講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2020年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫
LINE公式アカウント友だち追加≫

2018年12月17日

レシピページのアクセスが多くなる理由

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

寒さが本格化してきましたね。なかなか、寒いのが苦手です。春の訪れが待ち遠しいです。

さて今日は「レシピページのアクセスが多くなる理由」というブログです。

「サバの味噌煮」や「炒飯」、「ブリ大根」や「ビーフストロガノフ」など定番のメニューは、ある意味で「レシピを見なくても何となく作れそう」な気がしますよね。

しかし、それらのメニューを始め、レシピが載っているページは一般的にアクセスがとても多くなります。

それは何故でしょうか?

私はこの根底には「学び直し」という潜在欲求が隠れているものと思っています。

・間違いたくないので、おさらいをしたい
・自己流(勘違い、覚え違い)でやっている気がするので、確認したい
・もっと合理的な方法があるかもしれないので、確認したい

など、「もう一度確認する」ために、レシピのページが参照されるのだと思います。

では、飲食店ではないあなたが「レシピページ」の要諦をホームページに入れ込むとしたら、どうしたらよいでしょうか。

・使われる基礎的用語を解説する
・「初めて」行う場合の道具を解説する
・「初めて」行う場合の手順を解説する

このようなことを、あなたの業種に応じてホームページに載せると、学び直しをしたいユーザーの来訪が増え、また、その効果は相当長く続くと思います。

料理のレシピも、例えば今から50年前の「サバの味噌煮」のレシピを見たとして、それほど古さは感じないと思います。ずっと効用が続くコンテンツなのですね。

あなたのホームページでは、「学び直し」のニーズに合ったコンテンツを掲載していますか?ぜひ一度考えていただければ幸いです。
今日は「レシピページのアクセスが多くなる理由」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所のご相談事例を確認する
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 14:12| SEO(コンテンツSEO/キーワード対策) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.