講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2018年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2017年09月20日

異なる事業をしている場合、ブログを分けるべきかどうか?

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

昨日は横浜市の都筑区役所様にて「SNS・ブログ活用セミナー」(公益財団法人横浜企業経営支援財団様主催)にて講師をさせていただきました。
60名余の皆様にお集まりいただき、またとても素晴らしい質問も多く出て、良い時間であったと思います。

私もお世話になっている都筑区内のとある経営者様が、地域の方々にセミナー参加の周知をしてくださったとのこと。思わず熱いものが込み上げてきました。本当に心から感謝致します。お陰様で多くのご参加をいただくことができました。

今日はこれから愛知県豊田市のサービス業様を訪問し、新規顧客獲得のためのWeb活用についてのコンサルティングをさせていただきます。

さて今日は「異なる事業をしている場合、ブログを分けるべきかどうか?」というブログです。

昨日の都筑区役所様でのセミナーで一番前の席で熱心に受講されていた参加者様から3点、ご質問をいただきました。
そのうちの一つが、「異なる事業をしている場合、ブログを分けるべきかどうか?」という趣旨のご質問でした。

結論的にいえば、私は以下のように考えています。

・事業がそれぞれ関連性があれば、ブログは分けなくても良い(分けても良い)
例…化粧品店と、ネイルサロンを営んでいる場合

・各事業についてお客様視点で考えた場合、関連性があるとはいえない場合は、ブログは分けたほうが良い
例…不動産業をしていて、かつ、健康食品販売をしている場合

事業に関連性がある場合(いわゆる「シナジー」がある場合)は、それぞれがお互いに強みを発揮する(ブランドイメージが強化される)ので、ブログは一緒でも良いと考えます。

一方、事業に関連性がない場合は、そもそも顧客層も違いますし、検索エンジン対策上の観点(一つのブログに多種多様なキーワードが混在すると、キーワードの凝縮性が薄まり、専門性が低いとみなされる。つまり検索エンジン対策的には不利になるという観点)からも、ブログは分けて、それぞれのブログの専門性(キーワードの凝縮性)を高く保ったほうがよいと考えます。

もちろんこれを踏まえながら、予算や人材、実施コスト(いわゆる「手間」)などの内部環境の如何で、臨機応変に検討したほうがよいでしょう。

今日は「異なる事業をしている場合、ブログを分けるべきかどうか?」というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

posted by わかりやすいコンサルタント at 09:16| ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

9/19横浜【ネットで新規客に出会う2つの方法『SNS・ブログ』活用術】

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は良いお天気ですね。少々暑いですが、秋らしく清々しい気候です。

さて当日のご案内で恐縮ですが、本日18時より横浜市都筑区役所にて【ネットで新規客に出会う2つの方法『SNS・ブログ』活用術】セミナー講師を務めます。

横浜市内中小企業経営者、個人事業主、IT担当者、市内で創業予定の方にぜひご参加をいただきたいと思います。
日時:2017年9月19日(火) 18-20時
場所:横浜市都筑区役所 6階大会議室
(横浜市都筑区茅ケ崎中央32番1号)*市営地下鉄「センター南」駅徒歩約6分
・おじさん向けSNS「Facebook」と女性向けSNS「Instagram」の活用法
・SNSのリスクとその予防、対処
・「ホームページコンサルタント」なのに「ブログが一番大事」と言い続ける理由
・フィーリングが合う新規客が増え続ける会社がブログで心がけるポイント
・大好評!Web活用なんでも質疑応答タイム

わかっているようでわからないのがWebツールの【使い分け】ではないでしょうか。
検索対応の集客と、SNSの集客では、考え方ややりかたが全く異なります。このあたりをぜひざっくばらんにお話ししたいです。

今日は9/19横浜【ネットで新規客に出会う2つの方法『SNS・ブログ』活用術】についてご案内をさせていただきました。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫今後のセミナー予定を確認する
posted by わかりやすいコンサルタント at 13:02| ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

【3つの事例】ブログ記事のタイトル。どういうものがよい?

