講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2019年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫

2019年05月20日

上手くいっているお店は「基礎力」があるということ

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

今朝は晴れていますが、夕方からお天気は下り坂のようです。だんだんと「梅雨」が感じられる空気になってきましたね。

さて今日は『上手くいっているお店は「基礎力」があるということ』というブログです。

色々なご相談者様から、「同業で、このお店はすごくネット活用が上手くいっていると聞いていますが、どんなところが良いと思いますか?」と聞かれることがあります。

スポーツでも勉強でも、上手に出来ているひとを参考にする、というのは至極当然な思いですよね。

そんな時にその「上手くいっている」お店様のホームページやSNS投稿を拝見しますが、そのネットの表面上で分かることで限って言えば、「やるべきことをきちんとやっているからですね」ということがほとんどです。

言い換えれば、ネット活用の基礎力があって、それをしっかり実践しているということでしょう。

スポーツや勉強では、いわゆる持って生まれた才能というのがあるかもしれません。
しかしネット活用というのは、そもそも、ここ20年位の話であって、ネット活用の才能を持って生まれるということはありません。

ですので単純に、ネット活用の基礎力があって、それをしっかり実践しているということに尽きるのだと思います。

繰り返しお伝えしていますが、ホームページコンサルタント永友事務所は、その「ネット活用の基礎力」をお伝えし、実践の伴走をするのがお仕事です。
「基礎力」はとても地味ですので軽んじられることもありますが、そういうひとも、見ていますと、次第に「基礎的なことが大事」という言及に変わったりしています。

おこがましい言いかたで申し訳ありませんが、永友が行うセミナーレジメは「ネット活用の基礎力」のことを書いていますので、捨てずに保管してずっと使っていただきたいと思って作っています。
もちろん私に限りませんが、商工会議所や商工会で行われるようなネット活用系のセミナーは基礎力を重点的に話されると思いますので、参加したことがないかたは、お近くの商工会議所や商工会のセミナーに足を運んでいただきたいと思っています。

今日は『上手くいっているお店は「基礎力」があるということ』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定を確認する
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:59| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

「お客様目線」でWebを俯瞰する

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

いよいよ本日、平成に替わる新元号が発表されますね。あと2時間位で発表かと思うとドキドキします。

さて今日は【「お客様目線」でWebを俯瞰する】というブログです。

私がセミナー等でよく申し上げるフレーズのひとつに「Webは見せかたではなく【見られかた】に着目する」というものがあります。

そのまんまの意味ですが(笑)、趣旨は以下のようなものです。

多くの事業者様は、自らの商品・サービスを買ってもらいたい、広めたいという気持ちでWebを活用しています。当然ですよね。

それゆえ、どうしても「自分語り」と言いますか、自社のことを良く「言おう」という姿勢になってしまいます。これも、気持ちはごもっともです。

しかし、情報選択の主体はいつでもお客様側にあることを忘れてはいけないと思います。

つまり事業者のWeb(ホームページ、ブログ、SNS等々)は「見せるもの」というより「見られるもの」なのです。

では、どのように「見られる」のか。これは、2つのポイントがあります。

【1】「自分向けなのかどうか」を判断するために、見られる

情報が溢れているいま、自分とは関係なさそうな情報を読むほど現代人は暇ではありません。お客様は、その情報が自分にとって有益か、関心がある事項かをまず判断するのですね。だからこそ、ページ上部で「誰向け」と明示したり、「まさにあなたのようなかたが、当店を利用しているんですよ」という事例(エピソード)を示すのが良いと思います。

【2】「確認」のために、見られる

確認(情報の精査、裏取り)のために見られます。だからこそ、自店が言いたいことではなく、お客様の立場で確認したい事項をWebに載せるのが良いと思います。

いずれも、「自分がお客様の立場なら、この事例で響くかな?」とか「自分がお客様の立場で問い合わせをする直前に、一番疑問に思うことは何かな?」など、Web担当者という立場を一瞬離れて、上空から眺めるようにしていただきたいと思います。

このように、自社のWebについて「お客様目線」で俯瞰するクセを付けていただくと、Webの質(そしてそれがもたらす「引き合い、売上」)がまったく違ってくると思います。

今日は【「お客様目線」でWebを俯瞰する】というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定を確認する
≫Amazonで今日使えるクーポン一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:42| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

甘えている人はなぜWeb活用がうまく進められないのか?

