講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2020年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫
LINE公式アカウント友だち追加≫

2017年08月24日

社長挨拶と施工実績はどちらをメニュー左側にすべきか

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

アクセス解析データを見ていますか?毎日でなくてよいので、週に1度は確認したいですよね。
そこには、ユーザーの生々しいニーズ(商売のヒント)が隠れています。
昨日もアクセス解析データを踏まえて、永友事務所のページの新規追加と改善を行いました。

さて今日は「社長挨拶と施工実績はどちらをメニュー左側にすべきか」というブログです。

ホームページをパソコンで見た場合に、多くの場合はトップページ上部に「横並びのメニュー」がありますね。
このトップページ上部に「横並びのメニュー」があるというのは日本だけでなく、世界中のホームページもだいたいそうなっていると思います。人間工学に基づいたカタチなのでしょうね。

さてその「トップページ上部にある横並びのメニュー」(グローバルメニューとかグローバルナビとか大メニューとかメインメニューとも言いますが)ですが、どのメニューのアクセスが多いかご存知でしょうか。

もちろん決まりはありませんが、経験上、左側から順にアクセスが多くなります。これはアクセス解析をすると分かります。
横書きのホームページですから、必然的に左上から見てしまいますよね。

言い換えれば、ホームページ運営者の立場では「メニューの左側が大事な箇所」ということになります。

では「社長挨拶と施工実績はどちらをメニュー左側にすべきか」は、お判りでしょうか。

もちろん自由ですが、私なら施工実績のほうを、より左側に置きます。なぜなら、お客様の立場では社長挨拶より施工実績のほうが関心が高いからです。

よほど、アーティストや有名人などでない限り、その「主催者の挨拶(意見表明)」は見たいとは思いません。あくまでもメインコンテンツを補完する内容ですよね。

お客様が見たいのは、「で、あなたの会社は私に何をしてくれるの?(私はどんなふうにハッピーになれるの?)」ということ。それをまず確認したいんですね。

ですので、メニュー左側から「社長挨拶」とか「会社概要」を並べるのは、そのホームページ制作者のセンスを疑ってしまいます。

お客様が見たいことを優先的に情報提供し、自社に興味を持ってもらいたいですね。今日は「社長挨拶と施工実績はどちらをメニュー左側にすべきか」というブログでした。狭義に「社長挨拶と施工実績はどちらをメニュー左側にすべきか」を考えたかったのではなく、「お客様目線になっていますか?」ということを問いたかったブログです。
いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所ご相談事例を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:26| ユーザビリティ(使い勝手・動線)の改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.