講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2020年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫

2014年11月20日

『痛み』とホームページ

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は宮城県カラオケスタジオ防犯協会様管理者講習会内研修【〜お客様目線のホームページ術〜Webを使った集客と炎上等リスク対策、「表現術」のコツ】セミナー講師です。

宮城県カラオケスタジオ防犯協会様では定例の管理者講習会(カラオケボックス、カラオケ店の店長様の会議)の一環で「お客様目線の表現術」についての講習会講師をお探しだったとのことでご用命をいただきました。
ウェブ活用、さらにいえば「お客様目線の」ウェブ活用というテーマでお声がけ頂くことは本当に嬉しく、光栄なことです。

「お客様目線」というのは全ての事業者様が意識されていると思いますが、活動を進めるにつれ、いつしか「我が社、当社、弊社」という目線になってしまいます。

これは、じつはやむを得ないことです。

というより、このこと自体が「お客様目線」の本質を表しています。

「お客様目線」のスタートラインは「当事者目線」ということです。
自分たち(当事者)の意識だからこそ、「当事者目線」なのです。

事業運営をする当事者は、他でもない「我が社、当社、弊社」であり、その当事者の目線になっていくのは、ある意味、極めて理に適った行動です。

一方で根本的な問題として、「メッセージを送る対象者の『お客様』は、そもそも『あなたの会社』自体に興味があるわけではない」ということも言えます。

では、何に興味があるのか?

それは、まさに「お客様自身」のことです。

お客様はお客様自身の「悩み、不安、疑問」に強い関心があり、できればそれを解決したいと思っているわけです。

こういう言いかたは適切かどうか分かりませんが、あなた自身も、きっと一日の大部分は、多かれ少なかれ「悩み、不安、疑問」のことを考えているのではないでしょうか?
生活者は、一日の大部分を、自らの「悩み、不安、疑問」に向き合い、寄り添って生きていることでしょう。

そういう人に向けて、

「当社のここが凄い!!」
「長年の経験を活かしながら、さらに日々精進し社員一同鋭意頑張っているところでございます」

などのメッセージがいかに適していないか、わかるというものです。

では、何をもって「お客様目線」になるのでしょうか?

それは上記の裏返しですが、

・メッセージ対象者の「お客様自身」になり切る
・その「お客様」(というより、「なり切っている」のですから「あなた自身」ということになりますが)の「悩み、不安、疑問」について思いを馳せる

ということに尽きると思います。

「それは理屈では分かるが、さりとて、『お客様になり切る』というのは難しいですよ」

という意見もあるかもしれませんね。

そんなときは、

・似たような境遇だったときの自分自身の「痛み」を思い出してみる

ということが重要ではないかと思います。

私(永友)は、仕事(ホームページコンサルティング)の根幹は、「自分自身の痛み」です。

自分自身がWebマスターであった経験が全ての根幹になっており、その「夜も眠れないような不安、疑問、悩み」は、まさに痛いほどよく分かるつもりです。

痛みが分かり、それを相手と共有すれば「共感」が生まれます。
そこに、真の「お客様目線」が生まれるのではないかと思います。

自分自身に同じような体験がなかった場合は、ご自身の家族、愛する人などの「痛み」でもよいでしょう。

深いところでのお客様との交流が、共感と、真の理解を生むのではと思います。
ひいては、そこに確実で末永い経済活動が発生するのではないかとも思います。

今日は「『痛み』とホームページ」というブログでした。
いつも最後までお読み頂き、ありがとうございます。
≫Facebookページでも情報発信をしています。遊びに来てくださいね。
posted by わかりやすいコンサルタント at 13:24| Comment(0) | 効果を高めるコンテンツの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.