講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2020年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫

2014年11月30日

アクセス解析で意外なキーワードでの流入が急増したときに確認すること

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

明日は名張市雇用創造協議会様でWeb活用セミナー(雇用拡大メニュー)講師です。
三重県でのセミナーは初めてですので、とても嬉しいです。

さて今日は「アクセス解析で意外なキーワードでの流入が急増したときに確認すること」というブログです。

ご自身のホームページをアクセス解析で確認するとき、オーガニック検索(ユーザーがYahoo!やGoogleなどで検索した結果、なされたアクセスのこと。いわゆるキーワード検索)の結果には非常に関心があることと思います。

どんなキーワードでアクセス流入があったか確認することは、Webマーケティングの基本中の基本です。

さてそのアクセス解析で「意外なキーワードでアクセス流入が急増する」ということがあります。

ここでいう「意外」とは、極端に言うと「自分のホームページには一切入っていないような言葉」という意味です。

そのときにまず確認したいのが、

・他社のホームページに、自社のアクセス解析コードが入ってしまっていないか?

ということです。

「自社のアクセス解析コード」は、直接、「他社のホームページに埋め込まれる」ことはありません。
一方、例えば自社ホームページを制作会社さんに制作/管理を委託している(委託していた)場合は、「本来、自社のアクセス解析コードであるものを、(その制作会社さんが別途管理している)他社のホームページに(故意ではなくても)埋め込まれた」という場合には、アクセスデータが混在し、あたかも自社のホームページに「意外なキーワードで」アクセスが急増したように見えることがあります。

このような場合は、まずその制作会社さんに連絡を取って、状況を説明し、直してもらうことが肝心です。

アクセス解析は「健康診断、人間ドック」のようなものですので、ご自身の健診結果に他人の数値が混在(加算)されていると、正しい対処ができませんね。
万が一という確率ですが、このようなことも起こりえるわけですね。

今日は「アクセス解析で意外なキーワードでの流入が急増したときに確認すること」についてのブログでした。
いつもブログをお読み頂き、ありがとうございます。
≫永友事務所セミナー予定はこちらで確認できるようになっています
posted by わかりやすいコンサルタント at 15:35| Comment(0) | アクセス解析(ログ解析) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.