講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2018年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫

2018年05月30日

採用ページでも「ペルソナ思考」を

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

先日、リアル(実生活)の知り合いでFacebookでつながっていて、年に1度くらい近所ですれ違うかたからメールが来ました。
「ホームページリニューアルの相場や注意点が知りたい」という趣旨でしたので、お答えをさせていただきました。

要するに頻繁にリアルでお目にかかっていなくても、SNSで”ゆるく”つながっている状態でも、当方の活動などを理解していただいていて、覚えていただけていることに、改めて感動しました。

さて今日は『採用ページでも「ペルソナ思考」を』というブログです。

重要で特徴的な対象者を「ペルソナ」といいます。
永友事務所では、ホームページ改善を考えるときに、この「ペルソナ」を考えることを強くお勧めしています。

ペルソナは、固有の特徴や性格、ニーズ、素性などをもった「極めてリアルに近い偶像」です。そのペルソナが見て理解、納得、共感できるホームページでないと、「行動」(購入/資料請求/問い合わせ/来店…等)に移ることは難しいでしょう。

言いかたを変えますと、漫然と、幅広い大多数に向けたホームページは、効果を生むことはほとんどあり得ないと思います。

僭越な言いかたですが、永友事務所のホームページも、とあるペルソナにフォーカスして内容を作っていますし、そのペルソナのような経営者様から、ホームページコンサルティングのご用命をいただいています。

で、この「ペルソナが見て理解、納得、共感できるホームページが効果を生む」というのは、「採用」のページにも言えます。

当てずっぽうに幅広いかたがた向けに採用ページを作っても、意中の求職者から問い合わせが来るのは難しいかと思います。

つまり「こんなかたに応募してほしいな」というのがあれば、その「こんなかた」をリアルにイメージし、その「こんなかた」が、

・なぜ当社に応募するのか?(他でもない当社に応募する理由・動機は何か?期待するものは何か?)
・応募に際して不安に思うことは何か?

を洗い出して、それを採用ページに備えておくのが望ましいと思います。

さらっと2項目書いてしまいましたが、それぞれ極めて重要な情報(ホームページコンテンツ)であると思います。

貴社の採用ページは、ペルソナがあるでしょうか?「元気で明るく体力に自信があるかた」みたいな、漠然とした求職者像になってしまっていませんか?ぜひ今一度確認してみてください。

今日は『採用ページでも「ペルソナ思考」を』というブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友が中立的ホームページコンサルティング事務所を開所した経緯を見る
≫Amazonで★4つ(高評価)以上で「タイムセール中」の商品を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 18:01| ペルソナシナリオ法でのHP改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

「他の人はどうやっているのかなあ?」に対応する内容を書く

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

昨日は地元のコワーキングスペースNEKTON(南口)に初めて行ってみました。北口店とはまた違った雰囲気で素敵な空間でした。

午後は横浜の公的団体様にてアクセス解析を基にしたディスカッション。アクセス解析データは、ホームページ等閲覧者の足跡(行動履歴)ですから、Web活用においてこれ以上有用なデータはありません。
アクセス解析をしないと、オイシイ情報を逃すことになるので、とても勿体ないと思います。

さて今日は『「他の人はどうやっているのかなあ?」に対応する内容を書く』というブログです。

このブログでも以前からお話ししていますが、Webは『裏取り』のメディアです。

お客様の立場では、直接お店に行かずに、あるいは直接電話して聞くことなく、好きなタイミングで情報を得ることができます。これがWebの使われかたの本質です。

面と向かって聞けないこと、聞きづらいことは色々あると思いますが、「他の人はどうやっているのかなあ?」ということも挙げられるでしょう。

他の人がどうやっているのかってすごく興味がありますよね。

自分のやり方が正しいのかが、わかる。
もっと合理的な方法があれば、それを知ることができる。
プロはどうやるのか、知ることができる。

そういうことを知るためにWebを見るというのは、とても自然なことであると思います。

料理のレシピサイトなどが人気なのは「他の人はどうやっているのかなあ?」に端的に応えるコンテンツ(内容)だからですね。

あなたのホームページやSNSでは、「やりかた」を動画、写真、文章で伝えていますか?

「他の人はどうやっているのかなあ?」に対応する内容を書いて、「役にたつお店、会社」ということをPRしていきましょう。
今日は『「他の人はどうやっているのかなあ?」に対応する内容を書く』というブログでした。いつも本ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のホームページ改善相談事例を見る
≫Amazonで★4つ(高評価)以上で「タイムセール中」の商品を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:30| 効果を高めるコンテンツの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.