講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2017年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2017年06月21日

【図解】Instagram(インスタグラム)でブロックする方法

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

最近は社員研修や各種総会・会合での講話の打診が目立ってきています。「伝わる表現」「わかりすい説明」などについての関心が高まっているのかなと感じます。

さて今日はInstagram活用のカテゴリで「【図解】Instagram(インスタグラム)でブロックする方法」というブログです。

Instagram(インスタグラム)は写真投稿が中心のSNSで、その気軽さからユーザーが拡大しています。
「フォロー」「フォロワー」という、Twitterに似た関係性もありつつ、「ハッシュタグ」というキーワードでInstagram(インスタグラム)内で検索もできることから、「画像検索ツール」という性質も併せ持つユニークなSNSです。
女性ユーザーが多いのも特徴ですね。

さてこのInstagram(インスタグラム)ですが、国内では1600万人が使っているという調査もあります。
なかには、あなたにとってあまり関心が湧かないユーザーから「フォロー」(読者登録)されることもあるでしょう。

一般的にはフォローされることは嬉しいことですが、なんとなく後々トラブルに巻き込まれそうな予感がする方からフォローされた場合、あるいは自分の投稿を見せたくないユーザーがいる場合などは、その特定ユーザーを「ブロック」(閲覧、フォロー等の拒否)することができます。

以下、Instagram(インスタグラム)で相手様をブロックさせていただく方法についてご説明します。
スマホで行う方法を図示しますが、パソコンからでも概ね同様の方法でブロックできます。

インスタグラムブロック

まずそのユーザーのプロフィールページを開きます。すると右上に「…」というマークがあると思いますので、そこをタップします。

インスタグラムブロック

すると色々なメニューが表示されますので、一番上「ブロック」というメニューをタップします。

インスタグラムブロック

すると「●●さんをブロックしますか?」という注意書きが出てきますので、ブロックして良ければ、右側「ブロック」をタップします。

インスタグラムブロック

「●●さんがブロックされました」という案内が表示されれば、正しくブロックが出来たということになります。
なお、その●●さんのほうは、以後、私(ブロックをした側)の投稿を見ることが出来なくなります。

今日は「【図解】Instagram(インスタグラム)でブロックする方法」というブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所では社員様向け研修も行っています

posted by わかりやすいコンサルタント at 12:06| Instagram活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

ペライチを開設したあとにすぐ確認すること

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。


今日は兵庫県姫路市の小売サービス業様を訪問しホームページコンサルティングをさせていただきます。熱心な事業者様は、やはり向上心と行動力がすごいですね。


さて今日は「ペライチを開設したあとにすぐ確認すること」というブログです。


「ペライチ」とは、JimdoやWixと似ていますが、ネット上でホームページが作成できるサービスです。無料版と有料版があります。


現時点では、JimdoやWixと比較し、ペライチには以下のような特徴があります。


・JimdoやWixは「アプリ」があり、スマホなどからも容易に更新できるが、ペライチにはアプリがない

・ペライチは「Googleクローム」(ブラウザ)での操作、編集が推奨されている

・JimdoやWixに比べて、無料版ペライチはURL(ホームページアドレス)がちょっと長い


操作性も、Jimdoに比べて特別良いという感じではないので、いわゆるホームページを初めて作成するときにペライチをまず選択する、という理由はあまり無いように感じます。


ただし、「開設(登録)すること」自体はJimdoやWixに比べて簡単です。また、開設直後に操作方法についてのチュートリアルがあるので、その点はとても親切だと思います。


さて、このペライチ開設直後ですが、すぐに確認していただきたい点があります。


ページの最下部に「copyright(コピーライト)表記」があるのですが、このコピーライト部分に、ダミーとしてあなたのメールアドレス(ペライチに登録したメールアドレス)が出てしまうのです。


とんでもない仕様だと思いますが、現時点で初期設定ではそうなってしまうので、すぐに他の文字(一般的には会社名や屋号、サイト名にすることが多い)に変更することをおすすめします。


メールアドレスがネット上に出てしまうと、迷惑メールがどんどん届きますので、良いことではありません。


今日は「ペライチを開設したあとに確認すること」というブログでした。いつもブログを最後までお読みいただき、ありがとうございます。

》講演/セミナーの実績と予定 | ホームページコンサルタント永友事務所

posted by わかりやすいコンサルタント at 08:44| ペライチでのHP作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.