講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2018年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2017年12月11日

セミナー資料を見返していますか

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は2月に行うセミナーの打合せをさせていただきます。担当者様が大阪からお越しになります。遠路ありがたいです。お役に立てますように努めたいと思います。

さて今日は「セミナー資料を見返していますか」というブログです。

永友事務所のセミナーは、「講演」ではなく「セミナー」、つまり実務にすぐに役立つ内容をお伝えしているつもりです。要するに「あるべき姿を考える」ということだけではなく、帰社してすぐにそのセミナー内容を実践的にWeb運営に取り入れられるように考えているつもりです。

場合によってはセミナーの冒頭、「Web運営を続けるうえで長くご愛用頂きたい手元資料というつもりでレジメを作っていますので、メモを取りながら聞いていただいて、今後長く”使って”いただきたいです」と申し上げることもあります。

セミナーを熱心に受講されたかたや、コンサルティングをさせていただいた相談者様のホームページやWeb運営をウォッチしていますが、「受講後1か月程度はうまく運営しているが、その後、だんだんと従来の内容や発信スタイルに戻ってしまう」という相談者様も少なくないように感じています。

「改善したほうが良い」と思う点を「実践的に」、かつ「そうすべき理由とともに」お伝えしているので、「だんだんと従来の内容や発信スタイルに戻ってしまう」かたを見るにつけ、正直に申し上げて「お伝えしたとおりにやっていただければ…」と思うことも、しばしばあります。

おこがましいかもしれませんが、対価をいただいて「アドバイス」というサービスを提供しているので、「成果を出す」というのが最大の目標となります。その目標に対して最善と思うご支援、ご助言をさせていただいているつもりなので、「お伝えしたとおりにやっていただければ…」と思ってしまうのです。

まずは、「セミナー資料を見返す」ことを実践しませんか。具体的には、パソコンの近くにセミナー資料を置いておき、いつでも見られるようにしたほうが良いと思います。

永友事務所では過去に実施のセミナー資料を全て保存していますので「●年●月に▲▲商工会議所でセミナーを受講しましたが、▽ページの実践内容は、どういう意味だったでしょうか?」など、不明な点が出ましたらご遠慮なくお聞きいただければと思います。

今日は「セミナー資料を見返していますか」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定を確認する
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:32| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

下調べと「裏取り」のためのホームページ

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日はこれから福井県に向かい、敦賀商工会議所様にてセミナー講師を務めます。
一店逸品の取り組みをなさっている事業者様がお集まりになるとのこと。HP/ブログ/SNSの使い分け、活用のコツについて、わかりやすくお話ししたいです。

さて今日は『下調べと「裏取り」のためのホームページ』というブログです。

昨日は小田原市内のとある製造業様のホームページコンサルティングでした。

以前にご支援させていただいたときに、とある「コンセプト」についてご提案をさせていただきました。
その「コンセプト」を軸にしたホームページに改変した結果、受注が増え、取引先が急増したという成果とともに、

「当社は商談会にも出展するのですが、相手先が事前に当社ホームページをしっかりご覧くださってからお越しになるので、商談効率や成約率が向上しました」

という結果につながったそうです。

私は以前、この企業様が多岐にわたる事業展開をされていらっしゃるのを見て、「でも、一言でいえば●●ということですよね?」と、コンセプトを提案させていただきました。

このコンセプトがシンプルで分かりやすいようで、成果につながっているとのことで私も嬉しかったです。

さてこのエピソードで、隠れた重要部分があります。
それは「相手先が事前に当社ホームページをしっかりご覧くださってからお越しになるので」という部分です。

Webサイトは、インターネットを使って新規にそこで周知集客を図ることもできますが、クチコミ等で社名を既に知っているかたがその確認(裏取り)として見るという側面もあります。

上記のエピソードのように、商談(接客)の前段階でWebサイトが機能するというのが理想の姿です。

その意味でWebサイト(ホームページ等)では、

・特定のユーザーに絞って訴える
・見ている人の「得」に訴える
・自社の「ならでは感」を書く
・既存利用者の姿を描く
・まずしてほしいアクション(興味がわいたらまず何をしたらよいか)を明示する

等々の「書きかたのコツ」があるのですね。

今日の敦賀商工会議所様のセミナーでも、そういった「ホームページ向きの表現法」についてお話をさせていただきます。

貴社は、ホームページが「クチコミ等で既に社名を知っているかたに『裏取り・下調べ』として見られるもの」という意識を持っていますか?せっかくのホームページ、役割を最大限活かしたいですね。

今日は『下調べと「裏取り」のためのホームページ』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定を確認する
≫SNS研修について
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:12| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

