講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2020年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫
LINE公式アカウント友だち追加≫

2017年02月16日

Instagram登録時に『そのユーザーネームはすでに別のアカウントで使用されています。』と表示された時の対処法

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

これから徳島に飛び、小売店様のウェブ活用コンサルティングをさせていただきます。

さて今日は「Instagram登録時に『そのユーザーネームはすでに別のアカウントで使用されています。』と表示された時の対処法」というブログです。

Instagram(インスタグラム)は女性ユーザーが7割弱いるとも言われ、また10代女性の3人に1人が使っているとも言われるSNSです。

スマホかタブレットがあればその場ですぐに運用できるので、「店頭でパソコンを開いてウェブ発信するのが難しい」という中小店舗様、特に若い女性をターゲットにする事業者様に最適なSNSとも言えるでしょう。

Instagramを開始する場合は、スマホかタブレットに「Instagram」のアプリをインストールするところから始めます。

新規にアカウントを作成する場合は、メールアドレスとパスワードという一般的な組み合わせでアカウント作成することもできますが、既にFacebookを使っている場合は、そのFacebookアカウントを用いてInstagramアカウントを作成することもできます。

アカウント開設直後、まずは「ユーザーネーム」を決める場面になります。私は個人の立場でInstagramをやっていますが、私の場合は「ichironagatomo」というユーザーネームを使っています。

Instagramのユーザーネームは、実名である必要はありません(というより、日本語は使えません)。ニックネームや、お店の屋号などにすることが多いでしょう。

このInstagramのユーザーネームを入力するときに、

・そのユーザーネームはすでに別のアカウントで使用されています。

というような趣旨の表示が出ることがあります。

この場合の「別のアカウント」とは、わかりやすく言えば「別の人」という意味です。
別の人が用いているユーザーネームと、かぶってしまっていますよ(なので、重複するのでそのままのユーザーネームでは登録できませんよ)という意味です。

対処としては、要するにかぶってはいけない(他のユーザーと名称が重複してはいけない)ので、

・別のユーザーネームを考える
・記号や数字や文字をちょっと足す

などの対応になるでしょう。このユーザーネームは、貴店のお客様に記憶していただくという必要もないので、屋号とぴったり一緒のユーザーネームが使えないとしても、それほど悲観しなくても良いと思います。

今日は「Instagram登録時に『そのユーザーネームはすでに別のアカウントで使用されています。』と表示された時の対処法」というブログでした。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。


posted by わかりやすいコンサルタント at 09:11| Comment(0) | Instagram活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.