講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2019年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫

2019年05月21日

Facebookの広告を問題報告する方法と対処後の画面

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

今日は鎌倉商工会議所様にてInstagram活用セミナー講師を務めます。既に満席とのことで、雨のなかご参加いただけますこと、大変ありがたいです。

さて今日は「Facebookの広告を問題報告する方法と対処後の画面」というブログです。

ひとりの利用者としてFacebookを見ていますと、感覚的に嫌悪感を覚えるような広告や、法令違反のような気がする広告が表示されることがあります。

この場合、その報告をFacebookに対して「報告」することができます。

「報告」すると、以後、その広告はあなたのニュースフィードに流れてこなくなる(もしくは出現頻度が下がる)ので、単純に、不快さが軽減されていきます。

同時に、Facebookに対して自動的に「当該広告はFacebookポリシー違反ではないか。再度、掲載を見直したほうが良いのでは」という申し立てを行うことになります。このことについてFacebookが「審査」し、ポリシー違反であれば当該広告が(あなたのニュースフィードに流れてこなくなるだけではなく)「削除」されることもあります。

以下、その手順を記載します。

Facebookポリシー違反
まず、嫌悪感を覚えるような広告や、法令違反のような気がする広告の右上「…」マークを押し、「広告を報告」を押します。
押した瞬間に、Facebookに対して違反報告(異議申し立て)が完了します。

Facebookポリシー違反
最初のステップ(報告を押した瞬間)にて「問題を報告」すること自体は完了するのですが、「不快な内容」「スパム」など、どんな違反だと思うかを細かに言ってあげることもできます。このステップは飛ばす(スキップする)こともできます。

Facebookポリシー違反
1〜2週間くらいすると、Facebookからお知らせが届きます。「審査したがポリシー違反ではなかった」ということも多いですが、上記のように「報告いただいた広告を審査したらポリシー違反だったので広告自体を削除した」旨の連絡があることもあります。

せっかくFacebookを楽しむのであれば、心地よく楽しんでいきたいですよね。

今日は「Facebookの広告を問題報告する方法と対処後の画面」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所の講演/セミナーの事例(テーマ)一覧
≫Amazonで今日すぐ使えるクーポン一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:18| Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

InstagramからFacebookページに同時投稿(連携)は出来ても、FacebookページのほうからInstagramに同時投稿(連携)はできない

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

先日、とある製造業様のホームページコンサルティングにお邪魔した時のことです。

「Facebookページの投稿をして、それがInstagramに投稿される…」
のような話題になりました。

このように、「Facebookページに写真か何かを投稿したときに、自動的にInstagramにも投稿したい(投稿できればなあ)」と考える経営者様もいらっしゃることでしょう。

結論的には、FacebookページのほうからInstagramに同時投稿(連携)はできません

InstagramからFacebookページに同時投稿(連携)は出来ます。しかし、その逆(FacebookページのほうからInstagramに同時投稿/連携)は出来ないのです。

InstagramよりもFacebookページの運用のほうが慣れている企業様は、Facebookページの投稿がそのままInstagramに載れば…と考えることでしょう。とても自然な希望だと思います。

しかし現時点でFacebookページのほうからInstagramに同時投稿(連携)はできないので、「InstagramからFacebookページに同時投稿(連携)する」ということをご検討いただければと思います。

FacebookページのほうからInstagramに同時投稿/連携が出来るかどうかを確認したいかたに向けてのブログでした。
今日は「InstagramからFacebookページに同時投稿(連携)は出来ても、FacebookページのほうからInstagramに同時投稿(連携)はできない」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫講演/セミナーの事例「わかりやすいInstagram(インスタグラム)講習会〜店頭で簡単に運用できるSNS活用術!〜」
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 06:00| Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

いま使っているスマホのFacebookの内容を、機種変更したスマホに移すことはできるか?

