講演(セミナー)、オンラインセミナー講師/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2022年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫
LINE公式アカウント友だち追加≫

2008年10月24日

USP(Unique Selling Proposition)の位置づけ

こんばんは。中小企業のホームページコンサルタント・永友一朗です。

今日は、先日のセミナー受講者の方のフォローアップでした。
なんでもそうですが、「聞く耳を持っている方」は、成功する
確率が高いと思うのです。

一般論ですが、ひとくちに「セミナー受講」といっても、

・ふーん とは思うが、帰ると、聞いたことを気にかけなくなる
・斜に構えて、講師のアラ探しをしようと思う
・聞いたことを、自己流に解釈して、ズレて実践してしまう

など、色々な反応があると思います(あくまで一般論です)。

今日の方は、非常に素直に反応される方で、それゆえ、
こちらも強く応援しようと思うわけです。
素直さが周りを引き込み、ますます、成功する要因に
なるのかもしれません。

さて(長い前置き!!)、今日はUSP(Unique Selling Proposition)
のことを、もう少し書いてみます。

正直なところ、数年前に「SEO」というものに出会ったとき以上の
衝撃を受け、また同時に、探し物がやっと見つかったという
嬉しさ、安堵、ワクワク感、そんな感情を抱いています。

SEO(検索エンジン対策・※1)は「戦術」であり、よく「小手先の」
と揶揄されるように、「テクニック」なわけです(※2)。

それに対して、USP(Unique Selling Proposition)は、「戦略」
あるいはその上位概念の「理念」の部分に大いに関わる事柄です。

抽象的、かつ大胆に言ってしまうと、USP(Unique Selling Proposition)は

『いったい、己(おのれ)とは何なのか』

ということを思考する(思考せざるを得ない)考え方なのです。

 #先日のセミナーでも、USP(Unique Selling Proposition)の
  部分に話が進み、受講者の方と深い議論ができました。

このUSP(Unique Selling Proposition)のこと、また折を見て
議論していきたいと思っています。

※1 私は「SEO」を「検索エンジン最適化」とは呼びません。
  「最適化」という言葉が、誤解を招きやすいからです。
  そもそもSEOに「最適」は存在しません。

※2 ネット界の重鎮の中には、「SEOはもう不要」とするSEO「不要」
  論者の方がいるようですが、私は「併用」論者です。
  このことも、後日議論したいと思います。



 #あ〜あ、またカタい記事になっちゃった(笑)
posted by わかりやすいコンサルタント at 22:59| Comment(0) | USP(独自のウリ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.