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は福島法人会様主催、「スマホ活用3つのコツ」セミナー講師です。
久しぶりの福島、頑張ってきます。

さて今日は

・【3つの事例】ブログ記事のタイトル。どういうものがよい?

というブログです。

昨日、横浜市内の小売サービス業様にて、スタッフ様向け勉強会講師をさせていただきました。
「新規客に響くWeb表現」の研修で、非常に熱心な皆様で驚きました。

質疑応答の時間に、「ブログ記事のタイトルは、どういうものが良いか」という趣旨のご質問をいただきました。実務的で素晴らしいご質問ですね。

色々なお答えがあるのでしょうが、

・タイトルに数字を入れる
(例)昨年は98名様が参加!●●体験会準備中♪

・疑問形にする
(例)初めてのかたでも失敗しない「メイクブラシの選び方」とは?

・メリット(利便性)を訴える
(例)わずか15分で体験できる毛穴エステ(要予約)!!お昼休憩中にも!?

などは如何でしょうか。

あまり良くないタイトルは、

(例)わくわく新商品♪
(例)お得情報!!

のように、内容が予見できないようなタイトルはちょっともったいないですね。
また、タイトルの文字数は、経験則ですが「短いよりも長めのほうがアクセスが多い」気がします。
25〜30字くらいはあったほうが良いかもしれませんね。

今日は『【3つの事例】ブログ記事のタイトル。どういうものがよい?』というブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のコンサルティング概要を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 06:00| ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

活用したい「ブログの予約投稿」機能

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

梅雨明けで、暑い日が続きますね。水分と適切なミネラルなどを補給したいですね。

さて今日は「ビジネスブログ運営実務」のカテゴリで『活用したい「ブログの予約投稿」機能』というブログです。

一般的なブログにおいては、「予約投稿」(公開日時の指定)が出来ます。このシーサーブログでも、編集画面下部に「予約投稿」という欄があって、公開を開始したい日時を記入する箇所があります。
※通常は「指定なし」(=記事保存と同時に公開される状態)になっています

ブログの予約投稿のしかた

ブログの予約投稿は、以下のような場合に有用だと思います。

・ブログを毎日、あるいは定期的に更新しようと決めているが、旅行など諸事情でその日にタイムリーに投稿できない(ので、予約投稿機能を使う)
・特定の日から始まるセールやイベント、特別情報をブログで告知したいが、その日は仕事で忙しく、タイムリーにブログ記事が投稿できないおそれがある(ので、予約投稿機能を使う)


案外、使われていない地味な機能ですが、上記のような事情がある際にはとても有用だと思いますよ。

今日は『活用したい「ブログの予約投稿」機能』というブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫愛媛や鳥取でセミナー予定がございます。
posted by わかりやすいコンサルタント at 06:00| ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

コメント欄は「閉じる」(使わない)こともできる

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

先日、わざわざ四国より団体担当者様がお越しになりセミナーのお打合せをさせていただきました。
とてもユニークで活発な取り組みをなさっている団体様です。インスタグラムの講習会をご用命いただくような予定ですが、お役に立てますように努めたいと思います。

さて今日は『コメント欄は「閉じる」(使わない)こともできる』というブログです。

ブログはもともと、個人の私的な日記、感想文、備忘録などとして発展したものと言われています。それを商売に活かそうというのが、いわゆる「ビジネスブログ」と呼称されるものですね。

もともとが「私的な日記、感想文、備忘録」等ですから、ある意味で必然的に「それに対する感想、意見」を記載できる機能が付いています。それが「コメント」欄です。

このコメント欄(ご自身のビジネスブログのコメント機能)ですが、好意的な感想、意見だけでなく、反論や苦情、あるいは本筋とは関係のない記述まで書かれる可能性があります。
ですのでホームページコンサルティング実務上、特にブログの開設をご一緒に行うようなシーンでは、「コメント欄」の利用について経営者様に慎重に確認しながら進めていきます。