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

だんだんと気温が上がってきて、春が近づいていることを実感します。花粉は飛びますが、寒いのより助かります。

さて今日は「甘えている人はなぜWeb活用がうまく進められないのか?」というブログです。

如何にも説教くさいタイトルですが、ご関心があればお読みください。

以前よりお話をしていますが、「中小企業のWeb活用」というテーマで考えるとき、

第一期(黎明期):「ホームページ」があること(作ること)のみがWeb活用そのものだった時代

第二期:ホームページが増えてきて「検索上位の取りあい」が画策され検索エンジン対策(SEO)が繰り広げられるようになった時代

第三期:「ブログ」が登場し「読み物」で興味を沸かせることが模索された時代。かつ、そのブログが検索エンジン対策に有効であることが知られるようになり企業ブログ(ビジネスブログ)が増加した時代

第四期:ブログを利用する個人も増加し、またmixiのようなクローズドなSNSだけでなくTwitter、InstagramのようなオープンなSNSも登場した時代

第五期:動画、音声メディアも含め情報発信ツールが増大した時代

に分けられると思います。

私は第二期からこの世界にいますが、はっきりいって「昔に比べて、やることが増えたな〜」という印象です。

「顧客接点が増えちゃった」わけですね。もちろんそれを「チャンス」と見なすので、Webでの販売促進・販路拡大が叫ばれているわけです。
そして、貴社が「情報発信をやらない」自由はありますが、その代わり競合他社が精を出して発信を強化すれば、貴社は競り負けていくのですね。
ウサギと亀の話そのものです。

同時に、「効果的に、かつ、効率よく」Web運営を図っていかないと、経営効率面からも大変なことになってしまうのですね。

ここで一度でもやったことがあるかたは分かると思いますが、それら「多種多様な情報発信ツールを使って販売促進・販路拡大をすることを、誰かに任せる」とすると、相当なコストがかかるんですね。外注費です。

また「お願いだから、やってくれない?」と誰かに甘えてみても、その「誰か」も自ら情報発信等に忙しいので、まともな誰かは、やってくれないのです。

この、第五期に至ったWeb活用シーンでは、コストを抑えて効果的に、かつ、効率よくWeb活用を図るためには、要するに「自分(自社)でやる」ということにおのずと収斂されていきます

「誰かやってくれないかな〜」と願っていても、何も変わらず時間だけが過ぎていくのですね。
「甘えた状態でWeb活用が進んでいく」ことはなく、「進まない」(もしくはだんだん競り負けていく)のです。甘えとWeb活用はそもそも両立できないのですね。

自分(自社)で考えてみる。やってみる。そのうえでアドバイスをもらう。アドバイスをもとに行動して検証する。これは非常に真っ当なことです。それこそがPDCAサイクルです。
でも「自分ではやらない。誰かタダで代わりにやってください。結果も出してください」というのは、サイクルにならないんですね。

あなたはいつまで甘えていくつもりですか?まずは「自分でやってみる」という行動を起こしましょう。

今日は「甘えている人はなぜWeb活用がうまく進められないのか?」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナースケジュールを確認する
≫Amazonの在庫処分セール商品一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:49| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

ごく一部でも「投稿」の端緒を作る習慣を

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

昨日は福島県のいわき法人会様にてスマホビジネス活用セミナー講師でした。たくさんの会員様が熱心に受講してくださり嬉しかったです。
今日は富山県の富山市八尾山田商工会様にてGoogleマップ+Instagram活用セミナー講師です。久しぶりの富山市八尾山田商工会様で楽しみです。

さて今日は『ごく一部でも「投稿」の端緒を作る習慣を』というブログです。

現在のWeb活用は、15年前のWeb活用の様子とだいぶ違います。以前は「ホームページを作ったら終了」という感じでした。それしか手段がなかったからですね。

いまは、ホームページ以外のツールがたくさん登場しています。
それが何を意味するか。
お客様が、多くのツール(SNSやWeb媒体等。もちろんチラシ等の紙媒体も然りですが)で情報収集を行える時代になっているので、その中でいかにお客様の目に触れ、目に留まっていただくかがカギになっています。

つまり「ホームページ」単品だけでは、接点の数として圧倒的に足りない可能性があります。

そして良くも悪くも、「ホームページ以外の媒体」は「掲載」ではなく「投稿」「コミュニケーション」という概念をベースにするものが多いです。つまり「運用の手数が増える(手間がかかる)」媒体が増えてしまったのですね。