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

11月はセミナー出講が多く、体調管理に気をつけたいところです。

さて今日は「いま使っているスマホのFacebookの内容を、機種変更したスマホに移すことはできるか?」というブログです。

先日、山梨県の富士川町商工会様にて「Facebook基礎講座」講師を務めさせていただきました。

個人的に使うのであれ、商売で使うのであれ、Facebookを使い始めたばかりの頃は、わからないことが多いものですよね。

セミナーの開始前に、受講者様から、このような質問をいただきました。

「いま使っているスマホを買い替えたいと思っています。Facebookの内容を、機種変更したスマホに移すのは、どのようにやるのでしょうか?」

という趣旨のご質問でした。

このご質問は、例えば「旧パソコンに入っているデータを、新パソコンに移すにはどうすればよいか」というご質問と同じようなものです。

私は、

「Facebookの内容は、Facebookという会社のサーバ(大きなパソコンのようなもの)に入っていて、それをスマホやパソコンから”見に行って”利用するものです。」
「したがってFacebookの内容は、いまお持ちのスマホにデータそのものが入っている(格納、保存されている)のではないので、”ログイン”さえできれば、どのスマホ、パソコン、タブレットからも見ることができますよ」

のようにお答えをさせていただきました。

つまり現実的には、
・新しいスマホに「Facebookアプリ」をダウンロードする
・従来のID、パスワードで「ログイン」する
ことによって、いままでのFacebookを見ることができます。

この受講者様は、ある意味でこのことが聞きたくてセミナー参加をされたようで、「データ移動というより、ログインすればどこからでも使える」という概念を理解し、大変喜んでいらっしゃいました。

この仕組みはTwitterもInstagramも同じです。また、ログイン情報は、SNSの内容を見るときの最重要情報になりますので、慎重に扱いたいですよね。

今日は「いま使っているスマホのFacebookの内容を、機種変更したスマホに移すことはできるか?」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所ではこのようなセミナー講師を仰せつかっています
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 06:00| Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

10/29山梨【SNS活用術「Facebook」の使い方基礎講座】

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

今日はこれから和歌山県新宮市にお邪魔しJimdo作成講座講師です。和歌山もだいぶ涼しくなってきたころでしょうか。

さて今日は10/29山梨【SNS活用術「Facebook」の使い方基礎講座】のご案内をさせてください。

多くのかたが利用するFacebook(フェイスブック)。登場から数年経っていますので、「初めての使い方」的な講座は少なくなっています。

10/29に富士川町商工会様(山梨県南巨摩郡富士川町青柳町319-1)で開催される【SNS活用術「Facebook」の使い方基礎講座】は、Facebookの基本的な使い方・楽しみ方・危険性などを分かりやすくお話させていただきます。

19:00〜のセミナーなので、お仕事帰りにもご参加いただきやすいかと思います。

時:10月29日月曜日19-21時
所:富士川町商工会様(山梨県南巨摩郡富士川町青柳町319-1)
詳細は富士川町商工会様にお問い合わせください。

質疑応答の時間には、Facebookに限らず、日頃のSNS・ホームページ活用のご相談も喜んでお答えします。ぜひ富士川町商工会様にお出かけください。

今日は10/29山梨【SNS活用術「Facebook」の使い方基礎講座】のご案内でした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所の今後のセミナー予定を確認する
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:09| Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月02日

Facebookページの「投稿」(投稿済)を編集しようとしてできなかった時の確認ポイント

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

昨日は横浜市内のBtoBサービスの企業様を訪問しコンサルティングでした。熱心な社長様と担当者様で、素晴らしい企業様です。
明日は山梨県の甲斐市商工会様にてSHIFTセミナー講師です。
桑茶でも有名な甲斐市。久しぶりの訪問を楽しみにしています。

さて今日は『Facebookページの「投稿」(投稿済)を編集しようとしてできなかった時の確認ポイント』というブログです。

個人Facebookではなく、企業・店舗の立場で運用するのは「Facebookページ」ですね。

このFacebookページは「投稿」自体を広告することができます。そのことで、当該投稿を多くのかたに見ていただき、Facebookページの「いいね」の増加や、特定のページへの誘導を目論む意図がありますね。