このコメント欄ですが、使わなくてはならないという決まりはありません。しかしそのことも含めて、ご存じない経営者様はまだまだ多いように感じます。
気付かないうちにコメント機能を利用していたようで、スパム的コメントがたまってしまった…ということが無いように気をつけたいところですね。

今日は『コメント欄は「閉じる」(使わない)こともできる』というブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫わかりやすいインスタグラム講習会の概要を見る

posted by わかりやすいコンサルタント at 07:52| ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

ブログ/SNSでは同じ話を何度書いても構わないということ

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

昨日は宮崎県都城市の小売サービス業様を訪問させていただきました。
やはり皆様非常に熱心で、真面目で、明るく楽しい感じでした。本当に素晴らしいことですね。

スタッフ様勉強会にてディスカッションをさせていただきましたが、その中で、

・ブログ/SNSでは同じ話を何度書いても構わない

という点をお話しさせていただきました。

中小企業様のWeb発信でよくあることとして、「一度書いた(投稿)したことは、同じ話題をしばらく投稿をしてはいけないような気になる」というものがあると思います。
私自身、勤めだったころにWebマスターをしていましたので、その気持ちは痛いほどよくわかるつもりです。

ある商品を告知した。あるイベントを告知した。などの時、そのことをしばらく(あるいは複数回)投稿してはいけない気になってしまいますね。

でも、ネットのお客様(特に新規のお客様)は最初の投稿を見ていない可能性もありますし、また、何度か見ることで認知・購買意欲が高まることもあります。
Web運営的な視点では、「同じ話題について複数回投稿する」ことでネタ切れを防ぐ意味もあります。

『ブログ/SNSでは同じ話を何度書いても構わない』

とご認識いただき、無理のないWeb活用を進めていただければと思っています。
永友事務所は、無理をせず効率よいネット活用「頑張らないWeb活用」をご提案しています。

今日は「ブログ/SNSでは同じ話を何度書いても構わないということ」というブログでした。いつも本ブログをお読みいただきありがとうございます。
≫わかりやすいインスタグラム講習会
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:32| ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

「想い」を伝えるメディアを継続運営する

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

昨日は長野駅から「しなの鉄道」に乗り、屋代駅に向かいました。千曲商工会議所様で「ホームページの接客術」講師でした。

お邪魔して初めて知ったのですが、千曲市は「杏(あんず)」の名産地だそうです。屋代駅構内に店舗を構える千曲市の総合アンテナショップ「屋代駅ウェルカムステーション」には、たくさんの杏(あんず)関連商品が並んでいて圧巻でした。

さて今日は『「想い」を伝えるメディアを継続運営する』というブログです。

私は2009年6月に独立開業したのですが、じつはその半年前からこのブログをスタートしています。
ブログを始めた理由は、

・自分の考えかたそのものを整理するため
・自分の考えかた、想いを知っていただくため

でした。その後、結果的に「ブログが検索エンジン対策に非常に有用」ということを知ってから、毎日ではありませんが今まで継続して書いている次第です。

Web媒体は「見せかた」ではなく「見られかた」を意識することが大事です。
ブログの見られかたは、「人柄や想い、専門性の裏取り」です。

・この人(=会社の社長や従業員)は、どんなひと?
・この人(=会社の社長や従業員)は、どんな想いで仕事しているのかな?
・この人(=会社の社長や従業員)の専門性は、確かかな?

