講演(セミナー)、オンラインセミナー講師/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2024年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫
LINE公式アカウント友だち追加≫

2016年12月20日

HPでクロージングが唐突になっていませんか

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

昨日は川崎商工会議所宮前支所様のセミナーで「ホームページ/ブログ/ソーシャルメディア【Web3大ツールの使い分け術】」の講師でした。
定員を大幅に上回る会員様にお越しいただきました。また、以前にホームページコンサルティングでお邪魔させていただいた事業者様もたくさんお越しくださり、本当に嬉しかったです!
元気な近況を伺うと、本当に本当に嬉しいものですね。

さて今日は「HPでクロージングが唐突になっていませんか」というブログです。

特にサービス業様のホームページにおいて、一般的にはサービスの説明ページは

(1)こんな悩みはありませんか、のような、抱えている問題を言い当てるような記述
(2)そのサービスの特徴、特異性の説明
(3)そのサービスの料金、提供方法など
(4)お客様の声などの不安解消コンテンツ
(5)連絡方法など

という流れになるページが多いことでしょう。

(1)から(5)まで、全て意味があるコンテンツであり、それぞれが「問い合わせ」などの経営効果に資する情報だと思います。

逆に言うと、サービスの説明ページにおいて、上記の(1)から(5)まで、欠落していたり不十分であるような場合には、それを補完することが大切です。

(1)から(5)までどれが足りなくても問題なのですが、コンサルティング実務上、もったいないなあと強く感じるのが(4)の「不安解消コンテンツ」の不足です。

サービスが素晴らしい、価格も妥当だ、連絡先もハッキリしている。でも問い合わせが少ないのは、(4)の不安解消コンテンツが足りないからです。これは本ブログやセミナー等で繰り返しお伝えしていることです。
(4)の不安解消コンテンツが足りないと、読んでいて「唐突」な印象になります。ただし、そのことに事業者様はなかなか気づかない、というのが問題なのです。

最も簡単な(すぐに導入できる)不安解消コンテンツの代表は、
・やり方、方法などの事例を挙げる
・Q&Aを載せる
・お客様の声を載せる

などです。

あなたのホームページは、クロージング部分が唐突になっていませんか?
お客様のモヤモヤを解消する流れになっていますか?
ぜひ確認してみてください。

今日は「HPでクロージングが唐突になっていませんか」というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー予定を確認する
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:47| Comment(0) | 効果を高めるコンテンツの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.