この、広告に使ったFacebookページ(広告しているFacebookページ)の投稿ですが、「広告掲載中は、投稿の編集ができない」というのがFacebookの公式の見解です。

では、広告掲載中ではなく「広告審査」に出している段階でその投稿に間違いを見つけたり、修正をしたくなったら、どうなるでしょうか。

Facebookページのタイムラインで当該投稿を見つけ、右上の「…」のところから編集ができそうに思いますが、編集ができないことがあります。
具体的には、「投稿を編集」というメニューが出てこないで、その代わりに「編集の履歴」というメニューが出てきます。
いずれにしても「Facebookページのタイムラインでの当該投稿」からは、編集ができないことがあります。

(ここから本題ですが)その時に確認していただきたいのが、Facebookページ左メニューの「投稿」という項目をクリックすることです。

Facebookページ左メニューの「投稿」という項目をクリックすると、その名の通り、Facebookページの投稿一覧が出てきます。
それははっきり言えば「タイムライン」と見た目はほとんど同じだと思いますが、そこで編集したい投稿の右上「…」を押していただくと、「投稿を編集」というメニューが出てくることがあります

本記事でお伝えしたかったことは、

・Facebookページの投稿について、(その投稿を用いた)広告掲載中ではなく広告審査中であれば、投稿を編集できる可能性がある

・Facebookページのタイムラインから編集ができなくても、左メニューの「投稿」という項目の中の当該投稿にて編集できる可能性がある

ということです。

Facebookページで広告に出した投稿を編集したくてもできなくて困っているかたに、ひとつの可能性としてお伝えしたく、ブログを書きました。一度お試しになっていただければ幸いです。
今日は『Facebookページの「投稿」(投稿済)を編集しようとしてできなかった時の確認ポイント』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定を見る
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 06:00| Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

Facebook「30日間フォローを休止」機能とは?

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

年始以降のセミナー出講のお問い合わせをいただいていますが、日程が合わずお断りするケースも出てきています。大変申し訳なく思っています。
特に2月はもともとセミナーが多い月で、かつ、平日が少ないので”激戦時期”になります。セミナー以外にもコンサルティングの予定も入りますので、冬にセミナーの予定をしていらっしゃる団体様はお早めに検討をいただければ幸いです。

さて今日は『Facebook「30日間フォローを休止」機能とは?』というブログです。

先日からFacebookで「30日間フォローを休止」という機能が実装されています。パソコンでもスマホでも同様です。

Facebook30日間フォローを休止

簡単にいうと、以下のような機能です。
・Facebookの、任意の「友達」の「投稿」を「ニュースフィードで」30日間表示しないようにする
・Facebookの、任意の「グループ」の「投稿」を「ニュースフィードで」30日間表示しないようにする
・Facebookの、任意の「Facebookページ」の「投稿」を「ニュースフィードで」30日間表示しないようにする

今までも「フォローをやめる」という機能がありました。
「フォローをやめる」と、あなたがその「フォローをやめる」ことを取り消さない限り、基本的にはニュースフィードでその友達、グループ、Facebookページの投稿はずっと出てきません。

一方、「30日間フォローを休止」すると、「ずっと」ではなくまさに「30日間」だけフォローをやめることができる機能です。
※(あなたの)「ニュースフィードで」と書いているのは、「30日間フォローを休止」したとしても、その友達のタイムラインに行くと、投稿は見えるからです。つまり投稿自体を削除・抹消・消去する機能ではなく、あくまであなたの表面上のFacebookで「見えなくするだけ」の機能です

正直言って「30日間フォローを休止」したくなるような友達、グループ、Facebookページなら「フォローをやめる」ことにすれば良いのでは…と思ってしまいます。

ともあれ、「基本的にはすごく良い人なんだけど、選挙期間になると特定候補者のことをずっと投稿する友達」みたいな場合にはとても有用かもしれませんね。

今日は『Facebook「30日間フォローを休止」機能とは?』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のご相談事例
posted by わかりやすいコンサルタント at 15:22| Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

