講演(セミナー)、オンラインセミナー講師/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2022年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫
LINE公式アカウント友だち追加≫

2019年01月05日

「こんなことは皆知っているかも」それは誤解です

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

箱根駅伝では母校の東海大学が初の総合優勝を飾りました。毎年、往路は良いが復路で減速するのでヒヤヒヤでしたが、何とか優勝することができました。

さて今日は『「こんなことは皆知っているかも」それは誤解です』というブログです。

ブログを書いたり、ニュースレターを書いたりという「情報発信」を担当している社員様は少なくないと思います。
というより、もはや「情報発信」を担当しない職務を探すほうが難しいのかもしれません。
社内向けの情報発信なども含めて、対外的に情報を発信するということは、仕事としてとてもポピュラーですね。

そんな「情報発信」ですが、書く手を止めてしまう考えかたとして「こんなことは、みんなもう知っていることでは…」とか「今更こんな当たり前なことを書いても…」というものがあると思います。

でも実際のところ、「知っている」というより「知っているような気がする」かたが圧倒的に多いのかなと思います。

ですので、あなたがもし「こんなことは、みんなもう知っていることでは…」(だからこんなことを情報発信すべきでない…)と思ったとしても、全然気にすることなく、発信をしたほうがよいのです。

また、書く手を止めてしまう考えかたとして「こんなこと(考えかた)を書いたら、そうではないやり方(考えかた)を持つかたから、反発を受けるのでは…」ということもあるでしょう。
例えば、あなたは「Aという商品を使ってからBすべきだ」と思っていたとして、でも、他のかたは「Bを使ってから、Aすべきだ」と考えることが多いとします。

でも、なんら気にすることなく、それ(「Aという商品を使ってからBすべきだ」)を発信してください。
なぜなら、それがあなたが信じる方法だからで、また、それがあなたのポリシー、想いだからです。

余談ですが、私はワイシャツのほとんどが「ボタンダウン」の襟です。
ボタンダウンは、襟のボタンを留めることが当然と言われていて、それがマナーともいわれています。
しかし最近では、あえてこのボタンダウンのボタンを留めないこともアリという考えもあるようで、そのようなコーディネート例も散見されます。
私はボタンダウンのボタンは絶対留めるポリシーですし、今後もそうしますが、そうではないやり方もあり得るということを聞いて、相当驚愕しました。

大きな傾向としては、「考えかたが多様になってきた」ということかもしれませんね。
話がそれましたが、「こんなこと(考えかた)を書いたら、そうではないやり方(考えかた)を持つかたから、反発を受けるのでは…」ということも、全然考えなくて大丈夫です。

情報発信をするときに、あれこれ危惧して手が止まってしまうのはもったいないかな…と思って、今日のブログを書きました。
いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のセミナー(講師)予定はこちらのページでご案内しています
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 06:00| テキスト・メッセージ・キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.