講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2020年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫
LINE公式アカウント友だち追加≫

2009年04月03日

ドメインは短い方が良い?

こんばんは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

桜が開花してきましたね!気持ちの良い季節です。

さて今日は「ドメインは短い方が良い?」というテーマです。

ドメイン(独自のHPアドレス)を取得しようか…という段階で、皆様が
必ず考えることですね。
※ドメイン名を考えるときって、子供の名前を考えるのと同じで
ドキドキワクワクしますよね!

「永友さん、やはりドメインは短い方が覚えてもらいやすいので
良いのですよね?」

とご質問されるケースが多いのです。

私は「そうですね…」と基本的には短いドメインをお奨めしますが
それは”覚えてもらいやすいから”ではありません。
名刺など紙媒体などに記載したときに冗長にならないからです。


実はこの”ドメイン(ひいては、URL全体)が長くて名刺に入らない
という予想外のトラブルに見舞われる方は、意外と多くいらっしゃいます。

そもそも、「ドメインを覚えてもらえる」ケースはほとんどありません。
私自身、覚えているドメインは、ヤフーやグーグルなどの超有名な
WEBサイトだけです。
あとは、それこそ「検索」すれば出てくるわけですから…。

さて、このお奨めする「短いドメイン」、

・短すぎて愛着がわかない

というのは避けましょう。

何でもかんでも短くしようと、”自社で通常使っていない省略3文字程度”
にしても、愛着がわきませんね。

適度に短く、愛着がわくドメイン。
これが、ドメインを決めるときのポイントです。

posted by わかりやすいコンサルタント at 01:00| Comment(0) | ドメイン・サーバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.