Facebookのプロフィール(自己紹介欄)、「職場」にFacebookページを紐づけていますか

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日はセミナーのチラシについて校正をしたり、レジメを作成しています。今後は鳥取や愛媛でもセミナーの予定があります。様々な街の中小事業者様にお目にかかれることがとても嬉しいです。

さて今日は『Facebookのプロフィール(自己紹介欄)、「職場」にFacebookページを紐づけていますか』というブログです。

パソコンでFacebookを見た場合、画面左上のご自身のプロフィール写真(アイコン)をクリックすると、プロフィールのページに移動できますね。
その時、左上の自己紹介欄で職場(勤務先)という部分にあなたのお店、会社の名称が入っていることが多いかもしれませんが、それは正しくFacebookページに紐づいていますか?

Facebook勤務先

上記のような場合(職場の名称にマウスをかざすと、カバンのようなアイコンが入ったページが表示される場合)は、Facebookページに紐づいていないことを意味します。

この「カバンのようなアイコンが入ったページ」は、「Facebookユーザーが興味があるものに基づいて自動的に生成されたページ」であり、つまりあなたが自主的に作ったFacebookページではありません。

このように、プロフィールの職場(勤務先)というところに「自動的に生成されたページ」が入ってしまっている場合は、あなた個人のプロフィールから正しいFacebookページに行くことができないわけですから、単純に言えば、
・Facebookページのいいね!が増えづらい
・あなたのお店、会社の連絡先やPR等を伝える機会が減る
ことを意味しますので、あまり良いことではないように思います。
※あえて個人のプロフィールからFacebookページに行かせないように、意図的にそうしている場合は、この限りではありません

もし、正しいFacebookページがありながら、プロフィールの職場(勤務先)というところに「自動的に生成されたページ」が入ってしまっている場合は、編集の「職歴」というところで直すことができますよ。

せっかく作ったFacebookページですから、多くのかたに見ていただきたいですね。今日は『Facebookのプロフィール(自己紹介欄)、「職場」にFacebookページを紐づけていますか』というブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友一朗セミナー予定を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:24| Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

Facebookの個人アカウントをFacebookページ代わりに使うことの4つのデメリット

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

昨日は福岡の小売サービス業様を訪問し、ホームページ等活用コンサルティングでした。明るく前向きな女性経営者様で、私自身も大変勉強をさせていただきました。

お話の中で「やっぱりなあ」と思ったことが2つあります。

・ネットをうまく活用できる経営者様は、課題を見つけると「喜び」に感じる、ということ。「なるほど、これを解決すればもっと前に進めますね!」のように、「課題」を「やらなければならない、辛くて、大変な作業」ではなく「解決することでより良い結果が手に入る、成功のヒント」のように前向きに捉えるのです。さすがですね。

・実践が早いということ。気づいたら、すぐやる。例えば、ブログの文章を書く時間がない場合でも、とりあえず写真だけは下書き保存しておく、など。「一歩でも二歩でも、スタートし始めておく」というのは、とても重要であるように感じます。

こういった、素晴らしい経営者様と直接お話ができることも、この仕事の喜びの一つです。ありがたいことです。

さて今日は『Facebookの個人アカウントをFacebookページ代わりに使うことの4つのデメリット』というブログです。

通常の、正しく運用できているFacebookページは、そのページ上部に「いいね!」というボタンが表示されているはずです。お客様はこのページに「いいね!」(読者登録)して、継続的に情報を得ることができるというわけです。

一方で、何らかの理由で、Facebookの個人アカウントを店舗アカウント(Facebookページ代わり)として利用している(利用しちゃっている)お店様も散見されます。この場合、ページの上部に「友達に追加」など個人アカウント特有の表示があります。

