講演(セミナー)、オンラインセミナー講師/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2024年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫
LINE公式アカウント友だち追加≫

2018年04月08日

Instagram(インスタグラム)で写真を連投するとなぜ嫌われるのか?

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友一朗です。

今日は「Instagram(インスタグラム)で写真を連投するとなぜ嫌われるのか?」というブログです。

Instagram(インスタグラム)は、のんびり使うととても楽しいツールですね。私も個人的にインスタグラムをしています。
https://www.instagram.com/ichironagatomo/

インスタグラムは「Twitter(ツイッター)」に似た部分があって、「フォロー(誰かの読者になること)」や「フォロワー(誰かに、あなたの読者になってもらうこと)」という仕様があります。
写真や動画の投稿を見たり、見せたり出来るわけですね。

「あ、友達がインスタグラムをしている。フォローしよう」とか、
「あ、この人は知らない人だけどセンスあるな。フォローしよう」とか、理由や動機は様々ですが、誰かをフォローすることは、よくあることですね。

で、スマホでインスタグラムを見ると、それら「フォローした人が投稿した写真や動画」が表示されます。自動的に流れていく(自動再生される)のではなく、画面上部に向かってスワイプしながら、フォローしたひとたちの投稿を閲覧します。

ここでもし、ある人(あなたがフォローした人)が、写真を10枚連続して投稿した場合、きっとあなたはスマホで10枚連続してそのひとの写真を見ることになります。

スワイプしてもスワイプしても、ずっとその人の投稿が出てくる状態です。さすがにお腹いっぱい、胸いっぱいな感じになりますよね。

「スワイプ」という動作は、一般的には「次の情報」を見るために行う動作です。
しかしスワイプしても「同じような」写真が出てくると、スマホユーザーは「強い違和感、ストレス」を感じてしまうと思います。

めくってもめくっても「4月7日」が出てくる日めくりカレンダーがあったら、結構なストレスですよね。

2連続、3連続くらいなら、まだかわいいです。
それ以上であれば、半日置いて投稿するとか、フォロワーの気持ちを少し考えていきたいですね。
Instagramの投稿は、1つの投稿がちょうどスマホの画面いっぱいに表示されますから、けっこうなインパクトなんですよね。良いインパクトも与えられる反面、悪い印象のインパクトも絶大です。

今日は「Instagram(インスタグラム)で写真を連投するとなぜ嫌われるのか?」というブログでした。
いつもブログを最後までお読みいただき、ありがとうございます。
≫永友事務所ご相談事例を確認する
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 05:00| Instagram活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.