講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2019年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫

2019年05月20日

上手くいっているお店は「基礎力」があるということ

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

今朝は晴れていますが、夕方からお天気は下り坂のようです。だんだんと「梅雨」が感じられる空気になってきましたね。

さて今日は『上手くいっているお店は「基礎力」があるということ』というブログです。

色々なご相談者様から、「同業で、このお店はすごくネット活用が上手くいっていると聞いていますが、どんなところが良いと思いますか?」と聞かれることがあります。

スポーツでも勉強でも、上手に出来ているひとを参考にする、というのは至極当然な思いですよね。

そんな時にその「上手くいっている」お店様のホームページやSNS投稿を拝見しますが、そのネットの表面上で分かることで限って言えば、「やるべきことをきちんとやっているからですね」ということがほとんどです。

言い換えれば、ネット活用の基礎力があって、それをしっかり実践しているということでしょう。

スポーツや勉強では、いわゆる持って生まれた才能というのがあるかもしれません。
しかしネット活用というのは、そもそも、ここ20年位の話であって、ネット活用の才能を持って生まれるということはありません。

ですので単純に、ネット活用の基礎力があって、それをしっかり実践しているということに尽きるのだと思います。

繰り返しお伝えしていますが、ホームページコンサルタント永友事務所は、その「ネット活用の基礎力」をお伝えし、実践の伴走をするのがお仕事です。
「基礎力」はとても地味ですので軽んじられることもありますが、そういうひとも、見ていますと、次第に「基礎的なことが大事」という言及に変わったりしています。

おこがましい言いかたで申し訳ありませんが、永友が行うセミナーレジメは「ネット活用の基礎力」のことを書いていますので、捨てずに保管してずっと使っていただきたいと思って作っています。
もちろん私に限りませんが、商工会議所や商工会で行われるようなネット活用系のセミナーは基礎力を重点的に話されると思いますので、参加したことがないかたは、お近くの商工会議所や商工会のセミナーに足を運んでいただきたいと思っています。

今日は『上手くいっているお店は「基礎力」があるということ』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定を確認する
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:59| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

お客様を書き出してみる

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

地元藤沢では良いお天気が続いています。好天を梅雨までに存分楽しみたいですね。

さて今日は「お客様を書き出してみる」というブログです。

とある小売サービス業様から、「最近、SNS投稿やWeb発信に迷いが生じているので」と、ご相談をいただきました。

この小売サービス業様は前向きで、従来から発信度合いも多いですが、

・各SNSツールで同じような投稿をしているが(自動連携をしているが)それでよいのか?
・もっと投稿を増やしたほうが良いのか、どうか?

そして何より、

・新規来店につながっていないようにも感じるが、投稿内容はこれでよいのか?

というお悩みがありました。

非常に、もっともなお悩みですよね。

色々ご提案をさせていただいたのですが、その中の一つに、

・Instagramのインサイトでユーザー像を確認し、それと合致する「既存のお客様」を書き出してみましょう

というご提案をさせていただきました。

そもそも、お店に共感した。商品を気にいった。投稿内容に共感した。そういうことがあって、「フリー客」が「新規客」に、そして「既存客」になるんですよね。

その意味ではいまの既存客も、もともとは「フリー客」や「新規客」だったわけです。

ですので、これは繰り返しいつもお伝えしていることになりますが、

・このような既存客に喜ばれていますよ

ということを発信することが、じつは「フリー客」「新規客」を誘引するメッセージになる
のですね。

つまり「既存客を想定し」「既存客のようなひと」に向けて発信することが、もっとも効率よいWeb集客ではないかと思います。

途方もない、まったく想定していない層から新規注文が来ることは、ほぼ無いと思います。
※仮に想定していなかったとしても、実際には「既存客に似ている」ポイントは必ずあると思います

この「既存客を想定し」について、頭の中で考えることはすぐできますが、「紙に書き出す」ことがポイントです。

頭の中で考えただけでは、そうすべきであることを忘れてしまいますし、なにより、他のスタッフも同じようにブレずに発信するためにも、明確に「お得意様(がどんなふうに喜んでいるか)を紙に書き出す」ことが大切であると思います。

そして何かSNS投稿をするときや、ブログ等Web発信をするときは、その「お客様を箇条書きにした紙」を見て発信内容・表現を決めればよいと思います。もう、迷うことはなくなります。
いきなり画面に向かってウ〜ンとなるよりも、よっぽど効率的な発信ができることでしょう。

この小売サービス業様は、その後、生き返ったようにSNS発信を強化しています。そして明確にしっかりと「既存客のエピソード投稿」に改善されていますので、ますます今後が楽しみです。
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:57| ペルソナシナリオ法でのHP改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.