このような、「Facebookの個人アカウントをFacebookページ代わりに使う」という状態の場合、すぐ思いつくだけでも4つのデメリットがあります。

1、本来は「Facebookの個人アカウントを商用利用してはならない」という決まりであり、その意味で運用が適切でなく、最悪、アカウント削除される可能性もある。

2、「チェックイン」などの機能が使えない

3、広告が出せない

4、「インサイト」という投稿の効果を図る機能が使えない
など、Facebookページで本来得られるべき機能が使えないというデメリットがあります。

また仮にその(Facebookページとして使っちゃっている)個人アカウントで「友達限定投稿」をしている場合は、その投稿は検索などネット上で引っかからないため、情報発信が極めて限定的になります。

できるだけ正しい運用をして、効果的な情報発信をしたいですよね。お知り合いのお店で、このようなケースを見かけたら、こっそりと教えてあげてください。

今日は『Facebookの個人アカウントをFacebookページ代わりに使うことの4つのデメリット』というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。


posted by わかりやすいコンサルタント at 10:15| Comment(0) | Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

「Facebookページをブログ代わりに更新する」ことをお勧めしない3つの理由

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

4月の中旬に、東証一部上場企業様の社員研修講師を務めました。
代表取締役社長様や専務様など役員様が最前列にお座りになり、研修の前後には「起立/礼」の実践があったり、とても前向きで力が入っている研修であることをひしひしと感じながらの研修でした。
ソーシャルメディア(SNS)のコンプライアンス研修は春先のご用命が多いですが、年度の後半、9月頃もお声がけが多くなります。

さて今日は「Facebook(フェイスブック)の商用利用」のカテゴリで
・「Facebookページをブログ代わりに更新する」ことをお勧めしない3つの理由
というブログです。

先月の4月は上記のように「社員研修講師」のお仕事のほか、中小事業所/起業家様のホームページコンサルティングのお仕事も多かったです。神奈川県内だけでなく、埼玉や静岡もお邪魔しました。

そこで様々な経営者様とお話をしたのですが、

「当社では、Facebookページをブログ代わりに更新しているんですよ」
「Facebookページをブログ代わりに更新すればよいと考えているところなんです」


というお話を伺うことが多数ありました。

いわゆる「ホームページ」(狭義のWebサイト)では「継続的/気さくな」情報発信が難しいので、Facebookページを使ってそのような情報発信をしようというお考えのようです。

何も情報発信をしないよりは、もちろんだいぶ良いと思います。
しかしFacebookページに割く時間の一部を「ブログ」に費やしたほうが良いのになあ、と思えて仕方がなく、思わずそのようにアドバイスをしてしまうのです。
せっかくのご縁、本当のことをお伝えしたいと、いつも思っています。

Facebookページを運用していくことを否定しているのではありません。あくまで、ツールの性質(役割)を踏まえた運用をしないと、せっかくやっていることが無駄になってしまうということをお伝えしたいのです。

今回は、『「Facebookページをブログ代わりに更新する」ことをお勧めしない3つの理由』と題して、まとめてみたいと思います。

・「Facebookページをブログ代わりに更新する」ことをお勧めしない理由その1
検索エンジン対策としては弱いから

「継続的/気さくな」情報発信だけを考えれば、Facebookページの運用で良いと思います。でも、せっかく貴重な時間を割いて手を動かすのですから、「継続的/気さくな」効果だけでなく「検索エンジン対策にもなる」施策のほうがお得ではないでしょうか?

Facebookページの投稿内容も、検索エンジンにひっかかります。つまりは、検索対応になります。
しかし「ブログ」のその効果はFacebookページのそれの比ではありません。
「集客」が目的のネット活用なわけですから、より経営効果の高い施策を行うのがベターではないでしょうか。検索対応のためを考えると、Facebookページは弱く、ブログは非常に強いのです。

・「Facebookページをブログ代わりに更新する」ことをお勧めしない理由その2
特定企業(=Facebook)のサービスに依存することになるから

極論ですが、FacebookがFacebookページというサービス提供を未来永劫行うことは保証されていません。
ブログの場合、例えば利用中のブログサービスがサービス終了する…という場合は、いわゆる「引越」機能のサービス等を提供してくれる可能性もあります。つまり、(極論ですが)異なるブログサービスをまたいだ情報の継続性の担保があるわけです。

