講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2018年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2017年09月08日

感覚的消費と新規集客について

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

地元藤沢のコワーキングスペース「NEKTON」(ネクトン)さんが藤沢駅北口に2号店をオープンされました。9/6のオープン日にお邪魔しました。自宅から徒歩数分ですし、できるだけ頻繁に通いたいと思っています。
2時間のドロップイン利用で500円とのことです。当然電源も確保できます。何よりオーナーの三浦さんが面白く情熱にあふれているので、三浦さんと話すだけでもアイデアがどんどん出てくるように思います。

さて今日は「感覚的消費と新規集客について」というブログです。

最近のマーケティングの動向と、そのマーケティングツールとして使われることの多いSNSについて、ここ1年くらいで強く感じていることがあります。

昨今のSNS利用(いわゆるソーシャルメディアのビジネス活用)では、
・自分を出して(自己表現して/自分が良いと思っていることを表明して)それに呼応してくれるかたと出会っていこう
という論調が主流になっていると思います。
その方法や度合いは様々ですが、私もセミナーでは、「SNSやブログを使うと、自分/自社の価値観が自然に伝わるので、その価値観を理解したかたの来店が増える」という趣旨のお話をしています。
ちなみに私は、この「自然に」という部分が大切だと思っています。過剰に出しすぎる傾向もあって、いかがなものかなと思っています。

それはさておき、「自分を出すと(自己表現すると/自分が良いと思っていることを表明すると)それに呼応してくれるかたと出会える」というのは、直感における出会いです。「フィーリングが合いそう」ということですね。

そのようにフィーリングで出会っていく(お店を決める、等)ことも日常生活では多いことでしょう。飲食、理美容、アパレル、宝飾、観光、お花屋さんなど「感覚的消費」のお店は最たるものだと思います。

しかし、より多くのかたと出会うとき、つまりお店の立場では「より多くのお客様に新規来店してほしいと願うとき」には、その「うちのSNSやブログを見て、フィーリングを分かってよ」というスタンスだけでは、説明不足になることが多いように思います。

「感性に訴える情報」と、「一般人でもわかりやすい論理的な情報」がセットになってこそ、「より多くのお客様に新規来店」していただけるのかなと思います。

17年間見てきた多くのWebサイト(HP、ブログ、SNS)から感じるのは、「一般人でもわかりやすい論理的な情報」があるWebサイトのほうが、底堅く、長く集客に貢献しているということです。
わかる人にはわかる、という「感性に訴える情報」オンリーだと、ジリ貧になっていくような気がします。

あなたのWebサイト(HP、ブログ、SNS)は、「ざっと見てくれれば分かるよね?価値観伝わるよね?」という投げやりなWebサイトになってしまっていませんか?
「感性に訴える情報」と、「一般人でもわかりやすい論理的な情報」をセットで説明していきましょうね。
今日は「感覚的消費と新規集客について」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所:初めてのかたへ
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:00| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

イチローのWeb道場

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今年の夏は、猛暑日もありますが雨天が目立つような気がします。観光や農業など、色々なご商売に影響を与えていることでしょう。

さて今日は『イチローのWeb道場』というコラムのご案内です。

一般財団法人神奈川県経営者福祉振興財団様が運営します神奈川の産業情報ポータルサイト『産業Navi』において、『イチローのWeb道場』というコラムがあり、そこで中小企業様のWeb活用指南をさせていただいております。

・イチローのWeb道場
http://www.navida.ne.jp/sangyo/hp-ichiro/

いわゆる中小企業様のWeb活用シーンで典型的に起こる課題が列記されていて、それに対して私がアドバイスをさせていただいています。
特定の企業様だけでなく、一般の中小企業様が見ていただいても参考になると思いますので、一度ご覧いただければと思います。

今日は『イチローのWeb道場』というコラムのご案内でした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定を確認する

posted by わかりやすいコンサルタント at 09:16| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

喜ばれているサービスの本質部分を探る

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

ここ数日は、比較的過ごしやすい気候で助かりますね。ずっと猛暑、酷暑では大変です。

さて今日は「喜ばれているサービスの本質部分を探る」というブログです。

昨日は、小田原市内のとある卸売業様を訪問させていただき、ホームページコンサルティングをさせていただきました。

この卸売業様はホームページの新規作成をお考えです。
・制作会社さんと実際に打ち合わせする前に、方向性を整理したい
・制作会社さんとどのように打ち合わせを進めればよいか(効果的/効率的か)知っておきたい
というご希望でした。
(参考:Web制作の中立的コーディネート

