講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2018年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2018年07月14日

Instagram(インスタグラム)の「ミュート」機能とは?

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

今日は暑いですね!水分補給や休憩など、ご自愛ください。

さて今日は『Instagram(インスタグラム)の「ミュート」機能とは?』というブログです。

Instagram(インスタグラム)はTwitter(ツイッター)と似ているところがあります。それは「フォローする」「フォローされる」という、他ユーザーとの関係性です。

他ユーザーの「読者」になることを「フォロー」、逆に「読者になっていただく」ことを「フォローされる」といいます。

もしあなたがInstagram(インスタグラム)の他ユーザーを「フォロー」すると、Instagram(インスタグラム)のタイムライン上に、その「フォロー」した人が投稿した写真・動画が表示されます。だから私は「読者」と表現しています。

一般的には、自分がそのユーザーの世界観に共鳴し、今後もその投稿を読みたい(チェックしたい)と願うからこそ「フォロー」するわけですね。

しかし、何らかの大人の事情でフォローすることもあることでしょう。「つきあい」とか、そういうことです。

つまり形式上「フォロー」はするけれども、じつはそのかたの投稿を楽しみにしているわけではない、という大人の事情もあることでしょう。

そのようなときに便利な(?)機能が「ミュート」です。

「ミュート」は元々、音響用語で、ステレオやミュージックプレイヤーの音を消音する機能を指します。ここから転用して、情報をシャットアウトするような意味で使われます。

Instagram(インスタグラム)の「ミュート」は、「フォローをしたまま、かつ、投稿は見えなくする(タイムライン上に出てこなくなるようにする)」という機能です。

スマホでInstagram(インスタグラム)を見ている場合、そのかたの投稿が表示されたとき、当該投稿の右上の「…」をタップすると「ミュート」というメニューが出てきます。これを押すことで、以後、そのかたの投稿はタイムライン上に出てこなくなるようになります。

ちなみに現時点では、もしあなたが他ユーザーからミュートされたときに、それを察知する(誰にミュートされているか知る)機能はありません。
ひょっとしたら、ですが、以前は「いいね」してくれていたフォロワーさんが最近「いいね」をしてくれない…という場合は、ミュートされているかもしれません。

今日は『Instagram(インスタグラム)の「ミュート」機能とは?』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫講演/セミナーの事例「わかりやすいInstagram(インスタグラム)講習会〜店頭で簡単に運用できるSNS活用術!〜」
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 10:16| Instagram活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

店舗専用のタブレットを購入・用意する

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

昨日は横浜市内のBtoB系サービス業様のホームページコンサルティングでした。
熱心な社長様と、熱心な担当者様で、素晴らしい時間になりました。
ターゲットキーワードが明確なので、あとはこのSEOを頑張っていくことが大事ですね。

さて今日は「店舗専用のタブレットを購入・用意する」というブログです。

特に小売店、サービス業様において、SNSを使ってPRをするお店様は多いと思います。

その際、実務上で問題になるのは、「誰のスマホでSNS投稿していくのか?」ということです。

実務上、多くのケースで「店長やスタッフの私物スマホ」で店舗のSNSを投稿・更新することが多いですね。良い悪いではなく、それが現実的な「実務」というものです。

しかしセキュリティやコンプライアンス、プライバシー、データ従量等の理由で、「私物スマホを仕事に使いたくない」という従業員様もいらっしゃることでしょう。それはそれで当然の考えだと思います。

ですので店舗様は、可能であれば「お店の」スマホ、もしくはタブレットをお店の経費として購入して、それを店内で使っていくというふうにしていただくのが一番スマートかなと思います。
仮にお店に「Wi-Fi」(ワイファイ)があれば、Wi-Fi専用のタブレットを購入すれば、出費は数万円で済み、ランニングコストもかかりません。

店長様や経営者様は「店舗専用のタブレットを購入・用意する」ということも検討をいただければと思います。

今日は「店舗専用のタブレットを購入・用意する」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫講演/セミナーの事例「わかりやすいInstagram(インスタグラム)講習会〜店頭で簡単に運用できるSNS活用術!〜」
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:55| パソコン・周辺機器・WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.