講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2020年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫
LINE公式アカウント友だち追加≫

2018年05月13日

反応を見て推測していくということ

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

今日は午後から雨が降りそうですね。近所のスーパーは、午前中早い時間でもけっこう混んでいました。

さて今日は「反応を見て推測していくということ」というブログです。

チラシなど紙媒体の宣伝と違い、WebでのPRは「数字で検証できる」という特徴があります。

例えばチラシ(ポスティングでのDM等)は、

・読んだのか?読まなかったのか?
・内容に興味を持ってくれたかどうか?

などは、「来店」「問い合わせ」などの「成果」が出ない限り、知ることはできませんね。

一方でWebについては、

・見てくれたか?(いわゆる「アクセス数」)
・内容に興味を持ってくれたかどうか?(いわゆる「訪問あたりのページビュー数」「閲覧時間」等)

が分かります。分かるというよりも、正確には「推測できる」ということですね。

加えて、

・どんな関心から、見に来てくれたのか?(検索キーワード)
・どのルートで、見に来てくれたのか?(チャネル)
・どの地域のかたが見てくれたのか?(ユーザーの地域)
・どの年齢層のかたが見てくれたのか?(ユーザーの属性)
・どのページで、つまづいたのか?(行動フロー)

なども分かります。

ここで一番面白いのは、「狙って、うまくいった」ということよりも、「意図せず、このような反応があった。何故なんだろう?」というときです。”新たな気付き”が得られるんです。

チラシよりもWebのほうが良い。という意味ではありません。
「反応を見て推測し得る」のがWebというメディアの特徴ですから、お客様のニーズを知るという課題意識で使ってみていただきたいなと思っています。

今日は「反応を見て推測していくということ」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のホームページコンサルティング事例を見る
≫<著書>ゼロからはじめる売上アップのためのネット活用 「覚えること」「やること」一問一答
posted by わかりやすいコンサルタント at 10:27| 企業ホームページ運営の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.