ディスカッションの中で、当然ながら「差別化ポイント」の話になりました。
詳細は書けませんが、結論的に、この卸売業様は「顧客の省力化」という部分についてとても高い評価を受けていることがわかりました。

Aという行為(顧客へのサービス)が喜ばれているのですが、それを突き詰めれば、「お客様としては、手間を省くことができる」という「ベネフィット」が喜ばれているわけです。これが『喜ばれているサービスの本質部分』です。

ベネフィットは、すなわち「あなた(=お客様)は●●できる」ということです。「私(=当社)は●●できる」ではなく、です。

本件では、BtoBのページにおいては、この「あなた(=お客様)は●●できる」という切り口を中心に組み立てていくことをご提案させていただきました。

「あなた(=お客様)は●●できる」というアプローチは、お客様にとって分かりやすく、とても明快に心に刺さるメッセージになることでしょう。
貴社のホームページは、「あなた(=お客様)は●●できる」という切り口になっていますか?

今日は『喜ばれているサービスの本質部分を探る』というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫Webライティングセミナー
posted by わかりやすいコンサルタント at 13:06| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

「誰が何について困っているのか」をイメージすることがWeb運営の基本

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

連休中も暑くて、もはや夏本番のようでしたね。例年のように「梅雨、明けてました」という発表がありそうな気もします。

さて今日は『「誰が何について困っているのか」をイメージすることがWeb運営の基本』というブログです。

最近、このブログの記事でアクセスが多いのが、
・Instagram(インスタグラム)とFacebookページを連携しているはずなのに写真が「シェア」できないときの確認ポイント
という記事です。

これはまさにタイトル通りで、インスタグラムからFacebookページに写真がシェアできないときの確認ポイントについて書いた記事です。
どんなかたが読んでいるのでしょうか?具体的などなたかは分かりませんが、「インスタグラムからFacebookページに写真がシェアできなくて困っている」かただと思います。
逆に言えば、「インスタグラムからFacebookページの連携(シェア)について困っていない」かたは、記事を読むという時間(コスト)を捻出することはないでしょう。
現代人は、みな忙しいですからね。

モノやサービスが溢れていて、かつ、似たようなモノやサービスがどんどん出てくる消費社会でも、細かい不満、細かい不安、細かい疑問は決して絶えることはないですね。

ネットという便利な情報探索ツールでは、そういった「細かい不満、細かい不安、細かい疑問」に答えるような情報(コンテンツ)こそが求められる情報(つまりアクセスが多くなる情報)であり、

・あからさまな宣伝、ちょうちん記事、仲間同士の白々しい相互PR
・二次情報(メーカーが発信している情報をそのまま掲載する等)

のような情報は、誰にも求められていないということを認識したほうがよいでしょう。
※なお自分の「想い」を伝える情報は、「求められていないが支持される情報(コンテンツ)」ですので有益です。

あなたの情報発信は、「求められていない」情報に偏っていませんか?
お客様(ごく一部のかたであっても)が納得、安心した表情を浮かべることがイメージできる情報を発信できていますか?

・あからさまな宣伝、ちょうちん記事、仲間同士の白々しい相互PR
・二次情報

こういった情報からは、信頼や信用は生まれ得ません。
「誰が何について困っているのか」をまずイメージし、その「細かい不満、細かい不安、細かい疑問」に答える情報を発信していきたいですね。

今日は『「誰が何について困っているのか」をイメージすることがWeb運営の基本』というブログでした。いつもこのブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友のセミナー情報はこちらに掲載しています。
posted by わかりやすいコンサルタント at 10:29| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

【8月鳥取】WebライティングとSNS活用/ネットトラブル対応セミナー

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は鳥取で行われますセミナーのご案内をさせてください。

鳥取市雇用創造協議会様主催で、事業主向けセミナー「知って得するWeb活用」というセミナーの、第2講、第3講を担当させていただきます。

8月10日(木)キレイごと無し!集客と販促のための「Webライティング」集中セミナー
8月18日(金)SNS活用ポイントと「炎上・クチコミ」等ネットトラブル対処法


という演目です。特に「Webライティング」セミナーについては、Web(ネット)向きの書き方についてじっくりとお話をさせていただくので楽しみです。

鳥取県は昨年の年始(境港商工会議所様)に続いて2度目の訪問です。お役に立てますように努めます。
今日は【8月鳥取】WebライティングとSNS活用/ネットトラブル対応セミナーというブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所セミナー予定一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 14:46| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

自己紹介部分に「キャッチフレーズ」を併記していますか

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は宮崎県の都城市にお邪魔し、小売りサービス業様のスタッフ様向け勉強会講師です。
非常に熱心な企業様で、スタッフ様もやる気が高く素晴らしいと思います。

