講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2020年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫
LINE公式アカウント友だち追加≫

2017年09月08日

感覚的消費と新規集客について

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

地元藤沢のコワーキングスペース「NEKTON」(ネクトン)さんが藤沢駅北口に2号店をオープンされました。9/6のオープン日にお邪魔しました。自宅から徒歩数分ですし、できるだけ頻繁に通いたいと思っています。
2時間のドロップイン利用で500円とのことです。当然電源も確保できます。何よりオーナーの三浦さんが面白く情熱にあふれているので、三浦さんと話すだけでもアイデアがどんどん出てくるように思います。

さて今日は「感覚的消費と新規集客について」というブログです。

最近のマーケティングの動向と、そのマーケティングツールとして使われることの多いSNSについて、ここ1年くらいで強く感じていることがあります。

昨今のSNS利用(いわゆるソーシャルメディアのビジネス活用)では、
・自分を出して(自己表現して/自分が良いと思っていることを表明して)それに呼応してくれるかたと出会っていこう
という論調が主流になっていると思います。
その方法や度合いは様々ですが、私もセミナーでは、「SNSやブログを使うと、自分/自社の価値観が自然に伝わるので、その価値観を理解したかたの来店が増える」という趣旨のお話をしています。
ちなみに私は、この「自然に」という部分が大切だと思っています。過剰に出しすぎる傾向もあって、いかがなものかなと思っています。

それはさておき、「自分を出すと(自己表現すると/自分が良いと思っていることを表明すると)それに呼応してくれるかたと出会える」というのは、直感における出会いです。「フィーリングが合いそう」ということですね。

そのようにフィーリングで出会っていく(お店を決める、等)ことも日常生活では多いことでしょう。飲食、理美容、アパレル、宝飾、観光、お花屋さんなど「感覚的消費」のお店は最たるものだと思います。

しかし、より多くのかたと出会うとき、つまりお店の立場では「より多くのお客様に新規来店してほしいと願うとき」には、その「うちのSNSやブログを見て、フィーリングを分かってよ」というスタンスだけでは、説明不足になることが多いように思います。

「感性に訴える情報」と、「一般人でもわかりやすい論理的な情報」がセットになってこそ、「より多くのお客様に新規来店」していただけるのかなと思います。

17年間見てきた多くのWebサイト(HP、ブログ、SNS)から感じるのは、「一般人でもわかりやすい論理的な情報」があるWebサイトのほうが、底堅く、長く集客に貢献しているということです。
わかる人にはわかる、という「感性に訴える情報」オンリーだと、ジリ貧になっていくような気がします。

あなたのWebサイト(HP、ブログ、SNS)は、「ざっと見てくれれば分かるよね?価値観伝わるよね?」という投げやりなWebサイトになってしまっていませんか?
「感性に訴える情報」と、「一般人でもわかりやすい論理的な情報」をセットで説明していきましょうね。
今日は「感覚的消費と新規集客について」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所:初めてのかたへ
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:00| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.