Webは即効性があるわけではない

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

12月に入りましたね。じつは毎年、年末に近づくとホームページ改善のご相談が急増します。「来年こそ、必ず!」のような決意が湧くのでしょうね。
来週も神奈川県内を中心にホームページコンサルティングが続きます。

さて今日は「Webは即効性があるわけではない」というブログです。

いきなり否定的なブログ記事タイトルで申し訳ないですが、中小企業のWeb活用は「即効性があるわけではない」のは事実です。
もちろん、ブログを書いた翌日に意中のお客様から注文が入った、等の事例も多数あります。しかしそういった「即時的な」側面は稀であり、基本的にはWeb活用は腰を据えてじっくりと取り組むものになります。

じっくりと、他業務に負担がない範囲でコツコツ、細々と積み重ねていくと、その途中から効果を感じ始めて、かつ、その効果が長〜く続く。それが中小企業Web活用実務の実態だと思います。

その「じっくり取り組む」ことに我慢ならない場合はどうするか。それは「広告」をすることになるでしょう。広告予算が取れるのであれば、広告にお金を使えばよいと思います。

ところで、とある気鋭のベンチャー企業様に長らくホームページコンサルティングを提供させていただいていますが、その経営者様は広告を一切しません。その理由は「社員が怠けるから」とのことです。

「広告を出せば引き合いにつながるのは当然理解しています。しかし広告を出すことが当然になると、社員が考える(工夫する)ことをしなくなる。これは長い目で企業にとってマイナスであると思います」

と、非常に明快なご見解です。

例えば、いま、既存客様の売上で企業としては潤っている。
例えば、いま、業界は好調で、売上も良い。
例えば、今後5年、10年を考えると、お客様の高齢化に不安を覚える。

そんなときこそ、つまりじっくりと新規客の取り込みを考えるべき時は、ぜひWeb活用に取り組んでいただきたいなと思っています。

今日は「Webは即効性があるわけではない」というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所セミナー予定を確認する

posted by わかりやすいコンサルタント at 19:07| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

感覚的消費と新規集客について

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

地元藤沢のコワーキングスペース「NEKTON」(ネクトン)さんが藤沢駅北口に2号店をオープンされました。9/6のオープン日にお邪魔しました。自宅から徒歩数分ですし、できるだけ頻繁に通いたいと思っています。
2時間のドロップイン利用で500円とのことです。当然電源も確保できます。何よりオーナーの三浦さんが面白く情熱にあふれているので、三浦さんと話すだけでもアイデアがどんどん出てくるように思います。

さて今日は「感覚的消費と新規集客について」というブログです。

最近のマーケティングの動向と、そのマーケティングツールとして使われることの多いSNSについて、ここ1年くらいで強く感じていることがあります。

昨今のSNS利用(いわゆるソーシャルメディアのビジネス活用)では、
・自分を出して(自己表現して/自分が良いと思っていることを表明して)それに呼応してくれるかたと出会っていこう
という論調が主流になっていると思います。
その方法や度合いは様々ですが、私もセミナーでは、「SNSやブログを使うと、自分/自社の価値観が自然に伝わるので、その価値観を理解したかたの来店が増える」という趣旨のお話をしています。
ちなみに私は、この「自然に」という部分が大切だと思っています。過剰に出しすぎる傾向もあって、いかがなものかなと思っています。

それはさておき、「自分を出すと(自己表現すると/自分が良いと思っていることを表明すると)それに呼応してくれるかたと出会える」というのは、直感における出会いです。「フィーリングが合いそう」ということですね。

そのようにフィーリングで出会っていく(お店を決める、等)ことも日常生活では多いことでしょう。飲食、理美容、アパレル、宝飾、観光、お花屋さんなど「感覚的消費」のお店は最たるものだと思います。

しかし、より多くのかたと出会うとき、つまりお店の立場では「より多くのお客様に新規来店してほしいと願うとき」には、その「うちのSNSやブログを見て、フィーリングを分かってよ」というスタンスだけでは、説明不足になることが多いように思います。

「感性に訴える情報」と、「一般人でもわかりやすい論理的な情報」がセットになってこそ、「より多くのお客様に新規来店」していただけるのかなと思います。

17年間見てきた多くのWebサイト(HP、ブログ、SNS)から感じるのは、「一般人でもわかりやすい論理的な情報」があるWebサイトのほうが、底堅く、長く集客に貢献しているということです。
わかる人にはわかる、という「感性に訴える情報」オンリーだと、ジリ貧になっていくような気がします。

あなたのWebサイト(HP、ブログ、SNS)は、「ざっと見てくれれば分かるよね?価値観伝わるよね?」という投げやりなWebサイトになってしまっていませんか?
「感性に訴える情報」と、「一般人でもわかりやすい論理的な情報」をセットで説明していきましょうね。
今日は「感覚的消費と新規集客について」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所:初めてのかたへ
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:00| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