もちろん、その手数、手間を考えて「ホームページしか運用しない」と決めている事業所様もいらっしゃいます。それはそれで経営判断ですので、社長様の意向を尊重したいと思っています。
ただ、そのような事業所様は「ある特定の分野で極めて特徴的な”ウリ”を持っていて、かつ、寡占のような状態でビジネスを回せる事業所」だったりします。言ってしまえば「Web販促などしなくてよい」という企業様も、ごくまれにあります。

しかし、多くの中小企業様や店舗様は、いわゆる「競合」する他社等のことを気にしながら、より「お客様に知っていただくように頑張る」必要があるのではないでしょうか。

要するに、「ある特定の分野で極めて特徴的な”ウリ”を持っていて、かつ、寡占のような状態でビジネスを回せる=Web販促などしなくてよい」というポジションに就き続けられる事業所を除き、「手数、手間はかかるにせよ、情報発信をしてお客様に知っていただく機会を創出する」ことがほとんど必須になっているように思います。

そのことを早々に判断し、速やかに行動に移す企業様もあれば、「Web発信をやらなくても良い理由」が発生するのを期待して待っている企業様もいらっしゃいます。
あなたはどちらでしょうか?

前置きが長くなりましたが、要するに「情報発信を続ける」ことは、「ほぼ避けられない仕事」なわけですから、いかにそれを楽しく、合理的に進めていくかを考えるのが賢明ではないでしょうか。

その意味では、『ごく一部でも「投稿」の端緒を作る習慣』を持つというのは非常に大事であると思います。

・ブログは始めからオチまで全部考えてから入力をするのではなく、”下書き”機能を使ってとりあえず思いついた言葉やエピソードを書いてしまう
・Googleマップの対応が重要と分かったら、とりあえずGoogleマイビジネスの登録だけはしておく
・Twitterで短く投稿しつつ、次第に「ブログネタ」に育つのを待つ
・InstagramとFacebookページの連携設定を済ませておき、一度で2つの媒体に投稿できるような仕組みだけは作っておく
・Googleフォト等を使い、スマホの写真をパソコンで簡単に取り出す仕組みを作っておく
・電車内ではスマホのメモアプリにブログの記事ネタを挙げておく(備忘録にする)

そもそもWeb活用に「完璧」「完成」というものは存在しません。ちなみに「正解」も存在しません。

気負わず、完璧を求めず情報発信を続けることにしませんか?そのほうが一日でも早く、「まだ見ぬ新規客」様に出会うチャンスがあるのだと思います。

今日は『ごく一部でも「投稿」の端緒を作る習慣を』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所のセミナー予定を確認する
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 10:16| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

好調な数字を「Web活用のお陰」と考えてみる

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

先日は急に暖かくなりましたね。そしてまた寒くなったりして、体調管理がなかなか大変ですね。

さて今日は『好調な数字を「Web活用のお陰」と考えてみる』というブログです。

先日、とあるクライアント様の事務所にてディスカッションをしていると、

「ここ最近の営業成績が好調です!」

というようなお話になりました。
とても喜ばしいことですよね。

企業様の営業成績(受注、売上)が好転したとき、色々な要素が考えられますよね。

・看板を新しくしたから?
・知名度が上がってきた?
・営業スタッフのスキルが上がった?
・地域の消費マインドが良くなった?
・関連商品がテレビで取り上げられた?

それらは、「そうかもしれないし、そうでないかもしれない」ですよね。

特に、ネット活用(Web活用)をしているが、基本は実店舗での販売がメインなどであった場合(つまりネットショップだけ運営している等でない場合)、その「考えられる色々な要素」が、単独で効果を発揮したと考えるのは極めて不自然ですよね。

例えば看板を新しくしたのと、営業スタッフのスキルが上がったのは、同時に叶えられたかもしれませんね。

つまり多くの商売のほとんどのケースでは、「色々な要素が組み合わさって」営業成績が上がったりするのかなと思います。

そしてその「考えられる色々な要素」でも、いま欠かすことのできない施策が「Web活用」ではないでしょうか。

看板を見て、帰宅して検索してホームページを見た。
知人に紹介され、会社名で検索したらFacebookページが出てきたのでいいね!をし、継続的に情報収集した。

そういうことはザラにありそうですね。

いま多くの消費者が利活用するSNSやネットというものについて、「それを除外して」営業成果の検討をするほうがむしろ不自然ではないでしょうか。

なのでぜひ、中小企業のWeb担当者様は、会社の営業成績が向上した際、ぜひ胸を張っていただきたいと思います。

Webは、担当者のあなたが思っている以上に(それが間接的であったとしても)営業成績に大きく関わっているものだと思います。

今日は『好調な数字を「Web活用のお陰」と考えてみる』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定を確認する
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 06:00| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