そんなことの疑問の裏付けとして、ブログは確認されているのです。

商品やサービスがいくら素晴らしくても、それをホームページに掲載(=単純な情報陳列)しているだけでは、単なる宣伝にしか見えません。
ネットの向こう側のお客様は、宣伝の裏にある「本当のところ」を確認したくて仕方がないのです。

ぜひ、ブログを運営して、「想い」を伝えていきませんか?そのことで、あなたの商品/サービスの価値が分かる方が集まるようになるんだと思います。

今日は『「想い」を伝えるメディアを継続運営する』というブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所セミナー予定を確認する
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:00| ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

ブログのネタが無い時に書く3つの記事

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は彦根商工会議所様にお招きいただき【商売繁盛セミナー第6講『それぞれの特長を活かして顧客獲得! 売上アップ!ソーシャルメディア・ビジネス活用法』】講師を務めます。彦根商工会議所様には4年半ぶりにお邪魔します。
明日は山梨県の北杜市雇用創造協議会様にて【競争力増強講座「ネット集客で売上アップ!HPを活用した販路開拓術」】講師です。4時起きで北杜市に向かいます。ご用命いただくことに感謝です。

さて今日は「ブログのネタが無い時に書く3つの記事」というブログです。

そもそも、ですが、ブログ(特に経営的効果を求めて書く、いわゆる『ビジネスブログ』)は毎日書く必要はありません。
もちろん毎日書ければ最高ですし、毎日書くことで自らを律する素晴らしい経営者様もいらっしゃいます。
しかしブログを毎日書かなくても、ポイントさえ外さなければ問い合わせ/申し込み等の効果を出すことは可能です。

それでも、何らかの理由で(例えばブログ執筆が輪番制になっていて、自分の番が回ってきた、とか)ブログ記事を書かなければならないのにネタが思いつかない…というときの「ブログのネタが無い時に書く3つの記事」をご紹介します。

1、地域の話題に触れる

お祭りやお花が咲いたとか、お店がある地域のことを描くのは如何でしょうか。
近所にオープンしたお店屋さんを紹介しても良いですね。
特に、店舗(来店促進型事業所)様は、地域の出来事を書くとその地域名が豊富に含まれるブログ記事を書くことができますから、理に適っていると思います。

2、書評を書く

読んでみた本の感想を書くのは如何でしょうか。
読書感想文のようにしっかりした文章にする必要はありません。どんな本が好きなのかな?どんな感想を持ったのかな?という点で、その書き手(スタッフ様)の人柄、考え方がわかって親近感がわくと思います。

3、失敗談を書く

失敗談といっても、投資に失敗したとか採用した若者が10日で辞めてしまった、のような深刻な話ではなく、

・新しい施術法を考えて試してみたが、上手くいきませんでした。やりかたに工夫がいることが分かったので、お客様にそれをしっかりお伝えしたいです

とか、

・新サービスを試験的に導入しましたが、予想したお客様の反応はいまいちでした(><)伝えかたに工夫が必要ですね

とか、「前向きに挑戦したが上手くいかなかった」という趣旨の話は、むしろ素直で好感が持てるのではないでしょうか。

ブログこそウェブ活用の基盤です。無理なく、かつ上手く運用して、ぜひ多くのかたに貴社のことを知っていただきたいなと思っています。
今日は「ブログのネタが無い時に書く3つの記事」というブログでした。いつも最後までお読みいただき、感謝申し上げます。
≫永友事務所は、こんな場合に利用されています(相談事例を見る)


posted by わかりやすいコンサルタント at 08:46| ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

900記事書いた。アクセスランキング上位10傑の内容とは

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今月は某大手メーカー様のクローズド研修で全国に出張が続いています。北海道でも九州でも、もはや遠いと感じなくなってきました。
自宅でやるべきことがあるので日帰り行程がほとんどです。そろそろゆっくり温泉に入りたいのですが…。

さて今日は『900記事書いた。アクセスランキング上位10傑の内容とは』というブログです。

この「わかりやすいホームページ相談 永友一朗公式ブログ」ですが、2008年9月から始めて、先日900記事を超えました。いつもご覧くださって感謝申し上げます。

これまであまり過去の記事について振り返ってこなかったのですが、いままでのアクセスランキング上位10傑を調べてみました。累計でアクセスが多いものを記載してみます。

●第10位「Facebookのコメント修正履歴は自分だけでなくその投稿を見ることができる人にも分かってしまうことに注意する」
http://web-adviser.seesaa.net/article/279032980.html

