講演(セミナー)、オンラインセミナー講師/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2022年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫
LINE公式アカウント友だち追加≫

2009年03月13日

ホームページ担当者が辞めて困った!場合。

こんにちは。中小零細企業専門ホームページコンサルタント・永友一朗です。

ホームページ運営に関してご心配や疑問をもっていらっしゃる
中小零細企業さま向けに、実戦的なアドバイスをしたい…
そんな思いから書いているブログです。

さて、『ホームページ担当者が辞めて困った!場合。』というテーマ。

もうすぐ新しい季節。ホームページ担当の新人を採用する企業、
また、結婚や転職などでホームページ担当者が急にいなくなる企業、
様々かと思います。

こういう、「永友さん、ウチのホームページ担当者が急に
辞めることになっちゃって…」

というお悩みを、数多く伺っています。

そういうときの社長様は、たいてい、軽くパニックになっています。

・修正すべき点(内容)があるが、修正の仕方が分からない。

というだけならまだしも、

・サーバ、ドメインの手配がどうなっているのか分からない。

という方が結構いらっしゃいます。

私は実務経験があるコンサルタントとして、いや、性格的に(^^);
どんな状況でも冷静にアドバイスができるという絶対的な
自信
がありますので、そんなときはいつも以上にゆっくり穏やかに、
以下のようなアドバイスをすることが多いです。


・既存ホームページの修正だけでも、ホームページ制作業者は
請け負ってくれます。修正料は1ページあたり3〜5千円が相場です。
まず、いま掲載されている内容で、明らかな間違いや、載せては
いけない事項等があったら、

 HP制作業者に依頼して有償で直してもらう
 自社内で修正する

のいずれかを決定してください。
※知り合いに無償で依頼する、というレアケースは今回無視します。

・どちらにしても、ページを修正し再掲載する場合は、WEBサーバに
アクセスするための情報である「FTP情報」が必要になります。
FTP情報は、サーバ契約の際、サーバ管理会社が通知してくれて
いるはずですので、その書類を探しておいてください。
なければ、サーバ管理会社に再度、通知を請求して下さい


・自社でHPを修正する場合は、HP編集ソフトを使うのが普通です。
(辞めてしまった)前任者がHP編集ソフトを使っていたのであれば
それが残っているはずです。

・ホームページ制作業者に修正を依頼して完了した場合、普通、
リニューアルの提案(打診)があるはずです。先方も営業ですから
当然ですね。
しかし今回緊急に修正したことと、リニューアルをその会社に
依頼することは、全く別問題です。切り離して考えましょう。


このように、急な事態でも、あわてず順番に考えれば、問題は
意外とシンプル
だと思えるはずです。
posted by わかりやすいコンサルタント at 14:54| Comment(0) | HPの自社内運営体制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.