2/6いわき法人会様「スマホ時代のネットマーケティングセミナー」

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

来週2/6ですが福島県の公益社団法人いわき法人会様にて「スマホ時代のネットマーケティングセミナー」講師を務めさせていただきます。

日時:平成30年2月6日(水)13:30〜16:30
場所:いわきニュータウンセンタービル
http://www.i-hojin.or.jp/

ビジネスパーソンや消費者の多くが「スマホ、タブレット」などの携帯端末を持っている時代です。
これは「企業のWeb媒体が見られる」チャンスが広がったことを意味しますね。

そこでまずは、「ユーザー(ビジネスパーソンや消費者)が持っているスマホ・タブレット」で探されるように、企業のWeb媒体を整備・運用していくことをお話させていただきます。

またその際のリスクは何があるのかもお話します。

併せて、ネットで調べることができる「顧客ニーズ」について、どのように調べてどのように活かすべきかをお話させていただきます。

つまり、ユーザー側も、あなた(企業側)も、スマホやタブレットを使って情報収集が容易になったということについて、では具体的にどうしていくのか?を分かりやすくお話をさせていただきます。

多くのいわき法人会会員様にお目にかかることを楽しみにしています。

今日は『2/6いわき法人会様「スマホ時代のネットマーケティングセミナー」』のご案内でした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定を確認する
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 06:00| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

ファッションコーディネートサイト「WEAR」(ウェア)

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

お正月も4日になり、今日から仕事始めというかたも多いと思います。連休明けにアクセスが多くなる記事は「連休明けの迷惑メール処理4つのヒント」という記事です。宜しければ併せてご覧ください。
・連休明けの迷惑メール処理4つのヒント(わかりやすいホームページ相談 永友一朗公式ブログ)

さて今日は『ファッションコーディネートサイト「WEAR」(ウェア)』というブログです。

ファッションコーディネートサイト「WEAR」(ウェア)は、いわゆるZOZOタウンが運営しているファッションコーディネートサイトです。

服のコーディネートをどうしようかと考えるとき、「Google検索する」「Pinterest(ピンタレスト)で調べる」「Instagramで調べる」などの選択肢があると思います。例えば「冬コーデ メンズ 40代」で調べるとしましょう。

「Google検索する」の場合、出てきた情報が古い可能性もあります。また、具体的なコーディネート写真ではなく「コーディネートのコツとは?」などの”座学”の情報も出てきます。

「Pinterest(ピンタレスト)で調べる」の場合、閲覧を続けるとだんだんと”思いがけない”写真が出てくるようになることがあります。例えば「冬コーデ メンズ 40代」を意図して閲覧を始めても、例えばだんだんとダッフルコートばかりの写真が出てきたり、あるいは女性のコーディネート例も出てくることがあります。

「Instagramで調べる」の場合、例えば「#冬コーデメンズ」で調べると本日時点で3枚の写真しか出てきません。ましてや、「#冬コーデ」で調べたときには、35万枚の写真等が(検索結果として)出てきますが、中には海岸だけが写っているような、検索語とは直接関係ない写真も混じっていたりします。

その点、ファッションコーディネートサイト「WEAR」(ウェア)は、コーディネートを具体的に調べたいというニーズに直球で応えてくれるサイトで、とても便利です。

日本最大級のファッションコーディネートサイト「WEAR」(ウェア)を見ると、「他の人はどうしているのかなあ?」というギモンは世代や時代や業種等を超えて、非常に支持される情報なのだなあと感じます。

あなたのホームページでは、既存客はどうしているか?を描いて、紹介していますか?