●第9位「Facebookページの「レビュー」(★マーク)、誰が何個付けたかを知る方法」
http://web-adviser.seesaa.net/article/388688272.html

●第8位「Google Chrome(クローム)で白黒印刷できない時の対処法」
http://web-adviser.seesaa.net/article/395665789.html

●第7位「Facebookのお知らせ欄に「親しい友達のアクティビティ」を表示させない方法」
http://web-adviser.seesaa.net/article/279848500.html

●第6位「Jimdoの中にFacebookページのLikeBoxを入れる方法」
http://web-adviser.seesaa.net/article/305480249.html

●第5位「無印良品「体にフィットするソファ」の処分の仕方」
http://web-adviser.seesaa.net/article/145308523.html

●第4位「PDFファイルを軽くする方法」
http://web-adviser.seesaa.net/article/135020848.html

●第3位「Facebookで友達を削除するとどうなるか?」
http://web-adviser.seesaa.net/article/276315212.html

●第2位「フェイスブックで「ブロック」されている時の画面」
http://web-adviser.seesaa.net/article/344915543.html

●第1位「Facebookで勝手に「招待メール」を送ることを防止する3つの方法」
http://web-adviser.seesaa.net/article/279202899.html

いつもセミナーでお伝えしていることですが、書いた時期に関わらず、長く検索される(長くアクセスを得る)のは、

・ハウツー的な記事(●●の仕方、●●の手順、●●をする方法)
・不安を解消する記事

なんですね。


今日は「900記事書いた。アクセスランキング上位10傑の内容とは」というブログでした。いつもブログをご覧くださり、ありがとうございます。
≫永友一朗のインスタグラムを見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 15:14| Comment(0) | ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

ブログの文字数は何文字が良いのか?

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友です。

現在、東海地方のある食品メーカー様と通信コンサルティングのセッションをしています。
真面目な社長様で、ホームページリニューアルの成果が本当に楽しみです。
このメーカー様の食材を取り寄せて家族でいただきましたが、子供がとても喜んでいました。美味しいものは子どもは正直ですね。

さて今日は「ブログの文字数は何文字が良いのか?」というブログです。

SNS・ブログセミナー等でブログの高い経営効果をお伝えすると、
「当社もぜひ、ブログを始めたいと思います。一記事の文字数は何文字くらいが良いでしょうか?」
というご質問をいただくことが多いです。

そのお尋ねの本質は「経営に資するブログの最低文字数は何文字か?(一番合理的な最低文字数は何文字か?)」というご質問であると思います。手間を少なくして合理的に成果をあげたいですよね。

一言で申し上げれば、「文字数と経営効果は無関係」だと思います。つまり、例えば300文字前後など、短くてもしっかりと検索に引っかかって効果を上げている事例もあります。

経営(営業力強化)に資するブログにするためには、文字数に関係なく、以下のポイントに留意したいですね。

1、ターゲットキーワード(検索で上位表示を狙いたい言葉)が多く含まれていること

2、お客様(潜在顧客など)の困りごと(悩み)を軸にした内容にすること

3、文末で関連するページに誘(いざな)うこと

逆に言いますと、いくら文字数が多くても、
・ターゲットキーワード(検索で上位表示を狙いたい言葉)があまり含まれていない
・自社目線の自分本位の内容である
・文末で情報がドン詰まりになっている(回遊性がない)
という状況ですと、ブログを書いた時間(=時間の投資)が無駄になってしまうと思います。

ネット上に蓄積されるストック型メディアである「ブログ」は、長く貴社のウェブ活用の基盤になると思います。だからこそ、一つ一つの記事で「(キーワードなどを)狙って」書くのが良いですね。

今日は「ブログの文字数は何文字が良いのか?」というブログでした。なお、「ブログでした。」までで868文字です(笑)
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のブログ講座などセミナー予定を確認する
posted by わかりやすいコンサルタント at 10:59| Comment(0) | ビジネスブログ運営実務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.