さて今日は、

・自己紹介部分に「キャッチフレーズ」を併記していますか

というブログです。

ブログやチラシ、DM等で自己紹介(氏名を伝える)ことは多いと思います。
そのときに、ぜひ「キャッチフレーズ」を併記して頂きたいと思っています。
そのキャッチフレーズとともに、お名前を覚えてくれるようにするのです。

私も単に「永友一朗です」というのではなく、

・ホームページコンサルタントの永友一朗です。
・「わかりやすいホームページ相談」永友一朗です。

のように、覚えて頂きたいキャッチフレーズを併記するようにしています。

この効果は単純明快で、

・「永友一朗さん」=「ホームページコンサルタント」
・「永友一朗さん」=「ホームページの相談の人」
・「永友一朗さん」=「わかりやすい」

という印象を与えることができると思います。
記憶に残りやすい、と言っても良いかもしれませんね。

キャッチフレーズは、「何となく」の印象でじわじわ残っていきます。一方で、「氏名」というのは特別覚えやすかったり珍しかったりする以外は、なかなか「覚える」のは難しいですよね。

今日は『自己紹介部分に「キャッチフレーズ」を併記していますか』というブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫「わかりやすい説明の相談」について
posted by わかりやすいコンサルタント at 07:41| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

一歩目の踏み出しを早くする

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

ホームページコンサルタント永友事務所は2009年6月1日に開業しましたので、本日で「8周年」となります。丸8年間、これはまさにご相談者様と関係者様のお陰としか言いようがありません。
9年目の永友事務所も、自身の役割を考えながら邁進していこうと思います。

さて今日は「一歩目の踏み出しを早くする」というブログです。

先日、川崎市内のとある事業所様のWebコンサルティングをさせていただきました。
明るく元気な女性経営者様で、お話も面白く、2時間があっという間だった気がします。

その経営者様に色々なご提案をさせていただきましたが、やはり「ブログ」の効用について重点的にお伝えをさせていただきました。
その経営者様は数年前までアメブロをやっていたそうですが、諸般の考えから、ブログがストップしていました。

で、検索エンジン対策やお客様とのコミュニケーションの観点から、やはりブログをやったほうが良いとお話をさせていただいたわけですが、その経営者様はその日の夜に早速、新規ブログを立ち上げました

素晴らしい対応ですね。少なくともWeb活用において「一歩目の踏み出しを早くする」というのは非常に重要だと思います。
やってみないと課題も見えてこないでしょうし、かかる時間などもイメージできないことでしょう。

「よくわからないから、保留にする」

のではなく、

「よくわからないけど、まず一歩目を踏み出してみる」

というスタンスのほうが、はるかに上手くいくように思います。

一歩目を、まず踏み出してみませんか?特に、今日のように月初などは、よい機会だと思います。

今日は「一歩目の踏み出しを早くする」というブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナースケジュールはこのようになっています
posted by わかりやすいコンサルタント at 10:51| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

「おめでとう」を一言添えていますか

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は母の日ですね。地元藤沢のお花屋さんを何店か見て回りましたが、お客さんがいっぱいで、中には母娘という組み合わせで買いに来られているお客さんも目立ちました。お花を見定めつつ、そのあとお食事でもするのでしょうか。素敵ですね。

さて今日は『「おめでとう」を一言添えていますか』というブログです。

先日のことですが、息子の誕生日が近かったため、ケーキ屋さんでホールケーキを購入することがありました。

地元では比較的著名なお店ですが、店員さんはなぜか始めから不機嫌そうで、笑顔もなくとても事務的な接客でした。
無料でいただけるという誕生日プレートを選んでいたら、「まずはお会計からお願いします」と会計を急かされました。

それ自体はどうでもよいことですが、明らかに誕生日に提供される商品を販売するのに、「おめでとう」の一言が無いというのは、接客員としては「終わっている」と思います。

私は旅行業界にいたときに、ハネムーンのお客様にはまず「おめでとうございます」から話を始めました。
それはそういうマニュアルがあったわけではなく、先輩社員がそうしていたのを見ていて、気づいたら自然に自分でもそうしていたという感じです。

あくまで心がけ、気持ちの問題だと思います。また、こういうことがきちんとできるお店が、選ばれ、残っていくのかなあと思っています。接客の「カウンセリング」的要素って、とても大切ですよね。

今日は『「おめでとう」を一言添えていますか』というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所セミナー予定を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 11:25| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

ネット販売をしていない小売店が「ホームページ」を持つ意味とは?