イチローのWeb道場

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今年の夏は、猛暑日もありますが雨天が目立つような気がします。観光や農業など、色々なご商売に影響を与えていることでしょう。

さて今日は『イチローのWeb道場』というコラムのご案内です。

一般財団法人神奈川県経営者福祉振興財団様が運営します神奈川の産業情報ポータルサイト『産業Navi』において、『イチローのWeb道場』というコラムがあり、そこで中小企業様のWeb活用指南をさせていただいております。

・イチローのWeb道場
http://www.navida.ne.jp/sangyo/hp-ichiro/

いわゆる中小企業様のWeb活用シーンで典型的に起こる課題が列記されていて、それに対して私がアドバイスをさせていただいています。
特定の企業様だけでなく、一般の中小企業様が見ていただいても参考になると思いますので、一度ご覧いただければと思います。

今日は『イチローのWeb道場』というコラムのご案内でした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定を確認する

posted by わかりやすいコンサルタント at 09:16| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

喜ばれているサービスの本質部分を探る

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

ここ数日は、比較的過ごしやすい気候で助かりますね。ずっと猛暑、酷暑では大変です。

さて今日は「喜ばれているサービスの本質部分を探る」というブログです。

昨日は、小田原市内のとある卸売業様を訪問させていただき、ホームページコンサルティングをさせていただきました。

この卸売業様はホームページの新規作成をお考えです。
・制作会社さんと実際に打ち合わせする前に、方向性を整理したい
・制作会社さんとどのように打ち合わせを進めればよいか(効果的/効率的か)知っておきたい
というご希望でした。
(参考:Web制作の中立的コーディネート

ディスカッションの中で、当然ながら「差別化ポイント」の話になりました。
詳細は書けませんが、結論的に、この卸売業様は「顧客の省力化」という部分についてとても高い評価を受けていることがわかりました。

Aという行為(顧客へのサービス)が喜ばれているのですが、それを突き詰めれば、「お客様としては、手間を省くことができる」という「ベネフィット」が喜ばれているわけです。これが『喜ばれているサービスの本質部分』です。

ベネフィットは、すなわち「あなた(=お客様)は●●できる」ということです。「私(=当社)は●●できる」ではなく、です。

本件では、BtoBのページにおいては、この「あなた(=お客様)は●●できる」という切り口を中心に組み立てていくことをご提案させていただきました。

「あなた(=お客様)は●●できる」というアプローチは、お客様にとって分かりやすく、とても明快に心に刺さるメッセージになることでしょう。
貴社のホームページは、「あなた(=お客様)は●●できる」という切り口になっていますか?

今日は『喜ばれているサービスの本質部分を探る』というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫Webライティングセミナー
posted by わかりやすいコンサルタント at 13:06| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

「誰が何について困っているのか」をイメージすることがWeb運営の基本

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

連休中も暑くて、もはや夏本番のようでしたね。例年のように「梅雨、明けてました」という発表がありそうな気もします。

さて今日は『「誰が何について困っているのか」をイメージすることがWeb運営の基本』というブログです。

最近、このブログの記事でアクセスが多いのが、
・Instagram(インスタグラム)とFacebookページを連携しているはずなのに写真が「シェア」できないときの確認ポイント
という記事です。

これはまさにタイトル通りで、インスタグラムからFacebookページに写真がシェアできないときの確認ポイントについて書いた記事です。
どんなかたが読んでいるのでしょうか?具体的などなたかは分かりませんが、「インスタグラムからFacebookページに写真がシェアできなくて困っている」かただと思います。
逆に言えば、「インスタグラムからFacebookページの連携(シェア)について困っていない」かたは、記事を読むという時間(コスト)を捻出することはないでしょう。
現代人は、みな忙しいですからね。

モノやサービスが溢れていて、かつ、似たようなモノやサービスがどんどん出てくる消費社会でも、細かい不満、細かい不安、細かい疑問は決して絶えることはないですね。

ネットという便利な情報探索ツールでは、そういった「細かい不満、細かい不安、細かい疑問」に答えるような情報(コンテンツ)こそが求められる情報(つまりアクセスが多くなる情報)であり、

・あからさまな宣伝、ちょうちん記事、仲間同士の白々しい相互PR
・二次情報(メーカーが発信している情報をそのまま掲載する等)

のような情報は、誰にも求められていないということを認識したほうがよいでしょう。
※なお自分の「想い」を伝える情報は、「求められていないが支持される情報(コンテンツ)」ですので有益です。

あなたの情報発信は、「求められていない」情報に偏っていませんか?
お客様(ごく一部のかたであっても)が納得、安心した表情を浮かべることがイメージできる情報を発信できていますか?

