講演(セミナー)、オンラインセミナー講師/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2022年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫
LINE公式アカウント友だち追加≫

2019年02月15日

「ワンソースマルチユース」の感覚を持つ

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

神奈川は雪が降りました。湘南地域は雪そのものが珍しいため、街中にはちょっとした動揺が広がります。

さて今日は『「ワンソースマルチユース」の感覚を持つ』というブログです。

「ワンソースマルチユース」という言葉自体は、Webの業界ではそれなりに古い言葉です。
しかしそれを「実践」している事業所様はまだ多くないように感じています。

「ワンソースマルチユース」とは、ひとつの情報(コンテンツ)を複数の媒体で使って(訴求して)行きましょうという考えかたです。

例えば「社員紹介」のページを作るにあたって、社員ABCの3人にインタビューしたとします。
実践されたことがあるかたはお分かりと思いますが、「インタビューを段取りし、行い、まとめ、掲載する」のは結構な手間(工数)がかかります。

その「結構な手間」をかけたインタビューを、単にホームページ内の「社員紹介」ページに出すだけですと、勿体ないと思います。
つまり、それは「見てくれるのを待っているだけ」とも言い換えられます。

「ワンソースマルチユース」の考えかたで行くと、そのインタビューを、

・ブログにも載せる
・Twitterで紹介する(→ホームページへのアクセス誘導)
・Facebookページで紹介する(→ホームページへのアクセス誘導)
・Instagramで紹介する(→ホームページへのアクセス誘導)
・会社案内(リーフレット)に載せる
・求人サイトに載せる

など、幅広く使う発想になります。

この「ワンソースマルチユース」ですが、「最新のコンテンツに限っている」わけではありません。
数年前に掲載したコンテンツを、いま改めてSNSで発信しても良いわけですね。

良く申し上げることですが、「お店の当然はお客様には新鮮」の発想です。この発想を常に持っていただければ、

「このコンテンツは数年前にホームページに載せたから、改めて発信するのはオカシイ…」とか、
「このコンテンツは数年前にホームページに載せたから、みんなもう知ってくれているよね…」とかいう考えはまったく杞憂であることが分かります。

単発で一度発信しただけでは、お客様は見過ごしている可能性もあります。
また、同じ話を数回見て初めて、やっと理解してくれるかもしれません。

そのコンテンツは、色々な場所で発信しましたか?
以前のコンテンツも、繰り返ししっかりと伝えていますか?

「ワンソースマルチユース」の感覚を持って、発信をしていただければと思います。

今日は『「ワンソースマルチユース」の感覚を持つ』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫自治体様新規採用職員研修(服務研修)の事例「正しいSNS活用のポイント」
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 12:58| 効果を高めるコンテンツの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.