講演(セミナー)、オンラインセミナー講師/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2022年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫
LINE公式アカウント友だち追加≫

2019年08月04日

セミナー講師の現場対応

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

梅雨明けからずっと暑い日が続いていますね。富山県にお邪魔した時も、地元神奈川と同じくらい暑かったので驚きました。

さて今日は「セミナー講師の現場対応」というブログです。

一般的にセミナー講師、特に(自主セミナーではなく)主催者様に委託され講話を行う講師は、

・セミナー趣旨の確認と受託
・セミナーのレジメ(資料)作成
・講話(当日)

という流れで出講を行っていきます。

「セミナー講師あるある」として、「セミナー趣旨の確認」の段階で伺っていた受講者像と、当日の参加者の実態が大きく違う、ということも、結構あります。

・伺っていた参加者様と「業種」が違う
・伺っていた参加者様と「レベル」が違う
・伺っていた参加者様と「年齢層」が違う

これがよくある相違です。

「年齢層(の相違)」は、参加者様が会場入りしつつある段階ですぐ分かるものですが、「レベル」などは、話し始めてみて、反応を見ながら肌で感じるものです。受講者様の表情を見ながらお話をすることは必須です。
※ちなみに壇上にスポットライトを当ててくださるケースもあり、その場合は受講者様の表情が見えなくなるので、スポットライトを消していただいたり、弱くしていただいたりします。

セミナー講師は、既に作ってある資料をただ読んでいるのではなく、意外に色々なことを察しながら、臨機応変に話を変えています。

今日は「セミナー講師の現場対応」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所のセミナー予定を確認する
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 06:00| 永友事務所の運営方針とお約束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.