・あからさまな宣伝、ちょうちん記事、仲間同士の白々しい相互PR
・二次情報

こういった情報からは、信頼や信用は生まれ得ません。
「誰が何について困っているのか」をまずイメージし、その「細かい不満、細かい不安、細かい疑問」に答える情報を発信していきたいですね。

今日は『「誰が何について困っているのか」をイメージすることがWeb運営の基本』というブログでした。いつもこのブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友のセミナー情報はこちらに掲載しています。
posted by わかりやすいコンサルタント at 10:29| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

【8月鳥取】WebライティングとSNS活用/ネットトラブル対応セミナー

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は鳥取で行われますセミナーのご案内をさせてください。

鳥取市雇用創造協議会様主催で、事業主向けセミナー「知って得するWeb活用」というセミナーの、第2講、第3講を担当させていただきます。

8月10日(木)キレイごと無し!集客と販促のための「Webライティング」集中セミナー
8月18日(金)SNS活用ポイントと「炎上・クチコミ」等ネットトラブル対処法


という演目です。特に「Webライティング」セミナーについては、Web(ネット)向きの書き方についてじっくりとお話をさせていただくので楽しみです。

鳥取県は昨年の年始(境港商工会議所様)に続いて2度目の訪問です。お役に立てますように努めます。
今日は【8月鳥取】WebライティングとSNS活用/ネットトラブル対応セミナーというブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所セミナー予定一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 14:46| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

自己紹介部分に「キャッチフレーズ」を併記していますか

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は宮崎県の都城市にお邪魔し、小売りサービス業様のスタッフ様向け勉強会講師です。
非常に熱心な企業様で、スタッフ様もやる気が高く素晴らしいと思います。

さて今日は、

・自己紹介部分に「キャッチフレーズ」を併記していますか

というブログです。

ブログやチラシ、DM等で自己紹介(氏名を伝える)ことは多いと思います。
そのときに、ぜひ「キャッチフレーズ」を併記して頂きたいと思っています。
そのキャッチフレーズとともに、お名前を覚えてくれるようにするのです。

私も単に「永友一朗です」というのではなく、

・ホームページコンサルタントの永友一朗です。
・「わかりやすいホームページ相談」永友一朗です。

のように、覚えて頂きたいキャッチフレーズを併記するようにしています。

この効果は単純明快で、

・「永友一朗さん」=「ホームページコンサルタント」
・「永友一朗さん」=「ホームページの相談の人」
・「永友一朗さん」=「わかりやすい」

という印象を与えることができると思います。
記憶に残りやすい、と言っても良いかもしれませんね。

キャッチフレーズは、「何となく」の印象でじわじわ残っていきます。一方で、「氏名」というのは特別覚えやすかったり珍しかったりする以外は、なかなか「覚える」のは難しいですよね。

今日は『自己紹介部分に「キャッチフレーズ」を併記していますか』というブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫「わかりやすい説明の相談」について
posted by わかりやすいコンサルタント at 07:41| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

一歩目の踏み出しを早くする

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

ホームページコンサルタント永友事務所は2009年6月1日に開業しましたので、本日で「8周年」となります。丸8年間、これはまさにご相談者様と関係者様のお陰としか言いようがありません。
9年目の永友事務所も、自身の役割を考えながら邁進していこうと思います。

さて今日は「一歩目の踏み出しを早くする」というブログです。

先日、川崎市内のとある事業所様のWebコンサルティングをさせていただきました。
明るく元気な女性経営者様で、お話も面白く、2時間があっという間だった気がします。

その経営者様に色々なご提案をさせていただきましたが、やはり「ブログ」の効用について重点的にお伝えをさせていただきました。
その経営者様は数年前までアメブロをやっていたそうですが、諸般の考えから、ブログがストップしていました。

で、検索エンジン対策やお客様とのコミュニケーションの観点から、やはりブログをやったほうが良いとお話をさせていただいたわけですが、その経営者様はその日の夜に早速、新規ブログを立ち上げました

素晴らしい対応ですね。少なくともWeb活用において「一歩目の踏み出しを早くする」というのは非常に重要だと思います。
やってみないと課題も見えてこないでしょうし、かかる時間などもイメージできないことでしょう。

「よくわからないから、保留にする」

のではなく、

「よくわからないけど、まず一歩目を踏み出してみる」

というスタンスのほうが、はるかに上手くいくように思います。

一歩目を、まず踏み出してみませんか?特に、今日のように月初などは、よい機会だと思います。

今日は「一歩目の踏み出しを早くする」というブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナースケジュールはこのようになっています
posted by わかりやすいコンサルタント at 10:51| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.