講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2020年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫

2018年12月07日

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)でまず確認したい基礎的ポイント

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

だんだんとクリスマス・年末感が増してくる時期ですね。毎年のことですが、年末が近づくとホームページ改善の相談が増えてきます。
来年こそホームページからのお客様を増やすぞ!とお考えになる経営者様が多くなるということでしょうか。

さて今日は「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)でまず確認したい基礎的ポイント」というブログです。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)は、

・検索キーワード(「クエリ」ともいいます)

を軸として、

(1)そのキーワードで、自社ホームページは何回表示されたのか?
 ※ここでいう「表示」とは「検索結果に表示された回数」のことで「閲覧数」ではないので注意してください
(2)そのキーワードで、自社ホームページの掲載順位は何位だったのか?
(3)そのキーワードで、自社ホームページが何回クリックされたのか?

が分かるシンプルなツールです。なお(3)を(1)で割ったものが「表示されたうち何回クリックしてくれたか?」という数値になり、「CTR」(クリックスルーレート)という指標で表されます。

シンプルながら奥深いツールだと思って私もよく見るのですが、「まず確認したい基礎的ポイント」は「検索順位が高くないのに表示回数が多いクエリ」を探し出すことです。

単純なことですが、表示回数が多いということは「その検索キーワードで探しものをしているユーザーが多い」ことを意味します。需要が多いキーワードです。
そのキーワードで「自社ホームページの検索順位が高くない」のは、芳しくないですよね。

ですので、Google Search Console(グーグルサーチコンソール)でまずはじめに確認していただきたいのが、「検索順位が高くないのに表示回数が多いクエリ」なのです。

そのキーワードが貴社ビジネスにとって重要なものであればあるほど、そのキーワードで検索上位を目指すべく、SEO(検索エンジン対策)を頑張っていくということに他なりませんね。

今日は「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)でまず確認したい基礎的ポイント」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫相談事例:HPリニューアルで問い合わせが激減。中立的コンサルティングを希望された行政書士様
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 06:00| アクセス解析(ログ解析) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.