今日はファッションコーディネートサイト「WEAR」(ウェア)で感じたことを書きました。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のコンサルティングが初めてのかたへ
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 06:00| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

「会社概要」「プロフィール」ページをきちんと整備していますか

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

本日は2019年元旦です。新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2018年は、久しぶりにリピート開催いただいたセミナーや、数年前にコンサルティングさせていただいたかたからの再度のコンサルティング依頼等もあり、継続するご縁を感じた1年でした。

「以前永友さんにコンサルティングを受けたときは自作ホームページでしたが、今回から制作会社に依頼してホームページを作り直そうと思っています」

などの状況変化も多く、節目で永友のことを再度思い出して用命いただくことに感謝しています。

ホームページを作り直す議論をするときは、「誰にどうしてほしいホームページなのか?」を話し合います。
意外に「誰にどうしてほしい」というポイントが定まっていないケースも多いです。
この「誰」のことを「ペルソナ」と呼びます。

そして多くのケースでは「ペルソナに信頼していただくためにはどうしたらよいか」という議論になります。

この、ネットで出会ったかたに(もしくは紹介を受けたかたが確認のためにホームページを見に来た時に)「信頼していただく」には、つまるところ、

(1)きちんとしていそうだ
(2)専門性(経験値)が高そうだ
(3)多くのかたに利用されていそうだ


ということを伝えることに他なりません。

(2)と(3)については、「利用エピソード」を多く掲載することが肝要です。
(参考)どんなお客様がどのように過ごしているか描いていますか

そして(1)については、もちろんWebサイト全体の雰囲気や写真も大切ですが、「会社概要」「プロフィール」ページが非常に重要になってきます。

アクセス解析をしていれば分かりますが、「会社概要」「プロフィール」のページは、我々(ホームページ運営者)が思っている以上に閲覧数が多くなります。それだけ「(信頼性という)情報の裏取り」として「会社概要」「プロフィール」のページが見られているということだと思います。

<会社概要ページのポイント>
連絡先や所在地だけでなく、「経営者の想い」「沿革」「社会貢献」などの情報も書いていますか?

<プロフィールページのポイント>
経歴だけでなく「ペルソナにどうなってほしい」という「想い」も交えて書いてますか?

ホームページ作成時に、あっさりと済まされてしまいがちな「会社概要」「プロフィール」のページは、意外に盲点になることを知っていただければと思います。

今日は【「会社概要」「プロフィール」ページをきちんと整備していますか】というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫「ホームページに欠かせない内容」というコラムを書いていますので、併せてご覧ください。
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 10:27| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

Web活用の質と量

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友一朗です。



今日は「Web活用の質と量」というブログです。



中小企業経営者様とお話をしていると、「Web活用をどこまで行えばよいかわからない」というお話になることがあります。



ぞれはおそらく、突き詰めていけば「自分が納得できる成果が出るまで。もしくは諦めるまで」と言えるでしょう。



そして「どれくらい取り組んだら成果が出るのか?」というのが次の関心ごとになると思います。



じつは一般的に経営者様が想像されるよりも、手間と時間がかかります。



その手間と時間は可視化が難しいです。資格試験勉強などのように「1000時間以上勉強すると合格が見えてくる」(例えばの話ですが)のような指針があれば良いのでしょうが、そういう指針は聞いたことがありません。



スポーツの練習と同じで、「質と量が大事」としか言いようがないですが、成功されているかたは以下のような「質と量」ではないかと思います。



・ブログやSNS投稿など、いわゆるWeb発信を、ほぼ毎日行なっている


・一日のうちWeb発信、およびユーザーとのコミュニケーションにかける時間は1〜2時間程度(細切れ時間をうまく活用している)


・セミナーや勉強会に出るなど、情報収集に努めている


・自社が言いたいこと、ではなく、お客様が知りたいことを書いている(いわゆるお客様目線の発想を持っている)



お客様目線でないのに、やみくもに発信しても、時間の無駄です。


一方で、せっかくお客様目線の発信をしている(コンテンツを設置している)のに、手数が少ないので露出が足りなくてもったいないことをしている事業所様も多いです。



いずれにしても「Web発信は大変だ」「つらい」と感じるのであれば、Web以外の販促方法(それは多くの場合、それなりのコストがかかる)を模索していくことになるでしょう。



あなた自身や、ご家族、従業員様やそのご家族のことをイメージしながら、「Web発信ってなんだか面倒だなあ」「もっとラクな方法はないものか」と言えるかどうか、再確認していただければと思います。



今日は「Web活用の質と量」というブログでした。いつも本ブログを最後までお読みいただき、ありがとうございます。



≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 06:00| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