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

昨日は山梨県の北杜市雇用創造協議会様にて「競争力増強講座:ネット集客で売上アップ!HPを活用した販路開拓術」セミナー講師でした。南アルプスの山々が見えて清々しい気分になりました。
明日は日曜日ですが横浜市内で個人向けサービス業様のコンサルティングです。とても熱心な経営者様で、既にホームページ改善の成果が出ているようで何よりです。

さて今日は「企業ホームページ運営の心構え」のカテゴリで、

・ネット販売をしていない小売店が「ホームページ」を持つ意味とは?

というブログ記事です。

ソーシャルメディアの登場で、小売店様の情報発信が益々容易になったことと思います。
ブログとFacebook、インスタグラム等の組み合わせで、来店促進を図ることは十分に可能です。

となると、「ネット販売をするわけでもないし、ホームページ(いわゆるWebサイト)は不要では?」と思われるかもしれません。
今回は『ネット販売をしていない小売店が「ホームページ」を持つ意味』について改めておさらいをしたいと思います。

1、採用時(人材募集)に役立つ

各種Web媒体の中では、やはりホームページ(いわゆるWebサイト)が最も「公式的」な媒体であると言えるでしょう。
公式のホームページ(いわゆるWebサイト)があれば、求職者も安心し、かつ、求職者がそのご家族に説明したときに大きな安心材料になることでしょう。

2、BtoBに役立つ

新規のBtoB(法人間取引)において、ホームページがあることが「安心感」につながることは想像に難くありません。企業間取引の広がりを見据えると、ホームページ(いわゆるWebサイト)があったほうが良いでしょう。

3、お客様が「最後に参照する」ための受け皿として機能する

ブログやFacebook、インスタグラムなどソーシャルメディアは、「ある情報(ページ)をずっと固定的に表示する」ことは不得手です。
言い換えれば、「どこにどんな情報があるか示しづらい」媒体とも言えます。
この点、ホームページは「ある情報(ページ)をずっと固定的に表示する」ことに強みを発揮します。
このことを利用して、
・Q&A(よくある質問)
・流れ/方法/手順の説明
・採用情報
・会社概要
などを示しておけば、お客様の立場として「参照しやすい(最終確認しやすい)メディア」になります。

上記1〜3のいずれも、非常に長く効用を発揮してくれるわけですから、しっかりとホームページを制作することは、長い目で見て貴社の利益に適うものであると思います。

公式的で、長く印象を与えることができるホームページ(いわゆるWebサイト)のメリットを、今一度考えてみてはいかがでしょうか。
今日は『ネット販売をしていない小売店が「ホームページ」を持つ意味とは?』というブログでした。いつも最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定を確認する
posted by わかりやすいコンサルタント at 16:09| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

周りの中小事業者がネットで何をやっているか知っていますか

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

昨日は金沢でクローズドセミナーの講師でした。ご担当者様のおもてなしが素晴らしく、とても快適にお話ができました。
今日はこれから奈良県を訪問し、奈良県内の商工会会員様へのWeb活用セミナー講師です。ご担当の青年部員様と数年ぶりにお目にかかります!とても嬉しいです。

さて今日は『周りの中小事業者がネットで何をやっているか知っていますか』というブログです。

色々なご縁、経緯で中小企業・店舗様のネット活用についてご助言、ご支援しています。このようなお仕事をして17年が経ちます。

時折、お話をしていてもどこか上の空というか、ネット活用は自分自身とはあまり関係ない…というような姿勢の経営者様、店長様とお目にかかります。
そういうケースでは、たいていの場合、

「いやあ、自分ではあまりホームページとか見ないんですよね。ブログなんかも読みません」

というお話をされることが多いです。

ご自身で見聞きしたことがないもの(ネット)を、自店のPRに使っていこうとするのは、やはり無理があるように感じます。

ネット活用をしていけたらと漠然と思っている。でも、それがどんなものなのかイメージが湧かない、もっと言えば自店がなぜネットに取り組んだ方が良いのかが腑に落ちていない…という場合は、単純に「ネットを見る(見たことがある)時間が圧倒的に足りない」ように思います。

知り合いのお店、競合店、地域内のお店が、ネットで何をやっているのかをまず見てみましょう。
無理にとは言いません。あなたのお店の商品、サービスをもっと知ってほしいと本当に願っているのであれば、いきなりネット活用を開始しなくても良いので、周りの中小事業者がネットで何をやっているか確認してみましょう。

そこには、ネット活用を始めたばかりの頃は模索し苦しんでいた企業が、新しい多くのお客様や仲間と出会って自店の価値をますます広げている様子が見えてくることでしょう。

今日は『周りの中小事業者がネットで何をやっているか知っていますか』というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
posted by わかりやすいコンサルタント at 11:28| Comment(0) | 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.