・「Facebookページをブログ代わりに更新する」ことをお勧めしない理由その3
Facebookのような「SNS」が好きではないお客様もいるから

これはちょっと感覚的な言い方になりますが、「FacebookやツイッターのようなSNSは見ないようにしている」という人が、意外に少なくありません。
一方、不思議なことに「ブログのようなものは見ないようにしている」という人に出会ったことがありません。
「当店はFacebookページで情報発信をしていますよ」とPRしたとしても、その中で一定数、「見ない」と決めている人がいるとすれば、やはり効率も落ちるわけですね。

繰り返しになりますが、情報発信の取っ掛かりとしてまずはFacebookページを運用してみる。これは大変素晴らしいことです。一方で、情報のストック性、継続性、検索対応性を考えると、ブログのほうが明らかに優れている。これも事実であることは是非知っておいていただきたいなと思います。
要するに、厳密に言えばFacebookページはブログ代わりになるものではなく、中小企業のWeb活用は最終的には「ホームページ/ブログ/SNS」の3つを全て行うような形になるんだと思います。それぞれの役割が違うからですね。

今日は【「Facebookページをブログ代わりに更新する」ことをお勧めしない3つの理由】というブログでした。いつも最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。
≫≫永友事務所のセミナー予定を確認する
posted by わかりやすいコンサルタント at 12:05| Comment(0) | Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

【小田原・初心者向け】Facebookのビジネス活用術セミナー

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

先日、神奈川県内の印刷会社様へのホームページコンサルティングをさせていただきました。
デザイン系のスタッフ様お二人にWeb活用のレクチャーをさせていただくという趣向でした。
多忙な業務の間に、熱心に受講していただきとても嬉しかったです。

お二人とも、DTPのプロフェッショナルなわけですので、デザインやコーディングなどのことよりも、マーケティングのお話を中心にさせていただいたつもりです。
ホームページコンサルタント永友事務所ではこのように、社内レクチャーの講師も受託しています。
社内のスタッフにWeb活用のエッセンスを直接レクチャーしてほしいという場合に、御用命いただければと思います。

さて今日は、【小田原・初心者向け】Facebookのビジネス活用術セミナーのご案内をさせてください。

ホームページコンサルタント永友事務所では2011年より「Facebookセミナー」の講師を受託してます。早いもので5年近くなるわけですね。

中小企業Web活用シーンでは、FacebookなどSNSを活用することが特別なことではなくなり、ブログやホームページ(Webサイト)と如何にうまく組み合わせて(使い分けて)利用するのか?ということがテーマになっていると思います。

今回、小田原箱根商工会議所様では、あえて「初心者向けの」Facebookセミナーというのを企画されました。
私自身もかねてから、「初心者向けの」Facebookセミナーがだんだん少なくなっていることを危惧していました。
「FacebookなどSNSを活用することが特別なことではなくなった」現在ですが、中小企業の現場を回っていると、

・とりあえず始めてみたものの、Facebookを「活用する」という意味(勘所)が理解できていない
・社長個人がFacebookをやっているが、「会社として」活用できていない
・社員は個人的にFacebookをやっているようだが、なんとなく商用利用はリスクがあるようで二の足を踏んでいる

などの中小企業も少なくないように感じます。

4月14日木曜日の午後、【小田原・初心者向け】Facebookのビジネス活用術セミナーをぜひじっくりと受講いただきたいと思います。

時:平成28年4月14日(木)14:00〜16:00
所:小田原箱根商工会議所 1階 ホール
受講料:無料
詳細は小田原箱根商工会議所様ホームページをご覧ください。
http://www.odawara-cci.or.jp/enterprise/seminar/20160414.html

今日は【小田原・初心者向け】Facebookのビジネス活用術セミナーのご案内でした。
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所セミナーの予定表を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 16:20| Comment(0) | Facebook(フェイスブック)の商用利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.