力などを伝えることができます。
このことにより、自社の価値を理解いただくことができ、要するに価値観を理解いただいた状態のお客様の引き合い、来店が期待できます。

もちろん、ブログを書く意味はこの2つだけではありません。
隠れた効用として、「経営者自身の思考の整理」ということが挙げられます。

ブログを書くことは、知識や経験をアウトプットすることに他なりません。
このとき、

・自分が何を大切に思っているのか
・自分のお客様は誰なのか(逆に言えば、どんな人がお客様ではないのか)
・自分の夢、ビジョン

などが自然に滲み出てきてしまうのですね。
ですので、ブログを書くこと自体が経営者自身の内省(ないせい)につながるのです。

もちろんそれは、外部に出さない、手帳に書く「日記」でも良いのかもしれません。
しかし、ブログというネットでの情報発信なら、内省すると同時に『(2)経営者の人柄、想い、専門性の高さ、技術力などをPRする』ことを兼ねることもできるわけです。

経営者(あるいはスタッフ)の想い、考えを書いてみる。このことが、ブログの主たるネタになるものと思います。

今日は『経営者がブログを書く効用の一つ「思考の整理」』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定を確認する
≫Amazonカスタマーレビューで高評価「起業の科学 スタートアップサイエンス」
posted by わかりやすいコンサルタント at 17:14| ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

ブログは「情報がストックされる」ことがメリット

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

地元神奈川はまだ寒いですが、空気と言いますか風の雰囲気は”春”を感じるようになった気がします。

さて今日は『ブログは「情報がストックされる」ことがメリット』というブログです。

週明けの2/6(火)に滋賀県の長浜商工会議所様で「SNS・ブログ活用講座」講師を務めます。お陰様で満席のようです。

SNSが人気になり、中小企業Web活用シーンでもSNSを使うことがもはや当たり前になっています。
一方、「ブログ」の効用が再認識されているような機運も感じられます。

ブログは、自らの考え方をしっかりと伝えることができるメディアです。また、過去に書いたブログ記事は、基本的には消えることなく、ずっと溜まっていきます。「ストック型」メディアと言えます。

「消費者、利用者が偶然、あなたのSNS投稿を見る」ことよりも、長い目で見ると、「消費者、利用者が何か検索した時に、あなたが書いたブログ記事に当たる」ことのほうが、確率は高いのではないでしょうか。

「検索」という情報探索手法が無くならない限り、その受け皿としての「ブログ」は、効果を発揮し続けるのです。だからこそ、ブログは早く始めて、長くコツコツ運営してほしいのです。長く価値が続くからです。

いわゆる狭義のSNS(FacebookやTwitter、Instagram等)だけしか取り組んでいない事業者様は、ぜひともブログを始めていただきたいなと思っています。

今日は『ブログは「情報がストックされる」ことがメリット』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定を確認する
posted by わかりやすいコンサルタント at 13:47| ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

ブログのアクセスは、なぜ下がるのか?

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日も箱根駅伝の応援をしました。母校の東海大学は復路は健闘してシード権を獲得しました。来年もぜひ頑張ってほしいところです。

さて今日は「ブログのアクセスは、なぜ下がるのか?」というブログです。

ホームページコンサルティングのご相談をお受けしていると、様々な相談動機を伺います。

「自己流でやってきたホームページを、ここで客観的に見直していきたい」
「今のホームページで成果が上がらない。しかし、自分では何をどうすればよいのか分からず、暗中模索である」


というのが”2大相談動機”ですが、ごくまれに、

「ブログを運営していますが、アクセスが下がってきました。その理由が知りたいです」

というご相談もあります。

もちろん、その”運営を続けているブログのアクセスが下がる理由”は様々でしょうが、これまでの経験上、大きく言うと、

(1)更新頻度が下がってきた
(2)あるキーワードで、自分のブログよりも他のブログのほうが検索上位に表示されるようになってしまった

という2つが主な理由だと思います。

(1)に心当たりがあれば、更新頻度を高めればよいでしょう。更新頻度を高めると、短期的にはアクセスはほぼ間違いなく上がります。
(2)については、心当たりがあるキーワードで検索してみてください。いわゆる”検索負け”したのが分かったら、また上位に来るように工夫をしていくと良いでしょう(いわゆる「検索エンジン対策」)。

しかしながら、私は「ブログのアクセス数は、あまり気にしなくて良い」と考えています。

もちろん、ブログのアクセス数は少ないよりも多いほうが良いです。しかしブログのアクセス数を上げること自体が経営ではないので、そこは冷静に考えていただきたいなと思っています。

商用ブログの本質は、

●スモールキーワードの受け皿になること(長い目で見たときに、多種多様なキーワードにて上位表示が叶えられるための道具)
●店主、経営者、スタッフの人柄や、利用エピソードがわかること(来店、問い合わせの敷居を下げること)
●メインサイト(ホームページなど)へのリンクパワー供給(換言すればメインサイトのリンク元になること)


です。「アクセスを上げること」自体は、商用ブログの本質ではないのですね。

ブログは短期的なアクセス数に一喜一憂するのではなく、長い目でコツコツと育んでいきたいですね。
今日は「ブログのアクセスは、なぜ下がるのか?」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定を確認する
posted by わかりやすいコンサルタント at 17:13| ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.