Web発信で醸し出てしまう「生きかた」「人生観」

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

今日は『Web発信で醸し出てしまう「生きかた」「人生観」』というブログです。

色々な経営者様とお話をすると、「ブログを書いたほうが良いとは聞くが、なかなか更新できなくて…」というお声を聞きます。

この仕事をして17年。「ブログの更新が難しい」という話を、もう何百回と聞いたことでしょうか。

「ブログがなかなか更新できない」というのは、結構複雑な問題をはらんでいるのですが、私がその「対応策」としてお話するのは以下のようなポイントです。
※なお、まれに「営業戦略的にあえてブログを書いていない」「書かなくても十分商売がやっていける」という経営者様がいらっしゃいます。それはそれでよいと思います。

(1)そもそもブログを書く意義が分からない、という問題について

ブログはWeb活用の最重要ツールです。この仕事をして17年、これは確実に断言できます。
狭義のSNSのようにフロー型の(流れ去っていく)メディアではなく、ストック型のメディアですから、効果を長く発揮します。
またいわゆる検索エンジンからの集客を考えた場合、ブログは検索エンジンとの相性が極めて良いので、検索エンジン集客の要となります。
中小企業様のWeb活用は「スモールキーワード(競合が少ないキーワード)対策」が肝心ですが、そのようなニッチなキーワードを「ホームページ」に網羅的に書くのは難しいはずです。ブログは好きなだけページ数(記事数)を増やすことができるので、スモールキーワードを置いておくのに便利です。
またブログは長めに文章を書くこともできるので、あなたの想いを伝えるのに有効です。またその想い(価値観)に共感したかたを呼びよせるのに向いています。

(2)ネタが思いつかない、という問題について

日々、様々な商談や接客をしているわけですから、基本的にはそのコミュニケーション内容について記述すればよいと思います。
つまり「相談・対応事例(エピソード)」です。
どんなかたがどんなお困り、興味関心で貴社に問い合わせをしたのでしょうか。また、それに対してどのように対応・提案をしたのでしょうか。
またそれによってお客様はどんなふうに喜びましたか。
それを書くのをベースにしましょう。

また、一般的にアクセス(閲覧数)が多くなるのは「ハウツー系」の記事です。ハウツー系記事は、長く効果を発揮します。
・○○のしかた(方法、手順)
・○○をするときのコツ
・○○の選び方
・○○するときの注意点
などですね。あなたは業界のプロですから、プロとしてのノウハウを提供していきましょう。

(3)時間がない、という問題について

ブログを書く時間がない。それは完全に言い訳です。
私が知る、ブログで新規集客を叶えて全国を飛び回っているサービス業様は、移動時間にスマホでブログを書いています。
私が知る、大人気の小売店様(早朝から仕事をして夜まで店頭で接客しているかた)は、休憩時間を使ってほぼ毎日ブログを書いています。

超多忙な経営者様でもブログは書けます。だから時間がないというのは、ブログを書けない言い訳の中で最も恥ずかしい言い訳です。

(4)毎日書けない、という問題について

このブログでも何度もお話していますが、ブログは日記ではないので、毎日書く必要はありません。
※自分を律する為に毎日・毎朝日記のようにブログを書く経営者様もいらっしゃいます。それはそれでもちろん大変素晴らしいことです。

私は平均すると週2回程度の更新頻度ですが、ブログのお陰で様々なご縁やお仕事をいただいています。
繰り返しますが、「毎日」というのはブログ運営の必須条件ではありません。

ここまでくると、つまりブログが書けないというのは、「そこまでやる気がない」というのと同義なのだということがお分かりいただけると思います。

いままで便宜上「ブログ」と書いてきましたが、「SNSを含むWeb発信」と置き換えても構いません。

・Twitter、Facebook、Instagram、LINE@のタイムラインなどの狭義の「SNS」
・Googleマップ店舗情報の「投稿」機能

も、立派なWeb発信です。

Web発信について、
・そもそもWebを商売に活かす意義が分からない…
・ネタが思いつかない…
・時間がない…
・毎日発信できない…
とすれば、「その程度の気持ち、想い、価値観で商売をしているんですよ」と表明するのと同じです。

生きかた、人生観が出てしまうんですね。

なお「Webで発信すること」と「Webで目立つこと」は全く別問題です。あなたが好まなければ、無理に「顔出し」をしたり無理に「変顔」をする必要はありません。気負わず発信をしていきましょう。

あなたがもし、商売を良くしたいと思っていて、かつ、そのための相応の労力がかかるという当然なことを理解いただけるならば、永友事務所では「Web活用」という分野において全力でサポートさせていただきます。

今日は『Web発信で醸し出てしまう「生きかた」「人生観」』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所の相談事例を見る
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 06:00| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.